川上貫一衆議院議員 29期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


衆議院本会議(29期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第37回国会(特別:1960/12/05-1960/12/22)  0回発言      0文字発言
  第38回国会(通常:1960/12/26-1961/06/08)  0回発言      0文字発言
  第39回国会(臨時:1961/09/25-1961/10/31)  1回発言   2122文字発言
  第40回国会(通常:1961/12/09-1962/05/07)  1回発言   3004文字発言
  第41回国会(臨時:1962/08/04-1962/09/02)  0回発言      0文字発言
  第42回国会(臨時:1962/12/08-1962/12/23)  0回発言      0文字発言
  第43回国会(通常:1962/12/24-1963/07/06)  0回発言      0文字発言
  第44回国会(臨時:1963/10/15-1963/10/23)  0回発言      0文字発言

       29期通算   (1960/11/20-1963/11/20)  2回発言   5126文字発言

本会議発言一覧

第39回国会 衆議院 本会議 第14号(1961/10/25、29期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま上程されております決議案に反対の意見を述べます。それは、この決議案が、一見国民の念願を現わしておるように見えますが、その実質においては、人類破滅のおそるべき核戦争に対する反対を、実験反対にすりかえておるからであります。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第33号(1962/04/06、29期)

私は、日本共産党を代表しまして、日本国に対する戦後の経済援助の処理に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定に反対の意見を述べます。反対のおもな理由は二つあります。その一つは、この協定は、正常な形で委員会を通過したものではありません。他の一つは、協定そのものの性格と内容についてであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(29期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第37回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第38回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  8回発言  43571文字発言
 第39回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言  24906文字発言
 第40回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24) 11回発言  47479文字発言
 第41回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  5回発言  17481文字発言
 第42回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第43回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20) 12回発言  33357文字発言

  29期通算  89回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 89) 40回発言 166794文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            89回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 89) 40回発言 166794文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第38回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1961/03/01、29期)

私は外務大臣に対して二、三の質問をしたいのでありますが、具体的に御質問いたしますから、解釈論はいたしませんから、時間も貴重なのでありますから、簡単にお答え願いたいと思います。まず第一に、外務大臣は韓…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1961/03/10、29期)

前の質問の続きがたくさん残っておるのですが、きょうは外務大臣は時間が非常に少ないそうですから、ごく一、二問だけ短い時間に質問しておきたいと思います。まず第一は、韓国が財産請求権の問題について、日本に…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1961/03/17、29期)

私は前会の質問が残っておりますし、また、きょう松本委員の御質疑に対する政府の御答弁の中には、片言隻語ではありましたけれども、大へんな重要な問題を含んでおると私は思います。この点についてはきょうは時間が…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1961/03/22、29期)

日韓会談について三回目の質問をしたいと思うのです。私が三べんも日韓会談の問題について質問いたしますのは、どうもこの会談が一貫して日本政府の対米従属外交の見本だと思われますので、特に続けて質問させてもら…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1961/04/05、29期)

たくさんの時間をとりませんが、日中問題についてのこれまでの政府の答弁は、どうも私どもとしては了解しにくい点がたくさんあります。特に本委員会で先般黒田委員が日中関係についての質問をされましたが、これは非…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1961/04/20、29期)

関連でありますから、簡略に要点だけ質問しますから御答弁願いたいと思います。キューバの問題ですが、おそらく政府は日本代表に種々な訓令を出しておるに違いない、また出さざるを得ない。そこで、その基本的態度…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1961/05/19、29期)

私の質問は簡単ですし、なお航空業務については全くのしろうとでありますから、事務的なことでちょっとお聞きしておきたいだけなんです。この協定の第二条の(b)項「運輸以外の目的で自国の領域に着陸する権利」…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1961/05/31、29期)

さっきの御答弁がどうもよくわからなかったのですが、フィリピンの方では今批准を延ばしておる、その理由はこれをやるとフィリピンの国民感情に影響するところがあって、どうも今やるのは工合が悪いというように報道…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1961/10/06、29期)

外務大臣にお聞きします。時間が、だいぶたっておりますので、外務大臣はもうしりが動いておるだろうと思いますが、私の質問はごく簡単ですからごしんぼうをお願いします。問題はやはり床次委員、それから松本委員…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1961/10/27、29期)

