川上貫一衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   5005文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   5005文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第8号(1954/01/30、26期)

私は吉田総理大臣に対して一つ二つの質問をいたしたいと思います。去る一月二十三日、アメリカは、朝鮮民主主義人民共和国と中国人民義勇軍の捕虜を一方的に釈放して、その大半を台湾に輸送し、朝鮮に新しい緊張状態をつくり出そうとしたことは、世界周知の事実であります。一体、朝鮮の休戦会談で一番大きな問題になつたも………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 17回発言  70675文字発言
 第17回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   9786文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 19回発言 102738文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1084文字発言

  26期通算  76回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 76) 39回発言 184283文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 49) 26回発言 130394文字発言

 外務委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  9回発言  37456文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   8628文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言     24文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6697文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1084文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1953/07/28、26期)

大臣が見えておりますから、大臣に聞きたいのですが、この友好通商航海条約は相当なものだと思う。これに一番よく似ているのは、アメリカとコロンビアが結びました通商条約ですが、これ以外に今の日米の結んだ条約に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1953/07/29、26期)

今ちようど穂積委員が重要な質問をされておりますので、それについてお尋ねいたします。制限業種がきまつておりますが、これはきのうの説明によると、外資の導入その他の関係もあるので、いろいろなことを勘案して、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期)

私は小会派の諸君の同意を得まして、この条約案に反対の意見を簡単に申します。この条約は形式の上では、日本の経済を国際的に無防備の状態に置くことが明らかであります。実質の上では、日本の産業、金融、貿易そ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1953/07/31、26期)

関連質問でありますし、同僚委員の方々の発言要求もありますから、簡単にお尋ねしたいと思います。第一点は、このブカレストへの旅券の交付について、いろいろ研究しておると言われますが、具体的にどういうぐあい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1953/08/01、26期)

この請願採択を今討議されておるので、政務次官にちよつとお聞きしたいのですが、頼む方は、国民としていろいろなことを頼む、要求する、それから扱う方は、まるで敵国扱いのような扱い方を政府はしておる。こういう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1953/08/04、26期)

私の質問は簡単であります。今のに関連いたしますが、アメリカ側と日本の間に要員の労務に関するいろいろな協定があると思う、また今協定の問題ではあるいは交渉されておるのはでないかと思うのですが、これは日本の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1953/08/05、26期)

きようは大臣か政務次官にお聞きしたい点があるのですが、おさしつかえだそうでありますし、なお時間も相当たつて、委員会もまことに蓼々たる光景を呈しておりますので、条約局長に二、三の点だけお聞きしたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1953/08/07、26期)

私は質問時間も願つてあつたのですが、関連がありますので一つだけ伺います。先ほど戸叶君の質問に対する答弁で、保安隊に顧問団がおるということを言われたのですが、この顧問団というのは、どういう法的根拠に基く…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第9号(1953/07/02、26期)

議事進行について。これはたびたび私が前から委員長に言つておるのですが、大臣が特に三十分しか時間がない、そこで済ますと言つていながら、委員長は大臣以外の質問を平気で許しておられる。この問題について私はあ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第13号(1953/07/07、26期)

同僚委員の御質問もたまつていると思いますので、私は中日貿易を中心としたことで二、三の、質問を大臣にしたいと思います。簡単に聞きますからどうか簡単に要点を答えてちようだい。それから私は大臣に聞くのであり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1953/07/14、26期)

前の委員会が資料を要求してリストを出してもらつたのですか、ところがあれはリストじやない。あれはリストのうちの解除品貝だけ出している。これを私は要求したのじやない。あのリストのもとを出してもらいたい。こ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第19号(1953/07/17、26期)

関連して。私聞いておりますと、私の質問はほかにあるのですが、今の局長の方の答弁は違うのです。これをはつきりせぬと、時間がかかるばかりでしようがない。三分の一は還元するということに自転車競技法ではなつて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1953/07/21、26期)

ちよつと議事進行で簡単に発言したいのであります。それは水害の問題なのでありますが、九州の水害に次いで和歌山の大水害がある。これは特別委員会が設けられて審議されておりますけれども、炭鉱の問題、発電所の問…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1953/07/22、26期)

関連して……。議事進行の問題ですが、ここではつきりしてもらいたいのは、日米友好通商条約が他の委員会にかかつておつて、ここでは共同審査の申込みをしてあるということなんですが、それを共同審査をしないで済ま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1953/07/24、26期)

いろいろ参考人の方々より御熱心な御感想をお聞きいたしましたが、今前田さんよりは適切な話を非常に聞かしてもらつたわけでございますが、残念ながらほかの方のお話はどうも金もうけしか考えておらない。これではさ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第25号(1953/07/25、26期)

関連して。非常に簡単なんですが、今の大臣のお答え、その通りだと思う。これは何ら政府が補償したり何かをしたりするものじやない。だからあぶない。兵器を生産しておつたら、軍事基地を多くして戦争を始めてくれな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第27号(1953/07/28、26期)

議事進行。外務委員会に日米通商航海条約がかかつておるのでありますが、これを通産委員会から合同審議をするように申入れをすることを、私は前にも発言をしたし、また理事の方々に処置を聞いたら、これは合同審査を…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/11/04、26期)

質問の打合せで二十分ということになつておりますので、私はこの打合せその他はかたく守りたいと思いますが、政府の方でもできるだけ簡単にお答えを願いたい。そうしませんと時間が延びます。第一番の問題は竹島の…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/11/04、26期)

