吉川春子 参議院議員
13期国会活動統計

吉川春子[参]在籍期 : |13期|-14期-15期-16期-17期-18期-19期-20期
吉川春子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは吉川春子参議院議員の13期(1983/06/26〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は13期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院13期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第99回国会
(臨時:1983/07/18-1983/07/23)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第100回国会
(臨時:1983/09/08-1983/11/28)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(特別:1983/12/26-1984/08/08)
2回
5741文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第102回国会
(通常:1984/12/01-1985/06/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第103回国会
(臨時:1985/10/14-1985/12/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第104回国会
(通常:1985/12/24-1986/05/22)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第105回国会
(臨時:1986/06/02-1986/06/02)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



13期通算
(1983/06/26-)
2回
5741文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

第104回国会
労働大臣政府


吉川春子[参]本会議発言(全期間)
|13期|-14期-15期-16期-17期-18期-19期-20期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院13期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第99回国会
3回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

5回
(2回)
1回
(0回
0回)
12698文字
(0文字
0文字)

29回
(19回)
14回
(0回
0回)
58714文字
(0文字
0文字)

30回
(16回)
15回
(0回
0回)
89229文字
(0文字
0文字)

10回
(7回)
6回
(0回
0回)
36971文字
(0文字
0文字)

24回
(9回)
13回
(0回
0回)
72028文字
(0文字
0文字)


13期通算
101回
(54回)
49回
(0回
0回)
269640文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


5回
(1回)
4回
(0回
0回)
9659文字
(0文字
0文字)

5回
(1回)
2回
(0回
0回)
7279文字
(0文字
0文字)

2回
(1回)
1回
(0回
0回)
2191文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
3194文字
(0文字
0文字)


13期通算
13回
(3回)
8回
(0回
0回)
22323文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
54回
(54回)
36回
(0回
0回)
文教委員会

2位
26回
(0回)
5回
(0回
0回)
国民生活・経済に関する調査特別委員会

3位
9回
(0回)
5回
(0回
0回)
補助金等に関する特別委員会

4位
8回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
国民生活・経済に関する調査特別委員会技術革新に伴う産業・雇用構造検討小委員打合会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
逓信委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
9回
(0回)
7回
(0回
0回)
国民生活・経済に関する調査特別委員会技術革新に伴う産業・雇用構造検討小委員会

2位
1回
(1回)
1回
(0回
0回)
内閣委員会,文教委員会,社会労働委員会連合審査会

2位
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
社会労働委員会,内閣委員会,地方行政委員会,大蔵委員会,文教委員会,農林水産委員会,運輸委員会連合審査会

2位
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会,地方行政委員会,文教委員会,農林水産委員会連合審査会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

文教委員会(第99回国会)
文教委員会(第100回国会)
文教委員会(第101回国会)
文教委員会(第102回国会)
文教委員会(第103回国会)
文教委員会(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

吉川春子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|13期|-14期-15期-16期-17期-18期-19期-20期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院13期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)0本
第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)1本
第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)1本
第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)2本
第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)0本
第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)0本
第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)0本


13期通算(1983/06/26-)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第100回国会(1983/09/08〜1983/11/28)

教育の機会均等を守り、学生が安心して学び生活するための学生寮充実に関する質問

第100回国会 参議院 質問主意書 第20号(1983/11/21提出、13期、会派情報無し)
質問内容
毎年の学費値上げや公共料金引き上げ、高物価によつて、高等教育の機会均等はますますおびやかされ、学生の生活はいつそう困窮化している。全日本学生寮自治会連合が今年五月に実施した「全国寮生生活実態調査」結果をみても、寮生の家庭は、年収平均三百三十万円と低所得階層者が多く、寮生の収入も月額平均五万二千円と、下宿生の収入八万六千円(昨年十月、大学生協連調査)に比べて、かなり低収入にとどまつていることがわかる…
答弁内容
一及び二について
国立大学の学寮の運営に要する経費については、国と寮生との負担を適切に区分する必要があるが、寮生の私生活に使用する光熱水料などの経費及び寮生の食事を調整するために必要な材料費、炊事人の手間代等食費の原価を構成する直接経費は、寮生が負担すべきものである。また、学寮に現に設置されている食堂をどのような形態で運営するかについては、学寮を管理する各国立大学がこの原則をも考慮して決定すべき…

