鈴木義男衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   3557文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  1回発言  10848文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言    599文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言   5659文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言  11349文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  4回発言  17631文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  9回発言  49643文字発言

本会議発言一覧

第7回国会 衆議院 本会議 第26号(1950/03/14、24期)

私は、日本社会党を代表して、本法案に対して反対の意見を開陳するものであります。本法案の立案に際しましては、われわれも参議したのでありまして、その大部分については賛成するにやぶさかでないのであります。なお、その細かい点については不満足な点も少くないのでありますが、根本的な三、四の点については、われわれ………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第10号(1950/07/29、24期)

近時政府の言動のうちには、憲法を無視し、あるいは憲法の精神をまつこうから蹂躪するかのごとき態度が少くないのでありまして、この際私は、この憲法制定に親しく当られましたる総理大臣に若干所見をただしたいのであります。その第一は朝鮮事変に関連してであります。吉田総理は、過般来たびたび、朝鮮事変の勃発に際して………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第1号(1950/11/21、24期)

本院議員大和義栄君は、去る八月二十七日、病を得て逝去されました。まことに痛惜の至りにたえません。この際私に諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、つつしんで哀悼の言葉を述べたいと存じます。大和田君は福島県の御出身でありまして、県立蚕業学校を卒業の後、県下各養蚕組合の指導員に招かれ、養蚕技術の指導啓発に………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第29号(1951/03/31、24期)

ただいま議題となりましたる大橋法務総裁の不信任決議案の提案理由を説明いたします。これは野党各派の共同提案になるものであります。案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第5号(1951/10/16、24期)

私は、日本社会党を代表して、過般の総理大臣の演説に対して若干の質問を試みんとするものであります。問題は多岐にわたるのでありますが、許されたる時間の関係上、主として講和條約並びに日米安全保障條約に集約してただし、時間がありましたら、その他の問題に及びたいと存ずるのであります。そのうちには棚橋君や三木君………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第10号(1952/02/05、24期)

私は、日本社会党を代表して、八千万国民がひとしく危惧の念を抱いておる防衛対策について質問せんとするものであります。第一に、現行憲法のもとで、政府は警察予備隊を廃して防衛隊または保安隊なるものを置かんとしているというのはほんとうであるか、そういうことを合法的にやれると思つておられるかどうかということで………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第17号(1952/02/29、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、八千万国民がひとしく聞かんと欲するところをたださんとするものであります。佐々木君は政府にかわつて御答弁になつたようでありまするが、(拍手)これは正反対の方面から承りたい。松本君の質問と重複するところがあります若干堀り下げて御質問いたしたいと存ずるのであります。吉田………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第24号(1952/03/26、24期)

私は、日本社会党を代表して、ただいまの野党共同提案の決議案に賛成の意を表するものでありす。(拍手)ただいま三木君が述べられました通り、このたびの行政協定が、実質上一種の條約たることは明らかなことでありまして、かのごとく重大なる国家間の契約を、わが憲法の建前のもとにおいて、これを国会にはかることなく、………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第65号(1952/07/04、24期)

日本社会党は、原案はもとより、かかるぬえ的修正案に対しても、はつきり反対の意思を表明するものであります。(拍手)参議院は新たに第二條を追加しましたが、かかる実効なき訓示規定は、これをいくら入れても、思想の彈圧については何らの意義を持たないものであります。また新たに外患の罪に関する諸規定を入れたのであ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  9)  5回発言   9107文字発言
  第6回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  8)  5回発言   7425文字発言
  第7回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  5)  8回発言   5450文字発言
  第8回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  1)  2回発言   2857文字発言
  第9回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言    109文字発言
 第10回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  1)  4回発言  14895文字発言
 第11回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第12回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  2回発言   2283文字発言
 第13回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  6) 13回発言  42504文字発言

  24期通算 106回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 72 委員 34) 40回発言  84630文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            80回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 70 委員 10) 29回発言  59562文字発言

 選挙法改正に関する特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  8回発言  12315文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 選挙法改正に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   2872文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   9881文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第5回国会)
 内閣委員会理事(第6回国会)
 内閣委員会理事(第7回国会)
 内閣委員会理事(第8回国会)
 内閣委員会理事(第9回国会)
 内閣委員会理事(第10回国会)
 内閣委員会理事(第12回国会)
 内閣委員会理事(第13回国会)
 法務委員会理事(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第12号(1949/10/17、24期)

どちらでも大した問題ではありませんが、しかし実際問題として今疎しておる人が多い。それで私どもの選挙のときにも、選挙人名簿のある家族のおるところへもどつて、仕事は別な町でしております。ですから自分がその…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第13号(1949/10/18、24期)

これは、依然重大な問題でありまして、私の方は党議で記号式ですることを決定しておるのであります。その理由は、先ほどからお話があつてほとんど盡きておるのでありますが、西洋では二十六文字をつづるのであります…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第14号(1949/10/19、24期)

