岡部三郎 参議院議員
14期国会発言一覧

岡部三郎[参]在籍期 : 12期-13期-|14期|-15期-16期-17期
岡部三郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは岡部三郎参議院議員の14期(1986/07/06〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は14期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院14期)

岡部三郎[参]本会議発言(全期間)
12期-13期-|14期|-15期-16期-17期
第109回国会(1987/07/06〜1987/09/19)

第109回国会 参議院本会議 第8号(1987/08/28、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  大豆なたね交付金暫定措置法の一部を改正する法律案は、最近の大豆及び菜種の生産をめぐる諸情勢の変化に対処するため、基準価格の算定方式の改正等の措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、法改正の基本的考え方、基準価格及び最低標準額の算定方式の具体的内容、種類等別基準価格設定の是非、国産大豆の品質の特性、法改正が大豆及び菜種生産に与える影響、大豆の作付と価格決定の時期のあり方、大豆及び菜種の自給率の向上対策及び生産性向上のための諸施策、転作大豆及び菜種の生産振興対策、流……

第109回国会 参議院本会議 第10号(1987/09/04、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、最近における麦作をめぐる諸情勢の変化に対処して、麦の政府買い入れ価格について、生産性の向上及び品質の改善に資するように配慮しつつ、生産費その他の生産条件、需要及び供給の動向、物価等を参酌して定めようとするものであります。  委員会におきましては、参考人を招いてその意見を聴取するとともに、本法改正の基本的考え方、新しい算定方式の内容、生産性向上成果の農家への還元、現行の算定方式についての見解、農政審議会報告との関係、麦の品質改善のための施策、麦の品質改善と価格政策の関係、麦……

第109回国会 参議院本会議 第12号(1987/09/18、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、流通食品への毒物の混入等を防止するための措置等を定めるとともに、流通食品に毒物を混入する等の行為を処罰することにより、国民の生命または身体に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の平穏と安定に資することを目的とするものであります。  委員会におきましては、参考人を招いてその意見を聴取するとともに、グリコ・森永事件等の捜査状況、法律案提出に至る経緯、法律案成立後の犯罪等の抑止効果、処罰規定に係る「流通食品」「毒物」等の定義をめぐる問題と量刑の均衡、毒物混入等の届け出義務と……


■ページ上部へ

第112回国会(1987/12/28〜1988/05/25)

第112回国会 参議院本会議 第8号(1988/03/30、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、最近における外国政府による漁業水域の管理の強化等に伴う原材料の供給事情及び水産加工品の貿易事情の変化にかんがみ、現行法の有効期限を昭和六十七年度末まで五年間延長する等の措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、本法改正の基本的な考え方、改正後の水産加工施設資金制度の内容、水産加工施設資金制度が果たしてきた役割、本法を限時立法とする理由、水産加工業を振興するための施策、近海資源の生産の見通し、近海資源を利用した新技術・新製品の開発、新製品の消費を定着、拡……

第112回国会 参議院本会議 第9号(1988/03/31、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました三案件につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  まず、漁港法改正案は、水産業をめぐる情勢の変化に対応した漁港の整備を図るため、漁港施設の追加等を行おうとするものであります。  次に、漁港整備計画変更承認案件は、昭和五十七年第九十六回国会において承認を受けた漁港整備計画について、その後における水産業を取り巻く諸情勢の著しい変化等に即応して、その全部を変更することとしたので、国会の承認を求めようとするものであります。  次に、漁協合併助成法改正案は、漁協の合併の促進を図る必要性がなお存続している実情にかんがみ、昭和五十九年度末をもって……

第112回国会 参議院本会議 第15号(1988/04/27、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、林業生産基盤の整備の促進等を図るため、森林開発公団が、日本電信電話株式会社の株式の売払収入の活用による社会資本の整備の促進に関する特別措置法に定める措置を活用して、林道の開設等及びこれに要する資金の貸し付けの業務を行うことができることとするものであります。  委員会におきましては、林業の諸情勢に対する認識、林野関係公共事業の事業量の維持拡大、山村地域の振興と林業労働力の確保、森林におけるリゾート開発のあり方、森林開発公団の現状と将来の見通し、NTT資金Aタイプ事業の性格と……

第112回国会 参議院本会議 第16号(1988/05/11、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、最近における農業及びこれをめぐる諸情勢にかんがみ、農用地開発公団を農用地整備公団に改組し、現行の農畜産物の濃密生産団地の建設の業務にかえ、農用地の整備及び保全を主体とした新たな事業実施方式を創設する等の措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、公団をめぐる諸情勢の変化、公団の果たしてきた役割、行革審答申の指摘と制度改正の関係、公団の実施する新事業の内容と見通し、現行事業の今後のあり方、公団職員の身分の安定、入植農家の経営状況、公団が実施するNTTプロジ……

