稲富修二 衆議院議員
48期国会発言一覧

稲富修二[衆]在籍期 : 45期-|48期| 今期は集計中です。
稲富修二[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは稲富修二衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

稲富修二[衆]本会議発言(全期間)
45期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 衆議院本会議 第19号(2018/04/17、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富修二君 希望の党の稲富修二でございます。  私は、希望の党・無所属クラブを代表して、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結について承認を求めるの件につきまして質問いたします。(拍手)  安倍総理は、昨年二月、トランプ大統領就任後初めての日米首脳会談直後の本院予算委員会において、日米が主導し、アジア太平洋地域に自由で公正な経済圏をつくる必要性について一致することができたと思います、そして、日米主導で自由で公正な市場を世界に広げていくという日米共通の目標のもと、最善の方策を探求すると答弁されました。  しかし、その米国は先月二十三日に、国内法に基づいて、鉄鋼、アルミニウ……

第196回国会 衆議院本会議 第28号(2018/05/22、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富修二君 国民民主党の稲富修二でございます。  私は、国民民主党・無所属クラブを代表して、ただいま提案のございました茂木大臣の不信任決議案に対し、賛成の討論を行います。(拍手)  最初に、安倍政権、与党の国会軽視、権力を私物化する政権、国会運営に厳重に抗議いたします。  森友、加計問題などについて、国会の議論を改ざんや隠蔽で妨害する政府の態度は、国民主権をないがしろにするものであります。この政府は誰を向いて仕事をしているのか、国民の税金は誰のために使われているのかという深刻な政治不信を生んでおります。  TPP整備法改正案を審議している内閣委員会でも、与党が強引な運営を続けています。国民生……

第196回国会 衆議院本会議 第37号(2018/06/14、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富修二君 私は、国民民主党・無所属クラブを代表して、ただいま提案のありました内閣委員長山際大志郎君の解任決議案について、賛成の立場から討論を行います。(拍手)  山際委員長は、平成二十九年十一月二十二日の内閣委員会における委員長の就任挨拶において、「円満かつ規律ある委員会運営に努めてまいりたいと考えております」と述べられました。  今国会における内閣委員会では、子ども・子育て支援法改正案、TPP関連法改正案、カジノ法案などを始めとした、さまざまな重要法案が議案となりました。  山際委員長は、これら重要法案について、ことごとく、委員長による職権をてこに、拙速な法案の審議入りを決める、十分な審……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 衆議院本会議 第12号(2018/12/06、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富修二君 私は、国民民主党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました政府提出の水道法の一部を改正する法律案に反対の立場から討論を行います。(拍手)  今国会での参議院での本法案の審議を通じて、厚労省が調べた諸外国の水道民営化の失敗事例がわずか三件だけであったこと、公共部門の民営化を推進する内閣府民間資金等活用事業推進室に水道サービス大手の社員が出向していて利益相反が疑われることなど、新たな問題が発覚をいたしました。衆議院においてさきの通常国会で審議したとしても、その後に新たな問題が発覚した以上、改めて衆議院で徹底的に審議するのは当然のことであります。  そのため、国民民主党など野党は……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 衆議院本会議 第9号(2019/03/02、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富修二君 国民民主党・無所属クラブの稲富修二です。  私は、国民民主党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました地方交付税法等の一部を改正する法律案、地方税法等の一部を改正する法律案、特別法人事業税及び特別法人事業譲与税に関する法律案に対し、反対の立場から、そして、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律案に対し、賛成の立場から討論を行います。(拍手)  まず、統計の問題です。  毎月勤労統計については、日雇労働者を調査対象から外したり、抽出で行われている中規模事業者の調査について、総入れかえ方式から部分入れかえ方式に変更したり、ベンチマーク更新の補正を取りやめたりすることで、二〇一……

