岩間正男 参議院議員
1期国会活動統計

岩間正男[参]在籍期 : | 1期|- 2期- 4期- 5期- 6期- 7期- 8期- 9期-10期
岩間正男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは岩間正男参議院議員の1期(1947/04/20〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は1期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院1期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(特別:1947/05/20-1947/12/09)
3回
7603文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第2回国会
(通常:1947/12/10-1948/07/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1948/10/11-1948/11/30)
1回
1487文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1948/12/01-1948/12/23)
1回
2791文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(特別:1949/02/11-1949/05/31)
6回
16772文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1949/10/25-1949/12/03)
6回
18295文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1949/12/04-1950/05/02)
6回
26968文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



1期通算
(1947/04/20-)
23回
73916文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


岩間正男[参]本会議発言(全期間)
| 1期|- 2期- 4期- 5期- 6期- 7期- 8期- 9期-10期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院1期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


25回
(10回)
15回
(1回
0回)
20779文字
(1542文字
0文字)

52回
(11回)
20回
(0回
0回)
41271文字
(0文字
0文字)

4回
(4回)
3回
(0回
0回)
3622文字
(0文字
0文字)

3回
(3回)
2回
(0回
0回)
15860文字
(0文字
0文字)

29回
(29回)
22回
(4回
0回)
106898文字
(16420文字
0文字)

20回
(12回)
15回
(0回
0回)
59027文字
(0文字
0文字)

39回
(22回)
32回
(0回
0回)
168513文字
(0文字
0文字)


1期通算
172回
(91回)
109回
(5回
0回)
415970文字
(17962文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


8回
(0回)
6回
(1回
0回)
18985文字
(3956文字
0文字)

11回
(1回)
3回
(0回
0回)
6845文字
(0文字
0文字)

2回
(1回)
2回
(0回
0回)
6263文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
2回
(0回
0回)
5085文字
(0文字
0文字)


1期通算
26回
(2回)
13回
(1回
0回)
37178文字
(3956文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
53回
(37回)
38回
(4回
0回)
文部委員会

2位
38回
(0回)
15回
(0回
0回)
議院運営委員会

3位
33回
(33回)
28回
(0回
0回)
予算委員会

4位
22回
(0回)
7回
(0回
0回)
労働委員会

5位
21回
(21回)
18回
(1回
0回)
文教委員会

6位
5回
(0回)
3回
(0回
0回)
大蔵委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
7回
(0回)
5回
(0回
0回)
決算・労働連合委員会

2位
5回
(0回)
1回
(0回
0回)
議院運営委員会政党及び選挙に関する小委員会

3位
4回
(0回)
1回
(0回
0回)
財政及び金融・労働連合委員会

4位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
大蔵・人事連合委員会

5位
1回
(0回)
1回
(1回
0回)
文教委員会第三小委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
地方行政・大蔵・文部連合委員会

5位
1回
(1回)
1回
(0回
0回)
内閣・文部連合委員会

5位
1回
(1回)
1回
(0回
0回)
文教・治安及び地方制度連合委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
文部委員会文化小委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
厚生・労働・商業連合委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
地方税法案両院協議委員正副議長互選会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
電気通信・文部連合委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

文教委員会(第1回国会)
文教委員会(第2回国会)
文部委員会(第3回国会)
文部委員会(第4回国会)
文部委員会(第5回国会)
文部委員会(第6回国会)
予算委員会(第6回国会)
予算委員会(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

岩間正男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
| 1期|- 2期- 4期- 5期- 6期- 7期- 8期- 9期-10期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院1期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)0本
第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)0本
第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)0本
第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)0本
第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)2本
第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)2本
第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)0本


1期通算(1947/04/20-)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第5回国会(1949/02/11〜1949/05/31)

新制中学校の建築進捗状況に関する質問主意書

第5回国会 参議院 質問主意書 第22号(1949/03/10提出、1期、会派情報無し)
質問内容
新制中学校の建築進捗状況について
一、昭和二十二年度および昭和二十三年度におけるその計画と実際とを全国および各県別に文書によつて回答されたい。
二、またそれが予定通り進捗していないならば、その原因について関係者の責任者の意見を具体的に開陳されたい。
利用案内
著作権
免責事項
ご意見・ご質問
All rights reserved. Copyright(c) , House of C…
答弁内容
一、昭和二十二年度における新制中学校の建築は別紙の通りで完了しています。昭和二十三年度においては資料未着の分がありますが諸般の状勢より見て大部分は計画通り進捗しておるものと思いますが一部には遅延しているものも生じていることと思います、資料を別紙として添附致します。
二、工事の遅延する最も主なる一般的理由は校地の決定およびその獲得が順調に進まないことであります。
昭和二十三年度新制中学校建築計画…

