鈴木善幸衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  7回発言  48166文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06) 17回発言  93416文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  6回発言  53692文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21) 14回発言  87569文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17) 44回発言 282843文字発言

本会議発言一覧

第93回国会 衆議院 本会議 第3号(1980/10/03、36期)

第九十三回国会の開会に当たり、所信の一端を述べ、国民各位の御理解と御協力を得たいと思います。さきの衆議院及び参議院の同時選挙において、自由民主党は、国民の信頼と期待のもとに、国会で安定多数を得ることができました。(拍手)これは、自由と民主主義を守り、福祉の向上と経済の発展に力を尽くしている自由民主党………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第4号(1980/10/06、36期)

お答えいたします。最初に、斎藤前厚生大臣の辞職の件につきまして申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第5号(1980/10/07、36期)

お答えいたします。まず、和の政治につきまして、国会運営、特に少数意見の尊重との関連などの点に関し、お尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第6号(1980/10/17、36期)

第一に、田園都市国家構想についてお尋ねがございました。八〇年代以降、二十一世紀に向かいまして、新しい国づくり、都市づくり、また村づくりが本格的に取り組んでいかなければならない重要な課題に相なっておることは、御指摘のとおりでございます。都市に田園の豊かさ、また田園に都市の活力を導入いたしまして、そして………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第7号(1980/10/21、36期)

まず第一に、国際情勢に対する認識についてお尋ねがございました。私は、戦後の国際政治、軍事情勢は、基本的には米ソを中心とする東西関係を軸に推移してきたものと考えておりますが、最近、ソ連のアフガニスタンに対する軍事介入等、国際社会の基本的秩序を脅かす事態が発生し、インドシナ半島、中東などの地域でも対立と………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第12号(1980/11/06、36期)

お答えいたします。まず、行政改革のあり方につきまして、具体的な御提言を含めお話がございました。いろいろ示唆に富む御意見であると存じます。会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第13号(1980/11/07、36期)

井上さんにお答え申し上げます。まず、五十三年度予算編成時における経済情勢でありますが、当時は、民間経済の回復は緩慢なものにとどまり、雇用面、企業収益面の回復がおくれておりました。また、経常収支は大幅な黒字基調を続けており、その縮小を求める海外からの要請も高まっておりました。そのような厳しい情勢の中で………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第2号(1981/01/26、36期)

第九十四回通常国会が再開されるに当たり、内外の情勢を展望し、これに対処する政府の基本方針を明らかにいたします。われわれは、激動の一九七〇年代を乗り越え、新しい時代を迎えております。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第3号(1981/01/28、36期)

飛鳥田社会党委員長の御質問にお答えいたします。最初に、豪雪対策についてでありますが、まずもって、この機会に、今回の豪雪の犠牲となられた方々に対し深く哀悼の意を表するとともに、被災地住民の各位に心からお見舞い、を申し上げます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第4号(1981/01/29、36期)

竹入公明党委員長にお答え申し上げます。まず、三千億円程度の減税に見合う課税最低限の引き上げをしてはどうかとの御提言でございます。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第6号(1981/02/12、36期)

戸田さんの御質問にお答えいたします。まず、今日の借金財政はだれの責任かという御質問でございますが、石油危機の到来は、国際経済に深刻な打撃を与えたことは御承知のとおりであります。わが国もまた、その例外ではなかったわけでございまして、各企業の収益は減退をする、また民間の設備投資は冷え込む、さらに、雇用の………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第7号(1981/02/19、36期)

熊川君にお答えいたします。制度面及び執行面の双方を通じまして、税の公平を確保するととに全力を尽くさなければならないことは、熊川議員御指摘のとおりであり、また、そのような努力に欠けるところがあっては、税に対する国民の信頼を得ることができません。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第8号(1981/02/26、36期)

松本さんにお答えをいたします。まず、八〇年代が地方の時代と呼ばれることについて、私の基本的な認識についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第12号(1981/03/24、36期)

佐藤君にお答えをいたします。まず、財政投融資資金による国債の引き受けでありますが、最近の国債の消化状況にかんがみまして、この点は十分配慮いたしております。今年度には、当初予定した二兆五千億円に加え、年度中の郵便貯金の増加見込み額の大部分に相当する一兆二千億円の国債の追加引き受けを行いましたし、また来………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第14号(1981/03/27、36期)

お答えいたします。まず、鈴木内閣の内政方針の中で、住宅政策がどのように位置づけられているかとのお尋ねでございますが、住宅は、人間の暮らしの中で最も重要な基盤となるものの一つでありますから、内政上きわめて重要な要素であると考えております。国民の居住水準の向上を図り、ゆとりある社会を築いてまいりたいと存………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第16号(1981/04/07、36期)

