渡部一郎衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   4942文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  2回発言   8015文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  3回発言  12957文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第24号(1977/05/10、34期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となりました日韓大陸棚関係二協定を承認するの件に関し、重大な疑義を表明するとともに、若干の質問を行うものでございます。まず、外務委員会の審議に際し、自民党側委員による議事運営がしばしば適正を欠いたことは、野党側の抗議をしばしば招き、これはきわめて………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第12号(1979/03/07、34期)

私は、公明党・国民会議を代表して、予算委員会において政府予算が否決されたという緊急かつ重大な事態について、大平総理に質問をいたします。昭和五十四年度政府予算案は、一月二十五日予算委員会に付託されて以来、E2C事件の解明という重大な課題を抱えつつも、わが党を初め各党委員の一ヵ月余にわたる誠心誠意の審議………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第27号(1979/05/22、34期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、総理に対し、ただいまの御報告に関連し、若干の質問を行いたいと存じます。大平首相、御就任以来、故意に、わが国にとって死活の重要性を持つ日米関係の調整を放置されまして、じんぜん日を送っておられることに対しまして、私どもは強い不満を表明してまいりました。今回の訪米………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  2) 12回発言 100247文字発言
 第81回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言  11512文字発言
 第82回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  2)  2回発言  30435文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  1)  9回発言  46451文字発言
 第85回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  3回発言  21351文字発言
 第86回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   6286文字発言
 第87回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  0)  5回発言  40484文字発言

  34期通算  84回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 78 委員  6) 33回発言 256766文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

外務委員会
            80回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 78 委員  2)  29回発言 205227文字発言

予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   3回発言  45440文字発言

地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   6099文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

外務委員会理事(第79回国会)
外務委員会理事(第80回国会)
外務委員会理事(第81回国会)
外務委員会理事(第82回国会)
外務委員会理事(第84回国会)
外務委員会理事(第85回国会)
外務委員会理事(第86回国会)
外務委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1977/02/25、34期)

鈴木国務大臣に対する要求、質問がございますので、大臣が来られない間、その質問の部分についてまず留保させていただきたいと思います。それでは質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1977/03/02、34期)

前回の外務委員会の際に、海上保安庁、防衛庁の皆さん方にお話をした問題点でございますが、わが国の法令違反であるものを含め、無害航行でない船舶に対する処置については、わが国政府の対応、すなわち関係部局のど…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1977/04/23、34期)

議事進行。先ほどからたび重なる御質問をしているわけでありますが、そのように堂々めぐりをするだけで、その問題に対し解明を行うことをせずに、言葉だけで逃げようとなさってはならないと思うのです。質問の趣旨…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1977/04/27、34期)

当面する外交的諸問題は、非常に件数が多いのでございますが、その中でも私たちがとりわけ心配をいたしておりますのは、日ソ交渉の行方であり、漁獲の安全保障に関するさまざまな問題点であります。しかしそれと同時…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1977/05/13、34期)

まず、日米漁業協定の方からちょっとお伺いしたいのでありますが、この協定をつくられる基礎的なことをまず伺いたい。それは、この漁業保存水域を決める場合にも「領海の幅が測定される基線から二百海里となるよう…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1977/05/18、34期)

私は、ただいま大臣が御報告になりました日ソ漁業交渉に関してまず御質問をし、もう一つは、先日の本会議における大臣の錯誤の多い答弁についてその訂正を求める、以上二項について申し上げたいと存じます。まず日…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1977/05/20、34期)

アメリカ合衆国の地先沖合における漁業に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定につきまして、先日、質疑の途中、六項目の質問につきお答えをいただいたわけでございますが、不十分のため政府側で見解を…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1977/06/03、34期)

大変お疲れのところ恐縮でありますが、当協定の重要性にかんがみ、遅い時間でございますが少々御質問をさせていただきたいと存じます。ただいま外務大臣は、モスクワに行かれまして領土問題を解決し平和条約を締結…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1977/06/04、34期)

ただいまの「地先沖合」に対する政府統一見解につきましてまずお尋ねをいたしたいと存じます。きのうの御質疑の途中、大分将来にわたって禍根の残りそうな御答弁が出始めましたので、きょうは統一見解を出していた…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1977/06/06、34期)

北方四島周辺のわが国領海及び二百海里漁業専管水域、予定されている二百海里漁業専管水域の設定については、国際法上多くの難点のある問題でありまして、私はこの問題について先ごろからかなり詳細な御質問をいたし…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1977/02/15、34期)

まず、総理御就任になりました福田さんにお祝いを申し上げたいと存じます。早速でございますが、外交問題につきまして何点かお伺いをいたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1977/02/23、34期)

早速お伺いするのでございますが、先ほどの論弁の応酬に関しましてははなはだ遺憾に存じます。竹島の問題につきまして私も続けて御質問した方が御理解が早いと思いますから申し上げますが、安保条約第五条におきまし…会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1977/09/16、34期)

私は九月の七日から十四日に至る一週間にわたり第二回日中議連訪中団のメンバーとして訪中して帰ってきたところでございます。本日、午後四時半から総理とお会いをいたしまして、その感触なり事実関係なり御報告する…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1977/10/26、34期)

