吉川春子 参議院議員
14期国会活動統計

吉川春子[参]在籍期 : 13期-|14期|-15期-16期-17期-18期-19期-20期
吉川春子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは吉川春子参議院議員の14期(1986/07/06〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は14期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院14期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第106回国会
(特別:1986/07/22-1986/07/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第107回国会
(臨時:1986/09/11-1986/12/20)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第108回国会
(通常:1986/12/29-1987/05/27)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1987/07/06-1987/09/19)
1回
2659文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第110回国会
(臨時:1987/11/06-1987/11/11)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第111回国会
(臨時:1987/11/27-1987/12/12)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1987/12/28-1988/05/25)
1回
2454文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第113回国会
(臨時:1988/07/19-1988/12/28)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第114回国会
(通常:1988/12/30-1989/06/22)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



14期通算
(1986/07/06-)
2回
5113文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

第111回国会
環境庁長官政府


吉川春子[参]本会議発言(全期間)
13期-|14期|-15期-16期-17期-18期-19期-20期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院14期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第106回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

4回
(4回)
2回
(0回
0回)
11542文字
(0文字
0文字)

22回
(0回)
6回
(0回
0回)
21389文字
(0文字
0文字)

20回
(0回)
5回
(0回
0回)
25065文字
(0文字
0文字)

第110回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

8回
(0回)
2回
(0回
0回)
9119文字
(0文字
0文字)

35回
(20回)
15回
(0回
0回)
59671文字
(0文字
0文字)

22回
(6回)
10回
(0回
0回)
58599文字
(0文字
0文字)

5回
(1回)
2回
(0回
0回)
8027文字
(0文字
0文字)


14期通算
120回
(32回)
42回
(0回
0回)
193412文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第106回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

5回
(5回)
4回
(0回
0回)
9854文字
(0文字
0文字)

9回
(9回)
8回
(0回
0回)
23996文字
(0文字
0文字)

4回
(4回)
2回
(0回
0回)
4666文字
(0文字
0文字)

第110回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

2回
(2回)
1回
(0回
0回)
1342文字
(0文字
0文字)

7回
(7回)
4回
(0回
0回)
8289文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
2回
(0回
0回)
6614文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
3回
(0回
0回)
6124文字
(0文字
0文字)


14期通算
39回
(28回)
24回
(0回
0回)
60885文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
42回
(0回)
29回
(0回
0回)
内閣委員会

2位
33回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会

3位
29回
(27回)
8回
(0回
0回)
予算委員会

4位
7回
(5回)
3回
(0回
0回)
文教委員会

5位
5回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会

6位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
社会労働委員会

7位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算委員会

7位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
税制問題等に関する調査特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
37回
(27回)
22回
(0回
0回)
国民生活に関する調査会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
運輸委員会,内閣委員会連合審査会

2位
1回
(1回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

文教委員会(第106回国会)
文教委員会(第107回国会)
予算委員会(第112回国会)
予算委員会(第113回国会)
予算委員会(第114回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

国民生活に関する調査会・理事(第107回国会)
国民生活に関する調査会・理事(第108回国会)
国民生活に関する調査会・理事(第109回国会)
国民生活に関する調査会・理事(第110回国会)
国民生活に関する調査会・理事(第111回国会)
国民生活に関する調査会・理事(第112回国会)

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

吉川春子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
13期-|14期|-15期-16期-17期-18期-19期-20期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院14期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)0本
第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)0本
第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)1本
第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)0本
第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)0本
第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)0本
第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)0本
第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)1本
第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)2本


14期通算(1986/07/06-)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第108回国会(1986/12/29〜1987/05/27)

米戦闘機のミサイル落下事故に関する質問

第108回国会 参議院 質問主意書 第16号(1987/04/21提出、14期、会派情報無し)
質問内容
去る四月三日、広島・島根両県境上空を飛行中の米海兵隊岩国基地所属の戦闘機F4ファントムが同基地に帰投中、ミサイルを落下させるという重大事故が発生した。
しかるに事故発生以来二週間を経過した今なお、ミサイルは発見されておらず、その爆発の可能性が存在することから、関係地方自治体と住民はいつそう不安をつのらせているところである。
岩国基地の米軍機による事故は一九四八年以来主なものでも四十三件にものぼ…
答弁内容
一について
昭和六十二年四月三日午前九時四十五分頃、米軍機が訓練よりの帰投のため、高度約四千五百メートル、速度毎時約八百九十キロメートルで岩国飛行場に向かつて飛行中、おおむね北緯三十四度四十六分五秒、東経百三十二度二十五分五秒の地点上空で同機搭載のミサイルが落下し、ほぼ同時点に僚機パイロットにより右落下が確認されたものと承知している。
二について
ミサイルは、落下当時、推進燃料には点火されず…