お答えいたします。原爆被爆者を初めとする戦争犠牲者に対して、軍人軍属等と同様な国家補償をすべきではないかとのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第17号(1981/04/10、36期)

金子さんにお答えをいたします。まず、今後の年金体系のあり方についてお尋ねがありましたが、わが国の社会経済情勢の推移を的確に把握し、各方面の意見を参考にしながら、長期的な視点のもとに適正を期してまいりたいと考えております。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第18号(1981/04/16、36期)

お答えいたします。昨年秋の臨時国会において、政府は、給与の官民較差を是正するための人事院勧告を受けて、国家公務員の給与改善を図る給与関係法案を提出し、その成立を見たのであります。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第19号(1981/04/17、36期)

お答えいたします。最初に、商法改正法案の提出が遅過ぎたのではないかとのことでありますが、御承知のとおり、商法は、わが国の私法制度の根幹を律する基本法であります。株式会社制度は、それ自体非常に複雑な制度でありますし、わが国の経済社会においても株式会社制度が果たしている重要な役割りを考えますと、その制度………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第21号(1981/04/23、36期)

お答えいたします。まず、食生活における米の位置づけについてでありますが、米は、日本人の伝統的、基本的な主食でありまして、今後とも、わが国の食生活において重要な役割りを果たしていくことが望ましいと考えております。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第22号(1981/04/24、36期)

お答えいたします。堀さんからお話がございましたように、現行の銀行法は、昭和二年の金融恐慌の時代に制定されたものでありまして、その後の経済社会の変化はまことに著しいものがあります。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第24号(1981/05/12、36期)

私は、五月四日から九日まで、伊東外務大臣とともに米国を訪問し、レーガン大統領と二回の会談を行ったほか、ブッシュ副大統領、ヘイグ国務長官ほか関係閣僚、米国議会両院の指導者、米国財界人、言論人等と懇談いたしました。さらに、ナショナル・プレスクラブにおいて、わが国の外交の基本姿勢、日米関係等を中心に演説を………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第25号(1981/05/15、36期)

お答えいたします。まず、同盟関係について御説明いたします。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第27号(1981/05/22、36期)

お答えいたします。まず、ライシャワー発言についてのお尋ねでありますが、安保条約の核に関する事前協議制度のもとにおきましては、いわゆる艦船による核持ち込みを含め、核の持ち込みに該当する場合はすべて事前協議の対象となっております。これが日本政府の従来からの見解であり、いまも変わっておりません。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第3号(1981/09/28、36期)

第九十五回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べるに当たり、まずもって、先般の梅雨前線の活動と台風十五号などにより被災された方々に対し、心からお見舞いを申し上げます。政府は、復旧対策に全力を傾注するとともに、今後とも、災害対策に万全を期してまいります。(拍手)さて私は、組閣以来今日まで一年余りの間、………会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第4号(1981/09/30、36期)

飛鳥田社会党委員長にお答えをいたします。まず、国際社会において最も重要な平和の問題についてであります。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第5号(1981/10/01、36期)

浅井議員にお答えいたします。まず、行財政改革の必要性、理念等につきましてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第6号(1981/10/06、36期)

中山さんにお答えをいたします。まず、行財政改革を今後どのように進めるか。また、その中で、今回の行革関連特例法案はどのように位置づけられているかとのお尋ねでありました。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第7号(1981/10/15、36期)

戸井田議員の御質問にお答えをいたします。御指摘のとおり、今後の人口の高齢化、年金制度の成熟化などにより社会保障給付費の増大が見込まれますが、それに伴い国民の費用負担の増大も避けられないところでありますので、高齢化社会にふさわしい給付の実現と負担の公平を図っていく必要があると存じます。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第9号(1981/11/10、36期)

お答えいたします。最初に、政治倫理について一連の御意見がありましたが、私はかねてから申し上げておりますように、政治倫理の確立は緊要な課題であり、清潔かつ公正な政治を行うことは社会秩序の基礎となるものであります。国民の信頼を得る原点であるとも考えております。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第2号(1982/01/25、36期)

第九十六回通常国会の再開に当たり、当面する内外の諸問題について所信を明らかにしたいと存じます。一九八二年は、ポーランド情勢に象徴される国際的緊張の高まりのうちに明けました。第二次大戦後の最も根本的な課題である東西間の緊張緩和には、なお好転の兆しが見えず、永続性のある世界の平和は、いまだに遠いかなたに………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第3号(1982/01/27、36期)

