山原健二郎衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 14回発言 109738文字発言
第102回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 16回発言  89743文字発言
第103回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  5回発言  40305文字発言
第104回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30) 17回発言  92582文字発言

  37期通算 106回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員106) 52回発言 332368文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 66)  28回発言 205845文字発言

科学技術委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  19回発言  84406文字発言

災害対策特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   1回発言   3760文字発言

予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   2回発言  27277文字発言

沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   5386文字発言

環境委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   5694文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 環境委員会 第13号(1984/07/17、37期)

問題は二つですが、一つは、四国を貫流する吉野川の早明浦ダム建設による濁水の問題です。二つ目は、今質問のありましたダイオキシンの問題について質問をいたします。早明浦ダム建設以来十年たちますが、その間に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号(1984/04/12、37期)

十二年前に起こりました高知市の比島山災害、十名の方が亡くなった集中豪雨による山崩れの被害でありますが、この裁判がありまして第一審が三月十九日に判決を出しております。これに対して去る四月三日に高知県、四…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1984/03/30、37期)

臨時教育審議会の問題で文部大臣に、先日の文教委員会並びに予算委員会の論議を聞いておりまして、文部大臣と中曽根総理の答弁に多少のずれがあるように思うので、この点について正確にしておきたいものですからお伺…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1984/04/04、37期)

ちょうど、ただいま池田さんの方から有害図書の問題が出ましたので、一言大臣にもお聞きし、また委員長にもお願いしたいんですが、確かに法規制の問題が今出されようとしておるのではないかと思われます。しかし、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1984/04/13、37期)

教育と政治倫理の問題について、最初に簡単に伺いたいのです。大臣の御見解を伺っておきたいのですが、今回、中曽根総理が副総裁に二階堂進氏を選んだという問題でございます。この問題は、かつて私も予算委員会で…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1984/04/27、37期)

五名の参考人の皆さん、本当に御苦労でございます。私は日本共産党の山原健二郎です。随分御質問がありまして御意見を開陳していただきましたが、私は、芥川さんが、著作権法はその国の文化のバロメーターであると…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1984/05/11、37期)

大臣がおいでになりませんので、別の問題を先にやらせていただきます。現地の新聞に連日出ております東北福祉大学の隠し口座の問題、また、この大学における会計の乱脈、同時に、教授会の議を経ないで入学生の合否…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1984/05/18、37期)

現在、盲・聾・養護学校におきまして重度・重複児が増加する傾向にあります。そのために教職員の負担増、特に婦人教職員の妊娠障害などが大変訴えられておりまして、こういう時期にこれを何とか解決しなければならぬ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1984/06/22、37期)

一昨日、六月二十日でございますが、いわゆる育英奨学金制度の問題につきまして、新規在学生の採用の問題について理事会、さらには委員会も一時中断をするという事態が起こりまして、各党一致して、八万二千名の学生…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1984/07/04、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、日本育英会法案に対する反対討論を行います。言うまでもなく、育英奨学事業は、教育の機会均等という戦後教育の根本精神を実現するための極めて重要な施策であります。その…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1984/07/20、37期)

大学の自治、学問の自由という立場から申しまして、産学協同問題について随分私ども警告を発してまいりましたが、今回次々と、この問題に端を発して、大学の腐敗が起こっていることを大変残念に思います。しかし、こ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1984/07/25、37期)

大変残念なことでありますけれども、昨日文化庁の会計課長が逮捕されるという事件が起こりまして、冒頭の質問者として、これを抜かして他の質問をするわけにはまいりませんので、この問題について何点かお伺いしたい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第23号(1984/08/03、37期)

また嫌な質問を幾つかしなければなりませんが、きょうの質問と幾らかダブる面がありますけれども、真相を明らかにする意味で答弁をいただきたいと思います。八月一日、医療・理化学機器製造販売会社の取締役小野寺…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1984/02/25、37期)

最初に、教科書検定問題について質問をいたしたいと思います。中曽根総理は、所信表明演説で、「国際国家日本の国民にふさわしい教育の国際化の追及」に教育改革の視点があるというふうにおっしゃいまし会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1985/03/19、37期)

一つはウラン濃縮ですが、濃縮技術というのは今まで大体国家機密的な性格を持っておるわけですね。今度のレーザー濃縮というのはそういう性格を持つのか、それともオープンな形で行われるのかということをお聞きした…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1985/03/26、37期)

委員長並びに政府の方、一番最後になりまして遅くなりましたが、質問いたしたいと思います。私の質問は宇宙衛星の軍事利用問題に絞って質問したいと思うのですが、一昨年宇宙衛星、通信衛星のさくら二号、この自衛…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1985/04/04、37期)

