国会議員白書トップ衆議院議員小平忠>31期国会活動まとめ

小平忠衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  0回発言      0文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  2回発言   4928文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  2回発言   4928文字発言

本会議発言一覧

第61回国会 衆議院 本会議 第12号(1969/03/04、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、政府提案の昭和四十四年度予算関係三案に対しまして、反対の討論を行なわんとするものであります。(拍手)なお、社会党提案の組み替え動議に対しましても、遺憾ながら反対せざるを得ないのであります。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第59号(1969/07/11、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、ただいま提出されました石井議長不信任案に賛成の意見を表明するものであります。(拍手)今第六十一通常国会は、開会以来、すでに十一回にのぼる強行採決が行なわれております。与党自民党による強行採決、議長あっせんというこの悪習慣は、わが国の議会政治確立のためにも、お互いにぜひ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  1)  3回発言  19106文字発言
 第56回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第57回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  1回発言   2961文字発言
 第58回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  2)  2回発言  16857文字発言
 第59回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第60回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言  15346文字発言
 第61回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  1)  1回発言   2009文字発言

  31期通算  65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 59 委員  6)  8回発言  56279文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 59 委員  0)  6回発言  50662文字発言

 災害対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   3608文字発言

 石炭対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 災害地対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2009文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第55回国会)
 予算委員会理事(第56回国会)
 予算委員会理事(第57回国会)
 予算委員会理事(第58回国会)
 予算委員会理事(第59回国会)
 予算委員会理事(第60回国会)
 予算委員会理事(第61回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第55回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1967/03/25、31期)

本委員会が、一昨日の公明党の矢野絢也君の質問の内容に端を発しまして混乱をし、さらに昨日、本日と二日間にわたって理事会が混乱をして、重要なる予算案、国政の審議に停滞を来たしておりますことは、まことに遺憾…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1967/03/29、31期)

私は、民主社会党を代表し、ただいま議題となっております昭和四十二年度暫定予算三案に対し反対の討論を行なわんとするものであります。言うまでもなく、今回の暫定予算の措置は総選挙による政治的空白と、これに…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1967/04/28、31期)

最初に、ベトナム和平について総理大臣からお伺いいたしたいと思うのであります。和平問題の中身について総理にお伺いする前に、現在、ベトナムを中心とする両陣営の戦力並びに配備の現状について、担当が外務省あ…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1967/12/15、31期)

私は、民社党を代表し、ただいま提案されております昭和四十二年度一般会計補正予算案、特別会計補正予算案、政府関係機関補正予算案の三案に対し、一括して反対するものであります。現下の日本経済を取り巻く環境…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第9号(1968/05/21、31期)

それを信頼して、われわれは、今回の災害復旧に対して政府が万遺憾なきを期していただきたいと思います。もう一つ、今度の災害の特異性は、全体の被害の中でやはり国鉄被害が非常に大きいと思います……。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1968/03/16、31期)

私は、まず第一に、沖繩問題について質問をいたしたいと思います。総理は、昨年の十一月、アメリカのジョンソン大統領との首脳会談におきまして、懸案の沖繩、小笠原問題の解決に努力せられ、その御努力については…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1968/12/14、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、当面する内政外交の重要課題について、わが党の主張を織り込みながら、佐藤総理大臣並びに関係閣僚に、その見解と行なわんとする施策について若干お尋ねしたいと存ずるのであります…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 農林水産委員会 第34号(1969/06/05、31期)

神田委員の質問に関連しまして、若干質問したいと思うのであります。ただいまの大臣の答弁を聞いておりますと、一体食管法を守るのか守らぬのか。政府みずからがこの食管法を守らない、違反をするという重大な責任…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22