鈴木義男衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4650文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  1回発言   1605文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   6255文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第16号(1954/03/06、26期)

私は、日本社会党を代表して、議員有田二郎君の逮捕許諾請求に関して責任大臣として犬養法務大臣のとりましたる態度、並びに自由党の党議を支持して司法権の独立を干犯せんとしたる吉田総理以下、(拍手)先日の決議に賛成投票し、かつ法務大臣と連帯責任関係にある各閣僚の責任を問わんとするものであります。(拍手)まず………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第9号(1955/01/24、26期)

ただいま議長から御報告に相なりました故衆議院議員河原田稼吉君に対し院議をもつて弔詞を贈呈し、その弔詞はこれを議長に一任するの動議を提出いたします。(拍手)同僚河原田稼吉君は、一昨二十二日、病をもつてにわかに逝去されました。まことに哀悼の至りにたえません。私は、ここに、諸君の御同意を得まして、議員一同………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  1) 12回発言  37382文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   2798文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 14) 14回発言  42386文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言    193文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   1218文字発言

  26期通算  73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 58 委員 15) 29回発言  83977文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 58 委員  3) 24回発言  59303文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言   8869文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  15805文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第16回国会)
 内閣委員会理事(第17回国会)
 内閣委員会理事(第18回国会)
 内閣委員会理事(第19回国会)
 内閣委員会理事(第20回国会)
 内閣委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/05/26、26期)

現在の引揚援護庁と、それから内局にした後との人員の構成、予算の額、そういうものを承りたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/06/26、26期)

木村保安庁長官にお尋ねいたしたいと思います。順序としてごく簡単でよろしいのでありますが、保安隊というものはいかなる存在目的を持つておるものであるか念のため承つておきたい。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/06/27、26期)

先ほどの同僚辻委員の発言は、まことに重大な発言であるとともに、ある意味においては国会を侮辱し、この内閣委員会を侮辱し、審議の目的を否定するような発言でありますから、十分にひとつ当委員会として御審議を願…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1953/06/29、26期)

辻議員は一昨日の発言に対して、少しも取消すべき必要を認めないと仰せられるのは、はなはだ心外であります。われわれはこの速記録に基いて申し上げるのでありますが、大体一昨々日から一昨日にわたつた私の質問、あ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1953/07/07、26期)

厚生省の方がお見えになつておるのですか。この予算は八十一万七千円というのが予定されておるのですが、人口問題審議会のためにいくらの予算が予定されておりますか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1953/07/08、26期)

税関研修所というのは今度初めて設けられたのですか。討論はこれを省略し、ただちに採決を行うに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1953/07/09、26期)

日本社会党は、この外務省設置法の一部を改正する法律案に対して反対の意見を表明するものであります。ただいま高瀬委員が御説明になつたことは、そのまま反対の意見に転用できることでありまして、私どもは、別に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1953/07/10、26期)

私は関連しておるとともに緊急な問題について質問申し上げます。きようの夕刊によりますと、どの新聞もが扱つておりますが、アメリカのダレス国務長官が日本の二十八年度の予算に言及して、日本は日米相互安全保障条…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1953/07/11、26期)

この問題は前国会において相当論議されたのでありますから、なるたけ私は重複を避けてお尋ねしたいと思つております。軍人恩給の復活々々といつて騒いでおりますが、実体を見ると九五%までは戦傷病者、遺族の保護で…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1953/07/15、26期)

私は国務大臣にこまかい数計に基いて基本的な御質問をしたいと思つたのでありますが、なかなかそううまく行かないのでやむを得ませんから恩給局長にお尋ねをいたしまして、国務大臣のかわりをやるわけには行かないで…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1953/07/20、26期)

一応行政監察について今度の法律で強化することになつでおりますが、念のためにどういう点々強化するのであるか、提案理由の説明にあつさり述べておられますけれども、もう一度お伺いをして、それから質問をして行き…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1953/07/21、26期)

今度の修正案について大体了承できるのでありますが、恩給受給原因の発生した後に父母、祖父母が婚姻をした場合に、従来の原案では、ただちに恩給権を喪失するようになつておつたようでございまするが、一応喪失しな…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/11/06、26期)