一つは、情報科学、工学が次第に大規模化していくということの中で、もし事故とかそういうものが起こった場合の社会的影響はそれなりにまた広がっていくのであろうかということですね。それと同時に、これが人間の頭…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1985/04/16、37期)

ちょっと最初に、昨日発言の通告をしていなかったのですが、竹内長官に前回のこの委員会で、三月二十六日ですが、SDIへの研究協力はすべきでないという考え方で御質問申し上げたのです。それに対しまして長官は、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第8号(1985/04/23、37期)

大変勉強させていただいたのですが、先生のお話を聞きながら、日本のいわゆる創造的科学技術の振興上の現在における弱点が、いろいろ多面的な形で鋭く指摘されたのじゃないかというふうに伺ったわけでございます。…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1985/06/11、37期)

共産党の山原ですが、きょうは本当にありがとうございます。二つばかり……。一つは、他の委員の方ともダブリますが、SDIと今度のNATOの反応ですね、単に慎重であるというだけでなくて、むしろ反対の方向が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/04/17、37期)

この委員会に、四月二十四日には臨教審の会長さん、またその他の方がお見えになるということになっておりますが、私ども現在のところほとんど資料がございません。それで、四月十日の臨教審の総会の後、岡本会長が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1985/04/24、37期)

お二人の先生、遅くまで御苦労でございます。日本共産党の山原です。最初に、一つ確認したいのですが、自由化という言葉については第一部会では使わないことになった、こういうことをおっしゃったのですが、これは…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1985/05/22、37期)

四名の先生方、本当に御苦労さまでございます。共産党の山原です。日本のコンピューター業界に、昭和五十七年六月二十三日を忘れるなという言葉があるわけでございます。例のIBMがFBIと一緒になりまして、お…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1985/05/29、37期)

学校教育法の一部改正案を提出されまして、これに対して御質問を申し上げたいと思います。この趣旨は、もちろん養護教諭あるいは事務職員の必置の問題でございますが、最初に文部省にお伺いしたいのです。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1985/05/31、37期)

今までの委員の皆さんも取り上げた問題で少し重複しますけれども、最初に私学共済への国庫補助四分の一カット分のいわゆる返済問題でございますが、三年間の四分の一カットに引き続いて、今回の補助金一律カットの一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1985/06/14、37期)

最初に、きょう新聞に東京都立大島南高等学校の寄宿舎寮拓本寮の上級生による暴力事件というのが出ております。「集団しごき」というふうに書かれておりまして、下級生の中に鼓膜損傷、胸部打撲、中には三階のベラン…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1985/06/19、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、日本体育・学校健康センター法案に反対の討論を行います。本法案の主たる内容である日本学校健康会と国立競技場の統合は、全く異質の業務内容、形態を持つ組織を一つにしよう…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1985/06/21、37期)

今回の児童急増地域施設の整備法、衆法八号、それから義務教育施設費国庫負担法、衆法九号ですが、これを提案されましたことが、今日の教育のひずみやあるいは荒廃を防ぐ意味で最も焦眉の問題として非常に重要な時期…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1985/06/27、37期)

最初に、教育基本法の目的、これを巧妙に変更したのではないかという質問です。御承知のように、教育基本法は前文に「真理と平和を希求する人間の育成」、そして、第一条の「目的」の項で、「真理と正義を愛し、」…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1985/02/09、37期)

最初に、暴力団抗争問題について警察庁の考えを一言お聞きしたいのです。二月の七日ですが、白昼、私の地元、高知県高知市の市街地、特に周辺には小学校、中学校その他、市街の真ん中でありますけれども、銃撃戦が…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1985/11/20、37期)

長官、大臣になられて初めてお目にかかり、質問いたします。御苦労さまです。私は…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 科学技術委員会 第1号(1985/11/28、37期)

私も、幌延町に立地しようとするいわゆる高レベル放射性廃棄物貯蔵工学センターについて質問をいたします。私は二十五日に現地へ参りまして、現地の情勢、また周辺の人たちの意見も伺いました。私が行きました前々…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1985/11/15、37期)

三重県にあります日生学園第二高等学校の最近頻発しております暴力事件といいますか、あるいは自殺、事故死の問題につきまして報告をいただきたいと思います。最初に、けさも佐藤議員の方から質問がありましたから…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/12/04、37期)

質問の順序がちょっと変わりましたので、厚生大臣はまだですね。――では文部大臣に伺います。先日の連合審査におきまして六人の大臣がそろうということでございましたが、文部大臣はちょうどそのとき参議院の方に…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1985/12/11、37期)

