大橋敏雄衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  1回発言   5337文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  2回発言   7319文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  3回発言  12656文字発言

本会議発言一覧

第55回国会 衆議院 本会議 第19号(1967/05/30、31期)

私は、公明党を代表いたしまして、ただいま趣旨説明のありました健康保険法及び船員保険法の臨時特例法案について、総理並びに関係大臣に対し、現在国民が最も関心を寄せる諸点について質問をいたしますが、ただいままでの質疑に対する総理はじめ各大臣の答弁は不誠意きわまるものであります。どうか、つぼをはずさないで、………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第34号(1969/05/08、31期)

私は、公明党を代表して、ただいま趣旨説明された健康保険法及び船員保険法の臨時特例に関する法律等の一部を改正する法律案に対し、若干の質疑を行なうものであります。いわゆるこの健保特例法なるものは、しょせん政府の怠慢行政から生じた政管健保の累積赤字を国民大衆の負担において解消しようとする、きわめて悪質な法………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第41号(1969/05/30、31期)

私は、公明党を代表いたしまして、ただいま提案されました建設委員長始関伊平君の解任決議案に対し、賛成の討論を行なわんとするものであります。言うまでもなく、議会制民主主義とは、そのルールに基づき、最終的には多数決によるとしても、その前に少数意見を尊重することによって国民大衆の声を十分に反映させるのが基本………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54) 11回発言  41895文字発言
 第56回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第57回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  12485文字発言
 第58回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  9回発言  32391文字発言
 第59回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  9回発言  33411文字発言
 第60回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言   8589文字発言
 第61回国会 61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 61) 27回発言 106329文字発言
 第62回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  31期通算 179回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員179) 61回発言 235100文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            98回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 98) 28回発言 118782文字発言

 石炭対策特別委員会
            70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 70) 31回発言 106598文字発言

 予算委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言   3775文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5945文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第55回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1967/04/27、31期)

私が当委員会でこのように質問に立ちますのは初めてでございます。したがいまして、質問に入る前に一言ごあいさつさせていただきたいと思います。御承知のとおり、私は新兵さんでございます。今後ともいろいろと皆…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1967/06/08、31期)

たいへん時間がないようでございますので、ごく要点を申し上げますから、答弁のほうも要点をつかんで、明快にいただきたいと思います。ただいまもお話になっておりましたが、満州開拓青年義勇隊の問題に関連をいた…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1967/06/13、31期)

駐留軍関係の従業者は中高年齢者が多いと聞いておりますが、そういう立場から考えてみまして、今回の改正案のいわゆる自営支度金、自営業の開業資金だとかあるいは債務保証、こういう改正は当然の措置だと思います。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1967/04/20、31期)

質問に入ります前に一言ごあいさついたします。私は公明党の大橋と申します。皆さまも御承知のとおり新兵でございますので、いろいろとお世話になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1967/05/10、31期)

本日の委員会は、炭鉱離職者臨時措置法の一部を改正する法律案の審議だということでありますが、時間もずいぶんたちまして、限られておりますので、逐条審議は次回の委員会に譲ることといたしますが、大綱の点におき…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1967/06/07、31期)

数名の先輩議員の質問でほとんど言い尽されたようなものでありますが、私もしんがりで一、二問組合の側、事業主側の方にお尋ねいたしたいと思います。その前に一言私の気持ちを率直に申し上げますと、私は福岡県の…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第16号(1967/06/08、31期)

席をはずしておりましたので、先輩議員の質問と重複する点もあるかと思いますが、その点御了解願います。再建整備法はいまや全炭鉱の注目の的だと思います。中でも何が一番心配されているかといえば、何といいまし…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1967/06/09、31期)

私は公明党を代表いたしまして、ただいま議題となりました石炭鉱業再建整備臨時措置法に対しまして、賛成の意を表するものであります。わが国の石炭産業はエネルギー革命の潮流の中にあってきわめて憂慮すべき状況…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第20号(1967/06/23、31期)

本日は四人の参考人の方々の貴重な意見を聞かしていただきましてありがとうございました。きょうのいろいろな意見を資料といたしまして今後委員会活動に大いに反映させてその実現に努力していきたいと考えております…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第22号(1967/06/29、31期)

まず最初に産炭地域振興事業団に関してお尋ねいたします。私は九州出身でありますので、どうしても話がそちらのほうにいくと思いますけれども、福岡県の産炭地振興につきまして、第二次産炭地振興五ヵ年計画という…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第25号(1967/07/12、31期)

