愛知治郎 参議院議員
23期国会発言一覧

愛知治郎[参]在籍期 : 19期-20期-21期-22期-|23期|-24期
愛知治郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは愛知治郎参議院議員の23期(2013/07/21〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は23期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院23期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
愛知治郎[参]本会議発言(全期間)
19期-20期-21期-22期-|23期|-24期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院23期)

愛知治郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
19期-20期-21期-22期-|23期|-24期
第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 外交防衛委員会 第7号(2013/11/21、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) 御指摘いただいた使用料の水準なんですけれども、これは全体的なことをしっかり、様々な面、検討してから考えて決定していかなければいけないと考えております。  この具体的な内容についてはまさに検討中でありますけれども、国の事務及び事業の円滑な運営を目的とする国家公務員宿舎制度の趣旨に鑑み、使用料の引上げが自衛隊の即応態勢の維持等公務に支障をもたらすことがないように適切に対応してまいりたいと考えております。特に、御指摘のように、使用料の過度の引上げにより多くの退去者が発生し宿舎設置の趣旨が損なわれる事態とならないよう、円滑な実施に向け検討してまいりたいと考えております。

第185回国会 外交防衛委員会 第10号(2013/12/03、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  先日もこの点について御議論をいただきました。  まず、そもそも論で恐縮でありますけれども、改めてお答え申し上げたいと存じますが、国家公務員宿舎については国家公務員宿舎法というのがありまして、この法律の中で、この法律は、国が国家公務員等に貸与する宿舎の設置並びに維持及び管理に関する基本的事項を定めてその適正化を図ることにより、国家公務員等の職務の能率的な遂行を確保し、もって国等の事務及び事業の円滑な運営に資することを目的とするという法律が定められております。  また、使用料に関してなんですけれども、当該規定に基づき、建設費用の償却額、修繕費、地代……

第185回国会 決算委員会 第1号(2013/11/25、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  不用についてなんですけれども、これは財務の立場として一言お答えをさせていただきたかったんですが、不用の中には、町づくりなど地元の調整に時間が掛かっていることが不用の要因であるものが多く、調整をしなければいけませんが、いずれ必要となってくるものであることから、不用が生じたからといって必ずしも新たな歳出に回すことができるものではないということを御理解をいただきたいと思います。  その上でなんですが、御指摘いただいた、まさにおっしゃるとおりでありまして、私も地元被災地、また特に仮設住宅での生活を余儀なくされている被災者の皆さんのお話を伺っております。……

第185回国会 財政金融委員会 第1号(2013/10/31、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) この度、財務副大臣を拝命いたしました愛知治郎でございます。  財務副大臣としての重責を果たすべく、大臣の御指示を仰ぎつつ、古川副大臣とともに職務の遂行に全力を傾注してまいる所存でございます。  塚田委員長を始め委員の皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願いを申し上げます。

第185回国会 財政金融委員会 第2号(2013/11/07、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  御指摘の法人に対して課される所得税の付加税である復興特別所得税の額については、復興特別法人税の課税期間においては復興特別法人税の額から控除されることとされております。これは復興特別法人税と復興特別所得税の二重課税を排除するという趣旨で設定されております。  今御指摘のとおりでありますが、現行制度によりますと、復興特別法人税の課税期間終了後は復興特別法人税の還付手続を行っていただく必要がございます。これについては、確かに実務において生ずる事務費負担について配慮すべきとの声があることは承知しておりますので、これからどのようなことができるか、しっかり……

第185回国会 財政金融委員会 第3号(2013/11/14、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  御指摘のとおり、特別会計における剰余金及びまた一般会計からの特別会計への繰入額についてのお話がありましたが、これはしっかりと管理をしていかなければいけないと考えております。  特別会計における毎年の剰余金については、その発生原因を十分に見極めて、歳出予算の見積りに可能な限り反映させるなどの対応を現在でも行っているところであります。また、一般会計から特別会計への繰入れについても、予算編成過程において必要性等を精査した上で繰入れを実施しているところでもございます。  今後とも、財政健全化の観点を十分に踏まえつつ、適正に対応してまいりたいと存じます。

