正森成二衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4232文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   4232文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第37号(1985/06/18、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、いわゆる共済年金四法案について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。政府・自民党は、今盛んに、厚生年金、国民年金の改革で共済年金との差がますます広がった、共済改革法案の成立を急げと宣伝しております。とんでもない話であります。厚生年金、国民年金の改革とは一体何であ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 18回発言 141369文字発言
第102回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 17回発言 113399文字発言
第103回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  5回発言  39849文字発言
第104回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 14回発言  90922文字発言

  37期通算 112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員112) 54回発言 385539文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

大蔵委員会
            99回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 99)  48回発言 333626文字発言

予算委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)   4回発言  34587文字発言

対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   2回発言  17326文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1984/03/02、37期)

参考人の皆さんには御多用にもかかわりませず、長時間御苦労さまでございます。皆さん方の御意見には、一、二点を除きほとんど共感するところが多うございまして、勉強させていただいたこと、非常にありがたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1984/03/09、37期)

日本共産党を代表して、間接税三法について質疑をさせていただきたいと思います。一巡目の最後でございますので、できるだけ重複しないようにいたしますが、多少は重複する場合がありますのでお許しを願いたいと思…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1984/03/23、37期)

私は、まず最初に「納税環境の整備」というように政府税調で言われている事柄について、大蔵大臣に質問させていただきたいと思います。ここに一税制調査会が「五十八年十一月 今後の税制のあり方についての答申」…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1984/03/26、37期)

私は、先日、納税環境の整備という関連について、若干の時間、質問をさせていただきました。本日は、その問題にも間接的には関係がございます一、二の問題について質問をさせていただきたいと思います。それは、最…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1984/03/27、37期)

参考人がお見えになっておりますので、与党の席が少ないようですけれども、あえてやらせていただきたいと思います。与党に反省を求めておきたいと思います。今度、法人税法が税率がアップになりましたが、異例のこ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1984/03/28、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題となっております法人税法、租税特別措置法並びに所得税法等の一部改正案など、政府提出のいわゆる直接税三法案につき、反対の討論を行います。反対する第一の理…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1984/03/30、37期)

関税定率法関係について質問いたします。これまで我が国は、東京ラウンド協定後だけでも、五十五年度の早期実施措置、五十七年度の一律二年分繰り上げ実施措置を行い、今度の繰り上げ措置で実に三回目の前倒しを行…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1984/04/06、37期)

特許庁に伺いますが、特許、実用新案の全世界の出願件数は、資料を拝見いたしましたら約百万件、うち日本が四〇%と言われておるようであります。これは特許庁のパンフにたしかそう書いてございました。内国人出願で…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1984/04/18、37期)

私は、これから財源確保法案の幾つかの問題について、大臣並びに関係局長等に質問させていただきます。大臣にぜひお願いしたいと思います。連日非常な激務で御苦労さまでございますが、今度の財源確保法案の中心問…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1984/04/20、37期)

宮崎参考人に伺います。宮崎さんは財政制度審議会の委員でいらっしゃいますし、また「八〇年代経済社会の展望と指針」をつくられました経済審議会でも重要な役割を果たしておられると承知しております。それで、そ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1984/04/24、37期)

十八日に本法案について前半の質問をさせていただきました。きょうはその続きの部分を、時間の許す限度で大臣その他局長等にさせていただきたいと思います。この前の質問のときには、私は、従前竹下大蔵大臣が、税…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1984/05/08、37期)

対外経済関係の法案について若干の質問をさせていただきます。今年度の予算では、経済協力費が前年度比七・九%の伸び、五千四百三十九億円であります。政府開発援助、ODAは五千二百八十億円で、前年度比九・七…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1984/07/04、37期)

現在継続しておりますたばこ関連の五法案について、これから質問をさしていただきたいと思います。既に多くの同僚議員が質問になりましたので、多少重複する点があるかもわかりませんが、お許しを願いたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1984/07/10、37期)

参考人の皆さんには午前中から長時間御者労さまでございます。お疲れのことと思いますが、私の質問が最後で、しかも時間も三十分ですから、元気を出してお答えを願いたいと思います。私ども共産党は、今度の法案の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第32号(1984/07/11、37期)

七月四日に質問させていただきましたが、その中で一、二留保した点がございますのと、なお質問の残りがございますので、私に割り当てられた時間の範囲内で質問をさせていただきたいと思います。まず第一に、質問を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1984/07/13、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま議題のたばこ事業法案、日本たばこ産業株式会社法案、塩専売法案、たばこ事業法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案、たばこ消費税法案のいわゆるたばこ関…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1984/07/20、37期)

