東中光雄衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   1226文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  1回発言   1296文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   1362文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  3回発言   3884文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第31号(1977/05/28、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、十二日間の会期延長には強く反対するものであります。(拍手)本院には会期延長を必要とする状況は少しもありません。あるとすれば、それは参議院においてであります。参議院からは、いまだ延長を要請する旨の意思表示は何もなされていないのであります。そればかりか、河野参議院議………会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第11号(1977/11/07、34期)

ただいま提案されました十八日間の会期延長は、国鉄、健保両法案、さらに防衛二法や日韓大陸棚協定国内法案の成立を最大の目的とするものであり、不当きわまるものであります。私は、日本共産党・革新共同を代表して、これに強く反対するものであります。(拍手)これらの法案は、どの一つをとってもきわめて重大な内容を持………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第32号(1978/05/17、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいまの会期延長提案に強く反対するものであります。(拍手)今回の会期延長の目的は、目下参議院で審議中の日韓大陸棚協定関連国内法案をあくまで今国会で成立させようとするものであり、さらには、本院法務委員会で審議中のいわゆる弁護人抜き裁判特例法案をも、あわよくば今国………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60) 13回発言  64400文字発言
 第81回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言    154文字発言
 第82回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  9回発言  37895文字発言
 第83回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    165文字発言
 第84回国会 74回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 74) 21回発言  98611文字発言
 第85回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  47229文字発言
 第86回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  6回発言  29373文字発言
 第88回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言    375文字発言

  34期通算 238回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員238) 56回発言 278202文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           130回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員130)  9回発言   3244文字発言

 公害対策並びに環境保全特別委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67) 31回発言 170198文字発言

 予算委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  5回発言  38573文字発言

 逓信委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  11733文字発言

 交通安全対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言  19093文字発言

 農林水産委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   6967文字発言

 法務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   8747文字発言

 内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   8176文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   3623文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2739文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5109文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1977/02/03、34期)

共産党・革新共同といたしましても、各党一巡方式が相当であると考えております。その理由は、政党政治でございますので、それぞれの政党の代表者が一巡して質疑をするというのがいいんではないか。同時に、代議制…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号(1977/05/28、34期)

今回の十二日間の会期延長というのは、日ソ漁業協定や参議院の審議状況等を口実にして、日韓大陸棚協定を自然成立させるためのものであることは明白であります。(発言する者あり)…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第3号(1977/03/01、34期)

石原環境庁長官の所信表明をこの間お伺いしましたが、初めての就任のあいさつとあわせて熟読玩味させていただきました。「戦後のわが国経済の高度成長は、」いろんなひずみを残したけれども、「中でも最も大きな問…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第4号(1977/03/10、34期)

大阪国際空港におけるエアバス導入について、いわゆる十三項目に対する回答が出まして、これについて環境庁の大気保全局長は運輸省航空局長に対して、エアバスの導入についてということで、「窒素酸化物の排出量が大…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第5号(1977/03/15、34期)

前回、エアバスを導入した場合のWECPNL値について運輸省にいろいろお聞きしたわけでありますが、前回の当委員会では、昭和五十年十一月現在の計算値、豊南小学校における九十二・六という数値は、航空局次長の…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第6号(1977/03/22、34期)

最初に長官にお伺いしたいのですが、いま同僚議員の質問にありました環境アセスメント法案ですが、きょうの閣議で決められる予定であったわけですけれども、非常におくれておりますが、本委員会で、この前、私この点…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第11号(1977/04/26、34期)

昨日、夕刻になって「エアバス・テストフライト結果の概要」というのをいただきました。これによりますと「結果は、以下に要約報告するように、「十三項目」回答において運輸省が行った予測の範囲内に概ね収斂され…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第13号(1977/05/17、34期)

公害健康被害補償制度についてお聞きするのでありますが、昨年の三月四日に、経済団体連合会から要望書が出されておるようであります。そしてまた、ことしの二月八日に、社団法人経団連から、公害健康被害補償制度改…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第14号(1977/05/19、34期)

きょうから大阪空港へのエアバス導入がされることになったわけですが、最後まで運輸省の態度は非常に遺憾であったと私は思っておるのでありますが、特に最後の詰めの段階で、十一市協にだけ話をして導入を決定した。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1977/04/14、34期)

