坂井弘一衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 22)  3回発言  34746文字発言
 第81回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  5)  2回発言  16911文字発言
 第83回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言   5487文字発言
 第84回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 21)  5回発言  37588文字発言
 第85回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  5)  2回発言  17352文字発言
 第86回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 21)  9回発言  60810文字発言
 第88回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  34期通算 116回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員 78) 22回発言 172894文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            76回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 76)  14回発言 136274文字発言

ロッキード問題に関する調査特別委員会
            31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  2)   4回発言  17672文字発言

航空機輸入に関する調査特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)   4回発言  18948文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第80回国会)
ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第81回国会)
ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第82回国会)
ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第83回国会)
ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第84回国会)
ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第85回国会)
ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第86回国会)
ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第87回国会)
航空機輸入に関する調査特別委員会理事(第87回国会)
航空機輸入に関する調査特別委員会理事(第88回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第9号(1977/05/11、34期)

東郷さんが証人としておいでいただくことの決まりました先週以後、児玉あるいは児玉グループ、小佐野氏、中曽根氏から何らかの連絡なりお話ございませんでしたでしょうか。また、いまの御指摘の日にお会いしました…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1977/02/14、34期)

質問がかなり多岐にわたっておりますので、制約された時間でございますし、御答弁をひとつ簡明にお願いいたしたいと思います。福田総理が、このロッキード事件の徹底解明は必ず実行いたします、その結果については…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1977/03/05、34期)

福田法務大臣に、あなたの基本的な姿勢、あるいは認識と言った方がいいのでしょうか、ということで伺っておきたいと思うのです。つまり、基本的人権ということについて、人権擁護ということを先般来盛んにおっしゃら…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1977/10/13、34期)

最初に、韓国に対しますわが国の今後の経済協力のあり方につきまして伺いたいのでありますけれども、最近の日韓の情勢をめぐりまして、幾つかの変化が生じてきておる。つまりその一つは、いわゆる在韓米地上軍の撤退…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1977/10/17、34期)

御回答いただきましたので、あらましを了といたしますが、私がこの問題を提起したのは、行財政改革の一環としての国の、特に入札のあり方、実は、これは相当いろいろな問題があるわけです。やはり本来的には競争入札…会議録へ(外部リンク)

第83回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1977/12/17、34期)

お忙しい中を大変に御苦労さまでございます。ソウルの地下鉄問題等につきましては、後ほど二見委員からお尋ねをするということにいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第3号(1978/03/01、34期)

最初に委員長に、御提案、お願いをいたしたいと思います。政治的道義的責任ありとして、四人の方々をいわゆる灰色と認定したのは国会でありますし、紛れもなく当委員会、ロッキード調査特別委員会が認定をしたわけ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第6号(1978/06/07、34期)

やりとりを伺っておりまして、率直に申し上げまして、ロッキード事件の重大性にかんがみて政府が国会に対しては最大の協力をするという厳粛なる約束、それがいまの答弁ではその姿勢、協力の具体的な内容というものが…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1978/01/28、34期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました昭和五十二年度補正予算第二号三案について、賛成の討論を行います。私どもが第二次補正予算三案に賛成する理由を端的に申しますならば、当面するわが…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1978/02/06、34期)

冒頭、総理にお伺いしておきたいことがございます。ロッキード事件が起こりましてちょうど満二年になります。私は、この事件の最大の教訓と申しますか、反省すべき点はやはり日本の政治の金権体質ないし腐敗の体制、…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1978/03/07、34期)

私は、公明党・国民会議並びに民社党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和五十三年度予算三案について、政府がこれを撤回し編成替えを求めるの動議につきまして、共同提案理由とその概要を御説明いたし…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第2号(1978/10/18、34期)

福永一臣氏の証人喚問につきましては、公判に支障のない段階ということでありますれば、先ほどお答えございましたが、伊藤、副島の検事調書が採用された段階――これは委員長に確認しておきたいと思うのですが、この…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1978/10/04、34期)

順序を変えまして、最初に、政府の総合経済対策の緊急輸入の分について伺いたいのでありますが、言うまでもなく、この総合経済対策、今回政府が、その中の柱の一つとして、四十億ドル程度の緊急輸入ということをうた…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第3号(1979/04/25、34期)

古井法務大臣に伺いますが、政治家あるいは政府高官、つまり公人ですね。公人の人権、名誉と、一方民間人、つまり私人、この名誉、人権、この間には差異があるとお考えでしょうか。それとも全く同じだ、こういう御認…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第6号(1979/05/24、34期)

いままでの証書を伺っておりますと、いわゆる四億ないし五億の金につきましては、すべて日商岩井側からの好意でありまして、それを松野さんはお受けになったということの御説明でございますが、あなたの方から日商岩…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第7号(1979/05/30、34期)

捜査処理の報告をいただきましたが、報告に従いまして若干お尋ねしたいと思います。E2Cに関して、いわゆる8K報告で、日本政府関係者の示唆により日本における代理店を変更した、このことにつきましては、代理…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第9号(1979/07/11、34期)

主として海部証人にお尋ねいたしますが、簡明にお答えを願いたいと思います。日商岩井のあなたとハリー・カーン氏との間でE2Cに関しますいわゆる密約、メモランダム、これを作成されたのが一九六九年八月十五日…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1979/02/06、34期)

一連の航空機疑惑についてお尋ねをしたいと思いますが、私は具体的に問題を提起しながら、その中で若干の資料の要求をしたいと思いますので、まず大平総理から疑惑解明に取り組む姿勢につきまして御決意のほどを承っ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1979/02/09、34期)

一連の航空機疑惑の解明に対しまして、大平総理は、この究明に当たっては政治的責任をもって対処する、言葉は実にきっぱりと言われたわけでございますけれども、さて具体的にその究明に当たります政府の姿勢というも…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1979/02/14、34期)

若干確認をしながらお尋ねをしたいと思いますので、よく思い出して、落ちついてお答えをいただきたいと思います。E2Cに関しましてハリー・カーン氏と日商岩井との間でメモランダム、覚書の交わされた日は、一九…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1979/03/05、34期)

疑惑解明に当たりまして、国会が政府に対して資料の提供要請の問題でございますが、大平総理は、この国会の資料提供要請に対しましては、いわゆる司法取り決めに基づきます米側のSECの生資料、これは非公開のもの…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1979/03/07、34期)

私は、公明党・国民会議並びに民社党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和五十四年度予算三案に対し、政府がこれを撤回し、編成替えを求める動議につきまして、共同提案の理由とその概要を御説明いたし…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12