山原健二郎衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  1回発言   4470文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  1回発言   2956文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  2回発言   5988文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  1回発言   4314文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  5回発言  17728文字発言

本会議発言一覧

第120回国会 衆議院 本会議 第1号(1990/12/10、39期)

私は、日本共産党を代表して、財政演説に対し、総理並びに関係大臣に質問をいたします。八月二日以来のイラクの侵略と人質作戦は、平和と民主主義、民族自決権尊重という世界の確立された原則を真っ向から踏みにじる天人ともに許さざる蛮行であります。今回の人質全員の解放は、世界世論の重要な勝利であり、長期にわたり御………会議録へ(外部リンク)

第122回国会 衆議院 本会議 第7号(1991/12/03、39期)

私は、日本共産党を代表して、いわゆるPKO法案等二法案に反対の討論を行います。討論に先立って、去る十一月二十七日の特別委員会における暴挙について、林委員長並びに関係委員に厳重に抗議するものであります。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第11号(1992/03/13、39期)

私は、日本共産党を代表して、九二年度予算三案に対して反対の討論を行います。今、国民生活に目を向けてみますと、長時間労働、世界に例を見ない過労死の不安、医療における高齢者の差別と自己負担の増大、看護婦や福祉分野の人員の絶対的な不足、絶望的になった住宅の取得と家賃の高騰、大学、教育の財政危機など会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第31号(1992/06/13、39期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました衆議院議長桜内義雄君不信任決議案に対して、賛成の討論を行うものであります。(拍手)桜内議長は、議会制民主主義を踏みにじって強行採決されたPKO法案を委員会に差し戻して審議を続けよとの要求を無視し、法案上程の本会議開会を強行しました。議事運営において………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第19号(1993/04/13、39期)

私は、日本共産党を代表して、自民党より提出された政治改革四法案及び社会、公明両党提出の政治改革六法案について、総理並びに提出者に質問をいたします。法案の質疑に先立ちまして、カンボジアにおける中田厚仁氏の痛ましい犠牲に対し、謹んで哀悼の意を表明いたします。同時に、ポル・ポト派の言動を見ましても、既にパ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  9回発言  57859文字発言
第119回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第120回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  7回発言  31034文字発言
第121回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   6149文字発言
第122回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第123回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  4回発言  27652文字発言
第124回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第125回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   7865文字発言
第126回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  8回発言  60172文字発言

  39期通算  60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60) 31回発言 190731文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45) 23回発言 134897文字発言

 予算委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  32769文字発言

 農林水産委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  4回発言  14705文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5481文字発言

 科学技術委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2879文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第118回国会 衆議院 農林水産委員会 第18号(1990/07/04、39期)

けさほどから問題になっております米審の問題、私どもの今までの経験ですと、今度の米審に対する諮問は異例のことですね。政府・与党の間にほぼ決定をしたということがマスコミにも出ております。そういう形で諮問が…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1990/03/27、39期)

先ほどフランスの話が出ましたが、大臣とは農林水産問題でいろいろおつき合いしていただいておりますけれども、きょうはまた別の部門で質問をいたします。日本の文化行政の貧弱性というものは、これはけさから問題…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1990/04/25、39期)

最初に、今回起こりました右翼のテロによりますフェリス女学院大学弓削達学長の自宅に対する銃撃事件について伺いたいのです。これは、もう御承知のように、去る二十二日の深夜、弓削達氏のお宅に対して二発の銃弾…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1990/05/25、39期)

北陸先端科学技術大学院大学について、幾つかの点について質問をしておきたいのです。この法案の他の部分については賛意を表明いたしますが、この問題については幾つか疑問を持っておりますので、お答えいただきたい…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1990/05/30、39期)

私は、日本共産党を代表して、本法案について反対の態度を表明します。東京工業大学の生命理工学部の設置、また茨城大学工業短期大学部及び山口大学工業短期大学部の廃止については賛成であります。会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1990/06/08、39期)

生涯学習振興法につきまして、幾つか法案に基づいて質疑をしておきたいと思います。一つは、社会教育法の第一条には、「この法律は、教育基本法の精神に則り、社会教育に関する国及び地方公共団体の任務」云々、こ…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1990/06/15、39期)

四名の先生方には、長い御苦労された経験を背景にされまして、貴重な御意見をありがとうございました。共産党の山原でございます。会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1990/06/22、39期)

今国会の最後の質問になりそうですが、短い時間ですけれども、大臣に質問いたします。去る十八日の各紙によりますと、自民党の小沢幹事長は、十七日、静岡県熱海市内で開かれた自民党婦人部活動者研修会の講演で次…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1990/04/13、39期)

経過がありますので、最初に深谷郵政大臣の問題について、真実を明らかにする意味で質問をいたしたいと思います。官房長官から、深谷氏の秘書石塚猛氏は昭和五十七年一月から六十三年七月末の退社までリクルート社…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1991/04/09、39期)

時間の関係がありますので、最初に、四法案一括審議でありますから、質問に入る前に法案に対する見解を述べておきたいと思います。開発銀行法案は、その融資対象を拡大し、東京湾横断道路の建設などビッグプロジェ…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号(1991/07/04、39期)