文部大臣に、いよいよ予算の大蔵原案が出るということを目前にしまして、教育予算の問題についてお伺いしたいと思います。きょうは文部省を激励する意味で質問するわけですから、いじめっ子が励ましっ子になったと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1986/03/25、37期)

ただいまの質問とかなり同様の質問になりますが、いわゆる戦略防衛構想、SDIと国会決議の問題。河野長官、久しぶりに質問するわけですが、先ほど遠藤委員に対して、三月十日までの総理の予算委員会における答弁の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1986/03/27、37期)

核燃料再処理問題について幾つかお伺いいたします。イギリスのセラフィールド再処理工場で、ことしに入りまして五回にわたって放射能漏れの事故が続発をいたしております。しかも、周辺海域の放射能汚染は深刻であ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第6号(1986/04/08、37期)

問題は二つですが、一つは核燃料再処理の問題、それからもう一つは放射線被曝線量基準の問題、二つについて質問をいたします。この間、三月二十七日にこの問題で質問をしておりますが、それに引き続きまして、イギ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1986/04/10、37期)

冒頭に委員長に、大変恐縮ですが、この委員会に法案が出たのは久しぶりでございます。しかも大変重要な中身を持っておりますし、法案そのものはわずか十条で構成されたものでありますけれども、先ほどからの質問の中…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第8号(1986/04/15、37期)

委員長に最初にお願いしたいのですが、私の質問中に、二枚政府から出していただきました資料を用意しておりますので、御配付を御許可いただきたいと思います。その一つは、研究開発資金についてでありますが、基礎…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1986/04/17、37期)

一昨日、宇宙開発事業団の方に私の質問の時間に参考人として来ていただく要請をしまして、副理事長がおいでくださいました。ところが長い時間お待たせをして、ついに時間切れで質問できなくて大変恐縮しております。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1986/04/18、37期)

小沢議員の質問のやりとりを昨日から聞いておりまして、いよいよこの法案の重要性、新たな性格というようなものが先日来の質疑応答の中で非常に出てきたと思うのです。最初にお伺いしたいのですが、科学技術庁の設…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第11号(1986/04/22、37期)

私の質問は、先ほどの八木先生の質問と全く同じなんです。そのことを通告してありましたので、先ほどの話で明日メモといいますか、一定の資料が出るということですから、そのことについては一応触れますが、新たな質…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1986/04/24、37期)

資料の提出で随分科学技術庁、また関係参考人の方は渋っておられますね。けさもアメリカの核廃棄物政策法を出しなさいということに対して、日本語訳があるとかないとかいうことを言われまして、私も昨年十一月に幌…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第13号(1986/05/02、37期)

最初に、今回のチェルノブイル原発の事故につきまして、実相の把握ということについて一言我が党の見地を申し上げたいと思うのです。特にこういう事故の場合、事故の実相が早く明らかになることが大事なわけです。…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第14号(1986/05/06、37期)

今回のサミットにおきまして、一つはリビアを指名しての声明、それからソ連原発事故に対する声明が出ておりますね。このことについて最初に伺いたいのです。これはけさほどもちょっと質問がありましたけれども、こ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1986/05/08、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、政府提出、原子炉等規制法一部改正案に反対する討論を行います。第一の理由は、埋設処分可能な放射能濃度上限値や無拘束限界値など本改正案の根幹にかかわる重要事項が丸ごと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1986/04/09、37期)

急遠大蔵省おいでいいただきましたので、昨日の補助金問題の一括審議の連合審査の際に、私が大蔵大臣に、ちょうど江崎大臣がかわっておられましたが、質問いたしましたが、お聞きになっておられたでしょうか。――き…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1986/04/16、37期)

岡本会長、きょうは御苦労さまです。二十三日に第二次答申が出されるわけでございますから、またその直後に恐らく当委員会にもお見えくださいまして御説明いただくことになるのではないかと思いますが、きょうは最…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1986/04/25、37期)

岡本会長にはたびたび御要請申し上げて恐縮です。今度出ました第二次答申に、前にも申し上げたのですが、非常に難解な言葉がありますね。その中できょうは、「不易」と「流行」というものがございまして、しかもこ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1986/05/14、37期)

もう時間がありませんので、一つだけお尋ねしたいと思います。それは、いよいよ概算要求の時期を目の前にしまして、この前私が取り上げました臨教審に対する大蔵省のメモですね、いわゆるスクラップする面とビルド…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1986/05/16、37期)

今、木島委員の方から大変原則的な障害児教育についての質問が行われましたが、学校教育の原点であるという言葉が何回か出たわけですね。このことについて臨時教育審議会は第二次答申でどういうふうに述べておるか、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12