稲富修二[衆]本会議発言(全期間)
45期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

稲富修二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 内閣委員会 第2号(2017/11/24、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 希望の党の稲富でございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  私は、さきの衆議院の選挙で、五年ぶりに質問させていただきます。こういう機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  また、私の会社時代の先輩であります茂木大臣、そして郷土福岡の先輩でもあります松山大臣、来ていただきまして、ありがとうございます。  きょうは、人づくり革命、そして一体改革についてお伺いをさせていただきます。  人づくり革命の前、私は、この一体改革が人づくり革命の源流になっている、その基本になっていると思っております。  二〇一二年の八月にこの一体改革が成立をしたわ……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2018/04/12、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 希望の党の稲富でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  本日は、AIの基本的な点と、あと行政のイノベーションについて御質問させていただきます。  まず、今、AIというのがはやりというか、どこでも言われる言葉ではございます。私のような素人には、一体どれが本当なのかよくわからない部分がたくさんございます。  そして、一体何なのかということで、資料一をごらんいただければと存じますが、人工知能については、専門家でもまだ定義がこのようにたくさんございまして、中には、人工知能とは、人工的につくられた、知能を持つ実体とそのまま言いかえているだけだった……

第196回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号(2018/05/10、48期、国民民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○稲富委員長代理 これより会議を開きます。  委員長の指名によりまして、私が委員長の職務を行います。  お諮りいたします。  委員長笠浩史君より、委員長辞任の申出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長の辞任を許可することに決しました。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの大岡敏孝君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、古本伸一郎君が委員長に御当選になりました。  委員長古本伸一郎君に本席を譲ります。

第196回国会 財務金融委員会 第5号(2018/02/28、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 希望の党の稲富でございます。  きょうは質問の機会を頂戴をいたしまして、ありがとうございます。国際観光旅客税について主に質問の機会を賜りました。それを中心にお話をさせていただく中で、時間が余ったら、今の国税の体制について等、質問をさせていただければと存じます。  今回の国際観光旅客税でございますが、もともと、先ほど川内委員からもありましたけれども、明日の日本を支える観光ビジョンというところが出発点でございます。二〇二〇年に四千万人の訪日外国人旅行者を目標とするということでございますが、観光の先進国を目指すということについては、恐らく与野党かかわらず、この目的は共有できるのではないか……

第196回国会 内閣委員会 第7号(2018/04/04、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 希望の党の稲富修二でございます。  まず、本日は質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。また、同郷であります松山大臣に質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  子ども・子育て支援法の審議を私からさせていただければと思います。  やはり、今、我が国の最大の課題が少子化であるということ、それに対して国として取り組まなければいけないということ、そのことは全く思いを一にするものであります。  したがって、この中でいうと、三歳未満児の教育、保育の給付を手厚くしていくことが必要であるということも全くそうだなと思います。むしろ、もっとやはり少子化対策に対しては何らか……

第196回国会 内閣委員会 第9号(2018/04/11、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 おはようございます。希望の党の稲富でございます。  きょうは、質疑の時間をいただきまして、まことにありがとうございます。三十五分間いただきましたことに、よろしくお願い申し上げます。  きょうは、ひとり暮らし世帯の急増についてと、地域を歩く中で地元の課題、恐らくそれは日本全体に通底する問題として、中心に質疑をさせていただきます。  まず、地域を歩いておりますと、一人世帯が非常にふえているというのを感じております。かつて御夫婦で暮らしていらっしゃった御家庭が単身世帯になっているという風景でございます。  私は福岡の選出、出身でございますが、人口もふえて非常に活気ある町であるということは……

第196回国会 内閣委員会 第14号(2018/05/09、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 おはようございます。国民民主党の稲富でございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  きょうは、セクハラ問題、集中的審議ということでございますが、まずそのセクハラの問題と、後段には、大臣に来ていただいておりますので、寡婦控除について少し御質問を後段ではさせていただきたい、大きくこの二本をさせていただきたいと思っております。  まず、このセクハラの問題については、先ほど来、各委員から御質問がございました。大事なことは、麻生大臣そして財務省の対応についての時系列でございます。資料をお配りさせていただいておりますが、これまでの経緯について若干振り返ってみた……

