鈴木善幸衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  1) 16回発言  24533文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   5447文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 52回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事 36 委員 12) 19回発言  39807文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  3回発言   5548文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   2031文字発言

  26期通算  89回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事 71 委員 14) 40回発言  77366文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
            76回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事 71 委員  1) 39回発言  73172文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言   4194文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第16回国会)
 水産委員会理事(第17回国会)
 水産委員会理事(第18回国会)
 水産委員会理事(第19回国会)
 水産委員会理事(第20回国会)
 水産委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1953/06/20、26期)

農林御当局に対しまして、北洋の主としてアリューシャン海域におきますところの操業区域の問題につきましてお尋ねをいたしたいと思います。本年はアリューシャン海域におきますところの漁業成績は、昨年度に比較いた…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1953/06/27、26期)

本法律案の審議もほとんど最終段階に入つたわけでありますが、これが議決をいたします前に、包括的に長官の御意見をただしておきたいと思います。その第一点は、以西底びき網漁業のいわゆる中間漁区の行政措置につ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1953/06/29、26期)

私は渡部官房長に対しまして、二十八年度の農林漁業特別融資の貸付計画、資金計画につきましてお尋ねをいたしたいと思うのであります。まず第一に、二十八年度の予算案の中に二百三十億が農林漁業金融公庫に出資をす…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1953/07/02、26期)

私は本法律案の総括的なお尋ねをいたしたいと存じます。まず第一点は、この法律案はどういう性格のものであるか、その補償の根拠がどこにあるかということでございますが、行政協定の第十八条に基いてこの補償がな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1953/07/04、26期)

愛知政務次官にお尋ねしたいと思います。私はただ一点、さきに公布されておりますところの操業制限に関する法律並びに今回審議中の本法律案が実施されました場合の、補償関係の予算の通用の問題につきまして、お尋ね…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1953/07/16、26期)

この法律案につきまして、文部委員会方面から若干の疑義がございまして、この点を明らかにして欲しいという申出がございましたので、私からお尋ねをいたしたいと存ずるものであります。それは射撃等の間接被害のため…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1953/07/20、26期)

運輸委員会方面から、この法律案につきまして連合審査の申出があつたのでありますが、会期も切迫いたしましたので、私がかわつてお尋ねをいたしたいと思うのであります。それは東京湾におきまして、防潜網が昭和二十…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1953/07/21、26期)

ただいま議題となりました漁業法の一部を改正する法律案につきまして僭越でありますが、提出者を代表いたしまして提案理由を御説明申し上げます。本法律案が各党の共同提案になりますまでに、改進党におきましては…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1953/07/22、26期)

提案者の方から一言申し上げたいのであります。ただいま免許料、許可料の徴収につきまして、松田委員の質問に答えて水産庁長官より御発表があつたわけでありますが、二十七年度の免許料、許可料は、二十八年度の予算…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1953/07/23、26期)

私はこの際明らかにいたしておきたいと思うのでありますが、本法律案を提案する経過につきまして、松田君からただいま御発言があつたのでございますが、御承知のようにわが自由党におきましても、去る十日の朝に党議…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1953/07/24、26期)

ただいま議題となりました久六島周辺における漁業についての漁業法の特例に関する法律案はすでに青森、秋田両県の当局並びに関係者間においても、十分意思の疏通をはかり、意見の一致を見まして、このような措置にま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1953/07/28、26期)

ただいま赤路小委員長より御報告がありました点につきましては、全幅の賛意を表するものでありますが、この取扱いにつきましては、大蔵委員会、農林委員会、関係の委員会とも緊密に連絡をいたし、さらにそれぞれの党…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1953/07/30、26期)

先般の北九州の風水害、和歌山県の風水害、その他各地に起りました災害によりまして、水産関係の災害が相当甚大なるものがあるわけでありますが、特に河川の氾濫、土砂の流出等によりまして、沿岸の増殖場が相当の被…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1953/08/04、26期)

林野庁の猟政調査課衣にお尋ねをいたしたいと思うのでありますが、狩猟法によりますと、農林人臣が狩猟鳥獣の種類を指定なさることに相なつておるのであります。この狩猟鳥獣の種類を指定なさる基準はどういうぐあい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1953/08/07、26期)

公庫の方にお伺いいたします。二十八年度の水産関係の特に製氷冷凍工場の建設資金融資につきまして、二十七年度からのつなぎ資金なりあるいは二十七年度中に融資の申請が非常に多数出て参りまして、その結果二十七年…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1953/10/27、26期)

私は、日韓漁業問題の急迫せる事態に対処いたしましてわが漁業権益を確保するとともに、関係漁民に対するところの救済の措置をすみやかに講じまするために、ここに委員会において決議をいたし、政府に対しこれが実施…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1953/11/03、26期)

私はしばらく時間をちようだいいたしまして、おつとせいの海上猟獲解禁の問題につきまして、外務省当局並びに水産庁当局に対してお尋ねをいたしたいと存じます。まず外務政務次官にお尋ねをいたしたいのであります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1953/12/14、26期)

拿捕漁船の代船難造資金、並びにあの漁場で操業ができませんために他の漁場へ転換いたしますそのことに伴います転換資金、この融資の問題につきましては、ただいままで大蔵大臣と委員各位との間に意見の食い違いがあ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1953/12/18、26期)

ただいま保利農林大臣から、対馬海域におきまする韓国の不法拿捕によるところの漁船の代船建造融資につきまして、閣議決定の法律案について御説明があつたわけであります。なお大臣は事態が緊迫いたしておりまするの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1954/01/13、26期)