第112回国会 参議院本会議 第17号(1988/05/13、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、最近における中小漁業者の漁業事情等の推移に即応して漁業共済事業の健全かつ円滑な運営を図るため、漁業協同組合の組合員である中小漁業者が漁獲共済に関する規約を定めた場合には、その漁業協同組合が共済契約を締結することができるようにするために必要な措置等を講じようとするものであります。  委員会におきましては、参考人を招いてその意見を聴取するとともに、漁業共済制度の位置づけと改正案の基本的考え方、加入率低迷の原因と加入促進対策としての漁協契約方式導入の効果、漁業共済事業推進体制の……

第112回国会 参議院本会議 第19号(1988/05/20、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、最近における農業をめぐる情勢その他の社会経済情勢の推移にかんがみ、工業に加え、新たに道路貨物運送業、倉庫業、こん包業及び卸売業についてその農村地域への導入を積極的かつ計画的に促進するための措置を講ずるとともに、広域の見地から農村地域への工業等の導入を促進するための制度を整備する等の措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、参考人を招いてその意見を聴取するとともに、農村地域への工業導入の実績、農村雇用及び農業構造改善に及ぼした影響、社会資本整備対策、新対……

第112回国会 参議院本会議 第20号(1988/05/25、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本法律案は、昭和六十三年度における農林漁業団体職員共済組合法の年金の額について、昭和六十二年の消費者物価の対前年上昇率を基準として引き上げを行おうとするものであります。  委員会におきましては、今回の改正の基本的考え方と今後のあり方、公的年金一元化の方向、年金財政の将来見通し等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知を願います。  質疑終局の後、採決の結果、本法律案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、御報告いたします。(拍手)

岡部三郎[参]本会議発言(全期間)
12期-13期-|14期|-15期-16期-17期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院14期)

岡部三郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
12期-13期-|14期|-15期-16期-17期
第106回国会(1986/07/22〜1986/07/25)

第106回国会 科学技術特別委員会 第1号(1986/07/22、14期、自由民主党・自由国民会議)

○岡部三郎君 私は、委員長に伏見康治君を推薦することの動議を提出いたします。


■ページ上部へ

第107回国会(1986/09/11〜1986/12/20)

第107回国会 科学技術特別委員会 第1号(1986/09/11、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 私は、委員長に伏見康治君を推薦することの動議を提出いたします。


■ページ上部へ

第108回国会(1986/12/29〜1987/05/27)

第108回国会 科学技術特別委員会 第1号(1986/12/29、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 私は、委員長に伏見康治君を推薦することの動議を提出いたします。

第108回国会 科学技術特別委員会 第2号(1987/05/15、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 委員派遣について、その概要を御報告申し上げます。  派遣地は兵庫県、大阪府及び京都府でありまして、派遣期間は、一月十三日及び十四日の二日間であります。派遣委員は伏見委員長、出口理事、稲村理事、塩出理事、木宮委員、佐藤委員及び私の七名であります。また、派遣先は三菱電機株式会社伊丹LSI研究所、大阪大学細胞工学センター、大阪大学レーザー核融合研究センター、株式会社ミドリ十字中央研究所細胞工学センター、サントリー株式会社サントリー研究センター及び株式会社島津製作所であります。  以下、調査の概要について申し上げます。  三菱電機株式会社伊丹LSI研究所では会社の沿革及び概況説明の後、超……


■ページ上部へ

第109回国会(1987/07/06〜1987/09/19)

第109回国会 科学技術特別委員会 第2号(1987/08/26、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 笛木先生にちょっとお伺いをしたいのですが、今早川先生からも非常に夢のあるお話がありまして、国民の期待も非常に高いものがあると思うのですが、一方で、一昨日でしたか、NHKの番組で東大の田中先生の、今いろいろ言われておる高温超電導物質はもうそのほとんどが再現性がないんだというお話を聞いたんですけれども、どうも我々素人は、成分もわかっており、あるいは構造もある程度わかっておる、あるいはその条件も全部わかっておるにもかかわらず再現性がないということは一体どういうことなのか。また、その再現性がないということになれば、これは実際にそういう現象が起きたということの証明もできないわけですね。これ……