第196回国会 内閣委員会 第15号(2018/05/11、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 どうも、おはようございます。  きょうも質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  私からはきょう、私は出身が福岡でございまして、福岡はさまざまなPFI事業がございます。これまでもありましたし、これから特にさまざまな重点分野と言われている取組がありますので、そのことを中心に御質問させていただければと存じます。  ちょっと質問の順番を変えてと思っております。と申しますのは、先ほど篠原委員から仙台空港の件がございました。ごめんなさい、これは通告しておりませんが、先ほどと同じ質問ですので、ぜひお答えいただければと思います。  これはやはり、私は重く捉えるべきことだと思い……

第196回国会 内閣委員会 第18号(2018/05/18、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  私からは、まず、四月十七日の衆議院本会議において、この審議入りの際に質問を私、させていただきましたので、その御答弁について幾つか、重ねて御質問をさせていただきたいと思います。  まず、三月二十三日、米国の鉄鋼、アルミニウム製品の輸入制限措置が発動された際の質問をさせていただきました。EU等は除外されたが、我が国は除外されなかったということ、そして、一方的措置はWTO違反ではないかということ、提訴を考えないかということ、私のみならず、他の委員からも質問がございました。  そこ……

第196回国会 内閣委員会 第19号(2018/05/23、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富です。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、樋口参考人にお伺いをいたします。  二十九年九月に公表された疫学調査についてでございます。  この結果についてなんですけれども、地域ごとの傾向とか、都会、都心部、農村部など、こういった地域の偏在というのはあるのかどうか、教えていただけますでしょうか。
【次の発言】 先生、ありがとうございます。  引き続いてこの調査についてですけれども、先ほど来御指摘があったように、生涯を通じた依存症が疑われる方の割合が三・六%ということで、他の国よりも非常に数字上高いというふうになっているということでございますが……

第196回国会 内閣委員会 第23号(2018/05/31、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 きょうは、さまざまな立場から御教示をいただきまして、ありがとうございます。  まず、美原先生そして石川先生にお伺いをいたします。  先ほどの御答弁でもありましたように、基本的には、IRが地域の活性化そして地域再生につながるというお立場かと思います。  そこで、今回、三つという限定がされましたけれども、その評価と、今後、もしつながるのであればもっと数は多い方がいいとお考えなのかどうか、お伺いをします。
【次の発言】 ありがとうございます。  引き続き、美原先生そして石川先生にお伺いします。  日本版のIRを今回つくるに当たって、海外からお客様を呼び込むということも書かれておりますし、……

第196回国会 内閣委員会 第25号(2018/06/06、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 おはようございます。国民民主党の稲富修二でございます。  きょうも、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、IRの開業プロセスについてお伺いをいたします。  区域整備計画を認定してからIRの開業まで、政府から開業プロセスという一枚紙をいただいておりますけれども、区域整備計画の認定からIRの開業まで、基本的なことですが、大体どれぐらいの年限がかかるのか、教えてください。
【次の発言】 私は、認定からと申し上げました。申請に時間がかかるとかということじゃなくて、認定してから開業までどれぐらいかかるかという御質問をいたしました。

第196回国会 予算委員会 第3号(2018/01/30、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 希望の党の稲富修二と申します。福岡から参りました。本日は質問の機会をいただき、まことにありがとうございます。  本日は、税や財政に対する内閣の基本的な姿勢についてお伺いをしたいと存じます。  まず、補正予算について財務大臣にお伺いをいたします。  昨日の審議で、同僚の後藤議員から、財政法第二十九条が要請する緊急となった経費の支出と言えない事業も補正予算に含まれているのではないか、そういった趣旨の具体的な指示がございました。補正予算が常態化をしているという御指摘でございます。  そこで、お伺いをいたします。  概算要求をされたけれども当初予算に計上されず、しかし平成二十九年度の補正予……