昭和三十九年度の予算編成の背景をなしますのは、申すまでもなくわが国の重大な危機に立つております経済状態を前提とするものでなければならぬわけでありまして、わが国の経済が国内のインフレ、物価高を要因といた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1954/01/29、26期)

ただいままで母船と独航船の関連につきまして松田君、川村君から御質問がありましたが、要は公明選挙をさせるかどうかという点でありまして、明朗に独航船が母船を選択するということが一定の良識によつて行われると…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1954/02/13、26期)

昨年来業界の最も大きな関心事でございましたところの李承晩ラインに関連いたしまして、拿捕されたました漁船の代船建造の問題につきまして、今回政府がこの事態の救済のために本法案を提出されたことにつきまして、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1954/03/16、26期)

私は船員法の適用の現実の面の問題につきましてお尋ねしたいのであります。それはまき網漁業の場合でございますが、本船が三十トン以上でありまして、その乗組員は当然船員法の適用を受けておる。ところが手船寺が三…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1954/03/17、26期)

関連して。先ほど山口長官からお話がありました被爆の現場でございますが、禁止区域の東十四海里外という御説明があつたのでありますが、これは第三回の航路告示の場所から十四海里外という御趣旨でございますか、そ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1954/03/24、26期)

先般起りましたビキニ環礁地帯におきます原爆あるいは水爆の爆破実験に伴いますわが国のまぐろ漁船の被害につきまして、非常に広汎な各種の問題が生起いたしておるのでありますが、外務政務次官にまずお尋ねをいたし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1954/03/26、26期)

ただいま川村委員から御提案になりました件につきましては、後刻懇談されることになつたわけでありますが、私はこの際さらにただいま地方行政委員会におきまして審議中の地方税法案につきまして、当委員会から、地方…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1954/04/03、26期)

関連して。ただいま赤路君から詳細にわたりましてお軒ねがありまして、御当局の今後の御方針が明確になつたわけでありますが、私は二、三点についてお尋ねをしておきたいと思うのであります。第一点は、鉱山局長の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1954/04/17、26期)

議事進行……。ただいま淡谷委員からお尋ねになつております問題は、アメリカとの折衝の問題でございまして、淡谷委員のおつしやる通り非常に重大であり、かつ外交上いろいろ微妙な問題が含まれておると思うのであり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1954/04/26、26期)

私からも二、三お尋ねしておきたいのでありますが、後藤部長にお伺いいたします。地方公共団体の六億の出資のうち、一億八十八百万の起債を仰いでおるようでありますが、この六億の出資の都道府県と市町村団体との内…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1954/05/06、26期)

本国会の会期が迫つておりますが、重要法案その他の審議の関係で、会期を大幅に延長すべきであるという意見が一部に強く出ておりまして、幸いにして各派の御賛成を得て会期が延長になりますならば、私はこの機会に本…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1954/05/20、26期)

中川さんにお尋ねしたいと思います。安藤国務大臣が参議院の水産委員会で御説明をなさつておりました中で、日本政府が直接被害の第一の賠償要求として六千二百万円でありましたか、四百万円でありますか、申入れをし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第31号(1954/05/24、26期)

ただいま委員長からお話がございました国際連合の軍隊の地位に関する協定が成立をいたしまして、その実施に伴いまして、漁船の操業制限等に関する法律が政府から提案をされたわけであります。私が本委員会を代表いた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第33号(1954/05/28、26期)

地方行政委員会におきまして、ただいま審議中の奄美群島復興特別措置法案につきまして、水産関係の事項について本委員会から委員各位の御意見をまとめまして、私は次のような修正意見を提出することを提案いたしたい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1954/08/10、26期)

時間もないようでありますから、私一点だけ国務大臣にお尋ねしたいのです。それは今安藤国務大臣の御答弁によりまして、アメリカから内示をして参りました賠償額が八十万ドルというお話がございましたが、それは邦貨…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1954/11/04、26期)

ちよつと貸付限度のことにつきましてお伺いしたいのでございますが、貸付限度が五万円になつておるわけであります。これは農業の場合と違いまして、漁業の場合には、小型の漁船にいたしましても、あるいは漁具の手当…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第6号(1954/03/15、26期)

委員長、関連質問。まずこの際政府にお聞きしたいことは、先週、総括質問におきまして、本法案と憲法との関連につきまして他の委員諸君からいろいろお尋ねがあつたのでありますが、私は特にこの漁船損害補償法につ…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1954/12/02、26期)

先ほどの参考人のお話の中に、この事件がありましたあとでありますが、二十五日の午前十一時に第十五山田丸が、国府の船でありますか、あるいはどこの船であるかわかりませんが、この海域は戦闘海域であって、非常に…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1954/12/04、26期)

私どもも漁業法並びに協同組合法の改正の参考にいたしますために、日本海地区をモデル・ケースに選定をいたしまして調査をいたしたのでありますが、自由党からは田口水産委員長と私、改進党から白浜君、社会党左派か…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1954/12/06、26期)

石油類に対しましては、現存関税定率法によりまして、それぞれ関税率が定められておるのでありますが、昭和二十六年に現行の関税定率法が改正施行されました当時から、石油の重要性にかんがみまして、引続き昭和三十…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1954/12/16、26期)

自由党を代表いたしまして、ただいま山中君から御提議になりました本決議案に賛成の意を表明いたしたいと存じます。漁業用石油類の配給確保の問題につきましては、当委員会におきまして本年の七月以来真剣にその改…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22