第109回国会 農林水産委員会 第1号(1987/07/09、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。  去る六日の本会議におきまして農林水産委員長に選任され、その重責を痛感しておるところであります。  御案内のように、大変に農林水産業をめぐる情勢、厳しい時期でございます。また、それだけに農林水産施策に対する要望もいろいろ強いものがあるわけでございます。  こうしたことにこたえるためにも、本委員会の運営に当たりまして先生方の御指導、御協力を得まして公正かつ円滑な運営に努めてまいりたい、かようにも存じておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いをいたしたいと思います。(拍手)  この際、……

第109回国会 農林水産委員会 第2号(1987/07/30、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨二十九日、高杉廸忠君が委員を辞任され、その補欠として田渕勲二君が選任されました。
【次の発言】 次に、農林水産政策に関する調査を議題といたします。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時より再開することとし、休憩いたします。    午後零時六分休憩
【次の発言】 ただいまから農林水産委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、農林水産政策に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。

第109回国会 農林水産委員会 第3号(1987/08/25、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る七月三十日、鈴木和美君及び田渕勲二君が委員を辞任され、その補欠として、八百板正君及び高杉廸忠君が選任されました。
【次の発言】 大豆なたね交付金暫定措置法の一部を改正する法律案を議題といたします。  まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。加藤農林水産大臣。
【次の発言】 次に、補足説明を聴取いたします。浜口農蚕園芸局長。
【次の発言】 本案に対する質疑は後日に譲ります。  本日はこれにて散会いたします。    午後一時八分散会

第109回国会 農林水産委員会 第4号(1987/08/27、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨日、高杉廸忠君及び八百板正君が委員を辞任され、その補欠として渡辺四郎君及び鈴木和美君が選任されました。
【次の発言】 大豆なたね交付金暫定措置法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては、既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後一時十五分まで休憩いたします。    午後零時二十一分休憩

第109回国会 農林水産委員会 第5号(1987/09/01、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。去る八月二十七日、渡辺四郎君が委員を辞任され、その補欠として高杉廸忠君が選任されました。  また、去る八月二十八日、鈴木和美君及び永田良雄君が委員を辞任され、その補欠として八百板正君及び北修二君が選任されました。
【次の発言】 食糧管理法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案につきまして、お手元の名簿にございます参考人の方々から御意見を拝聴いたしたいと存じます。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中のところ本委員会に御出席く……

第109回国会 農林水産委員会 第6号(1987/09/03、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨日、大塚清次郎君が委員を辞任され、その補欠として永田良雄君が選任されました。
【次の発言】 食糧管理法の一部を改正する法律案を議題とし、前回に引き続き質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後一時まで休憩いたします。    午後零時二十四分休憩
【次の発言】 ただいまから農林水産委員会を再開いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、高杉廸忠君及び八百板正君が委員を辞任され、その補欠として山本正和君……

第109回国会 農林水産委員会 第7号(1987/09/10、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る三日、永田良雄君が委員を辞任され、その補欠として大塚清次郎君が選任されました。  また、去る四日、鈴木和美君及び山本正和君が委員を辞任され、その補欠として八百板正君及び高杉廸忠君が選任されました。  また、昨日、高杉廸忠君が委員を辞任され、その補欠として及川一夫君が選任されました。
【次の発言】 次に、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  流通食品への毒物の混入等の防止等に関する特別措置法案の審査のため、本日の委員会に参考人として、お手元の名簿にございます……

第109回国会 農林水産委員会 第8号(1987/09/17、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る十日、及川一夫君が委員を辞任され、その補欠として高杉廸忠君が選任されました。  また、去る十一日、本岡昭次君が委員を辞任され、その補欠として八百板正君が選任されました。
【次の発言】 流通食品への毒物の混入等の防止等に関する特別措置法案を議題といたします。  本案については、既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 質疑の途中ですが、この際、委員の異動について御報告いたします。  ただいま高杉廸忠……

第109回国会 農林水産委員会 第9号(1987/09/18、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  本日、八百板正君が委員を辞任され、その補欠として一井淳治君が選任されました。
【次の発言】 流通食品への毒物の混入等の防止等に関する特別措置法案を議題とし、昨日に引き続き質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 ただいま下田君から提出されました動議を議題とし、採決を行います。  本動議に賛成の方の挙手を願います。
【次の発言】 少数と認めます。よって、下田君提出の動議は否決されました。  それでは、本案について質疑を終局することに賛成の方の挙手を願……


■ページ上部へ

第110回国会(1987/11/06〜1987/11/11)