実際問題として、何千人もいるような工場などは、こちらから行つて個人演説会をやることに意義があるのですが、その市町村の管理委員会が認めれば、別にそれを禁止する趣旨もないのです。次は百六十七から終りまで…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第15号(1949/10/24、24期)

まとめられる前に、一言しておきます。ただいま小玉君の言つたようなことは、この前の委員会ですつかり議論がなされておる。検察庁の検事まで参つて小玉君と同じ解釈をして、検挙するほかはない、検挙するかもしれな…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1949/05/14、24期)

修正意見を述べます必要上ちよつとお伺いをいたしておきたいと思います。司法権が独立をいたしまして最高裁判所が設置せられましたために、司法大臣の権限が非常に縮小された。そのために司法省はいらない。檢察は檢…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第2号(1949/11/15、24期)

参議院議員の選挙区については、社会党としましては、現行制度を維持することが適当である。すなわち全国区と府県区というものを選挙区として、今まで通りやることが適当である、かように主張いたします。以上のよ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第4号(1949/11/25、24期)

今の御提案に対しては、むしろ改悪であつて反対であります。実際に候補者が訪問するとか、敬意を表するとか、あいさつの必要があるというのは、われわれの方の場合でありますると、組織の長というようなもので、その…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第6号(1949/11/28、24期)

私の考えておりましたことが、なかなかむずかしいことは、確かに三浦部長の言われる通りであります。しかしどうも選挙のときに非常に嚴格な文字解釈が行われまして、しばしば私どもは苦い経験をなめているのでありま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第7号(1949/11/29、24期)

私は前田説に賛成するものであります。この選挙法は、今までばらばらになつておつたものをまとめたものであり、幾多のよい改正を加えられたのでありますが、われわれが一番眼目とするところは、選挙費用を安くする。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1949/11/16、24期)

これは事務当局の方でよろしいのですが、不動産などで接収されておつて返還されたものは、破損状態があればどういう基準で弁償されることになつておるのでありますか。また予算などにはどういう方針でお組になつてお…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1950/02/02、24期)

この問題は非常に重要な問題でありまして、世論がやかましくなつたとき、私は旅行をしておりまして直接新聞協会の諸君にお目にかかる機会を得なかつたことは非常に残念に思つております。また委員長にも申し上げる機…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1950/02/15、24期)

私ども社会党では、前に意見を述べてありますから、重ねて詳しく述べることを略しますが、報道及び評論の自由は、憲法で保障されておるものであつて、それを規定するとせざるとを問わず、保障されておるのであります…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1950/02/21、24期)

ちよつとお尋ねをしておきたいのですが、キテイー台風とか水害等によつて国民に損害が生じましたときに、従来のように皇室が特別の財産を持つておられて、お見舞というか賜與をされることは了解できるのでありますけ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1950/04/07、24期)

ちよつと増田官房長官にお伺いしたいのですが、この恩給法の問題じやないのですけれども、第一国会においても国会議員の恩給ということが問題になつた。当時まだ新憲法施行後日が浅いので、調査研究に日を費すという…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1950/04/17、24期)

社会党といたしましても、これは当然の改正でありまするから、賛成であります。ただ幾多まだ不完全なところがあり、また将来さらに改正を希望する点がありまするが、それらはすべて後日に讓りまして、とりあえず提案…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1950/04/27、24期)

電気通信省の定員については、予算の定める範囲内で政令をもつて増加することができるというふうにされたようでありますが、定員法というのは法律でやつているのに、どうして電気通信省に限つて政令でやることを許す…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1950/04/28、24期)

この原案も修正案もそういうふうになつたのでありますが東京都のような場合には、その特別区の区長の地位は少しも認められておらない。他の府県では知事の連合会、それからその下における市町村がそれぞれ代表が出せ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1950/04/29、24期)

この改正案の中には、国税庁に関して国税庁監察官に国税庁に所属する職員の職務に関係ある犯罪を捜査させるという規定を新たに入れたようであります。これは従来犯罪の捜査は検察庁の権限によることでありまして、国…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1950/07/26、24期)

いろいろお尋ねしたいことがありまするが、今ここで気がついただけ申し上げますと、法務府というものが今度法務省と改められるのは、どういう都合から参つたのですか。それから長官というのは確かに多過ぎるので本…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1950/07/28、24期)

ただいまのお話では、まだ発表する段階でないということでありますが、しかし新聞等が盛んに伝えており、ある程度まで事実であろうと思われるものも少くないのでありますから、議会の開会中でございまするし、さしつ…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1950/12/05、24期)

この免許せられる会社の組織、構成というようなものが、おわかりになつておりましようか、一応概要を承りたいと思います。次に何か御質疑ありますか。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1951/03/09、24期)

