三宅正一衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  1回発言    141文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  7回発言    389文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  1回発言     50文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  3回発言    910文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  8回発言    990文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  2回発言     64文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  1回発言   1694文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  9回発言   6514文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  2回発言    106文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06) 34回発言  10858文字発言

本会議発言一覧

第79回国会 衆議院 本会議 第1号(1976/12/24、34期)

諸君の御推挙によりまして、本院副議長に就任いたすことになりました。まことに光栄に存じます。私は、責任の重かつ大なることに思いをいたし、公正を旨として誠心誠意事に当たり、議院の円満な運営に努める所存であります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第3号(1977/02/03、34期)

瓦力君の動議に御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第7号(1977/02/24、34期)

安藤巖君。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第18号(1977/04/14、34期)

平石磨作太郎君。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第19号(1977/04/19、34期)

安田純治君。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第20号(1977/04/21、34期)

これにて質疑は終了いたしました。国務大臣の発言(昭和五十年度決算の概要に会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第24号(1977/05/10、34期)

寺前巖君。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第32号(1977/06/03、34期)

曽祢益君。会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/08/01、34期)

工藤晃君。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第3号(1977/10/06、34期)

お諮りいたします。裁判官訴追委員瀬戸山三男君から、訴追委員を辞職いたしたいとの申し出があります。右申し出を許可するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/10/07、34期)

河野洋平君。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第10号(1977/11/02、34期)

神田厚君。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第4号(1978/01/24、34期)

加藤紘一君の動議に御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第5号(1978/01/25、34期)

河野洋平君。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第10号(1978/03/02、34期)

大成正雄君。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第13号(1978/03/16、34期)

討論の通告があります。これを許します。大島弘君。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第17号(1978/03/30、34期)

国務大臣加藤武徳君。(「答弁漏れ」「運輸大臣、答弁やれ」と呼び、その他発言する者多し)会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第22号(1978/04/13、34期)

春田重昭君。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第23号(1978/04/18、34期)

高橋高望君。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第29号(1978/05/09、34期)

大内啓伍君。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第3号(1978/09/28、34期)

加藤紘一君の動議に御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第4号(1978/09/29、34期)

松本善明君。会議録へ(外部リンク)

第86回国会 衆議院 本会議 第3号(1978/12/12、34期)

これより会議を開きます。予算委員長の選挙会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第3号(1979/01/29、34期)

児玉末男君。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/01/30、34期)

これより会議を開きます。特別委員会の設置目的並びに名称の件会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第5号(1979/02/01、34期)

これより会議を開きます。日程第一 議長辞任の件会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第10号(1979/02/27、34期)

中川秀直君。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第12号(1979/03/07、34期)

これより、予算三件に対する討論と、動議に対する討論とを一括して行います。順次これを許します。浜田幸一君。(発言する者多し)静粛に願います。――静粛に願います。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第15号(1979/03/16、34期)

私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、故本院議員、前議長保利茂君に対し、謹んで哀悼の言葉を申し述べます。(拍手)保利君は、本月四日、入院先の慈恵医大病院において、心不全のため逝去されました。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第17号(1979/03/22、34期)

谷口是巨君。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第22号(1979/04/27、34期)

米沢隆君。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第27号(1979/05/22、34期)

渡辺朗君。会議録へ(外部リンク)

第88回国会 衆議院 本会議 第3号(1979/09/05、34期)

玉沢徳一郎君の動議に御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第88回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/09/06、34期)

河野洋平君。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22