鈴木隼人 衆議院議員
48期国会発言一覧

鈴木隼人[衆]在籍期 : 47期-|48期| 今期は集計中です。
鈴木隼人[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは鈴木隼人衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会での発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ


本会議発言一覧(衆議院48期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
鈴木隼人[衆]本会議発言(全期間)
47期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

鈴木隼人[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
47期-|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2017/11/02、48期、自由民主党)

○鈴木(隼)委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、横光克彦君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 外務委員会 第3号(2018/03/14、48期、自由民主党)

○鈴木(隼)委員 自由民主党の鈴木隼人でございます。  きょうは、質疑の時間を与えていただきまして、ありがとうございます。  残念ながら野党の皆さんがいらっしゃいませんので、きょうは私が野党に成りかわって、少し耳に痛いようなことも含めて御指摘をさせていただきたい、このように考えております。  きょうは、在外公館名称位置給与法の審議を行っておりますので、その内容について一つ一つ質疑をさせていただきます。  まず、子女教育手当について御質問をさせていただきます。  この子女教育手当、細かくいろいろありますけれども、ざっくり言うと、現地において、日本人学校があるにもかかわらずインターナショナルスクー……

第196回国会 財務金融委員会 第2号(2018/02/16、48期、自由民主党)

○鈴木(隼)委員 自由民主党の鈴木隼人でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  先日の財務大臣の所信表明におきまして、プライマリーバランスの黒字化の延期が表明をなされました。これは非常に重大な内容でありますし、また、私としても非常に残念に思っております。  これから財政の健全化を早期に図っていかなければならないという中で、政府として、どのような道のりでこれを実現をしていく、そういった絵を描いておられるのか、答弁をいただきたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございました。  夏に向けて計画をつくっていかれるということでありますので、ぜひ、我が国……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 外務委員会 第10号(2019/04/26、48期、自由民主党)

○鈴木(隼)委員 皆様、おはようございます。自由民主党の鈴木隼人でございます。  本日は、租税条約とそれから投資協定、それぞれについて質疑を行わせていただきます。  租税条約についてまずお伺いいたしますが、この租税条約締結の意義について、政府の御見解をお願いいたします。
【次の発言】 ありがとうございました。  今ちょっと触れていただきましたけれども、租税条約の締結によって、具体的な効果、より詳しく教えていただければと思います。
【次の発言】 ありがとうございました。  ちょっと事前にお伝えしていた質問の順番を変えますので、注意深く聞いていただければと思います。  租税条約の締結によって我が国……


鈴木隼人[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
47期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

鈴木隼人[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
47期-|48期|
第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2019/02/27、48期、自由民主党)

○鈴木(隼)分科員 自由民主党の鈴木隼人です。  発言の機会をいただき、感謝申し上げます。  本日は、私の政策の一端を申し述べた上で、その一部に関連する質疑をさせていただきたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。  私は、日本再生に向けた三本の矢として、個の育成、強化型社会保障への転換、課題突破型産業政策への転換、持続可能型社会への転換を提言しています。  第一の矢である個の育成、強化型社会保障への転換については、その主な柱は、健康寿命の延伸、子育て支援、少子化対策、貧困の連鎖解消です。  健康寿命の延伸に関しては、誰もが健康に長生きできる社会を実現し、社会保障費の高騰を抑えるため、治……


鈴木隼人[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
47期-|48期|


■ページ上部へ


■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/26

鈴木隼人[衆]在籍期 : 47期-|48期| 今期は集計中です。
鈴木隼人[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計