第185回国会 財政金融委員会 第5号(2013/11/28、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  御指摘いただいたとおり、先般策定した経済政策パッケージにおいては、御指摘の所得拡大促進税制を拡充することや、政労使会議において経済の好循環実現に向けた共通認識の醸成を政労使間で図ることに加えて、もう一点ですが、若者や女性を含めた雇用拡大、賃上げ促進のための措置を講ずるところとしたところであります。御指摘のとおりであります。  この若者、女性を含む雇用拡大や処遇改善については、現在でも雇用創出基金事業やキャリアアップ助成金など事業を行っておりまして、こういった事業の活用も視野に入れつつ検討をしてまいりたいと考えております。  ただし、先ほど大臣か……

第185回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号(2013/12/04、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) この度、復興副大臣を仰せ付かりました愛知治郎でございます。  地震・津波災害からの復興に関する事項を担当いたします。  九月一日現在でありますけれども、いまだに二十三万七千九百八十七人もの方々がみなしを含めた仮設住宅における暮らしを余儀なくされております。その方々の日常の生活を一日でも早く取り戻すべく、根本大臣をお支えして、全身全霊を傾けて取り組んでまいりますので、蓮舫委員長を始め理事、委員各位の皆様方の御理解と御協力を何とぞよろしくお願いを申し上げます。
【次の発言】 お答えを申し上げます。  この御指摘の問題については本来厚生労働省の所管でありまして、先ほど和田委員……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 決算委員会 第3号(2014/04/07、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  先生御指摘いただいた部分なんですけれども、消費税が非課税とされている社会保険診療においては、医療機関等が医薬品を仕入れる際に支払う消費税分は診療報酬により手当てされているところであります。御指摘のとおりであります。また、社会保険診療については、本年四月からの消費税率の引上げにおいても、医療機関等の実態調査、これを行い、それに基づき、診療報酬において必要財源を確保するとともに、できるだけ多くの医療機関等に手当てされるように対応しているものと承知をしております。  いずれにしても、今後なのでありますが、税制抜本改革法において医療に係る課税の在り方に……

第186回国会 決算委員会 第6号(2014/04/28、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  様々な政策、実行しているところでありますけれども、その中で、平成二十六年度の税制改正において、先生御指摘いただいた政策、例えば生産性の向上につながる設備投資や研究開発投資を増やすための投資優遇税制の創設、拡充を行いました。また、給与支給額を増やした企業への税制優遇の拡充、いわゆる所得拡大促進税制の拡充であります。また、大企業も含め、飲食費の五〇%を損金算入可能とする交際費課税の緩和など、企業による設備投資、賃金支払、消費を増やすための次元の異なる政策を導入したところでございます。  また、御指摘いただきました法人課税の在り方を考えるに当たっては……

第186回国会 決算委員会 第7号(2014/05/12、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  基本的には文科省でしっかりと議論をして方向性を示していくと思うんですけれども、これからお互いに情報交換をしながらしっかり議論していきたいと考えております。
【次の発言】 重要な点を御指摘いただいたと考えております。国税当局といたしましては、平成二十七年度以降の課税ベース拡大を見据えまして、相続税になじみのない方々も相続税の仕組みや申告手続などを理解していただけるように様々な対応策を検討しているところでございます。  まず、相続税の申告の要否、これを納税者自身がチェックできるように、国税庁のホームページに相続税の仕組みの分かりやすい解説、また遺産……

第186回国会 決算委員会 第8号(2014/05/19、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  会計検査院による決算の検査の過程で、例えば、御指摘いただきましたけれども、各府省の物品報告書や債務に関する計算書の計数について誤謬や不適切な処理がある旨の指摘を受けることはございます。そうした場合に、指摘を受けた各府省と会計検査院との間で指摘の趣旨やこれまでの計数処理の考え方等についてやり取りが繰り返される中で関連書類の是正改善が適切に行われて、正確な決算書類が確定していくものと理解をしております。  決算書類の是正改善の影響額全体を把握してこれを明らかにしたらどうかということだと思うんですが、今申し述べさせていただいたように、是正改善は会計検……