この前の十九日ですか、この委員会で岡田議員が質問されたことに対して、政府の方ではいろいろ御答弁になったのですが、それを聞いておると、どうも羽田空港だけじゃなしに、日本の広い領域にわたって実際にはいつど…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1961/11/10、29期)

外務大臣は四十分までおられるそうですから非常に時間がない。四十分まではいいのですか。日本が完全受諾したポツダム宣言、これによると、詳しくは言いませんが、朝鮮に関する問題については、「朝鮮ノ人民ノ奴隷…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1961/12/04、29期)

時間がありませんから、簡単に二、三の点だけ外務大臣に質問します。政府の方では日韓会談を進められて、いわばしゃにむに朴政権と手を握ろうとしておられるようです。朴政権というものが合法的なものであるか、あ…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1962/02/14、29期)

私のは、時間が大へん大事なときの関連でありますから、御答弁だけ願いますが、それについての再質問はいたしません。この問題についてはこの次の国際情勢の機会に質問をさしてもらいますので、その用意にまとめて質…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1962/02/27、29期)

私は、日韓会談の問題ではいろいろ聞きたいことはあるのでありますけれども、時間が非常に少ないので、きょうはせっかく総理大臣がお見えになっておるのでありますから、政治的な問題に限って、今後私どもが質問を続…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1962/02/28、29期)

きのう総理に質問をしたのでありますが、事実がよくわかりませんので、あらためて出席をお願いしたのでありますが、まず最初に外務大臣にお伺いします。きのう私が質問したのは、韓国の金情報部長が日本の公安調査…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1962/03/14、29期)

私は、関連でありますから、ごく短く、質問は全部まとめていたしますから、その一つ一つについてお答えを願いたいと思います。穂積委員に対する外務大臣その他の御答弁を承っておりますと、韓国で朴政権が及んでおる…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1962/03/20、29期)

私のは簡単ですが、今ちょうど黒田委員が質問をしておられる問題に関連しますから、ここでほんのちょっとだけ質問さしてもらいます。法制局長官は非常に重要なことを言われておる。長官の答弁は、全部もらえるか、…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1962/03/24、29期)

きょうは、総理もおいでになっておるのでありまして、日韓会談の問題だけについて御質問をいたしたいのでありますが、質問に入ります前に一つだけ言うておきたいと思います。政府は、今まで、朴政権、韓国の政権を…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1962/03/27、29期)

私は、この前の委員会で、日韓会談の問題について、この会談は暗い影と戦争のにおいがつきまとうておるということを述べて、湯川康平氏の問題について質問をしまして、さらにいま一つの問題を簡単にお聞きしたいとい…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1962/04/04、29期)

総理は五時二十分までしかおられぬそうであります。これは大へん遺憾でありますけれども、すでにもう長い時間にわたってこのガリオア・エロア、タイ特別円問題については質疑が続いております。相当論議も尽くされて…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1962/04/11、29期)

関連でありますから、まとめて質問をします。私は、この前の質問のときに、日韓会談には暗い陰がつきまとうておる、陰険なにおいがしておるということを言うたんです。だんだんとそれが明らかになってくる。そこで…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1962/04/13、29期)

今質疑が行なわれておる民間航空協定の問題なんですが、私は外務大臣にお聞きしたいのですが、民間航空協定は、それ自体決して悪いことじゃないと思う。これは航空協定しなければいかぬと思います。日本の国内法によ…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1962/05/25、29期)

私は関連でありますからまとめて質問をします。穂積、戸叶、松本三委員の質疑に関連して外務大臣にお聞きします。きょうの委員会でいろいろ政府の方では抜け句を考えて言うておられる。しかし、外務大臣はたった数…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1962/08/23、29期)

関連して一つだけ。漁業協定の御答弁がありましたが、この漁業協定を結ぶ場合に、前の外務委員会で前の外相のときの御答弁では、この漁業協定をする海域は韓国の海域、三十八度線以南の海域に限るという答弁になっ…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1962/08/29、29期)