石炭鉱業年金基金法案について若干お尋ねいたします。この年金法の創設の趣旨は、石炭鉱業界の安定、特に労働力の安定確保にあると思われるのでありますが、法案の内容を見てまいりますと、その主たる対象は坑内員…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1967/12/14、31期)

いろいろとお尋ねしたいわけでございますけれども、時間に制限がありますので一、二点にしぼってお尋ねしたいと思います。とかく医療問題では国民大衆はしばしば痛めつけられてまいりました。近い例が、健保国会と…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1967/12/20、31期)

私はただいまから二つの問題についてお尋ねしたいと思います。まず初めに筋ジストロフィーという病気の問題であります。病気にかかれば病院に行けばよい、こういう考え方が社会一般通念でございますけれども、しか…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1967/12/20、31期)

私はきょう大きく分けて、二つの問題をお尋ねしたいと思います。きょうは大臣が予算委員会のほうに行かれておりますので、関係当局から誠意ある答弁をお願いしたいと思います。まず最初に、財政資金による一千億円…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1968/03/01、31期)

参考人の各先生、きょうはまことにありがとうございます。一つ私が残念に思うことは、きょう四二青年医師連合東京大学支部の委員長である森委員長さんが欠席なさったということでありますが、先ほどから三人の先生…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1968/03/05、31期)

私は、いままでの質問者の質問と趣を変えまして、最近、数年前から、産業界の労働力、いわゆる人手不足の問題が非常に深刻になってきておりますので、この問題についてお尋ねしたいと思います。雄業界では、特に今…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1968/03/07、31期)

関連資問を通告しておりましたが、一時から本会議が開かれるということを聞きましたので、あと七分しかありませんから、本会議終了後この件に関しての委員会の再開を要求いたします。――それじゃ、時間一ぱいまで質…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1968/03/28、31期)

私は、皆さまが御承知のとおりに医学、医療界というものにはまるでしろうとでございますが、そのしろうとの私でさえも、現在の医療行政あるいは医療界等をのぞいてみますと、それはたとえばからみ合った糸みたいな、…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1968/04/09、31期)

まず労働大臣にお尋ねしたいと思いますが、過日アメリカのジョンソン大統領が北爆停止を声明しまして、そのことが全世界にいろいろな波紋を及ぼしていることは御承知のとおりだと思います。私がここでお尋ねしたいこ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1968/04/04、31期)

私は、ただいま議題となっております石炭鉱業経理規制法の問題について、またそれに関連いたしまして四、五点お尋ねしたいと思います。いま、田畑委員のほうからもいろいろと質問がありましたので、大体のアウトラ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1968/04/10、31期)

私は、きょうは社会党の提出された国有化法案に対して、二、三点御質問申し上げたいと思います。私たちも国有化そのものに対しては、基本的には賛成であります。ありますけれども、現在の政治情勢下、特に自民党の資…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1968/04/17、31期)

私は、この前の委員会におきまして石炭産業の総体的見地からいろいろとお尋ねしたわけでございますが、きょうはいよいよ社会党の国有化法案の内容に入って二、三点お尋ねしてみたいと思います。まず、第二章の「石…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号(1968/04/12、31期)

関連して。いまの基準看護料あるいは基準給食料、基準寝具料という三つの内容が今度いろいろ検討されておりますが、その中の内容として、まず二割引きを廃止するという話があるんですが、三月三十一日現在入所してい…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1968/08/27、31期)

限られた時間でございますので、答弁はイエスかノーか、明確に簡単に答えてもらえればけっこうでありますが、具体的問題に入ります。愛知用水公団というのがありますけれども、そこにも労働協約があるはずでありま…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1968/09/09、31期)

私はこの前の委員会のときに、愛知用水公団の東京事務所から豊川事務所に転勤を命ぜられた小林幸雄さんのことについていろいろとお尋ねしたわけでございますが、その後状況は調べてもらったですか。ただ、一番基本…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1968/10/30、31期)

私は、今度米ぬか油問題で大きな社会問題を起こした事件の発生が、地元北九州のカネミ工場らしいということを非常に遺憾に思っております。同時に、患者はもとより、すべての人々がこの問題に特に注目しておりますし…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1968/08/08、31期)

私も今度平和坑の災害の調査団の一人として行ってきて、きょうは大臣にいろいろとお尋ねしたいと期待してきておったのですが、いま時間の関係で急ぐと聞きましたので、二、三点にしぼりましてお尋ねしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1968/08/09、31期)