第186回国会 決算委員会 第9号(2014/05/26、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  先生、本日財務大臣のみということだったんですが、個別具体的な話もございますので、私からお答えをさせていただきたいと存じます。  附則百四条に示された検討課題については、平成二十二年度以降の年度改正法や税制抜本改革法により措置を講じてきたところであります。  具体的に申し上げますと、例えば個人所得課税については、平成二十四年度及び平成二十六年度改正において給与所得控除の見直し、平成二十五年度改正において最高税率の引上げ等の措置を講じてきたところでございます。そのほかにも、平成二十二年度改正において年少扶養控除の廃止、特定扶養控除縮減、二十三年度改……

第186回国会 決算委員会 第10号(2014/06/09、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  定義、通告いただければ正確な定義をお話しさせていただいたんですが、単純に、その年に使わなかった予算と考えております。

第186回国会 国土交通委員会 第18号(2014/06/03、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  あくまでもこれは一般論でお答えさせていただきたいんですが、被災地における防潮堤の建設については、現地において比較的発生頻度の高い津波を想定しつつ、地元の市町村によるまちづくりの議論などを踏まえ、海岸管理者である県などが適切に定めるものであると承知をしております。  ただし、その海岸管理者においては、まちづくりの将来を見据え、真に必要な投資としていただくとともに、将来のメンテナンス費用についても十分検討していただく必要があると考えております。したがって、主に国土交通省など関係省庁からも必要な助言や支援を行っていくことが重要であると考えております。……

第186回国会 財政金融委員会 第3号(2014/03/13、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) 今回の消費税の引上げに際しては、低所得者の皆さんに与える負担を緩和する観点から、補正予算については低所得者の皆さん、これは市町村住民税非課税世帯約二百四十万の方々に対してになるんですが、一人当たり一万円の簡素な給付措置を実施することとなっております。その際、先ほどお話にありました年金特例水準解消の影響にもこれは配慮をさせていただきまして、年金受給者の皆さんに対しては一人当たり五千円を加算することとしております。こうした取組により、消費税引上げに際して年金受給者の皆さんを中心とした消費意欲の減退に対応することとしております。  また一方で、御下問にありました年金生活者の皆……

第186回国会 財政金融委員会 第4号(2014/03/17、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  まず、鶴保委員におかれましては、国交副大臣として観光立国の推進に力を入れてこられたということで、また本件に関しても大変熱心に取り組んでこられたと承知しております。このことについて敬意を表させていただきたいと存じます。  今御指摘いただいた点なんですけれども、観光立国の推進から、平成二十六年度与党税制改正大綱において、現行制度における免税対象物品に飲食料品や化粧品等の消耗品を追加するとともに、免税手続の簡素化等を行うこととし、もって観光立国の推進に資するという政策をこれから実行していく予定であります。

第186回国会 財政金融委員会 第5号(2014/03/18、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) 御下問ありましたEUでの金融取引税なんですけれども、EUにおいては、現在、EU域内における株式や債券等の取引に課税する金融取引税の導入が検討されているものと承知しております。  昨年二月になんですけれども、EU事務局が公表した案によれば、金融取引税の導入目的は、EU域内における金融取引に関する税制の調和を図ること、二点目は近年の金融危機に係る財政負担において金融セクターにも公正な負担を求めることであります。三番目といたしまして、不健全な投機的取引等を抑制すること、この三つが挙げられておるところであります。
【次の発言】 先ほども申し上げさせていただきましたけれども、まさ……

第186回国会 財政金融委員会 第10号(2014/05/20、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えさせていただきます。  消費税の総額表示義務ですね、分かりにくいということで、これは消費者の利便性の観点から導入されたんですが、先生御指摘のとおりに、税抜き価格ではレジで請求されるまで最終的に幾ら払えばいいのか分からない、また、税抜き表示のお店と税込み表示のお店で価格の比較がしづらいといった問題がありまして、この総額表示義務は元々平成十六年四月から実施をされているものであります。しかしながら、今般の消費税率の引上げに当たっては、事業者と消費者双方の視点から、消費税転嫁対策特別措置法によりまして平成二十九年三月三十一日までの間の時限的な取扱いを定めているところでござ……

