正木良明衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  1回発言   7323文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  1回発言   8519文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  1回発言   5211文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  3回発言  21053文字発言

本会議発言一覧

第63回国会 衆議院 本会議 第24号(1970/05/07、32期)

私は、公明党を代表して、総理大臣及び外務大臣に対し、最近のアジア情勢並びに安保、沖繩、日中問題について質問をいたします。一九七〇年は激動の年といわれてまいりましたが、まさに文字どおり激動を続け、平和を願う人類の希望に反し、アジアにはまた新たなる戦火が広がりつつあることは、まことに遺憾であります。会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第18号(1971/11/24、32期)

私は、公明党を代表いたしまして、ただいま議題となりました琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定、いわゆる沖繩返還協定の承認を求めるの件に関し、反対の討論を行なうものであります。(拍手)以下、反対理由を述べるに先だって、まず申したいことは、去る十七日沖繩協定特別委員会において行………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第8号(1972/02/29、32期)

政府のシビリアンコントロール、いわゆる文民統制の無視という重大な誤りによって国会が空転を続けている間に、中華人民共和国の首都北京においては、アジア情勢並びに世界情勢にきわめて大きな影響を及ぼす、いわゆる米中首脳会談が行なわれました。一方、世界の緊張緩和のため積極的な話し合いが行なわれ、一方では、佐藤………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  2)  3回発言  30533文字発言
 第64回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   2156文字発言
 第65回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  1)  3回発言  39108文字発言
 第66回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  23550文字発言
 第67回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  3回発言  32711文字発言
 第68回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  1回発言   6302文字発言
 第70回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言  16137文字発言

  32期通算  73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員 36) 13回発言 150497文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 36 委員  0)  4回発言  17420文字発言

 予算委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  7回発言 120230文字発言

 沖縄返還協定特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   7287文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言   5560文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第63回国会)
 文教委員会理事(第63回国会)
 文教委員会理事(第64回国会)
 文教委員会理事(第65回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1970/09/10、32期)

三野党が臨時国会まで要求しているこのジョンソン証言の重要な問題を非常に短い時間で――私に与えられた時間かたった二十五分でありまして、これは非常にけしからぬことであろうと思いますが、いずれにいたしまして…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1970/04/08、32期)

私がお尋ねいたしたいこともたくさんございましたが、小委員会で相当煮詰められた問題もございますし、疑問が晴れた問題もありますし、同時にまた二人の先に質問なさった方々の質問によって問題点が明らかになったも…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1970/02/24、32期)

私は、公明党を代表して、佐藤総理並びに関係閣僚に対して、主として外交問題、沖繩問題、防衛問題について質問をいたします。質問の第一は、日米安保条約に関するものであります。会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1970/12/11、32期)

先ほども質問がありましたし、いまも質問がありましたが、万国博にしたって東京オリンピックにしたって、それほどの大規模なものではないと思いますけれども、少なくとも七二年というと再来年だ。常夏の国ですから冬…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1971/02/24、32期)

私がお聞きしたい大部分、いますでに同僚の議員からお尋ねになりましたが、それに上のせするということで議論を発展さしていきたいと思いますが、その前に、原則的なことでありますが、お聞きをいたしておきたいと思…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1971/05/19、32期)

川村議員外、御提出になっておられます公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律の一部を改正する法律案の内容を慎重に拝見いたしましたが、いま新しい時代の教育が要望されているときに、非常…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1971/01/29、32期)

予算委員会の冒頭でございますので、まず総理にお尋ねをいたしたいと思います。佐藤総理は今国会の冒頭における施政方針演説の中でいろいろとお述べになりました。その最後に、結びとして、国民に訴えるということ…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1971/07/21、32期)

私は、公明党を代表して、佐藤総理並びに関係の大臣の皆さん方に日中問題と沖繩問題を御質問申し上げたいと思っております。午前中、楢崎委員が日中問題、沖繩問題等について佐藤総理といろいろとお話がございました…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第12号(1971/12/11、32期)

非常に自由濶達に斎藤君がやってくれましたので、私は非常に取り急いでやらせていただきますが、いまのA表の読み名ですね。これは外務大臣が、アメリカじゃ日本のことをジャパンと言うし、日本ではニホンと言ってい…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1971/10/25、32期)

私は、公明党を代表して、現下非常に緊急な問題であります繊維問題、中国問題、沖繩問題、そのほか公害、物価、減税等の国内問題に、佐藤総理並びに関係閣僚の御答弁をいただきたいと思うわけであります。実際考え…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1971/10/28、32期)

いまの総理の御説明によりますと、問題点が二つあるだろうと思います。いわゆる友好国の意思を統一するために積極的な働きをしないと言ったのは、共同提案国になるかならないかということの意思を決定するために積極…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1972/03/06、32期)

私たちがこの問題をなぜこんなにやかましく質問をして、そうして政府の考え方を引き出そうとしているかということは、もうすでに私が本会議で緊急質問申し上げたときにも述べましたけれども、日中国交回復というのは…会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1972/11/06、32期)

私は、公明党を代表して、主として外交、防衛問題についてお尋ねをいたしたいと思…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22