参考人の皆さまはたいへん長い間お疲れになっていると思いますが、私で最後でございますので、もうしばらくごしんぼうのほどお願いします。先ほど同僚委員から、石炭産業は即保安である、保安は即石炭産業である、…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/08/23、31期)

先ほどから石炭鉱業審議会の運営のあり方について、多賀谷委員また岡田委員等からいろいろと指摘があっておりましたが、私もそれには同感であります。したがいまして、通商大臣もこれをすなおに受けて深刻に反省し、…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1968/10/31、31期)

私は、きょうの委員会には実は張り切ってやってきたわけです。というのは、新聞報道等によりまして、いま審議会の成り行きが非常に注目されておりますし、またわれわれも関心を深めております。答申はまだなのか、答…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1968/11/07、31期)

お忙しいようでございますが、私で最後でございますので、よろしくお願いします。時間がございませんので、答弁は簡単に要点だけでけっこうです。きのうプリンスホテルで小委員会が開かれたと聞いておりますが、そ…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1968/11/20、31期)

大臣にお尋ねしますが、時間がないように聞いたのですが間違いありませんか。ゆっくりありますか。いま申し上げました再建策はいわゆる今月中にまとまる見込みはあるのかないのかということであります。お願いしま…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1968/12/20、31期)

大臣の時間がないようでございますので、大臣に率直にお尋ねいたしたいと思います。今度の答申原案を見ますと、先ほどからお話があっておりますように、出炭規模が明瞭にあかされていない。私はこの点につきまして…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/12/26、31期)

通産大臣にまずお尋ねいたしますが、今度の石炭鉱業審議会の総合部会において答申案の決定を見て、大臣がそれを受け取られたわけでございますが、決定にあたりまして労働者の代表の発言がほとんど無視された立場で答…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1969/02/27、31期)

国鉄の方、来ておりますか。――それでは、時間がありませんので、大臣でけっこうですから……。いま国鉄のほうでは、特に東京鉄道管理局管内で、三分割案が打ち出されたことから、国労との争議が起こっていること…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1969/03/18、31期)

私はこれから、法律の盲点といいますか、その矛盾の谷間に置かれて、暗い職務を遂行している職員、それは消防職員のことでありますが、その実態を二、三取り上げまして、その改善を要望するための質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1969/03/25、31期)

中学を卒業して就職していく、そうした人々は、青雲の志を抱いて、とにかく希望に満ち満ちていくわけですね。それが三年もたたないうちに半数以上が離職していくのには、大きな問題が横たわっていると私は思うのです…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1969/04/03、31期)

私は看護婦問題についてお尋ねいたしますが、最近とにかく看護婦問題、特に看護婦不足ということから大きな社会問題を呼んでおるように私は感ずるわけであります。まず、最初にお尋ねしたいことは、このような看護…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1969/04/24、31期)

ただいま審議されております援護法は、かつて恩給法が廃止されたため、その肩がわりといいますか、その措置として生まれたものだと理解しております。したがいまして、戦没者、戦傷病者の遺家族等に対する、いわゆる…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1969/05/06、31期)

新しい産業体制また技術革新に対応して、職業訓練を通じて実力ある技能労働者をつくり出そうという立場から、職業訓練法ができたわけでありますが、このたび、その職業訓練法の全面的な改正といいますか、その法律が…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1969/05/07、31期)

それでは原爆病院の部長さんに先にお尋ねいたします。先ほどのお話の中で、認定患者の手続が非常に繁雑である、こういうことで、お話の印象からいきますと、認定患者は廃止すべきではないかというふうに取け取った…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1969/05/08、31期)

月日のたつのは早いもので、終戦以来四分の一世紀という時が流れたわけであります。原爆が広島、長崎に投下されまして間もなく、いわゆる占領軍が進駐してきたわけであります。その占領軍のプレスコードによって、占…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1969/05/15、31期)

私は、ただいま議題になっております法律とは直接関係ございませんが、北九州における環境衛生に関連いたしまして、若干質問をいたしたいと思います。現在、北九州市には五カ所の大気汚染自動測定機が備わっており…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1969/06/05、31期)

私も、ただいま審議されております児童扶養手当及び特別児童扶養手当の内容に入るわけでございますが、その前に、関連いたします重要な事柄だろうと思いますので、ひとつお尋ねしたいと思うことがあります。それは…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1969/06/19、31期)