第186回国会 財政金融委員会 第11号(2014/06/19、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) 大塚先生から度々御指摘をいただいている基金について、改めて改革案の検討状況等々について御質問をいただきました。  この基金については、国が支出した資金が年度を超えて保有されることになるため、それを設けることの必要性について十分に精査をするとともに、所管大臣の監督の下、執行状況等を適切に管理していくことがやはり重要だと考えております。  このため、これまでも基金シートの作成等を通じ、執行状況等を公表してきたところであります。改めて申し上げますが、基金シートでは、事業概要、基金設置年度及び基金残高といった情報を公開しているとともに、この公表内容等について、適宜、行政改革推進……

第186回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第4号(2014/03/18、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  御質問のあった、これは貨幣交換差減補填金だと思うんですけれども、各府省の外貨支払等について、円安等により予算上のレートと実際の為替レートとの間で差額が生じ予算が不足する場合にこれを補填するものであります。  平成二十五年度については、一般会計全体での執行見込額を申し上げれば八百四十九億円となっております。
【次の発言】 御指摘をいただきました米国や一部の国際開発金融機関において石炭火力への公的支援を厳格化している動きがあるということは承知をしております。一方で、石炭火力発電の海外展開については、昨年五月に決定されたインフラシステム輸出戦略におき……

第186回国会 総務委員会 第1号(2014/02/07、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えさせていただきます。  本補正予算は、消費税引上げを本年四月に控えておりまして、それに伴う反動減の緩和と成長軌道への早期の復帰を目的として編成したものであり、施策の内容も来年度前半に需要効果拡大を発揮するものに重点化をしております。この点については御理解をいただいていると思います。  ただ一方で、御指摘いただいた基金なんですけれども、まず、この中で基金の積み増しも行っております。ただし、これは、来年度以降まで事業が継続し、各年度の所要額が見込み難いといった施策のうち、本年四月以降早期に効果を発揮するものやその後の経済の成長力の底上げにつながると思われるものに限定し……

第186回国会 農林水産委員会 第7号(2014/04/08、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) メダルについて御質問をいただきました。  平成十年に開催された長野五輪冬季大会の入賞メダルは、長野五輪組織委員会の決定により、当時の大蔵省造幣局が製造した、金属部分と木曽漆器を組み合わせたものとなっております。この写真のとおりでございます。  平成三十二年に開催を予定されている東京五輪の入賞メダルについても、これまでの五輪と同じく、メダルの大きさ、素材、デザイン等の形式については東京五輪組織委員会において検討され、国際五輪委員会、IOCの承認を得て決定をされることとなっております。また、メダルの製造受注先についても東京五輪組織委員会において決定されるものと承知をしており……

第186回国会 予算委員会 第8号(2014/03/06、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。細かい数字もございますので、私からお答えさせていただきたいと存じます。  国税庁の民間給与実態統計調査によれば、一年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は、一九九七年を一〇〇とした場合、二〇一二年の指数は八七、金額ベースでいいますと、一九九七年が四百六十七万円、二〇一二年が四百八万円となっております。  また、財務省の法人企業統計年次別調査によれば、資本金一千万円以上の金融業、保険業を除く企業の配当金は、一九九七年度を一〇〇とした場合、二〇一二年度の指数は三三一、金額でいいますと、一九九七年は四・二兆円、二〇一二年度は十三・九兆円となっております。……

第186回国会 予算委員会 第9号(2014/03/07、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) 一般会計予備費の使用状況についてお尋ねがありましたので、お答えします。  二十一年度については六百二十六億円、二十二年度については千六百四十九億円、二十三年度については七百四十八億円、二十四年度については千百三十二億円、二十五年度については、本日現在でありますけれども、二百五十四億円となっております。

第186回国会 予算委員会 第14号(2014/03/19、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) アマゾンの日本における売上額と納税額について御下問ありましたけれども、申し訳ありません、個別の事項についてはお答えを差し控えさせていただきたいと存じます。

第186回国会 予算委員会 第15号(2014/03/20、23期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(愛知治郎君) お答えを申し上げます。  消費税引上げ分、五%引上げ分のうちの国の一般会計に入ってくる三・八%部分を機械的に除いて試算をした場合の税収は、二〇二〇年において、税収弾性値を二とした場合なんですけれども六十七・九兆円、税収弾性値を三とした場合には八十二・三兆円となっております。
【次の発言】 国債費について、積算金利についてお尋ねがございました。  国債費については、予算額が不足する事態やそうした懸念を市場に招くことがないよう、十分な予算計上を行う必要があります。そうした観点から、積算金利については、予算編成時における一定期間の実勢金利の水準を見つつ、また過去に金利が急上昇……


