石黒忠篤 参議院議員
5期国会発言一覧

石黒忠篤[参]在籍期 : 2期- 3期- 4期-| 5期|
石黒忠篤[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは石黒忠篤参議院議員の5期(1959/06/02〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は5期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院5期)

石黒忠篤[参]本会議発言(全期間)
2期- 3期- 4期-| 5期|
第33回国会(1959/10/26〜1959/12/27)

第33回国会 参議院本会議 第7号(1959/11/11、5期、緑風会)

○石黒忠篤君 私は、緑風会を代表いたしまして質問いたしたいと存じます。  今日、米ソの両首脳が会談を行ないまして、これが将来いわゆる東西雪解けを来たさしめんとしつつあることは、その意義をきわめて高く評価すべきであり、これに対して多大の期待をつなぎたく考えるものであります。しかしながら、さればというて、国際共産主義固有の脅威を思うとき、直ちに安保条約廃止すべしとの主張を肯定するわけにはとうてい参らないのであります。(拍手)そこでわれわれは、今後も日米安保条約の必要を認め、その改定についての政府の中間報告に連関して、二、三、総理及び外相の意見をただし、今後の審議に資したいと考えております。  総理……

石黒忠篤[参]本会議発言(全期間)
2期- 3期- 4期-| 5期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院5期)

石黒忠篤[参]委員会統計発言一覧(全期間)
2期- 3期- 4期-| 5期|
第32回国会(1959/06/22〜1959/07/03)

第32回国会 法務委員会 第閉会後4号(1959/09/22、5期、緑風会)

○石黒忠篤君 私から北海道班の現地調査につきまして御報告を申し上げます。  この班の調査課題は、少年犯罪、めいてい犯罪、売春関係の三つでありますが、北海道班は、米田委員及び辻委員と私とが当ることになりまして、奥村調査員を伴い、八月十二日から八日間にわたって、函館、釧路、千歳及び札幌の各地において調査項百に従いまして現地調査を行なって参りました。  私は、用務の関係上八月の初句を希望したのでありますが、ほかの委員の方々の御都合で、先ほど申し上げましたようなことになりました。従って私の直接参加いたしましたのは函館、釧路の二つだけでごめんをこうむったのであります。辻委員が貫いて御調査をして下すったの……


■ページ上部へ

第33回国会(1959/10/26〜1959/12/27)

第33回国会 法務委員会 第4号(1959/11/19、5期、緑風会)

○石黒忠篤君 国連のときは大赦のように思っておりますが、そうじゃありませんか。


石黒忠篤[参]委員会統計発言一覧(全期間)
2期- 3期- 4期-| 5期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院5期)

石黒忠篤[参]委員会統計発言一覧(全期間)
2期- 3期- 4期-| 5期|
第34回国会(1959/12/29〜1960/07/15)

第34回国会 議院運営、地方行政、法務委員会連合審査会 第1号(1960/02/23、5期、参議院同志会)

○石黒忠篤君 私はごく簡単な質問を四条についていたしておきたいと存じます。  だんだんの御質問で私の伺いたいことは尽きておりますが、四条について、両院の議長は、警視総監に対して処置をとるように要請することができるということが書いてあります。必要なる措置という、どういう措置が必要かということは、これは全部警視総監の判断にまかせてあるのでありますか、これを両院議長が指定をすることがあるのでありますか、その点を提案者に伺います。
【次の発言】 この必要なる措置の中には、交通の自由を制限をするということも提案者においては考えのうちに入るという御意見でございますか。



石黒忠篤[参]委員会統計発言一覧(全期間)
2期- 3期- 4期-| 5期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

石黒忠篤[参]在籍期 : 2期- 3期- 4期-| 5期|
石黒忠篤[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 5期在籍の他の議員はこちら→ 5期参議院議員(五十音順)  5期参議院議員(選挙区順)  5期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。