正木良明衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  1回発言   6481文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言   6481文字発言

本会議発言一覧

第81回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/08/01、34期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、今日、きわめて憂慮すべき事態にあるわが国の経済運営に対する福田内閣の姿勢について、包括的に言及し、その後に、具体的課題について私どもの提案を交えて質問をいたすものであります。(拍手)総理、あなたは参議院の選挙戦を通じて、五十二年度の実質経済成長率を六・七%に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  22922文字発言
 第82回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  25116文字発言
 第84回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  23271文字発言
 第85回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言  26529文字発言
 第87回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言  25881文字発言

  34期通算  27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  7回発言 123719文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  6回発言 122822文字発言

 外務委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    897文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1977/02/12、34期)

公明党・国民会議を代表して質問をいたします。質問の要旨はすでに通告をいたしておりますが、ちょっと順序が変更になります。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1977/10/11、34期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、総理並びに関係閣僚の皆さん方に、主として総合経済対策の問題について御質問をいたしたいと思います。その前に、先ほども佐藤委員から御質問がございましたが、日航機…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1978/02/06、34期)

予算委員会も、始まりましてから相当多岐にわたる問題が論議されましたので、私はできるだけそれと重複しないように、別の観点から政府に御質問を申し上げたいと思います。やはり何と申しましても本年度予算は、五…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1978/10/16、34期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約の締結について承認を求めるの件について、賛成の討論を行います。日中平和友好条約の締結は、日中国交正常化実現以来六年…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1978/10/02、34期)

私は、公明党・国民会議を代表して質問をいたします。まず最初に、今回締結されました日中平和友好条約に関して質問をいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1979/02/05、34期)

相当たくさん御質問申し上げることがございまして、時間が非常に制限されておりますので、ごくごく簡明に御質問申し上げますので、どうかひとつ答弁の方も簡潔にお願いをしたいと思います。まず、外務大臣に外交問…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1979/03/03、34期)

私は、俗称年齢による雇用差別の禁止法案の問題について、定年延長法とも通称言われておりますが、労働大臣がこのことについて何らの態度表明も自民党にしておられないということが、どうしても納得できないのですよ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 34期(1976/12/05〜)  1本提出

質問主意書一覧

織物業界の再建対策に関する質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第30号(1979/05/17提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22