大蔵大臣、どうも遅くまで御苦労さまです。また、委員長初め各官庁の職員の方も御苦労さんです。ただ、大分任務を解放された方が多いようですので、私もほっとしております。大分遅くなりましたが、ここにおられる同…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1984/11/20、37期)

赤字国債の大量借りかえの問題、これを円滑にするためには短期国債を出さなければならないのではないか、その性格の問題については、既に四月十八日の委員会で私が質問をいたしまして、当時の理財局長からお答えを願…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1985/01/30、37期)

大臣の所信表明、財政演説に関連して、二、三質問をさせていただきます。本日配付を受けました「中期的な財政事情の仮定計算例」あるいは「財政の中期展望」というのを見させていただきますと、「財政の中期展望」…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1985/02/22、37期)

私は、まず最初に、入場税の問題について伺いたいと思います。今回久しぶりに免税点が引き上げられましたことは、多くの関係者にとって非常に朗報であるとされておりますが、私どもは、この問題の経緯からいって、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1985/02/27、37期)

まず最初に富岡先生に伺いたいと思います。先生の論文は私も読ませていただきまして、特に先生は第二種法人というように区分けされておられるようですけれども、株式公開の一定の企業については、法人擬制説ではな…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1985/03/08、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題となっております法人税法の一部改正案、租税特別措置法及び所得税法の一部改正案の二法案につき、反対の討論を行います。反対する第一の理由は、大企業に対する…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1985/03/26、37期)

関税暫定措置法等について質問をさせていただきます。「貿易と関税」の一九八五年三月号に矢沢富太郎さんとおっしゃる方の論文が載っておりますが、これは関税局長のことですね。冒頭に「最近のわが国に対する市場…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1985/03/27、37期)

日本共産党・革新共同を代表して質問させていただきますが、大臣の御出席との関係で質問の順番を変えざるを得ませんでしたので、多少おわかりにくい点があるのは御容赦願いたいと存じます。まず、大蔵省に伺いたい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1985/03/29、37期)

参考人には御苦労さまでございます。時間の関係で全員にお聞きできないかもしれませんが、お許し願いたいと思います。伺っておりますと、補助金の点について御意見が出ましたけれども、一律的に補助金ということで…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1985/04/03、37期)

中西参考人に伺いたいと思います。今度の一括法案では、先生の御意見の中にもありましたように、国民生活への影響の問題が相当大きく出てまいると思います。自治体行政の現場に、例えば生活保護の面あるいは保育の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1985/04/12、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題となりましたいわゆる補助金一括カット法案及び自由民主党・新自由国民連合の修正案に対し、反対の討論を行います。まず最初に、広範多岐にわたる多数の法案を一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1985/04/16、37期)

最初に、昨年のある新聞の報道によりますと、「今回の輸銀法改正は、六十年度予算編成の過程で、日本開発銀行と日本輸出入銀行に対し、産業投資特別会計への資金拠出積み増しを求めることになったことが、直接のきっ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1985/05/21、37期)

主としてボン・サミットに関連して若干聞かしていただきます。既に同僚委員がいろいろ伺いましたので、なるべく重複しないように伺いますが、ボンの経済宣言を見させていただきますと、第五項のところに、「我々は…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号(1985/05/22、37期)

現在、政府も国会も財政再建をどうするか、あるいは財政危機と言ってもよろしいが、それをどういうぐあいに克服するかということで、この法案に関連してそれぞれ同僚委員が熱心に論議をなさっているわけであります。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1985/05/23、37期)

まず日銀総裁澄田さんにお伺いいたします。今度短期国債が公募で発行されるということになりますと、短期の金融市場にいろいろな影響を与えると思います。それで、資料を見ておりましたら、当面の責任者である宮本…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1985/06/04、37期)

財源確保法案について、若干の問題について質問さしていただきたいと思います。まず最初に定率繰り入れの問題について伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1985/06/12、37期)

まず最初に、証券取引法の改正について質問をさせていただきます。本法案は国債の大量発行に伴ってリスクヘッジの手段を提供するということが言われております。しかし、先物取引というのはやはり非常に投機性の強…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1985/06/19、37期)

後の日程の関係で時間が少し短くなるようでございますが、共済年金法案について君…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1985/02/20、37期)

日本共産党・革新共同を代表して、これから総理以下関係大臣に質問をさせていただきたいと思います。総理に伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1985/11/15、37期)

共済年金法案について質問をいたします。国鉄問題についても伺いたいと思いますが、運輸大臣等の御都合がございますので質問の後半にさせていただきたいと思います。まず大蔵大臣に伺います。今までに同僚委員から…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1985/11/22、37期)

