荒井広幸 参議院議員
23期国会活動統計

荒井広幸[参]在籍期 : 20期-21期-22期-|23期|
荒井広幸[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは荒井広幸参議院議員の23期(2013/07/21〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は23期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院23期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第23回国会
(臨時:1955/11/22-1955/12/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



23期通算
(2013/07/21-)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


荒井広幸[参]本会議発言(全期間)
20期-21期-22期-|23期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院23期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


4回
(0回)
1回
(0回
0回)
5124文字
(0文字
0文字)

12回
(0回)
7回
(0回
0回)
42381文字
(0文字
0文字)

28回
(0回)
17回
(0回
0回)
80462文字
(0文字
0文字)

8回
(0回)
4回
(0回
0回)
18419文字
(0文字
0文字)

第188回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

66回
(0回)
48回
(0回
0回)
165255文字
(0文字
0文字)

26回
(0回)
20回
(0回
0回)
71900文字
(0文字
0文字)


23期通算
147回
(0回)
97回
(0回
0回)
383541文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
1094文字
(0文字
0文字)

第188回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
3回
(0回
0回)
6531文字
(0文字
0文字)

4回
(0回)
2回
(0回
0回)
3878文字
(0文字
0文字)


23期通算
11回
(0回)
6回
(0回
0回)
11503文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
69回
(0回)
45回
(0回
0回)
経済産業委員会

2位
23回
(0回)
22回
(0回
0回)
予算委員会

3位
21回
(0回)
15回
(0回
0回)
我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会

4位
8回
(0回)
3回
(0回
0回)
原子力問題特別委員会

4位
8回
(0回)
4回
(0回
0回)
地方・消費者問題に関する特別委員会

6位
6回
(0回)
3回
(0回
0回)
政府開発援助等に関する特別委員会

7位
5回
(0回)
1回
(0回
0回)
行政監視委員会

8位
3回
(0回)
2回
(0回
0回)
内閣委員会

9位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会

9位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
財政金融委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
8回
(0回)
3回
(0回
0回)
国の統治機構に関する調査会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会公聴会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
憲法審査会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

荒井広幸[参]委員会統計発言一覧(全期間)
20期-21期-22期-|23期|

■ページ上部へ

質問主意書(参議院23期)

質問主意書提出数

 期間中に提出した質問主意書なし。※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

国会と特定秘密保護法案に関する質問主意書

第185回国会 参議院 質問主意書 第65号(2013/11/18提出、23期、会派情報無し)
質問内容
本年十月二十五日に国会に特定秘密の保護に関する法律案(以下「本法案」という。)が提出された。特定秘密保護のための法制度は、我が国の社会、国民の安全を確保するため必要なものであり、先進各国においても整備されていることから、法制化自体には賛意を表するが、時期的に拙速、内容が未消化のままであってはならない。このため、今国会成立にはこだわらず、丁寧な議論を経て修正を加え、次期通常国会の早期に成立させるべき…
答弁内容
一並びに二の1、3及び4について
特定秘密の保護に関する法律案(以下「本法案」という。)が施行され、国会において、特定秘密を保護するために必要な措置が講じられることとなれば、国家の重大な利益に悪影響を及ぼすものではないとして、国会法(昭和二十二年法律第七十九号)第百四条第三項又は議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律(昭和二十二年法律第二百二十五号)第五条第三項の内閣の声明を出すことなく、…

■ページ上部へ

第187回国会(2014/09/29〜2014/11/21)

原子力損害賠償紛争解決センターによる死亡慰謝料の算定に関する質問主意書

第187回国会 参議院 質問主意書 第14号(2014/10/02提出、23期、会派情報無し)
質問内容
東京電力福島第一原子力発電所事故(以下「原子力事故」という。)に係る賠償については、原子力損害の賠償に関する法律(以下「原賠法」という。)第十八条に基づき、文部科学省に設置された原子力損害賠償紛争審査会(以下「原賠審」という。)が策定する「東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針」等(以下「中間指針」という。)に基づき、原則、被害者と東京電力株式…
答弁内容
一及び二について
平成二十六年八月二十日に、原子力損害の賠償に関する法律(昭和三十六年法律第百四十七号)第十八条第二項第一号に規定する原子力損害賠償紛争審査会の和解の仲介の手続(以下「和解仲介手続」という。)を実施するための組織として設けられた原子力損害賠償紛争解決センター(以下「センター」という。)において調査を行ったところ、複数の職員が毎日新聞のホームページに公開されているものと同じ文書(以…