時間が非常になくなったので、ことに総理もお見えになっておりますから、私は単直に聞きますから、御答弁も単直に願いたい。総理は、きのうの本会議で、朴政権は平和的南北統一を達成することを国是としておると言…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1962/10/15、29期)

私の質問は、いつもの通りにきわめて単直であります。しかし、時間の関係もありますから、質問は四つしたいのでありますが、前の三つを一括して外務大臣にお尋ねしたいと思うのです。そこで、一括でありますから、そ…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1962/10/27、29期)

時間が非常に制約されておりますから、私は質問をまとめて行ないますので、外務大臣もまとめて御答弁をお願いします。一体、このケネディのキューバに対する終始一貫した政策、干渉、圧迫、脅迫、攻撃、これは言語…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1962/11/06、29期)

私のは、いろいろな理屈の問題ではなくて、実際上の問題で、いつものように単直にお聞きしたいと思うのです。特に外務大臣にお聞きしたいと思うのです。アメリカの海上封鎖が国際法違反であるか、国連憲章のじゅう…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1963/02/08、29期)

非常に時間がありませんから、私の方もまとめて質問しますから、御答弁の方も焦点だけを端的にお答えをお願いします。私の質問いたしたいと考えるのは、原子力潜水艦の問題です。外務大臣も御承知のように、世界の…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1963/03/07、29期)

私は、この前の二月八日の委員会で、今度の日本に基地を要求したアメリカの原子力潜水艦について質問をしました。それに対して、外務大臣は、この原子力潜水艦は核武装をしていない、こう答弁をされた。そうして、そ…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1963/03/08、29期)

私の質問はごく簡単です。結論的に言えば、この件は賛成です。ただ、それについて一つだけ質問しておきたいのですが、ILO条約で批准を要請されておる今日までの合計件数は幾らありますか。最初から今日までの件数…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1963/03/15、29期)

私は今回もまた続いて原子力潜水艦の問題について外務大臣にお尋ねしたいと思います。これはこの前も繰り返したのですが、原子力潜水艦の入港の問題について、どうも外務大臣も政府もあれが核装備をしておるという…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1963/03/26、29期)

この条約の締結は、日本とアメリカの通商条約に次いで行なわれる重要な条約だと思うのです。ほかの大きな国とはまだたくさん条約もできておらぬのです。そこで、将来の日本との通商航海条約の前例ともなる、こういう…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1963/03/27、29期)

私の質問は簡単ですが、実はここに総理大臣がおられないのははなはだ遺憾であります。私は、きのうの本会議で松本議員の質問に対する総理の答弁、また、きょうの外務大臣の答弁を聞いて、ちょっと黙っておれぬ。共…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1963/03/29、29期)

時間が非常に切迫しておりますから、簡単に質疑をさしていただきます。きょうは今まで三人のお方の意見を承って大へん参考になりました。ありがとうございました。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1963/05/08、29期)

私の約束の時間は四十分までということになって、時間が非常にない。そこで、私も簡明に質問いたしますから、どうか外務大臣も正確に簡単に御答弁をお願いしたい。アメリカの原子力潜水艦の寄港問題でありますが、…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1963/05/10、29期)

私のは関連でありますから、一問だけであります。外務大臣にお尋ねします。第一に、F105は、アメリカ空軍の発表によると、一メガトンの水爆五発を持っておる。一メガトンというのは、広島原爆の五十倍ある。こ…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1963/05/15、29期)

外務大臣にお尋ねをいたします。私の主たる質問は三点であります。時間もたくさんありませんから要点だけを質問します。答弁も簡潔に願いたい。F105の問題。F105という飛行機は原水爆による攻撃を主目的と…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1963/06/06、29期)

私は、質問をいたします前に、一つだけ外務大臣にあらためて要求しておきます。外務委員会で要求をした日本とアメリカの間の原子力潜水艦に関する交渉の文書、これと今度提出された文書とは全く合致しません。この…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1963/06/11、29期)

時間もだいぶ切迫しておりますから、私は簡単に関野先生と林先生のお二人にお尋ねをいたします。いろいろ御意見を承りまして大へん参考になりましたが、参考人の方々の御意見は、なるほど一参考人としての御意見で…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(29期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22