第110回国会 農林水産委員会 第1号(1987/11/10、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る九月二十二日、一井淳治君及び山本正和君が委員を辞任され、その補欠として八百板正君及び高杉廸忠君が選任されました。
【次の発言】 この際、佐藤農林水産大臣及び吉川農林水産政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。佐藤農林水産大臣。
【次の発言】 吉川農林水産政務次官。
【次の発言】 次に、国政調査及び継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、従来どおり、農林水産政策に関する調査を行うこととし、今期国会閉会中も継続して調査を行うため、本……


■ページ上部へ

第111回国会(1987/11/27〜1987/12/12)

第111回国会 農林水産委員会 第1号(1987/12/09、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る十一月十九日、坂野重信君が委員を辞任され、その補欠として星長治君が選任されました。
【次の発言】 次に、国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、農林水産政策に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、農林水産政策に関する調査を議題といたします。  まず、先般本委員会が行いました農林水産業の実情調査のための委員派遣につき、派遣委員の報告を聴取……

第111回国会 農林水産委員会 第2号(1987/12/10、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、請願の審査を行います。  第五一号農林業における改良普及事業交付金の一般財源化反対に関する請願外四件を議題といたします。  速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  これらの請願につきましては、理事会で協議いたしました結果、第五一号農林業における改良普及事業交付金の一般財源化反対に関する請願外二件は、採択すべきものにして、内閣に送付するを要するものとし、第六〇号良質米奨励金の現行水準確保に関する請願外一件は保留とすることに意見が一致いたしました。  つきましては、理事会の協議のとおり決定するこ……


■ページ上部へ

第112回国会(1987/12/28〜1988/05/25)

第112回国会 農林水産委員会 第1号(1988/03/01、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る十二月二十六日、高杉建忠君が委員を辞任され、その補欠として一井淳治君が選任されました。
【次の発言】 次に、国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、農林水産政策に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、農林水産政策に関する調査を議題といたします。  昭和六十三年度農林水産行政の基本施策について、農林水産大臣から所信を聴取いたします。佐藤農……

第112回国会 農林水産委員会 第閉会後1号(1988/07/07、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る五月二十五日、山口哲夫君が委員を辞任され、その補欠として菅野久光君が選任されました。  また、去る六月三日、峯山昭範君が委員を辞任され、その補欠として刈田貞子君が選任されました。
【次の発言】 次に、理事の辞任についてお諮りいたします。  及川順郎君から、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  この際、理事の補欠選任を行いたいと存じます。  理事の……

第112回国会 農林水産委員会 第2号(1988/03/22、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  農林水産政策に関する調査のため、本日の委員会に日本中央競馬会副理事長犬伏孝治君を参考人として出席を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、農林水産政策に関する調査のうち、昭和六十三年度農林水産行政の基本施策に関する件を議題といたします。  本件につきましては、前回既に説明を聴取いたしておりますので、これより質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。

第112回国会 農林水産委員会 第3号(1988/03/24、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農林水産政策に関する調査のうち、畜産物等の価格安定等に関する件を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後三時まで休憩いたします。    午後零時二十九分休憩
【次の発言】 ただいまから農林水産委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、農林水産政策に関する調査のうち、畜産物等の価格安定等に関する件を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 諫山君、時間ですので。

第112回国会 農林水産委員会 第4号(1988/03/25、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  原材料の供給事情の変化に即応して行われる水産加工業の施設の改良等に必要な資金の貸付けに関する臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては、既に趣旨説明を聴取しておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後一時まで休憩いたします。    午前十一時四十四分休憩
【次の発言】 ただいまから農林水産委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、原材料の供給事情の変化に即応して行われる水産加工業の施設の改良等に必……

第112回国会 農林水産委員会 第5号(1988/03/28、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る二十六日、久保田真苗君及び本岡昭次君が委員を辞任され、その補欠として八百板正君及び一井淳治君が選任されました。
【次の発言】 この際、御報告いたします。  去る二十五日、予算委員会から、二十八日及び三十一日の二日間、昭和六十三年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、農林水産省所管、農林漁業金融公庫について審査の委嘱がありました。  この際、本件を議題といたします。  佐藤農林水産大臣から説明を求めます。佐藤農林水産大臣。

第112回国会 農林水産委員会 第6号(1988/03/31、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  昭和六十三年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、農林水産省所管、農林漁業金融公庫を議題といたします。
【次の発言】 この際、御報告いたします。  理事会協議の結果、本日予定しておりました本委員会の委嘱審査は、年度末の日切れ法案等の審査のため、やむを得ず行わないこととし、去る二十八日の一日のみといたしました。  つきましては、この委嘱審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第112回国会 農林水産委員会 第7号(1988/04/15、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る一日、渡辺四郎君、内藤功君、永田良雄君及び二木秀夫君が委員を辞任され、その補欠として八百板正君、下田京子君、浦田勝君及び大塚清次郎君がそれぞれ選任されました。
【次の発言】 次に、森林開発公団法の一部を改正する法律案を議題といたします。  まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。佐藤農林水産大臣。
【次の発言】 本案に対する質疑は後日に譲ります。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時三十九分散会