最初に国立婦人教育会館について若干お伺いしたいと思うのですが、この教育会館、運営の仕方によっては教育の国家統制的な面を強める、あるいは官製婦人教育を行うということにもなりかねない面を持っておると思うの…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 農林水産委員会 第18号(1977/04/19、34期)

日ソ漁業交渉についてお聞きしたいのですが、今回の交渉の中断が北洋漁業と水産関係者に重大な脅威を与え、国民全体に非常に不安を与えております。非常に遺憾なことだと思うのでありますが、わが党はこの問題が速や…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1977/03/15、34期)

消費者物価の見通しが、この間二月三日の閣議決定で、昭和五十一年度の経済情勢の中では消費者物価は安定化の方向にあるが、年度中上昇率は八・六%程度、昭和四十五年基準指数で八%程度、こういうふうに見込まれる…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1977/03/05、34期)

福田総理にお伺いをするのでありますが、この間の予算委員会で、総理は、両院の決議並びに両院議長裁定については、一貫してこれを尊重し、これを遵守すべきものだと考える、こう述べられました。いまの本委員会にお…会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1977/07/27、34期)

日本共産党・革新共同としましては、八日間の会期には反対であります。理由は、先ほどから言われておりますが、緊急の課題、とりわけ不況、インフレ問題あるいは日韓問題、エネルギー問題等山積しておりますので、…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1977/10/14、34期)

外務省にお伺いしますが、クアラルンプールのときは旅券は一応発給をした。後、回収をしたにしても発給をした。同じような超法規的な措置がとられた今回は、発給しないという方針を堅持されているわけですね。方針が…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1977/09/29、34期)

日本共産党・革新共同は、会期を四十日間とすることに反対であります。本国会の性格でありますが、不況の克服、国民生活の防衛、あわせて懸案になっております重要問題が非常に山積しておりまして、日韓問題とか、…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1977/11/07、34期)

日本共産党・革新共同は、十八日間の会期延長には反対であります。この会期延長のねらいは、国鉄、健保あるいは防衛二法、場合によっては大陸棚国内法も通そうとする意図にあることは明白であります。しかし、私た…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第3号(1977/10/25、34期)

長官にお伺いしますが、例のフジテレビの発言でありますけれども、「経済との調和というのは日本ではタブーになっていて、公害の法律の中から文章だけをとっちゃったんです。しかも、これは与野党一致でね。これはや…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第4号(1977/10/26、34期)

参考人の皆さん御苦労さまでございます。時間がありませんので、徳永参考人だけにお伺いいたしたいと思うのでありますが、補償制度の賦課金は、納付意欲がなくなるということを理由にして、企業別の納付額は公表さ…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第6号(1977/11/01、34期)

先日当委員会は、公害健康被害補償制度について参考人にいろいろ質疑をいたしました。この質疑を通じまして環境庁の姿勢との関係で私いろいろ驚いたことがあるのでありますが、第一に申し上げたいのは補償制度の企…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第8号(1977/11/15、34期)

第三次全国総合開発計画がこの四日に閣議で決定されました。果たしてこれで国民本位のつり合いのとれた、そして公害のない経済の発展、国土の開発が行われるかどうか、大きな疑問を持たざるを得ません。新全総の中心…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第10号(1977/11/22、34期)

私は、きょうは瀬戸内海対策についてお聞きしたいと思います。まず、先日発表されました本四連絡橋のアセスメント案について聞きたいと思うのでありますが、この本四架橋は新全総では三本かけられることになってい…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1977/10/12、34期)

赤軍を名のっておるいわゆる赤軍派、私たちはこれは暴力犯罪者集団と言ってもいいと思っているわけでありますが、これらの連中がやったハイジャックは全部で三回になっています。御承知のように最初の「よど号」事件…会議録へ(外部リンク)

第83回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1977/12/07、34期)

私たちは、本国会は、通常国会が召集された後に開かれる緊急の、異例の臨時国会だと考えております。したがいまして、ここでは全会一致の緊急やむを得ざる案件のみの処理をすべき性質のものだと思いますので、このた…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1978/05/17、34期)