第196回国会 予算委員会 第7号(2018/02/07、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 福岡から参りました稲富でございます。  希望の党は、平均年齢四十九歳、最も若い政党でございまして、私も含めて子育て世代の議員がたくさんいらっしゃいます。  きょうは、こういう質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  本日は、人づくり革命、そして税制改正、そして日韓合意について御質問させていただければと存じます。  まず、人づくり革命の中心的な課題であります待機児童についてお伺いをします。この予算委員会でも何度となく、これまで御議論がございましたが、改めて基本的なところを確認をさせていただければと思います。  厚労大臣にお願いします。待機児童の数、そしてその試算に……

第196回国会 予算委員会 第14号(2018/02/20、48期、希望の党・無所属クラブ)

○稲富委員 希望の党の稲富でございます。  きょうは、こういう質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  私の質疑に入る前に、先ほど大西委員から、データの件で、二月二日の、調査方法、定義が不明確であることを労働基準局長が認識しながら、五日、大臣が答弁をしている、その間の経緯について、大臣が調べるという御答弁がございました。  委員長、この経緯について、ぜひ、当委員会に文書で提出をお取り計らいをお願いできないでしょうか。
【次の発言】 きょうは、先ほど山井議員、そして大西議員から質問がございましたこの働き方改革のデータについて、私からも質問してまいりたいと思います。  まず、厚労大臣、……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 厚生労働委員会 第3号(2018/11/21、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二と申します。  きょうは、質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  先ほど来ございました障害者雇用の水増しの問題について、まずは御質問させていただきます。  けさの午前中の参考人から、五人の方からさまざまな陳述をいただきました。その他の委員からもありましたように、今のこの検証のやり直しをすべきではないか。あるいは、これから来年度末に向けての障害者雇用をふやすということについて、拙速であってはならない、あるいは数合わせであってはならない。あるいは、大変厳しい言葉もありましたけれども、水増しではない、もうこれは偽装だ、そういう厳しい言葉もございま……

第197回国会 総務委員会 第4号(2018/12/04、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富でございます。  きょうは質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  税制を中心に御質問させていただきます。  まず、先ほど井上議員から外国人の住民税の支払いについてちょっと質問がありましたので、ちょっとこれは通告がありませんが、基本的なことですので、確認です。  もし外国人の方がいらっしゃって、そしてきょう例えば帰国をした場合に、今年度稼いだ、要するに所得に対する住民税というのはかからないという理解でいいかということを確認させてください。
【次の発言】 ありがとうございます。  住民税の現年課税についてちょっとお伺いをしてまいりたいと思います。  このこ……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 厚生労働委員会 第3号(2019/03/13、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 おはようございます。国民民主党の稲富修二でございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、障害者雇用についてお伺いをしてまいります。  きょう三月十三日は、障害者雇用水増し問題に端を発した、中央省庁の障害者雇用の面接試験の最終日ということでございます。そして、その中で、お手元の資料の一枚目で、国土交通省の福岡航空交通管制部のところでございますが、採用予定が一名というふうになっております。  この件に関して、新聞報道等で、この期間内、まだ面接が全て終わる前に内定を出してしまい、そして、まだ面接をしていない方がいらっしゃるにもかかわらず内定を出した……

第198回国会 厚生労働委員会 第7号(2019/04/10、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  きょうは、法案の質疑の前に、先ほど来御質疑がありました介護保険料の算出のミスについてまずお伺いをしてまいりたいと思います。  お手元の資料の中で、二枚目になります。これは、先ほど来ありましたけれども、介護保険料の最大二百億円の計算ミスがあり得るということでございました。  これは、まず幾つかの段階で問題があると私は認識をしています。まず最初に、基金のところで計算ミスを、事務的なミスというふうにおっしゃっておりますけれども、ミスをされている。二つ目が、報告がおくれているということ。三番目が、じ……