私はやはり火力借款で少しばかりお聞きしたいと思うのですが、まず第一に、これで入つて来る機械類の関税がおよそ三十億くらいあると思いますが、これは免税にする予定でありますかどうか、この点を伺つておきたい。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第13号(1954/05/21、26期)

関連と同時に議事の進行です。私はこれは非常に重大だと思う。政府の責任ある答弁は、委員会に対して委員の審議を曲げるような答弁をしておる。これは、間違つたとか言い方が足らなかつたとかいう問題てはなくて、委…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/12/14、26期)

簡単に質問いたしますから、御答弁の方もどうぞ簡単でけつこうですから、できるだけ他の委員諸公の時間をとらぬようにお願いしたいと思います。まず第一にちよつと委員長にお伺いいたしますが、きようはなぜ通産大…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/12/15、26期)

関連をして。私もきのう質問したのですが、政府の方ではやはり正直に言う必要がある。そうじやない。日本の硫安、肥料の問題は、将来の東南アジアに関係がある、中日貿易に関係がある。同時に台湾と朝鮮に関係がある…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1954/02/13、26期)

議事進行。私きのうから通産大臣の御答弁を聞いておるのですが、どうも大臣の答弁は事務当局でもできるような答弁ばかり多い。加藤議員の聞かれておるところは、これは一つの世界政治の問題として、日本の政治問題と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1954/02/17、26期)

通産大臣にお聞きしますが、スタツセン長官が今度来日して、本会計年度に一億ドルの域外買付ができる、こういうことが伝えられておるのですが、これはMSAによる小麦援助の四千万ドルを含んでおるものだと思うので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第17号(1954/02/27、26期)

私の質問は部分的なことではなくて、通産大臣のお考えを聞きたいと思うのでありますから、簡単なお答えでけつこうであります。私も簡単にお尋ねいたします。第一は、通産大臣が経済演説をされたのでありますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1954/03/12、26期)

時間が非常に制約されておりますから、答弁してくださる方も、説明でなしに事実を答弁していただきたい。私の方も事実を承りたいと思います。今日の貿易を論じます場合に、中国、ソ同盟の貿易を全然度外視しておい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1954/03/16、26期)

大臣が見えておりませんから局長にお尋ねいたしたいのですが、外貨の問題です。外貨を外国銀行に預けてあるが、これは八割以上預かつておると思うのです。あれはどうして外国銀行に預けなければならないか、この点な…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第26号(1954/03/26、26期)

私の質問はごくわずかでございますが、政務次官にお聞きしたいのです。国内の石油の問題でこの法案も出ておりますし、政府もいろいろ考えられておるのだが、私はどうも日本の石油精製の全体というものを見ないで、形…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第28号(1954/03/30、26期)

実はMSAの問題について、ことに経済問題に関連していろいろ聞きたいことがあるのですが、とても時間がなくて、きようは聞けません。先ほどから加藤委員の質問に対して大臣がお答えになつておるのを聞いていても、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第40号(1954/04/27、26期)

関連して……。質問なりお答えを聞いておるんですけれども、これは今に始まつたのじやなくて、加藤議員がたびたび質問しているんです。今具体的に言うと、この点がちよつと私にはわからぬ。加藤君の方では稼働率は六…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第42号(1954/04/30、26期)

硫安の問題について、二、三点適産大臣にお聞きしたい。今度提案されている法案は、需給安定法、輸出会社法と裏表のものであると思いますが、それを見ると、価格の決定をするということである。現在十四社は硫安協会…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第49号(1954/05/18、26期)

通産大臣にお伺いいたしますが、今度の一部改正で届出制を許可制にするということがまず中心の問題であつたわけです。審議会の案によるというと、助成措置が考究されておる。ところが今度の改正案には助成措置がない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第51号(1954/05/20、26期)

通産大臣にお聞きしたいのでありますが、この前の委員会で航空機製造法について一部を質問し始めたのでありますけれども、休憩になりまして残つておるのでありますが、その際に私の第一に聞いたことは、今度の改正案…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第54号(1954/05/24、26期)

岡野さんにお伺いいたしますが、ごく簡単にお答えください。お伺いしたいのは、今度出ております法案でありますが、これはその内容は政府が許可をするということが中心で、そのほかのことは何も触れていないわけなん…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第60号(1954/06/02、26期)

通産大臣に二、三点質問をいたしたいのでありますが、時間が十分にありませんから要点だけを質問いたしますので、答弁の方も要点だけでけつこうでありますからお願いいたします。特需が本日の委員会でも問題になつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第62号(1954/08/12、26期)

ちよつと議事進行で一つだけ……。ちよつと意見なんですが、これから各委員の質問が続くと思うのですが、通産大臣にちよつとお願いしておきたいのです。もう少し腹を割つて答えてもらいたいのです。たとえば山手委員…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第3号(1954/03/10、26期)

関連して一つあるのですが、大臣はまだおられますか。それでは、次会は明後十二日午前十時より開会することといたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1954/03/22、26期)

国警長官が見えておられるので一、二お伺いしたいと思います。先日参議院議員が調査のために青森に行つたときに、青森の国警の隊長は共産党ならば何でも徹底的にこれを調べるのだということを言われたという報告に…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1954/12/03、26期)

さつきから政府の答弁を聞いておると、木村長官は、竹島は完全に日本の領土である、こう言われたのでありますが、海上保安庁長官は、この帰属が明らかでないので、これを解決しなければ根本的に解決しないという意味…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22