高杉廸忠 参議院議員
14期国会発言一覧

高杉廸忠[参]在籍期 : 11期-12期-13期-|14期|
高杉廸忠[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは高杉廸忠参議院議員の14期(1986/07/06〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は14期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院14期)

高杉廸忠[参]本会議発言(全期間)
11期-12期-13期-|14期|
第107回国会(1986/09/11〜1986/12/20)

第107回国会 参議院本会議 第10号(1986/11/26、14期、日本社会党)

○高杉廸忠君 ただいま議題となりました日本放送協会昭和五十九年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書並びにこれに関する説明書につきまして、逓信委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本件は、日本放送協会の昭和五十九年度決算に係るものでありまして、放送法の定めるところにより、会計検査院の検査を経て、内閣から提出されたものであります。  その概要を申し上げますと、同協会の五十九年度末における財産状況は、資産総額三千五十九億四千四百万円、負債総額千四百一億八千五百万円、資本総額千六百五十七億五千九百万円となっております。  また、当年度中の損益は、事業収入三千三百五十四億一千万円に対し……


■ページ上部へ

第108回国会(1986/12/29〜1987/05/27)

第108回国会 参議院本会議 第8号(1987/03/27、14期、日本社会党・護憲共同)

○高杉廸忠君 ただいま議題となりました承認案件につきまして、逓信委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本件は、日本放送協会の昭和六十二年度収支予算、事業計画及び資金計画について国会の承認を求めようとするものであります。  その概要を申し上げますと、まず、収支予算につきましては、事業収入、事業支出とも三千五百十五億二千万円で収支の均衡を保っておりますが、資本収支において債務償還に必要な資金の不足額を補てんするため、昭和六十一年度以前からの繰越金百五十八億八千万円のうち、百億五千万円を資本収入に繰り入れ、残余の五十八億三千万円につきましては、翌年度以降にその使用を繰り延べることとい……

第108回国会 参議院本会議 第12号(1987/05/22、14期、日本社会党・護憲共同)

○高杉廸忠君 ただいま議題となりました法律案につきまして、逓信委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、郵便事業の現状にかんがみ、利用者に対するサービスの向上を図るため、第一種郵便物及び第二種郵便物の料金の特例範囲を拡大し、専ら商品の広告等のために大量に差し出される広告郵便物については、区分差し出し、後回し処理等の条件のもとで、最高三〇%の料金割引ができることにするとともに、郵便料金の口座振替による納付を可能とする等の措置を講ずるほか、くじ引きによりお年玉等として金品を贈るくし引き番号つきの郵便切手を発行できるようにするものであります。  委員会における質疑の詳細につい……

第108回国会 参議院本会議 第13号(1987/05/25、14期、日本社会党・護憲共同)

○高杉廸忠君 ただいま議題となりました三法律案につきまして、逓信委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  まず、郵便貯金法の一部を改正する法律案は、郵便貯金の預金者の利益の増進等のため、貯金総額の制限額及び貸付金総額の制限額の引き上げ等 を行うとともに、金融自由化と適応した健全な郵便貯金事業の経営の確保に資するため、郵政大臣が金融自由化対策資金を一定の範囲で運用できるようにすること等を行おうとするものであります。  なお、本法律案は、衆議院において、施行期日を定めた附則第一条中「昭和六十二年四月一日」を「公布の日」に、また「同年十月一日」を「所得税法第九条の二の規定が改正される場合……

第108回国会 参議院本会議 第14号(1987/05/27、14期、日本社会党・護憲共同)

○高杉廸忠君 ただいま議題となりました五法律案につきまして、逓信委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  まず、簡易生命保険及び郵便年金の積立金の運用に関する法律及び簡易保険郵便年金福祉事業団法の一部を改正する法律案は、簡易生命保険等の加入者利益の向上を図るため、簡易生命保険及び郵便年金特別会計の積立金を簡易保険郵便年金福祉事業団に貸し付けることができるようにするため、同事業団をその運用範囲に加えるとともに、同事業団においてこれを借り入れて有利運用し、その利益を同特別会計に納付することができるようにするものであります。  なお、本法律案は、衆議院において、施行期日について「昭和六十……