第198回国会 厚生労働委員会 第11号(2019/04/19、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  本日も質問の機会を賜りまして、まずもって御礼申し上げます。ありがとうございます。  まず、女性の社会での活躍推進についてという点で、政治参画についてお伺いをいたします。  政治分野における男女共同参画の推進に関する法律が昨年成立をし、五月二十三日公布、施行となったわけでございます。  私ごとで恐縮ですけれども、今ちょうど統一自治体選挙があって、私の地元は前半で、一応全て、県議会、市議会の選挙が終わりました。今、後半の最終盤のところでございますが、その選挙を見ながら、やはり女性の候補者に対する期待というのが非常に強くなっているのを私は肌で感じまし……

第198回国会 厚生労働委員会 第12号(2019/04/24、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 私は、国民民主党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました、政府提出、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律案、日本共産党提出、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律案に対する修正案、野党四会派提出三法案について討論を行います。  ミー・トゥー運動が世界じゅうに広がりを見せ、世界共通の課題としてハラスメントの根絶が求められています。日本国内においても、職場でのいじめ、嫌がらせの相談件数が増加したり、パワハラが原因で自殺する人が相次ぐなど、ハラスメントは働く人にとって深刻な問題となっています。  国民民主党・無所属クラブな……

第198回国会 厚生労働委員会 第17号(2019/05/15、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  本日も質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  本日は、単独世帯についてと、あと社会的養護について質問させていただきます。  まず、単独世帯について、先月の四月十九日に、人口問題研究所から、日本の世帯数の将来推計、都道府県別のものが発表されました。資料一枚目でございます。  そこで、この単独世帯については、当委員会でも実は三度目なんですけれども、今回は都道府県別のデータが出たということでございますけれども、今回、この将来推計からわかることをまずお伺いをいたします。
【次の発言】 次に、都道府県別ということで、お手元の資料でもごらんに……

第198回国会 厚生労働委員会 第20号(2019/05/22、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  きょうも質問の機会をいただきまして、ありがとうございました。  きょうは、政府と、そして議員立法提出者に質問させていただきます。  まず、ちょっと順序を変えて、児童虐待防止強化法案についてお伺いをしてまいります。これまで当委員会でも随分と議論を重ねてまいりましたが、重なる部分もありますが、大事な点でございますので、改めてお伺いをしてまいりたいと思います。  まず、児童相談所の設置についてでございます。  きょうも各委員から御質問がありましたけれども、改めて議法の提出者にお伺いをいたします。まず、与野党の違いと、その目的、狙いと背景についてお伺い……

第198回国会 厚生労働委員会 第21号(2019/05/24、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 私は、自由民主党、立憲民主党・無所属フォーラム、国民民主党・無所属クラブ、公明党、日本共産党、日本維新の会及び社会保障を立て直す国民会議を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずるべきである。  一 体罰によらない子育てを推進するに当たり、子どもの権利条約を参考に具体的な例示を示したガイドライン等を早期に作成するとともに、体罰が子どもに与える影響について広く国……

第198回国会 総務委員会 第1号(2019/02/05、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党・無所属クラブの稲富修二でございます。  きょうは、発言の機会、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、平成三十年分として交付すべき地方交付税の総額の特例に関する法律案について御質問申し上げます。  先ほど来、各委員からございましたように、昨年は本当に多くの災害がございました。我が福岡においては七月豪雨が、多くの人的、物的被害を受けました。中四国の皆様にとどまらず、広範囲にわたっての被害がございました。  そして、一昨年、平成二十九年には九州北部豪雨という災害がございました。これも、多くの被災をされた方、地域が多くのダメージを受けたことがございました。……

第198回国会 総務委員会 第3号(2019/02/19、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二と申します。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  大臣の所信に対する質疑ということで、まず大臣にお伺いをしたいと思います。  ことしは、消費税が十月に上がるということ、そして今回の新税の導入ということと、直接的には、負担という意味ではことしは変わりませんけれども、この新税に関しては、しかし、増税の年を迎え、やはり我々として非常に大きな節目の年になるかと思います。  私、先輩のある議員に、新税というのは悪税であるということを教わったことがございます。やはり、新しい税を入れるということはよほどの理由がないといけないということかなと。やは……