質問に先立ちまして一言申し上げます。きょうは朝からわれわれの優秀な先輩が鋭い質問をいたしまして、答弁なさっております大臣、局長さん、皆さんも相当お疲れであろうと思いますが、私のあとには、国民年金の父…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第31号(1969/06/26、31期)

佐藤総理大臣、こんにちは。私は、ほんとうにあなたに会いとうて会いとうてなりませんでした。それは、佐藤総理を心から尊敬し、信頼申し上げると言いたいところですけれども、残念ながら逆なんです。私のこの全身に…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1969/07/01、31期)

先輩委員の質問でほとんど問題点は指摘され、明らかにされてきたと感じますが、私も、私の立場からまたいろいろと質問いたしますので、ひとつさらに具体的に答えていただきたいと思います。まず最初に、失業保険に…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1969/07/08、31期)

参考人の先生方に、まず御質問をおしなべて順々にいたしますので、答えのほうをまとめてお願いしたいと思います。小山先生が非常に時間がなさそうでございますので、まず小山先生のほうにお尋ねしておきます。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1969/09/10、31期)

ただいま河野委員から質問があっておりますライスオイル事件に関連しまして、私も二、三質問してみたいと思います。油症患者の原因となりました塩化ジフェニールというもの、商品名はカネクロールといわれておりま…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1969/01/09、31期)

今度の対策は石炭産業の最終的な抜本策が練られるのである、こういう呼び出しで今日まで期待されてきたわけですが、現実問題としましては、その内容は再建案としては中途はんぱである、抜本策ではないという声が圧倒…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1969/03/19、31期)

参考人の皆さまには、遠いところをほんとうにきょうは御苦労さまでございました。産炭地域の実情をじゅんじゅんと訴えられるのを先ほどから聞いておりましたが、とにかくなま傷に触れるような思いで産炭地域の逆境…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1969/03/20、31期)

きょうはまことに御苦労さまでした。実は、きのうも北海道、それから常磐、九州の各市長さんが、産炭地域の苦境を訴えて、いろいろと説明しておりました。われわれは、新石炭政策の今度の影響によって、いわゆるな…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1969/04/03、31期)

関連して二問だけお尋ねしてみたいと思います。今度また炭鉱の事故が起こりまして、ほんとうに痛ましい限りでありますが、私は今度の事故の報告を聞いておりまして、その原因はいわゆるハッパ採炭のそのハッパのと…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1969/04/10、31期)

私も現地を調査しました一人でございますので、そういう立場から二、三お尋ねしてみたいと思います。とにかく、私が石炭特別委員会に所属しまして、北海道に数度災害が起こりました。そのたびに私は現地へ調査団と…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1969/04/16、31期)

ただいま田畑委員が質問しておりました産炭地域開発就労事業の問題は、私もかなり疑問を持っておるわけでありますが、大体労働省としてその具体案を出すのがあまりにもおそ過ぎると思うのです。そのためにかえって不…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1969/04/17、31期)

私は、まず経理規制法、案の問題に関連いたしましてお伺いいたしますが、きのう中村委員、田畑委員のほうから、ほとんどその質問が出尽くされた感じでありますが、その重複を避けまして一、二点お尋ねしてみたいと思…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1969/04/18、31期)

通産省の方々は連日の審議でお疲れであろうと思いますが、私で一応最後になりますので、がんばっていただきたいと思います。先輩各位があらゆる方面から質疑しておりますので、極力重複を避けまして進みたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1969/07/30、31期)

時間の関係もありますので、簡単に質問いたしますが、まず最初に、富士製鉄の社長さんと日本鋼管の副社長さんにお尋ねいたします。ただいま第四次の石炭答申に基づきまして、いわゆる新石炭政策が実施されてきたわ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1969/10/09、31期)

それでは、両大臣とも時間が切迫しているようでございますので、簡単につけ加えて、関連的にお尋ねしたいと思います。まず、労働大臣に、いまの遺族補償の問題につながって、労災補償の保険の改正の問題と遡及の問…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1969/11/10、31期)

すでに二人の委員から質問がありまして、問題点は大体明らかになってきたわけでございますけれども、先ほどから参考人のお話の中にもありましたように、今日の石炭産業における炭鉱災害というものは、直ちに閉山ある…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1969/03/04、31期)

私は、公明党を代表いたしまして、ただいま議題となっております政府提出の昭和四十四年度予算三案に対しまして反対し、公明党広沢直樹君外二名提出による、昭和四十四年度政府予算案を撤回のうえ編成替えを求めるの…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22