■ページ上部へ

第187回国会(2014/09/29〜2014/11/21)

第187回国会 財政金融委員会 第3号(2014/10/28、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 おはようございます。自民党の愛知治郎でございます。  私、この財政金融委員会に長く所属しておるんですが、久々の質問の機会をいただきました。どうぞよろしくお願いいたします。  また、ちょっと後で質問させていただきたかったんですが、財務副大臣にも来ていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。  日銀総裁にお伺いしますが、より専門的な質疑、議論というのは、私の後に、これは与野党問わず、この財政金融委員会、専門家ぞろいですから、その先生方がしっかりと議論をされると思いますので、私はポイントを絞ってお話、お伺いをさせていただきたいと思います。  まずは、短期国債、これについてお伺いを……


■ページ上部へ

第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第3号(2015/07/28、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 自民党の愛知治郎です。どうぞよろしくお願いをいたします。  いよいよ平和安全法制、この参議院の審議の場にやってまいりました。そこで、最初なんですけれども、まずこの審議に当たっての総理の姿勢についてお伺いをしたいと思います。  衆議院でこの法案、百十六時間もの審議がなされております。政府案の内容については既に相当様々な点について審議がなされているとは思いますが、しかしこれは何度でも忍耐強く丁寧な説明、特に国民の皆さん一人でも多くの方に理解をいただけるようにしっかりと審議をしていかなければいけないと思いますが、その点についての総理の認識についてまずお伺いをしたいと思います。

第189回国会 財政金融委員会 第8号(2015/04/23、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 おはようございます。自民党の愛知治郎です。よろしくお願いをいたします。  さて、黒田総裁、大変お忙しい中だと思いますけれども、この日銀報告に対する質疑というのも、積み残しもございますので、しっかりとした議論をさせていただきたいと思います。御協力をいただきたいと思います。  本日は、景気、経済の動向全般についての議論をさせていただきたかったんですが、その本題に入る前に一点お伺いをしたいと思います。セキュリティーについてであります。  昨日、総理官邸の屋上にドローンが落下したという報を聞きまして、私も驚きましたけれども、物騒な世の中になったなと思うことと、また、こういった民主主義に対……

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第4号(2015/04/06、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 自民党の愛知治郎でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  この時期は統一地方選挙があるので、先生方は多分地元で東奔西走、大変忙しく応援等活動されているとは思うんですが、その中で私に今日の質問の白羽の矢が立ったということなんですけれども、実を言いますと、私の出身県であります宮城県においては、今回の統一地方選、統一の時期には、この時期には行われておりません。といいますのも、忘れもしないあの四年前の大震災のときに、とてもじゃないけれども、ちょうどこの時期だったんですけれども、地方選挙をしている状況ではなかったので、全て日程をずらして、例えば仙台市議会議員選挙に関しては夏、県議会……

第189回国会 予算委員会 第2号(2015/02/02、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 自民党の愛知治郎でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  大分時間が押しているようでありますけれども、冒頭、まず一言申し上げさせていただきます。マスコミ等の報道でイスラム国と呼ばれております、イラク、シリア地域で活動する野蛮で愚かで卑劣なテロ集団ISILについてであります。  私も、昨日の後藤さんの殺害の一報を聞いて、大変ショックを受けました。後藤さんの出生地は宮城県仙台市だということで聞いておりますが、殊更に深い悲しみを覚える次第であります。後藤さんと湯川さんの御冥福を心からお祈りを申し上げる次第であります。  一方で、このISILの行為を決して許してはならないと、そう……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 財政金融委員会 第12号(2016/05/12、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 おはようございます。自民党の愛知治郎でございます。  まず、冒頭でありますけれども、この度の熊本地震によってお亡くなりになられた皆様方に心から御冥福を申し上げますとともに、被災された皆様方に一日も早い復旧復興を成し遂げられるように、またお見舞いを申し上げる次第であります。  我々も、東日本大震災で全国から本当に多くの皆様方の御支援をいただいた、そのことを忘れておりません。こういうとき、大変なときこそ力を合わせてこういった問題を乗り切っていかなければいけないと、そう考えております。  また、黒田総裁におかれましては、被災地に対する支援、先ほどおっしゃってくださいました。しっかりと取……