第198回国会 総務委員会 第4号(2019/02/21、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富でございます。  きょうも質問の機会をいただきまして、本当にありがとうございます。  まずは、車体課税についてお伺いをいたします。  お手元の資料の一枚目で、「車体課税の大幅見直し(全体像)」、これは総務省さんの資料そのままでございますが、保有課税の恒久減税あるいは環境性能割の臨時軽減等々、これは勉強すれば勉強するほど非常に複雑で、この「車体課税の大幅見直し(全体像)」とともに一体どう変わっていくのかということを、見れば見るほど非常に複雑だなということを改めて思った次第です。  例えば、自動車税の恒久減税、一千三百二十億円程度の減税というのも、もちろん十三年後の話で……

第198回国会 総務委員会 第7号(2019/03/07、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  本日も質問の機会をいただきましてありがとうございます。  きょうは、ひとり暮らし世帯がふえている現状と、それに対応する行政の課題について御質問をさせていただきたい。最後のところで少し統計の問題を触れさせていただければと思います。  まず、総務省さんが、自治体戦略二〇四〇構想研究会第一次報告というのを出されております。二〇四〇年というものを想定をして、そこから翻って、今何が課題があるかということをさまざま検討されているわけでございます。  こういった記述があります。  二〇四〇年には一億一千九十二万人に人口がなるということ、そのころには毎年九十万……

第198回国会 総務委員会 第9号(2019/03/14、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。国民民主党の稲富修二でございます。  同僚議員の受信料等についての質問が多々ございまして、重なる部分もありますが、質問をさせていただきます。  まず、受信料値下げについてでございます。この概要について改めて御説明願います。
【次の発言】 個人としてはどれぐらいの値下げ効果があるんでしょうか。
【次の発言】 この値下げなんですけれども、先ほど来御議論がありましたが、当初の経営計画になかったことを、マイナス、赤字になるとわかっていても実行するわけですが、なぜ値下げをするのか、値下げに踏み切ったのかということを改めてお伺いします。

第198回国会 総務委員会 第12号(2019/04/11、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  きょうも質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  きょうは、ふるさと納税、宿泊税、そして住宅関係のことについて御質問してまいります。  まず、ふるさと納税についてでございます。  ふるさと納税制度の対象となる地方団体を指定する基準が、四月一日、告示で発出をされました。  そして、その各地方団体が申出をする手続、昨日四月十日が申出期限かと思います。ちょっと通告をしておりませんが、その提出、各団体、どれぐらいになっているのか。もし今わかれば教えていただければと存じますが。
【次の発言】 ありがとうございます。  それでは、お手元の資料の……

第198回国会 総務委員会 第15号(2019/04/23、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富委員 国民民主党の稲富修二でございます。  本日も、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、ふるさと納税についてお伺いをしてまいります。  四月十日に各自治体からの申出の期間が終わりました。そこで、申出書の提出についてです。何件あったのか、まずお伺いします。
【次の発言】 ありがとうございます。  そこで、これからなんですけれども、資料の一枚目でございますが、申出から指定に対する手続の中で、類型一、類型二ということで分かれてくる。指定対象期間が一年四カ月の団体と、一年四カ月の指定が適当でないと認められる団体、まあ四カ月の団体というふうに分かれてくるかと思いますが、これ……


■ページ上部へ

第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 厚生労働委員会 第5号(2019/11/13、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○稲富委員 立国社の稲富修二です。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、法案の質疑にさせていただきます。  先駆け審査指定制度について、まずお伺いします。  これは、どういうものが対象で、どういうプロセスで決定されるのか、基本的なことですが、その基準を伺いたい。近年、当制度で承認された治療薬で耐性ウイルスの検出が報告されたことから、同薬の審査にもっと時間をかけるべきではなかったか、そういった声も出ておりました。安全性の観点からの対応をどのようにされるのか、お伺いします。
【次の発言】 次に、条件付早期承認制度についてお伺いします。  患者数が少ない等により治……