日本共産党・革新共同を代表して、反対の意見を申し上げます。議運委理事会において話し合いがまとまらないままで本委員会に出されてきたということについては、私たちは強く反対もし、非常に遺憾に考えております…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1978/06/16、34期)

日本共産党・革新共同を代表いたしまして、この二法案の継続審議には反対いたします。日本国憲法は会期制度をとっているわけでありまして、会期制度は、その期間中に審議が議了しなければ廃案にするというのが本来…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1978/03/22、34期)

最初にダンプカーにおける過積載問題について若干お伺いしたいと思います。昭和五十一年の九月二十九日付で交通対策本部幹事と内閣総理大臣官房交通安全対策室の室長の名前で「ダンプカーにおける過積載取締りに対…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1978/04/12、34期)

今回、成田における集団的かつ計画的かつ非常に組織的な暴力破壊行為があったわけですが、そういう行動が起こるだろうということは事前にある程度予想ができた、具体的行為については別でありますけれども。そういう…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1978/04/19、34期)

成田空港でいわゆる過激派の管制塔破壊等のかつてないような問題が起こりまして、去る四月四日に新東京国際空港関係閣僚会議が「新東京国際空港の開港と安全確保対策要綱」を発表しておりますが、五月二十日を開港期…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第4号(1978/02/28、34期)

長官にお伺いしたいのですが、公害が大分よくなったとかあるいは解決したというようなことが一部で言われておりますけれども、私は、公害環境行政というのはいよいよ重要になっているというふうに考えております。し…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第5号(1978/03/17、34期)

本法案との関係で、窒素酸化物の問題についてお伺いしたいと思います。いまなお窒素酸化物が地域指定の要件とされていないために、全国で不当に指定地域が制限されて、多くの公害病患者が放置されておる。さきの同…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第6号(1978/03/22、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、公害健康被害補償法の一部を改正する法律案に対する私たちの修正案の提案理由と、その説明を行います。原案は、補償費等の一部に充てるため、自動車重量税の収入見込み額の…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第8号(1978/03/28、34期)

環境庁にお伺いしますが、著しい大気汚染が生じ、その影響による疾病が多発しているということで指定される公害健康被害補償法の指定地域、もちろんこの地域では、なお多くの公害病患者が発生し、日夜発作に苦しんで…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第10号(1978/04/18、34期)

私は、新幹線公害についてお伺いしたいのでありますが、経過は非常に長いものであります。昭和四十七年の十二月に環境庁長官から運輸大臣あての「環境保全上緊急を要する新幹線鉄道騒音対策について」という勧告が…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第14号(1978/04/28、34期)

初めに、この非常に重要な法案が会期末近くになってやっと出されてきた、はなはだ遺憾に思うわけでありますが、この法案の審議は、審議を通じて関係の府県の住民にもこの内容をよく知らせ、そして意見も反映させると…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第15号(1978/05/08、34期)

参考人の皆さん、どうも御苦労さまです。共産党の東中でございます。最初に宮原参考人にお伺いしたいのでありますが、瀬戸内海での漁獲量は年々ふえているように聞いておりますが、この中でいわゆる高級魚の方はど…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第17号(1978/05/11、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、瀬戸内海環境保全臨時措置法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律案に対する修正案の提案理由とその説明を行います。原案は、現行の臨時措置法に対し、燐の規制、自然海…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第19号(1978/05/26、34期)

法案に関連して一、二点だけお伺いしたいと思います。きょうは長官に鳥獣保護の基本的観点についてね伺いしたいと思っておったのでありますが、政務次官がお見えでございますので、若干お伺いしたいと思います。近…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第22号(1978/06/06、34期)

最初に、長官にお伺いしたいのですが、先月出されました白書を見ますと、産業公害の防止は相当程度の成功をおさめた、こういうふうに言われて、「世界の環境保全国」を目指すというふうに言われておるわけですが、昨…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第24号(1978/06/16、34期)

二酸化窒素の環境基準についてお聞きしたいと思います。冒頭に長官にお聞きしますが、報道によりますと長官は、九日、福田総理に会われて、この二酸化窒素の環境基準の緩和について、これを二十三日ないし二十七日…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第25号(1978/06/23、34期)