私は、本日、まず日米安保条約に関する事前協議の問題につき、お伺いをいたしたいと存じます。最近におきまして、横浜におけるアメリカの偵察機の墜落事故といい、また最近報道されましたマヤゲス号事件に対するフ…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1977/10/13、34期)

私はまず、外交問題の中で最大の懸案となっております日中平和友好条約の締結の問題につき御質問をしたいと存じます。私は、共同声明が両国の間で締結されてからここに五年を過ぎているわけであり、この締結が当初…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1978/03/22、34期)

私も、日中の問題につきまして少々お伺いしたいと存じます。いよいよ決定的な段階に入りつつあろうとしている現時点におきまして、交渉の開始あるいはその進展のために、かなりの配慮をしながら当委員会でも議論し…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1978/03/24、34期)

関連して御質問させていただきたいのでありますが、この条約について私は多少疑問になっておりますところを二、三御質問したいと存じます。まず、後ろの方から、第六十二条の規定でありますが、「締約国となるため…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1978/04/12、34期)

日米安保条約第六条に基づく地位協定の問題につきまして、当委員会でもしばしば見解が表明されたところでありますが、四十八年の三月十三日、予算委員会の議事録によりますると、当時大平外務大臣は、「地位協定第二…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1978/04/14、34期)

あなたは、理事会で約束された社会党の持ち時間二十分を、どうして社会党にだけ四十分もやらせるのですか。そういういいかげんな約束をしてもらっては困るよ、本当に。なぜ議事運営はちゃんとしないか。そこで、こ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1978/04/26、34期)

本委員会の理事会における打ち合わせの途上、ただいま議題となっております二つの案件のうち、いわゆる日ソ漁業協定の採決に関しては、当外務委員会の伝統的な審議のあり方に関するさまざまの合意の方向と違うものが…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1978/05/26、34期)

五月二十三日から六月二十八日に至る約一カ月余、国連軍縮特別総会が行われるのに当たり、私ども国会の意思は、先日、国際連合軍縮特別総会に関する決議案として決定され、政府にも表示されました。私どもは、いま…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1978/06/14、34期)

まず最初に、いわゆる国際人権規約のA並びにBにつきまして御質問をしたいと存じます。本日の委員会の冒頭の理事会におきまして、公明党及び共産党は、同条約についてはその審議に当たりまして本会議の趣旨説明要…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1978/08/18、34期)

私は本院に席を持つ公明党・国民会議の議員といたしまして、ただいまの外務大臣の日中交渉に対する御報告を伺い、万感無量なるを覚えるのであります。昭和十二年の日支事変にさかのぼれば、実に四十年、第二次大戦…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 地方行政委員会 第25号(1978/06/08、34期)

当委員会の貴重なお時間を拝借させていただきまして、公営バス事業に対する今後の方針についてお伺いしたいと存じます。昭和五十一年度決算によれば公営バス事業は軒並み赤字であり、三十九団体中三十八団体が赤字…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1978/10/13、34期)

日中平和友好条約の審議に当たりまして、私は、いよいよ日中が深く関係し、深く影響し合う時代に入ったと思います。その中で一番心配しておりますのが、実は留学生の問題であります。中国に古いことわざがあるそう…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1978/10/14、34期)

私は皆様方に具体的な問題でお伺いをしたいと思いますが、御答弁を伺っておりまして、多少混乱やら、それから言い過ぎやら、エラーが先ほどから続出しているように私なりには思うわけであります。将来に禍根を残すと…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1978/10/16、34期)

日中平和友好条約が本委員会にかかりますことは、戦後の大きな処理の問題の中で最大の懸案の問題でありましたし、ここ十数年にわたる日本国民のコンセンサスの上に立つ国民の願望でありました。長い間の自由民主党の…会議録へ(外部リンク)

第86回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1978/12/20、34期)

私は、大平内閣で再び外務大臣の職責を担当される園田大臣に対し、お祝いをまず申し上げたいと存じます。さて、本日は、ロッキード事件に匹敵するような大事件になるかとうわさされておりますマクダネル・ダグラス…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1979/02/20、34期)

委員長、時間どおりちゃんと守ってください、議事運営を。歴代の自民党内閣の外交方針は、表現に差がありましても、米国との友好関係がわが国外交の基軸であると言い続けてきたわけであります。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1979/04/25、34期)

私は簡単なことを二、三お伺いしたい。いま野村委員からも質問がございましたが、この漁業協力費でございます。漁業協力費の問題について先ほど水産庁長官は、先方はコンペンセーションという言葉を使って要求が行…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1979/05/08、34期)

私は、市民的及び政治的権利に関する国際規約並びに経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約に関する御質問をいたすに当たりまして、まず、国際人権規約の人権及び基本的自由の尊重に関する基本的な精神は、日…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1979/05/30、34期)

私は、きょう当面する諸問題を多少御質問したいと思うのですが、まず初めに細かい問題を数点。ASEANの諸国に対してベトナムのファン・バン・ドン首相が不可侵条約を結びたいという表明をされたということを短…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1979/06/01、34期)

きょうは久しぶりに当委員会に総理がお越しくださいましたので、当面する諸問題についてお伺いしたいと存じます。やはり一番問題になっております懸案からお尋ねしたいと思うのです。まず総理の外交日程でございま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12