第200回国会 法務委員会 第7号(2019/11/13、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○稲富委員 立国社の稲富修二と申します。  きょうは質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  給与法の質疑をまずさせていただきます。  先ほど来、同僚委員の皆様が質問されてまいりましたが、今回の給与改正の中で、裁判官の報酬については判事補、簡易裁判所判事の若年層、若手、そして検察官の俸給については検事、副検事の若手が今回引上げの対象ということでございますが、若い方々を手厚く引上げするということに大いに賛同するものでございますが、その意味と目的についてお伺いをいたします。
【次の発言】 ありがとうございます。  次に、検察官の人権教育についてお伺いします。  先日、同僚の日吉議員から……

第200回国会 法務委員会 第11号(2019/11/22、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○稲富委員 立国社の稲富修二です。  きょうも質疑の機会をいただきまして、ありがとうございます。  そして、きょう、修正案ということで、与野党、今回この合意に至ったということに際し、まず、委員長始め各理事の皆様、そして委員の皆様、与野党ともに深く敬意を払うものでございます。本当にお疲れさまでございます。  まずは、修正案の提出者にお伺いします。  改めてですけれども、先ほど来、重なりますが、この修正案提出に至った経緯、そして趣旨、内容について、まずはお伺いします。
【次の発言】 ありがとうございます。  お手元、一枚、資料を配らせていただきました。修正前の、この真ん中の段が政府提案ということで……

第200回国会 法務委員会 第13号(2019/11/29、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○稲富委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について格段の配慮をすべきである。  一 企業の国際取引の増加等に伴い需要が拡大している外国法サービスや、本法の施行により我が国でも活性化が期待される国際仲裁及び国際調停の担い手となれる日本の弁護士その他の法務人材が養成されるよう、人材育成その他の必要な取組を行うこと。  二 日本法令の外……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 厚生労働委員会 第6号(2020/04/03、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○稲富委員 立国社の稲富でございます。  きょうも質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。また、大臣始め閣僚の皆さん、そして事務方の皆さん、本当にお疲れさまでございます。  きょう、私からは、まず政府の、厚労省に係る経済対策のところと、あとコロナ対策、そして重症心身障害者についてお伺いをしてまいりたいと思います。  まず、雇用調整助成金でございます。お手元の資料の一ページ目でございますが、四月一日から対策が随分と拡充をされました。その内容について簡単に御説明をお願いします。
【次の発言】 ありがとうございます。  この拡充については、与野党を問わず求めてきておりまして、随分とよくなっ……

第201回国会 法務委員会 第2号(2020/03/10、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○稲富委員 立国社の稲富修二でございます。  本日も、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、新型コロナウイルス対策について、入国管理の観点から伺います。  先ほど浜地委員の御質問がございました。私は、同じ問題意識がございまして、留学生について、先ほどさまざまな答弁がありましたのでダブるところがございますが、少し補足する形あるいはつけ加える形で、幾つか確認をさせていただければと思います。  昨日から中国、韓国からの入国を全面的に制限するということで、当然、留学生もそこに含まれているわけでございます。  これも、浜地先生も同じように福岡が中心ということで、私も福岡で、福岡では……


稲富修二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

稲富修二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-|48期|
第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2019/02/27、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○稲富分科員 質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  そして、大臣、長丁場でございますが、本当にこういう機会をいただきましてありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。  きょうは内閣府の副大臣にもお越しをいただきまして、本当にありがとうございます。  まず、きょうはたくさん質問をさせていただければ、せっかくの機会ですので、と思っております。  まず、学校施設の老朽化対策、環境改善についてお伺いをいたします。  我が福岡市の市立の学校施設は、約八割が築後約三十年を経過をしております。老朽化した施設の長寿命化、教育環境整備などが必要であると同時に、学校施設は福岡市の防災計……



稲富修二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

稲富修二[衆]在籍期 : 45期-|48期| 今期は集計中です。
稲富修二[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