第112回国会 農林水産委員会 第8号(1988/04/21、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  森林開発公団法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては、既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後一時まで休憩いたします。    午後零時四分休憩
【次の発言】 ただいまから農林水産委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、森林開発公団法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 他に御発言もなければ、本案に対する質疑は終局した……

第112回国会 農林水産委員会 第9号(1988/04/26、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農用地開発公団法の一部を改正する法律案を議題といたします。  まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。佐藤農林水産大臣。
【次の発言】 次に、補足説明を聴取いたします。松山構造改善局長。
【次の発言】 本案に対する質疑は後日に譲ります。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時十分散会

第112回国会 農林水産委員会 第10号(1988/04/28、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農用地開発公団法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては、既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後一時まで休憩いたします。    午前十一時二十八分休憩
【次の発言】 ただいまから農林水産委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、農用地開発公団法の一部を改正する法律案を議題とし質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。

第112回国会 農林水産委員会 第11号(1988/05/10、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農用地開発公団法の一部を改正する法律案を議題とし、前回に引き続き質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 他に御発言もなければ、本案に対する質疑は終局したものと認めて御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、これより討論に入ります。  御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。
【次の発言】 他に御意見もなければ、討論は終局したものと認めて御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、これより採決に入ります。  農用地開発公団……

第112回国会 農林水産委員会 第12号(1988/05/12、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  漁業災害補償法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては、既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後一時三十分まで休憩いたします。    午後零時十二分休憩
【次の発言】 ただいまから農林水産委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、漁業災害補償法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。

第112回国会 農林水産委員会 第13号(1988/05/17、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨日、初村滝一郎君が委員を辞任され、その補欠として遠藤政夫君が選任されました。
【次の発言】 次に、農村地域工業導入促進法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案につきましてお手元の名簿にございます参考人の方々から御意見を拝聴いたしたいと存じます。  この際、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は御多用なところを本委員会に御出席をいただきましてまことにありがとうございました。  本日は、農村地域工業導入促進法の一部を改正する法律案につきまして、……

第112回国会 農林水産委員会 第14号(1988/05/19、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨日、大塚清次郎君が委員を辞任され、その補欠として永田良雄君が選任されました。
【次の発言】 農村地域工業導入促進法の一部を改正する法律案を議題とし、前回に引き続き質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 他に御発言もなければ、本案に対する質疑は終局したものと認めて御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、これより討論に入ります。  御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。――別に御発言もないようですから、……

第112回国会 農林水産委員会 第15号(1988/05/24、14期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(岡部三郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る十九日、永田良雄君が委員を辞任され、その補欠として大塚清次郎君が選任されました。
【次の発言】 昭和六十二年度における農林漁業団体職員共済組合法の年金の額の改定の特例に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては、既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 質疑の途中ですが、この際、委員の異動について御報告いたします。  ただいま、菅野久光君及び刈田貞子君が委員を辞任さ……


■ページ上部へ

第113回国会(1988/07/19〜1988/12/28)

第113回国会 農林水産委員会 第1号(1988/08/02、14期、自由民主党)

○岡部三郎君 一言ごあいさつを申し上げたいと思います。  昨年の七月以来、ほぼ一年間にわたりまして当委員会の委員長をさせていただきました。この間御案内のように、日本の農林水産業をめぐる環境はまことに厳しいものがございまして、当委員会におきましてもまさに問題山積の時期でございました。ちょうど調査捕鯨の問題に始まりまして十二品目あるいは牛肉・かんきつの自由化問題、さらに今年度米価の決定と、さまざまな問題がございました。また、法律も数多く出されたわけでございますが、何とか円滑な運営を図ることができました。これはひとえに皆様方の御指導、御協力のたまものでございまして心から厚く御礼を申し上げる次第でござ……


岡部三郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
12期-13期-|14期|-15期-16期-17期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院14期)

 期間中、各種会議での発言なし。

岡部三郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
12期-13期-|14期|-15期-16期-17期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

岡部三郎[参]在籍期 : 12期-13期-|14期|-15期-16期-17期
岡部三郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 14期在籍の他の議員はこちら→14期参議院議員(五十音順) 14期参議院議員(選挙区順) 14期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。