私も船田君の御意見と同じように、自由党が自由経済を主張して、統制をできるだけ撤廃しようとしているにもかかわらず、物価庁を今の機構のまま存置することは自己矛盾であるということをはつきり指摘しておきたいの…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1951/05/26、24期)

この法律が成立するに至る過程において、動機と申しますか、多少疑わしい点がありまするので、その点からまず明らかにいたしておきたいと思う次第であります。増田建設大臣は、私どもは比較的公平な、党派心のあま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1951/05/27、24期)

関連して。実はわれわれ社会党の委員は、一時から始まるものと思つて、部屋に待つておつたのであります。しかるに何の放送もない。時間はだんだんたつて行く。どうも不安であるからということで、使いをつかわしてみ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1951/05/28、24期)

私は日本社会党の立場を代表して申し上げます。反対であります。わが党は、真に国家的な規模において北海道を開発するために、中央に開発機関を設け、遠大な構想をもつて、数百億、数千億の予算を組んで、現地に開…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1951/11/15、24期)

大体私の聞こうとしたことも盡されたようでありますが、二、三補遺的なものを質問してみたいと思います。これは総理大臣か行政管理庁長官にお尋ねをすべき問題でありますが、伝え聞くところによると、行政機構は思い…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1951/11/16、24期)

この請願については、私も紹介者の一人になつておるのでありますが、貨幣価値の変動ということについては、政府としてどういうふうにお考えになつておられますか。昔ほど安かつたのは当然のことであります。それを今…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1952/03/25、24期)

文部省の提案理由の説明が、書類がないのでさつき聞いただけでよく覚えていませんが、中央教育審議会を設置するというが、大体審議会を廃止することが行政機構改革の方では議題になつており、そういう方針のように承…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1952/03/26、24期)

今委員長が列挙されました法律案については、多少こまかい点に意見がありますけれども、大体この法律の改正による定員の減縮、あるいは振りかえというようなことでありまして、特にわれわれの立場から反対すべき理由…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1952/03/29、24期)

警察予備隊の増員の問題は重大でありますから、一通り質疑を盡しておきたいと思うのであります。私はわざといやがらせに質問したり、あるいは陷穿を設けて質問をするのじやないのでありまして、後日のために明らかに…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1952/03/31、24期)

前会に引続いて大橋国務大臣にお尋ねいたします。今度の改正案によりますと十一万人にするということになつておりますが、その根拠はどういうことであるかお尋ねいたしたいのであります。一昨日の御答弁のごとく、主…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1952/04/01、24期)

この警察予備隊の改正法律案につきましては、わが党は警察予備隊のあり方について、根本的に違つた考えを持つておりますのと、その他の理由等をもちまして、反対いたすものであります。国内の治安維持のためには、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1952/05/14、24期)

前の委員が質問したかもしれませんが、念のためにお伺いいたします。予算を組むことは、決してこれは大蔵省の専管に属すべき性質のものではない。その内閣全体の総合的政策の表現であると思うのでありまして、従つ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1952/05/15、24期)

私、ほかの質問をいたしますが、この関連でちよつと一問だけお許し願いたい。調達庁が今度大幅に縮減されるようであります。実際の仕事は一向減らないように思うのでありますけれども、大幅に縮小する。そうして八つ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1952/05/16、24期)

ちよつと委員長……。木村君の言う通りですが、せつかく時間があるから、やれるだけはやつておいて、午後からそういうふうにいたしましよう。まず今度の行政機構改革は、外局たる庁を廃止して内局にするということ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1952/05/17、24期)

建設大臣または管理庁長官としての野田君にお尋ねいたしたいと思います。建設省は外局として首都建設委員会というものを置くことになつておる従来総理府にあつたようですが……。ところが北海道開発庁のごときはや…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1952/05/20、24期)

私は人事院総裁にお尋ねをいたしたい。御承知のように人事院は今度廃止されて総理府の外局としての国家人事委員会というものになるようであります。本来終戦後できた制度のうち、最も注目すべきまた意味のある制度は…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1952/05/28、24期)

わが党は、この行政機構改革はきわめて重大でありますから、できるだけ一つ一つ慎重に審議することを希望いたしたのでありますが、今修正案の出ないものは、一括して議題に供するということでありますので、やむを得…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第33号(1952/06/16、24期)

日本社会党は、御承知のように平和條約を審議いたしまする際に、信託統治ということには賛成できない。共産党の井之口君が申しましたように、われわれはやはり琉球も西南諸島も日本の領土と考えておるのであつて、も…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第42号(1952/04/25、24期)

本件については、わが党としては質問いたしたいことが非常にたくさんあるのでありますが、今日は総括的質問ということでありますから、できるだけ総括的な点についてだけ質問をいたしまして、詳しいことはまた後日逐…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22