■ページ上部へ

第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

大学の婦人教員・婦人研究者の地位向上と労働条件改善に関する質問

第101回国会 参議院 質問主意書 第34号(1984/07/06提出、13期、会派情報無し)
質問内容
「国連婦人の十年」最終年を目前にひかえ、わが国においても、男女平等を真に実現するための法整備、慣行の見直しが強く求められている。特に、雇用における平等について「婦人に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」は、「すべての人間の奪い得ない権利としての労働の権利」と位置づけたうえで、婦人が婦人であるがゆえに、また、結婚や母性を理由に差別されてはならないことを明記している。これを受けてわが国において…
答弁内容
一について
昭和五十八年度の学校基本調査によれば、大学(短期大学を除く。)の教員のうち婦人教員の占める割合は、八・四パーセントであり、その職名別の内訳は、教授十五・五パーセント、助教授十八・六パーセント、講師十六・五パーセント、助手四十九・二パーセントである。この内訳を男子教員についてみると、教授三十四・五パーセント、助教授二十三・六パーセント、講師十三・一パーセント、助手二十八・三パーセントで…

■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

義務教育未修了者に対する対策と夜間中学校の充実・拡大に関する質問

第102回国会 参議院 質問主意書 第13号(1984/12/28提出、13期、会派情報無し)
質問内容
一九四七年に憲法・教育基本法による新しい教育制度が発足して以来、今日では小中学校への就学率が九九・九パーセント、高校への進学率が九四パーセントに達するなど、数字でみれば日本の教育水準は世界のトップクラスである。
また、日本国憲法の基本理念である平和と民主々義を守り発展させるためにも、教育の果たす役割は大きく、従つて、教育が等しく国民にゆきわたることの必要性は言うまでもない。
ところが、高学歴社…
答弁内容
一について
(1) 学校教育法により九年間の義務教育を受けるべき者のうち、義務教育を修了していない者の数を把握することは極めて困難であるが、学校基本調査、国勢調査報告等を基に推計してみると、約七十万人程度と考えられる。ただし、これには病弱等の事由により就学義務の猶予・免除を受けた者が相当数含まれている。
(2) 国勢調査報告による未就学者は、昭和四十五年の五十七万二千九百七十九人に対し、昭和五…

わが国の「産官学協同」問題に関する質問

第102回国会 参議院 質問主意書 第54号(1985/06/25提出、13期、会派情報無し)
質問内容
わが国の学術研究の現状は、研究者の数、研究投資の規模については、米ソにつぎ、世界第三位の地位を誇つている。しかし、その特徴として、自然科学、とりわけ工学分野に偏し、しかも応用研究や開発研究では群を抜いているが、基礎研究が極めて弱いといわれている。
今日、わが国の学術研究の基本的な課題として、その調和のとれた発展及び基礎研究の抜本的強化が関係各方面から指摘されている。
しかるに、政府の施策をみる…
答弁内容
一について
大学等における基礎研究の推進については、現下の極めて厳しい国の財政事情の下で、従来から、国立大学の教官当積算校費等及び私立大学等の経常費補助金、研究装置等施設整備費補助金等の確保に努めるとともに、国立大学の教育研究特別経費及び科学研究費補助金についても増額を図つてきたところであり、今後とも、大学等における基礎研究の推進に努めてまいりたい。
なお、大学が、本来の使命を踏まえつつ、その…

吉川春子[参]質問主意書(全期間)
|13期|-14期-15期-16期-17期-18期-19期-20期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院13期 ※参考情報)

日本共産党 (第100回国会、初出日付:1983/11/24、会議録より)
日本共産党 (第101回国会、初出日付:1984/02/15、会議録より)
日本共産党 (第102回国会、初出日付:1985/01/23、会議録より)
日本共産党 (第103回国会、初出日付:1985/11/21、会議録より)
日本共産党 (第104回国会、初出日付:1986/02/28、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院13期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

吉川春子[参]在籍期 : |13期|-14期-15期-16期-17期-18期-19期-20期
吉川春子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 13期在籍の他の議員はこちら→13期参議院議員(五十音順) 13期参議院議員(選挙区順) 13期参議院統計