高杉廸忠[参]本会議発言(全期間)
11期-12期-13期-|14期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院14期)

高杉廸忠[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-13期-|14期|
第106回国会(1986/07/22〜1986/07/25)

第106回国会 逓信委員会 第1号(1986/07/22、14期、日本社会党)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  開会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。  本日の本会議におきまして逓信委員長に選任されました高杉廸忠でございます。委員長としてその職責の重大さを痛感している次第でございます。  本委員会は、特にマル優廃止問題や金利自由化への郵政事業の対応、あるいは新規参入に伴う有効かつ適正な電気通信市場の形成、NTT株式の透明かつ公正な売却、放送衛星の正常な運用、国際放送の充実等幾多の課題を持っている今日であります。委員各位の御協力と御鞭撻をいただきまして、全力を尽くしてその職責を果たす所存でございます。  何とぞ皆様方の温かい御指……


■ページ上部へ

第107回国会(1986/09/11〜1986/12/20)

第107回国会 逓信委員会 第1号(1986/10/21、14期、日本社会党)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  まず、国政調査に関する件についてお諮りをいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査のため、本日の委員会に日本電信電話株式会社常務取締役・経営企画本部長草加英資君、同じく電話企画本部営業推進部長西脇達也君、同じく労働部次長和田紀夫君を参考人……

第107回国会 逓信委員会 第2号(1986/11/25、14期、日本社会党)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告をいたします。  去る十月二十二日、井上計君が委員を辞任され、その補欠として橋本孝一郎君が選任されました。
【次の発言】 次に、参考人の出席要求に関する件についてお諮りをいたします。  日本放送協会関係の付託案件の審査、郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査のうち、放送に関する事項の調査のため、日本放送協会の役職員を参考人として今期国会中、必要に応じ、随時出席を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  また、日本放送協会昭……

第107回国会 逓信委員会 第3号(1986/12/18、14期、日本社会党)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時二分散会


■ページ上部へ

第108回国会(1986/12/29〜1987/05/27)

第108回国会 逓信委員会 第1号(1987/03/26、14期、日本社会党・護憲共同)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告をいたします。  去る一月二十六日、福田幸弘君が委員を辞任されました。
【次の発言】 次に、国政調査に関する件についてお諮りをいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、参考人の出席要求に関する件についてお諮りをいたします。  日本放送協会関係の付託案件の審査、郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査のう……

第108回国会 逓信委員会 第2号(1987/05/14、14期、日本社会党・護憲共同)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  本委員会は、委員一名が欠員となっておりましたが、去る三月二十七日、新たに当選されました小川仁一君が本委員会の委員に選任されました。(拍手)
【次の発言】 次に、郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査を議題といたします。  郵政行政の基本施策について所信を聴取いたします。唐沢郵政大臣。
【次の発言】 以上で所信の聴取は終わりました。
【次の発言】 次に、郵便法及びお年玉等付郵便葉書及び寄附金付郵便葉書等の発売並びに寄附金の処理に関する法律の一部を改正する法律案を議題とい……

第108回国会 逓信委員会 第3号(1987/05/21、14期、日本社会党・護憲共同)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  まず、参考人の出席要求に関する件についてお諮りをいたします。  郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査のため、本日の委員会に日本電信電話株式会社常務取締役電話企画本部長高橋節治君を参考人として出席を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、郵政事業及び電気通信事業の運営並びに電波に関する調査のうち、郵政行政の基本施策に関する件及び郵便法及びお年玉等付郵便葉書及び寄附金付郵便葉書等の発売並びに寄附金の処理に関する法律の一部を改正する法律……

第108回国会 逓信委員会 第4号(1987/05/22、14期、日本社会党・護憲共同)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  本日、大森昭君が委員を辞任され、その補欠として小川仁一君が選任されました。
【次の発言】 次に、郵便貯金法の一部を改正する法律案、郵政官署における国債等の募集の取扱い等に関する法律案及び郵便為替法及び郵便振替法の一部を改正する法律案の三案を便宜一括して議題といたします。  これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 ちょっと速記とめて。
【次の発言】 速記起こして。  じゃ、続けてください。