第190回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第5号(2016/04/13、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 自民党の愛知治郎でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  時間も限られておりますので、早速質問に移らさせていただきたいと存じます。  あの震災からもはや五年と一か月が経過しました。あっという間なようでもありますし、非常に長い期間たったなという感じもいたします。  今日は、改めて、現状について、また世の中の皆さんの見方について等々、基本的なことについて質問させていただきたいと思います。  最初なんですが、現状について。今現在仮設住宅にお住まいの皆様方、どれぐらいいるのか、改めて伺いたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございます。五年たって十三万八千七百九人もの方々がい……


愛知治郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
19期-20期-21期-22期-|23期|-24期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院23期)

愛知治郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
19期-20期-21期-22期-|23期|-24期
第187回国会(2014/09/29〜2014/11/21)

第187回国会 憲法審査会 第1号(2014/09/29、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 会長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第187回国会 憲法審査会 第2号(2014/10/22、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 自由民主党の愛知治郎でございます。  私にとってこの審査会は初めて、前に憲法調査会では議論させていただいたんですが、この審査会は初めて参加をさせていただくことになりました。各会派の皆さん、各委員の皆さん方の基本的な考え方ということで、御意見を拝聴させていただきました。非常に勉強になりましたし、これからもしっかりとした議論をしなくちゃいけないなと思います。  私は自民党でありますから、自民党であるからというわけではないんですけれども、改憲論者であります。が、自民党の中でもやはりいろいろな議論がある。どういった分野について高い関心を持っているか、様々な議論をずっとなされてきたところで……

第187回国会 憲法審査会 第3号(2014/11/12、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 自民党の愛知治郎でございます。  本日は、憲法と参議院というテーマで意見交換を行い、我々参議院憲法審査会の委員がまさに参議院議員として憲法問題についてどう考え、参議院憲法審査会がどう取り組むべきか、より具体的な議論を展開していただきたいということで御要望を申し上げたところ、そのように開催をしていただいたところでございます。  この「憲法と参議院について」でありますが、我々は平成二十四年に日本国憲法改正案を策定、提案をしております。今回は、この中からの国会の中から、参議院に関係する内容を中心に憲法草案の主要な規定のポイント及び今後の憲法議論の方向性について述べ、今後の議論の参考にし……


■ページ上部へ

第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 憲法審査会 第2号(2015/03/04、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 ありがとうございます。自由民主党の愛知治郎でございます。  本日は、百地参考人、水島参考人、お忙しいところをお越しいただきまして、本当にありがとうございます。  私、自由民主党の当審査会の筆頭幹事をしております。冒頭、水島参考人、ちょっと誤解あるとこれは困りますので、はっきり申し上げておきますが、報道等で安倍総理が来年の参議院選挙後に改正云々という話が伝わっているようでありますが、私は、あえて申し上げますと、自民党の執行部からも官邸からもそのような指示とか要請は一切受けておりません。報道等がありましたので執行部にも確認をして、どうなんですかと聞いたら、これは純粋に国のため国民のた……

第189回国会 憲法審査会 第4号(2015/09/07、23期、自由民主党)

○愛知治郎君 自由民主党の愛知治郎であります。  自由民主党を代表して、二院制について発言をいたします。  自民党では、日本国憲法制定の経緯、その後の時代の変遷とともに生じる現実との乖離から、解釈では乗り越えられない限界など、様々な現行憲法の矛盾点が示されているところから、平成二十四年に日本国憲法改正草案を策定、提案しております。  参議院自民党としては、今春より政策審議会において将来を見据えた参議院の在り方の検討を開始し、参議院議員選出のための選挙制度のあるべき姿とともに、中長期的に将来的な参議院の在り方についての主要なテーマを検討してまいりました。今回は、参議院自民党としての二院制について……



愛知治郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
19期-20期-21期-22期-|23期|-24期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

愛知治郎[参]在籍期 : 19期-20期-21期-22期-|23期|-24期
愛知治郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 23期在籍の他の議員はこちら→23期参議院議員(五十音順) 23期参議院議員(選挙区順) 23期参議院統計



■著書
2020年10月新刊