小学校、中学校及び高等学校の教員数、学級数、児童、生徒数に関する質問主意書

第5回国会 参議院 質問主意書 第47号(1949/04/02提出、1期、会派情報無し)
質問内容
最も近い時期における教員の実数、学級数、児童または生徒数および一学級あたりの児童または生徒数の分布ならびに平均を
1 小学校
2 中学校
3 全日制高等学校
4 定時制高等学校
のそれぞれについて各府県別に至急回答されたい。
利用案内
著作権
免責事項
ご意見・ご質問
All rights reserved. Copyright(c) , House of Councillor…
答弁内容

一、本表は昭和二十三年五月三十一日現在の調査である。
但し定時制高等学校に関するものは昭和二十三年十二月一日現在のものである。
二、本表は官、公、私立の総数である。
三、高等学校については学級数を調査していない。
なお別表については御留意下さい。
小    学    校
府 県
学 級 数
生 徒 数
一学級生徒数
教 員 数
北 海 道
一一、七二七
五八一、二三…

■ページ上部へ

第6回国会(1949/10/25〜1949/12/03)

朝鮮人学校閉鎖接収に関する質問主意書

第6回国会 参議院 質問主意書 第13号(1949/11/04提出、1期、会派情報無し)
質問内容
一、二日附文部省より、知事、教育委員会あてに発した通牒中、
(1) 朝鮮語、朝鮮歴史授業は、小学校では特別学級等により、中学校では外国語として教えることが出来るとあるが、実際に少人数しか一つの学校に居ないとき、それに対して特別学級を作り或いは朝鮮語の教師を雇傭することは不可能と思われるが、それに対して如何なる処置をとらんとするか、又その予算的裏附けはどうなつているか、明確にされたい。
(2) …
答弁内容
一、(1) 朝鮮人児童生徒を公立学校に収容する際に小学校では正規の授業時間外に適当な方法で朝鮮語朝鮮歴史等を教えることは差支えない、中学校では右のほか外国語として朝鮮語を教えることができるという通達を出しましたが、朝鮮人児童生徒が僅かしかいない場合には、朝鮮人のために特別な学級を設け、又は朝鮮語等の教員を採用することは困難であると思います。
(2) 私立の朝鮮人学校の児童生徒の数は小学校約三万六…

科学の振興、学問の自由、私立学校法案に関する質問主意書

第6回国会 参議院 質問主意書 第21号(1949/11/16提出、1期、会派情報無し)
質問内容
一、湯川博士がノーベル賞を授与された際、われわれは博士の業績を国際的な誇りとし、ますますその研究を伸ばすために努力しなければならないと考える。然るに現在京大湯川研究室では、国立学校設置法のために、研究員の半数が削られようとしており、又、研究費の不足のために満足な研究も行えない事情にある。これは単に湯川研究室のみに止まらず、むしろ全国の大学の各研究室に見られる一般的現象である。われわれはこの状態を深…
答弁内容
一、科学の振興に対しては、政府としても最も力を注ぎ、特に研究者の大半を擁する大学の経常的研究費である講座研究費と、重点的に主要研究を行わせる科学研究費等の増額に努めている。
また、国立学校設置法における教職員の定員は行政機関職員定員法の規定するところに従つて定めたものであつて、その算定基礎は昭和二十三年十一月一日の現在員を基準として教官系職員については欠員のある場合もこれを整理していないし、事務…

岩間正男[参]質問主意書(全期間)
| 1期|- 2期- 4期- 5期- 6期- 7期- 8期- 9期-10期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院1期 ※参考情報)

無所属懇談会 (第1回国会、初出日付:1947/08/06、会議録より)
無所属懇談会 (第2回国会、初出日付:1948/01/27、会議録より)
無所属懇談会 (第3回国会、初出日付:1948/11/12、会議録より)
無所属懇談会 (第4回国会、初出日付:1948/12/11、会議録より)
日本共産党 (第5回国会、初出日付:1949/03/24、会議録より)
日本共産党 (第6回国会、初出日付:1949/10/31、会議録より)
日本共産党 (第7回国会、初出日付:1949/12/20、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院1期 ※参考情報)

第1回国会
文教委員会第三小委員会仮委員長議会

第5回国会
文部委員会理事議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

岩間正男[参]在籍期 : | 1期|- 2期- 4期- 5期- 6期- 7期- 8期- 9期-10期
岩間正男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 1期在籍の他の議員はこちら→ 1期参議院議員(五十音順)  1期参議院議員(選挙区順)  1期参議院統計