第108回国会 逓信委員会 第5号(1987/05/25、14期、日本社会党・護憲共同)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告をいたします。  去る二十三日、関口恵造君が委員を辞任され、その補欠として添田増太郎君が選任されました。
【次の発言】 次に、簡易生命保険及び郵便年金の積立金の運用に関する法律及び簡易保険郵便年金福祉事業団法の一部を改正する法律案及び簡易生命保険法及び郵便年金法の一部を改正する法律案の両案を便宜一括して議題といたします。  これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 ちょっと速記とめてください。
【次の発言】 それでは速記を起こしてください。  他に御発言もなけ……

第108回国会 逓信委員会 第6号(1987/05/26、14期、日本社会党・護憲共同)【議会役職】

○委員長(高杉廸忠君) ただいまから通信委員会を開会いたします。  まず、参考人の出席要求に関する件についてお諮りをいたします。  電気通信事業法の一部を改正する法律案、放送法及び電波法の一部を改正する法律案及び電波法の一部を改正する法律案、以上三案の審査のため、本日の委員会に国際電信電話株式会社代表取締役副社長児島光雄君、日本電信電話株式会社常務取締役経営企画本部長草加英資君、同社経営企画本部営業企画部長井上秀一石及び同社電話企画本部営業推進部長西脇達也君を参考人として出席を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。


■ページ上部へ

第109回国会(1987/07/06〜1987/09/19)

第109回国会 逓信委員会 第1号(1987/07/09、14期、日本社会党・護憲共同)

○委員以外の議員(高杉廸忠君) 委員長の大変温かい御配慮をいただきましたので、この際お礼のごあいさつを申し上げたいと思います。  昨年の七月、逓信委員長に選任されまして以来、理事の皆様方、また委員の皆様方から多大な御協力を賜り、心温まる御友情をいただきまして、大過なく重責を果たすことができました。ここに改めて厚くお礼を申し上げる次第でございます。  当委員会に課せられました重要課題はたくさんあるわけでございますので、今後とも上野新委員長のもとでますます御活躍されますよう御期待申し上げますとともに、皆様方の御健勝を心からお祈りを申し上げまして、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました……


■ページ上部へ

第112回国会(1987/12/28〜1988/05/25)

第112回国会 科学技術特別委員会 第3号(1988/03/30、14期、日本社会党・護憲共同)

○高杉廸忠君 先ほど昭和六十三年度における科学技術庁の予算について御説明がありましたが、以下重要事項について順次ただしたいと思っております。  まず日米科学技術協定について伺いたいと思いますが、最初にこの協定の改定交渉の進展状況と今後の見通しについてお伺いしたいと思います。
【次の発言】 今お話がありましたが、協定の内容とか改定の中身について、交渉中ですからそれに触れてもなかなかお答えにくいと思いますね。  そこで、一般的にということでお伺いをしたいんです。これは特許庁だろうと思いますけれども、これは一般論でお答えをいただいて結構です、知的所有権の保護強化、これは極めて大事だと私は考えるんです……


■ページ上部へ

第113回国会(1988/07/19〜1988/12/28)

第113回国会 科学技術特別委員会 第2号(1988/11/09、14期、日本社会党・護憲共同)

○高杉廸忠君 参考人の方々には、大変貴重なお話をいただきましてお礼を申し上げたいと思います。  後藤先生と全く同じで、私も余り高度なお話を聞いて、実際どうだろうかというような面で二、三まず高良先生にお伺いをするんですけれども、放射光が必要であり重要なことというのはよくわかりました。しかし、光については、今レーザーの分野でもいろいろどんどん進んでいるのです。そこで伺うのですが、放射光の応用分野とレーザーの応用分野というのはどういうふうに違うのかなという点が一つですね。  それから二つ目は、先ほどすばらしい放射光というお話を伺ったのですが、放射光ですから、ある面では周辺に対する影響、これは当然出て……


高杉廸忠[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-13期-|14期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院14期)

 期間中、各種会議での発言なし。

高杉廸忠[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-13期-|14期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

高杉廸忠[参]在籍期 : 11期-12期-13期-|14期|
高杉廸忠[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 14期在籍の他の議員はこちら→14期参議院議員(五十音順) 14期参議院議員(選挙区順) 14期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。