■ページ上部へ

第113回国会(1988/07/19〜1988/12/28)

自衛隊・米軍の通信基地の電波障害対策等に関する質問

第113回国会 参議院 質問主意書 第13号(1988/10/11提出、14期、会派情報無し)
質問内容
全国に自衛隊の通信施設は百五十ヵ所以上あり、米軍が使用しているものを加えれば百七十ヵ所を超える通信施設がある。
埼玉県入間郡大井町にある自衛隊大井通信所周辺の家庭では、テレビの画像が二重、三重になるいわゆるゴースト現象が起こつたり、雑音が入つたり、カラーが白黒になるなどの受信障害が発生している。住民の要求により行われたNHKの調査結果並びに私に対する説明によれば、受信障害の原因は、民家上空に高い…
答弁内容
一の1について
御指摘の通信所は、我が国の防衛に必要な情報資料を作成するため、我が国の上空に飛来する各種の電波を収集整理することを任務としている。
一の2について
同通信所は、陸上幕僚監部調査部調査第二課調査別室大井通信所である。その昭和六十二年度末定員は、陸上自衛隊約七十人、海上自衛隊約十人、航空自衛隊約十人であり、自衛隊の隊員以外で勤務している者はいない。なお、これらの者の階級については…

■ページ上部へ

第114回国会(1988/12/30〜1989/06/22)

盲・聾・養護学校のプ−ル、体育館の設置に関する質問

第114回国会 参議院 質問主意書 第22号(1989/06/20提出、14期、会派情報無し)
質問内容
盲・聾・養護学校のプール、体育館は、障害児の健康・発達を維持、保障していくために、障害児にとっては、健常児にもまして重要な役割を担っていることは論を待たないところである。
しかるにそれぞれの設置は、十分とはいえない。千九百八十八年五月一日現在の設置率は、プールについては、小学校の設置校は全体の七十八・一%、中学校六十七・六%に対し、盲学校六十五・七%、聾学校六十四・五%、養護学校四十一・〇%とい…
答弁内容
一について
養護学校の水泳プール及び屋内運動場の設置については、その重要性にかんがみ、都道府県教育委員会に対し、関係諸会議その他の機会を通じて計画的に整備するよう指導を行っているところであり、今後ともその指導に努めてまいりたい。
二について
盲・聾・養護学校の水泳プールの設置の遅れている県については、特にその整備の推進について指導してまいりたい。
三について
盲・聾・養護学校の水泳プール…

「実習助手」、「寮母」の給与改善に関する質問

第114回国会 参議院 質問主意書 第23号(1989/06/20提出、14期、会派情報無し)
質問内容
「実習助手」、「寮母」は、学校教育法に基づいて高校、障害児学校に配置され、他の教員とともに児童・生徒への教育的指導や学校教育に重要な役割を担っている。
しかるに「実習助手」、「寮母」の賃金は、その役割に反して長期にわたり極めて低い水準のまま放置されてきている。
私は千九百八十五年、本院文教委員会において、盲・聾・養護学校の寄宿舎の「寮母」の実態を取り上げ、給与の改善を要求した。
その後、千九…
答弁内容
一及び四について
1 一般論としては、教育職俸給表(二)一級の改定は、職務給の原則にのっとり同表の各級間の均衡及び行政職俸給表との均衡を考慮して行うべきものであると考える。
2 平成元年の給与勧告の内容、方向性等については、言及すべき時期ではない。
二及び三について
教育職俸給表(二)級別標準職務表では、実習助手及び寮母の職務は一級とされており、二級に昇格させることは困難である。
なお、…

吉川春子[参]質問主意書(全期間)
13期-|14期|-15期-16期-17期-18期-19期-20期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院14期 ※参考情報)

日本共産党 (第107回国会、初出日付:1986/10/15、会議録より)
日本共産党 (第108回国会、初出日付:1987/02/27、会議録より)
日本共産党 (第109回国会、初出日付:1987/07/15、会議録より)
日本共産党 (第111回国会、初出日付:1987/12/08、会議録より)
日本共産党 (第112回国会、初出日付:1988/02/19、会議録より)
日本共産党 (第113回国会、初出日付:1988/07/28、会議録より)
日本共産党 (第114回国会、初出日付:1989/02/08、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院14期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

吉川春子[参]在籍期 : 13期-|14期|-15期-16期-17期-18期-19期-20期
吉川春子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 14期在籍の他の議員はこちら→14期参議院議員(五十音順) 14期参議院議員(選挙区順) 14期参議院統計