飛鳥田社会党委員長にお答えいたします。まず、レーガン米大統領のいわゆる核兵器の限定的使用等についての発言でありますが、政府は、これは基本的には米国としていかなる攻撃に対してもこれに対応し得る有効な態勢をとることをその抑止力の基本としているという趣旨を述べたものと認識しております。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第4号(1982/01/28、36期)

竹入公明党委員長にお答えをいたします。最初に、政治姿勢についてお尋ねがございました。御指摘のように、私は、就任後の初めての所信表明演説において、政治倫理の確立と綱紀の粛正が緊要な課題であると申し上げましたが、いまもその気持ちは全く変わっておりません。今回の施政方針演説でもこの点を重ねて強調した次第で………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第7号(1982/02/19、36期)

野口幸一議員にお答えいたします。まず、五十六年度の税収見積もりについてでありますが、税収の見積もりは、見積もりを行う時点における利用可能な資料に基づいて、税の専門家たちが最大限の努力を傾けて見積もりを行っているものでありますが、利用可能なデータにはどうしても限りがありますから、なかなか見積もりのとお………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第8号(1982/02/23、36期)

五十嵐議員にお答えをいたします。最初に、地方交付税は地方の固有財源であるとの御意見がありましたが、地方交付税につきましては、法により国税三税の一定割合をもって交付税とするものとされており、それが地方団体に法律上当然に帰属するという意味において、地方の固有財源であると言って差し支えないと存じます。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第9号(1982/02/25、36期)

伊藤議員にお答えをいたします。オイルショック以来、わが国の経済はいろいろな困難に見舞われてまいりました。それはひとりわが国のみに限らず、世界じゅうのほとんどの国が同様の経験をしたのでありますが、第一次石油危機以来の約十年を振り返りますと、わが国は、国民の英知と努力、政府の適切な施策によって、最も賢明………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第11号(1982/03/12、36期)

小野信一議員にお答えをいたします。さきの臨時国会で成立をした行革関連特例法におきまして、公庫金利の弾力化を図った趣旨は、特例適用期間中において、貸付金利の見直しが機動的かつ円滑に実施できるよう体制の整備を行おうとするものでありまして、具体的に政令を制定する際には、公庫融資の社会的、経済的必要性と財政………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第13号(1982/03/26、36期)

お答えいたします。最初に、自衛隊の任務と人間の良心の関係について御意見がありました。御承知のように、現在の自衛隊は、戦前の旧軍隊と異なり、徴兵制ではなく任期制の志願制度を採用し、その任務も、不法な武力侵略があった場合に初めてわが国領土と国民を守るため抵抗し、排除することを使命とするものであります。こ………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第21号(1982/05/14、36期)

伊藤防衛庁長官の去る五月六日の防衛懇話会における発言の中で、表現に一部適切を欠いた点があったことはまことに遺憾であります。私も、伊藤防衛庁長官に対し、厳重に注意いたしましたが、伊藤防衛庁長官自身も深く反省しております。内閣は、今後、一層言動を戒め、職責の厳正かつ公正な遂行に全力を挙げていく決意であり………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第23号(1982/05/27、36期)

ただいまの御決議に対しまして、所信を申し述べます。政府といたしましては、このような決議が採択されましたことを真剣に受けとめており、この決議を体しまして、第二回国連軍縮特別総会において努力する所存であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第26号(1982/06/21、36期)

私は、今般、国会のお許しを得て第八回主要国首脳会議及び第二回国連軍縮特別総会へ出席し、さらにその後、ペルー、ブラジル両国訪問を終えて六月十八日に帰国いたしました。ここに、その概要を御報告いたします。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第29号(1982/07/27、36期)

片岡議員にお答えいたします。最初に、自由民主党の改正案がそのまま衆議院に回付されてきたことについて御質問がございましたが、選挙制度の問題につきましては、これまでもしばしば申し上げてまいりましたように、各党間で十分論議を尽くした上で改善していくことが望ましいというのが基本的な考え方であることに変わりは………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第30号(1982/07/30、36期)

笹山議員にお答えいたします。まずもって、今回の長崎市を中心とする西日本一帯を襲った豪雨により犠牲となられた方々の御冥福をお祈りするとともに、その御遺族に対し、謹んで哀悼の意を表します。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第31号(1982/08/05、36期)

佐藤敬治議員にお答えいたします。右翼の取り締まりが手ぬるいのではないかとの御意見がありましたが、およそ法秩序を素乱する違法行為については、従来から警察当局において厳正に取り締まりを実施していると承知いたしております。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第98回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  36期通算   1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22