最近、財界ばかりか政府・与党首脳の間から米の部分開放論が出ています。これについて最初に伺っておきたいのですが、先日、アメリカのイーグルバーガー国務副長官から在日米大使館を通じ、米市場開放を部分開放にと…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1990/12/18、39期)

時間の関係でスポーツ振興の基本問題について伺います。スポーツの実践は人間すべての権利であり、それを保障するための公共スポーツ施設の拡充、スポーツ指導者の養成、身分保障などの条件整備が国の責任であると…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1991/02/22、39期)

大臣、数点についてお伺いいたします。まず第一番に、今回の千葉大学の医療機器問題の汚職事件でございます。この十四日に、千葉大学医学部附属病院の医療機器導入をめぐって、東京地検の手によって収賄、贈賄容疑…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1991/03/06、39期)

この法案、大学審議会の答申に基づいて行われたものですが、学位授与機構の新設、また奈良先端技術大学院大学の設置など重要な中身を持っています。学位授与機構の新設については、我が国初めてのことでございまして…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1991/03/13、39期)

分科会のために大変お侍たせをしまして申しわけありません。また、高木議員には順序を狂わせていただいて恐縮に存じます。学校教育法の改正案につきまして質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1991/03/15、39期)

お二人の参考人、本当にありがとうございました。阿部参考人の方からは条約を含めて歴史的な解明をしていただきまして、大変興味あるお話をお伺いしたところでございます。最初に三つお伺いしたいのですが、一つは…会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1991/09/25、39期)

最初に、雲仙・普賢岳の火山の問題について伺います。もう既に土石流が発生をして百日、住民の避難生活も百日となっておりますが、マグマの供給は続きまして、溶岩ドームは、新しいドームの形成を含め巨大な成長を…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1992/03/06、39期)

けさから問題になっております教育予算のシーリング枠包外せということは、恐らくもう各党一致した見解になっておると思いますし、また文部大臣の見解もそういう形で表明されております。私は、最初に大学の研究、教…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1992/03/25、39期)

義務教育費国庫負担法の原点といいますか、それに帰ってちょっと申し上げたいのです。昭和二十七年にこの制度ができました。私も当時県の教育委員をしておりまして、文部省あるいは国会へ何度も要請に来たことを覚…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1992/04/15、39期)

本法案の質問ですが、最初に財務センターについて質問をいたします。財源を財産処分収入に限定しては抜本的な老朽施設解消は望めないのではないかという疑念を持っております。この点をちょっと申し上げてみますと…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1992/06/03、39期)

きょう、衆法が提案されまして、実習助手の問題が非常に大きく取り上げられました。これは大変いいことだと思いますし、かつて私どもも共同提案をしたこともありますし、また、その後社会党がしばしば法案を出されま…会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1992/11/26、39期)

今回の報酬請求権制度の創設、十五年来の関係者の皆さんの懸案であったもので、本当に大きな意義を持っておると思います。また、お二人の参考人の御説明を聞きましても、大変苦労された経過がありますから非常に迫力…会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1992/12/08、39期)

久しぶりの一般質問ですから、私は、歴史教科書の動きの問題あるいは明治憲法の…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1993/05/21、39期)

子どもの権利条約につきまして質問いたします。昨日、本委員会におきまして、日の丸・君が代の学校教育での取り扱い、とりわけ子供たちへのこれらの押しつけに対しまして子供に拒否権があるかどうかの議論をお聞き…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1993/05/12、39期)

中山間地出身の議員として、最初に、この中山間地の役割の重要性について大臣の見解を伺ってみたいのです。重要な農産物、林産物の供給地であることはもとよりですけれども、国土の環境の保全、美しい景観や健康的…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 農林水産委員会 第20号(1993/06/10、39期)

国産材時代の到来という言葉がありますけれども、担い手の確保は焦眉の課題となっています。この問題の打開の上で、林業の労働報酬、労働条件の改善が非常に大事になっていることは申し上げる必要はありません。例…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1993/02/24、39期)

予算委員会でも取り上げたはかりでございますが、今子供たちをめぐって大変深刻な状況が幾つか起こっております。この場でも取り上げてみたいと思います。昨年の大みそかに、茨城県内で五名もの中学三年の女子生徒…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1993/02/26、39期)

学級定数についての文部省の基本的な考え方をただしておきたいと思います。先ほどからずっと質問が出ておりますように、今回小中学校の学級定数の引き下げを見送っだということですが、文部省は、その理由として、…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1993/04/07、39期)

教養部改革問題について最初に伺います。今回教養部廃止の改革が予定されている大学が、東北、群馬、富山、名古屋、徳島の五大学であります。そのうち、法改正事項にかかわる新学部設置を伴うところが群馬大学と名…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1993/04/21、39期)

教科書検定、これはもういろいろ問題を持っています。予算委員会でも私は指摘したのですが、例えば米の問題。国会の決議は全会一致で三回行われていますが、これは米の自給率を高めて、そして自由化には反対というの…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1993/02/16、39期)

佐川急便問題について最初に伺います。国民の怒りは本当に頂点に達しておる、いら立ち、何とも言えない焦りといいますか、これは総理もよくおわかりのことと思います。今、地方自治体で真相を解明しなさいという決…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 39期(1990/02/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

滋賀丸事件に関する質問主意書
第118回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1990/06/11提出、39期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22