前回私が年金の収支試算について質問をいたしましたところ、答弁がやや食い違うというか、納得がまいりませんで留保させていただきましたが、その点について答弁の整理ができましたら大蔵省の方からでも御答弁をお願…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1985/11/26、37期)

まず最初に、徳田参考人に伺います。徳田参考人は、マクロの問題をお取り上げになりました。その中で、人口問題の推移にお触れになりましたが、私の理解するところでは、その根拠は厚生省の人口問題研究所の日本の…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1985/12/03、37期)

今、武藤委員が最後の方で一言御質問になったわけですけれども、六十年度予算で歳入欠陥になるおそれがあるというように新聞で報道されております。これももっともな点がある。例えば、本日の日本経済新聞によりま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1985/10/31、37期)

今国会には共済年金法案がかかっておりまして、今国会での重要法案ということになっておりますが、共済年金は加入者が六百万、受給者が二百万、家族を入れますと一千万を超える国民が関係して、重大な関心を持ってお…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第2号(1986/04/23、37期)

土井たか子委員を初め多くの委員から、本件の真実を知るためには資料の公表がぜひとも必要であるということをるる開陳されました。我が党の経塚委員が四月の九日に総理大臣に対しまして質問をしたことでございますが…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第3号(1986/05/13、37期)

通産省に伺いますが、四省庁の取りまとめ役として、ソラーズ委員会の文書に出てまいります関係企業の事情聴取をされたそうであります。そのきょうの最初の答弁の速記録が起きておりますので、それで申しますと、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1986/01/31、37期)

遅くまで大蔵大臣以下政府委員がお残りいただきまして恐縮でございます。また、奇特にも今までお残りいただいた同僚議員にも御礼を申し上げたいと思います。大蔵大臣の財政演説を拝見いたしますと、この中に、「昭…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1986/03/06、37期)

共産党の正森でございます。本来なら、大蔵委員会の紅一点である簑輪幸代議員が暉峻淑子参考人に対する礼儀からも質問すべきかもわからないのですが、私のようなむくつけき男性議員でお許しを願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1986/03/24、37期)

今度、皮革、革靴などのTQ新設の代償措置ということでさまざまなことが決まったわけでございますが、私どもが承知しているところでは、この分野では米国との貿易だけを見ますと、金額では輸出が約十億二千万円、輸…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1986/03/25、37期)

当初の理事会での予定では、竹下大蔵大臣は昼間は御出席願えない予定で、対政府関係の質問を先にして、大臣には失礼でございますが夕方以降ということになっておりましたが、幸か不幸がお体がおあきになりまして出席…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1986/04/15、37期)

昨年の補助金カット一括法案の審議の際もそうでございましたが、今回の一括カット法案でも、竹下大蔵大臣初め政府は、国民生活には直接影響はないとか、地方に対し万全の財源措置を講じているという趣旨の御答弁を何…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1986/04/16、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題となりましたいわゆる補助金削減一括法案及び自由民主党・新自由国民連合提出の修正案に対し、反対の討論を行います。反対理由の第一は、昨年の一括法の二倍にも…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1986/04/18、37期)

竹下大蔵大臣はたしかお心にとめていただいたかとも思いますが、三月八日に私は予算委員会で天皇在位六十年の問題について質問させていただきました。本日はそれに引き続きまして、法案に関係がございますので、若干…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1986/05/07、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、昭和六十一年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案及び同修正案に対し、反対の討論を行います。反対する第一の理由は、政府みずからが引き起こ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1986/05/14、37期)

私は、国有財産行政のあるべき姿と今回の土地信託制導入の問題についてまず伺います。国有地は国民共有の財産で、その意味から、四十七年三月の有効利用答申で唱えた国有地は公用、公共用優先という基本原則が、厳…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1986/05/16、37期)

今度の法案の対象になっておりますオフショア市場というのは、今まで各委員が言われましたように内外遮断型、ニューヨーク型ということになっております。本邦企業の海外子会社を通じたオフショア勘定との取引が自由…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1986/02/25、37期)

我が党は、二月十七日付で、一九八六年度予算に対する組み替え要求を発表いたしました。これは、中曽根自民党内閣の軍備拡張、財…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1986/03/08、37期)

まず最初に、防衛の問題について伺いたいと思います。二月十日の予算委員会におきまして、我が党の東中委員の質問に対し、加藤防衛庁長官は、極東が有事、日本が平時のときに、我が国の防衛のため収集した情報を米…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12