団体信用生命保険に関する質問主意書

第187回国会 参議院 質問主意書 第15号(2014/10/02提出、23期、会派情報無し)
質問内容
団体信用生命保険は、主として長期の返済期間が設定される住宅ローンの債務者(借り手)を被保険者として加入するものであり、債務者が返済途中で死亡又は高度障害となった場合に、生命保険会社から金融機関に対し支払われる保険金により、ローンの残債務等が弁済されるという仕組みを提供する保険商品である。
しかし、住宅ローンを利用する一般の消費者から見た場合、その商品設計や具体的な取扱いに関して不透明な部分が極め…
答弁内容
一の1及び2について
住宅ローンの貸出金利は、資金調達コストや信用コストその他のコスト、市場の動向などを踏まえて、各金融機関が経営判断として決定している。団体信用生命保険料もコストの一要素ではあるが、同保険料は、各金融機関における住宅ローン債務者全体の状況を勘案して、金融機関ごとに設定されているものであり、個々の住宅ローン債務者ごとに設定されているわけではないものと承知している。
一の3につい…

原子力損害賠償紛争解決センターによる死亡慰謝料の算定に関する再質問主意書

第187回国会 参議院 質問主意書 第26号(2014/10/16提出、23期、会派情報無し)
質問内容
私が平成二十六年十月二日に提出した「原子力損害賠償紛争解決センターによる死亡慰謝料の算定に関する質問主意書」(第百八十七回国会質問第一四号)に対する十月十日付けの答弁書(内閣参質一八七第一四号)(以下「答弁書」という。)が提出された。
答弁書では、平成二十六年八月三十日付け毎日新聞朝刊が報じた原子力損害賠償紛争解決センター(以下「センター」という。)の内部文書の存在を政府が認めたが、その文書の性…
答弁内容
一について
政府が当事者でない個別の民事訴訟について見解を述べることは差し控えたい。
二について
原子力損害の賠償に関する法律(昭和三十六年法律第百四十七号)第十八条第二項第一号に規定する原子力損害賠償紛争審査会の和解の仲介の手続(以下「和解仲介手続」という。)は、仲介委員(原子力損害賠償紛争審査会の組織等に関する政令(昭和五十四年政令第二百八十一号)第七条の二第二項に規定する仲介委員をいう…

■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

大麻草の医療研究および使用に関する質問主意書

第190回国会 参議院 質問主意書 第100号(2016/04/14提出、23期、会派情報無し)
質問内容
昨年より医療用大麻の研究について、政府に世界の実態調査と、その研究の必要性を提言してきた。
これらを踏まえて以下質問する。
一 一九四八年の時点で、大麻取締法第三条および第四条で医師による研究禁止および患者の使用禁止を定めた医学的根拠はあったのか。大麻取締法の制定経緯を踏まえて明らかにされたい。
二 海外では、医療用大麻が合法化され、患者が使用できる国や地域が増えている。それに伴い、使用した…
答弁内容
一について
大麻取締法(昭和二十三年法律第百二十四号)は第二回国会における審議を経て成立したものであり、同法第三条及び第四条の規定は、大麻は医薬品として安定した効果が期待できず、濫用のおそれがあり、かつ、幻覚等の有害作用があることを踏まえ設けられたものであると承知している。
二について
御指摘の「大麻草由来の成分」及び「医療効果」の意味するところが必ずしも明らかではないが、医療に用いられる医…

大麻草の医療研究および使用に関する再質問主意書

第190回国会 参議院 質問主意書 第160号(2016/06/01提出、23期、会派情報無し)
質問内容
私が先日提出した「大麻草の医療研究および使用に関する質問主意書」(第百九十回国会質問第一〇〇号)に対する答弁書(内閣参質一九〇第一〇〇号)では、はっきりしていないことが多いので再びお尋ねする。
欧米諸国を中心に大麻草の医療効果が注目され、先進国G10の中で日本以外の国では医療用大麻の研究および使用を合法化している。ドイツ保健大臣は、本年五月に、来年からドイツは医療用大麻使用を認める方針と表明した…
答弁内容
一から四までについて
お尋ねについては、先の答弁書(平成二十八年四月二十二日内閣参質一九〇第一〇〇号。以下「前回答弁書」という。)一についてから三についてまででお答えしたとおりである。
五について
御指摘の「大麻草およびカンナビノイドの基礎研究」であって「国の予算を使ったもの」については、例えば、平成二十一年度から平成二十三年度までにかけて、厚生労働科学研究費補助金を受けた研究である「がん性…

荒井広幸[参]質問主意書(全期間)
20期-21期-22期-|23期|
■ページ上部へ

会派履歴(参議院23期 ※参考情報)

新党改革・無所属の会 (第184回国会、初出日付:2013/10/07、会議録より)
新党改革・無所属の会 (第185回国会、初出日付:2013/11/05、会議録より)
新党改革・無所属の会 (第186回国会、初出日付:2014/03/04、会議録より)
新党改革・無所属の会 (第187回国会、初出日付:2014/10/16、会議録より)
新党改革・無所属の会 (第189回国会、初出日付:2015/02/03、会議録より)
新党改革・無所属の会 (第190回国会、初出日付:2016/01/18、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院23期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

荒井広幸[参]在籍期 : 20期-21期-22期-|23期|
荒井広幸[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 23期在籍の他の議員はこちら→23期参議院議員(五十音順) 23期参議院議員(選挙区順) 23期参議院統計



■著書
2020年10月新刊