山形参考人にお伺いしたいと思うのですが、先ほどの意見陳述の中で、NOx対策に鋭意取り組んできた、ずいぶん莫大な費用も要っておるということを言われたのでありますが、これは防除技術あるいは脱硝技術対策ある…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第26号(1978/07/05、34期)

二酸化窒素の環境基準の緩和をめぐって、反対の世論がうんと高まってきております。住民運動あるいは法律家あるいは学者、これにとどまらずに、先ほど来お話も出ておりましたが、東京、大阪、神奈川、埼玉、また十大…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第9号(1978/03/29、34期)

たびたび論議されていることでありますが、高層建築物等によるテレビジョン放送の受信障害を解消する方策についてきょうはお伺いしたいと思うのであります。共同受信施設の設置の責任及び費用の負担のあり方、それ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第10号(1978/04/05、34期)

私は、いま提案されております法案と、それに関連して簡易保険事業のあり方の問題を若干お伺いしたいと思います。簡保事業が国営事業であるということは問題のないところであります。簡保資金は国の資金としての公…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1978/02/17、34期)

法務大臣は、先日の所信表明で「新たな要員を得た日本赤軍が再びこの種の国際的テロ事犯を敢行するおそれも多分にあり、その再発防止対策が当面の急務であることは申すまでもありません。」と言われまして、また、か…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第3号(1978/10/13、34期)

認定促進と政府の基本的な姿勢について、まずお聞きしておきたいのであります。すでに他の委員からも指摘されておりますように、水俣病は昭和三十一年の正式発見以来二十二年、政府がこれを公害病と認めてからすで…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第4号(1978/10/19、34期)

最初に、環境庁長官にお伺いしますが、水俣病の認定業務の促進、これは、いま非常にやらなければいけない重大な問題になっておる。とりわけ一作年の、行政の怠慢が不作為違法と裁判所が判断するぐらいまで、要するに…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第6号(1978/11/21、34期)

環境庁長官、先ほど岩垂議員からの質問もございましたが、いまNO2の基準緩和問題をめぐって非常に大きな問題になっておる。大気汚染局長が説明できないという一札を書くというような、大変な、いままでにないよう…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1978/10/03、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、日中条約、奇襲問題、有事立法問題、経済問題等について質問をしたいと思います。わが党は、日中平和友好条約については問題点を十分に究明しなければならない、こういう立…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1979/03/01、34期)

二月三日の予算委員会の総括質問でわが党の不破書記局長が、米軍基地への核兵器の持ち込みの疑惑について、第一海兵航空団の核兵器要員名簿を示しましていろいろお伺いをしたのでありますが、そのときの総理大臣の御…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第3号(1979/02/27、34期)

長官にお伺いいたします。長官の所信表明では、これまでの環境行政はかなり成果を上げることができた、これからは将来のよりよき環境を求めて長期的展望のもとに環境行政の新たな展開を図る、こう言われておるので…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第4号(1979/03/02、34期)

最初に公害防止事業団の事業に関連してお伺いするのでありますが、長官に問題点をちょっと説明させていただいて御所見を承りたいと思うのです。御承知のように、公害防止事業団の事業の中には公害防止を目的とした…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第5号(1979/03/23、34期)

昨日、いまもお話がありました水俣病に関する刑事裁判の判決がありまして、昭和三十一年の水俣病公式発見以来実に二十三年目であります。有罪とはなりましたが、昭和三十三年に厚生省自身が工場排水に疑いありと述べ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1979/02/14、34期)

いわゆるカーン氏との密約についてお聞きしますが、いま証人はメモランダムだと、こういうふうに言われたのですが、海部副社長などの発言では、これはコンサルタント契約だというふうに言っておられるようであります…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1979/02/15、34期)

ダグラス社とのアドバイザー契約で五年の期限が契約書に入っておったということを言われましたが、手数料についてはどのように入っておったのか、お伺いしたい。十万ドルいただいておりますが、それをほとんど経費…会議録へ(外部リンク)

第88回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1979/08/30、34期)

日本共産党・革新共同は、会期を二十八日まで三十日間とすることには反対であります。私たちは、いま重要な課題が山積をしており、国会で十分論議をすべき重大問題がたくさんあると思っています。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22