前会塚田国務大臣の説明をやむを得ざる所用がありまして拝聴しなかつたので、あるいは質問が重複するかもしれませんが、そういう点は簡単にお答え願いたいと思います。まず中央行政機構改革について、新聞紙などは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1954/02/19、26期)

われわれの属する日本社会党といたしましても、つとにこのことは痛感いたしておったことでありまして、今回のことがあつて初めて強調するわけではないのであります。ことに、政界の粛正のためには、選挙法の改正とい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第8号(1954/03/17、26期)

今の質問の関連でありますが、先般文部委員会に提出されました偏向教育の一例のうちに、私の選挙区に関係があることがあつて、いろいろな要求がありましたので、私も調査いたしました。それは福島県三神中学校の事件…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第12号(1954/05/20、26期)

ただいま議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律案につきまして、提案者を代表いたしまして、提案の理由並びに内容の概略について御説明申し上げます。近時汚職ないし政治献金の問題が続出いたしまして、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第13号(1954/05/21、26期)

理事会でどういう決定があつたか存じませんが、本会議が始まつたならば――本日は非常に重大な議案がある。東条大将の家族に名誉の戦死者としての恩給を贈る。これは一般の困つておる人ならしかたがないのですけれど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/12/24、26期)

ちようど法務大臣が御出席でありまするし、今下川君の警察制度に対する御質問がありましたから、これに関連して警察の主管大臣たる法務大臣の御意見を承つておきたいのであります。この警察制度は、国家警察と、地…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1954/02/25、26期)

私も辻君が質問すると立ち上りたくなる。なるたけ簡単に申しますが、ただ速記録などを見ると、勇敢な議論がここで行われて、日本の国会には他の意見を持つた者がないように残ることははなはだ残念でありますので、ま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1954/03/03、26期)

提出者松前博士にお尋ねいたしたいのでありますが、科学技術の必要なことはたれもわからない人はないわけであります。ことに今日その必要を痛感するという意味において、原子力時代は第三次産業革命につながろという…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1954/03/18、26期)

先ほどから高瀬委員、大久保委員その他から質疑がありまして、そのまま記録に残りますると誤解を生ずるような点がありますが、私どもの違つた意見もあり得ることを申し上げておく次第であります。国鉄の営造物は国…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1954/03/23、26期)

検察官の整理はないようでありますが、しかし現在の検察官の人員をもつて、今の刑事訴訟法を運用するに十分なりとお考えになつておられるかどうか、政務次官にお尋ねいたしたい。それから人権擁護の問題が出ました…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1954/03/24、26期)

国立大学の教科内容、教授内容その他が非常に貧弱であることは世論の存するところでありますが、急激に大学をたくさんつくれば、当然そういうことが起るわけであります。文部省はそういうたくさんの大学をつくつたと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1954/05/06、26期)

私は四、五の点について基本的な問題について総理大臣にお尋ねをいたしたいのであります。すでに本案についてはあらゆる問題について木村長官や事務当局には質疑がし尽されたと申して過言でないのであります。ゆえに…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第42号(1954/09/29、26期)

時間が限られておりますから、ごく簡略に御質問申し上げます。函館に起つた今回の災害は、全体としてまことに遺憾のきわみでありますが、なかんずく洞爺丸につきましては、遺憾言うべき言葉を知らないと申してもさ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第46号(1954/10/07、26期)

私は両派社会党を代表いたしまして賛成の意見を述べます。この決議に示しておるようなことは民主主義のいろはでありまして、このことに反対するという理由を発見するのに苦しむのであります。むしろ自由党の委員が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1954/03/19、26期)

私は主として憲法とこの法案との関係についてお尋ねをいたしたいのであります。法律的には人事院規則との関係その他いろいろ問題がありますが、主として憲法との関連についてお尋ねをいたしたいのであります。その…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1954/12/06、26期)

わが党におきましてはこの提案そのものは事後にかかるものであり、重大なるものでございませんが、自衛隊そのものについて十分に考慮しなければならないという立場をとつているものでございます。従つてこういう問題…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1955/01/21、26期)

千葉労働大臣にお尋ねをいたしたいのであります。調達庁では定員法の改正に基いて三百三十二名ほどの整理を通告しておるということでありますが、これはやはりこの通り実行に相なる御予定でありますか、お聞きした…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22