舟山康江 参議院議員
25期国会発言一覧

舟山康江[参]在籍期 : 21期-22期-24期-|25期| 今期は集計中です。
舟山康江[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは舟山康江参議院議員の25期(2019/07/21〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院25期)

舟山康江[参]本会議発言(全期間)
21期-22期-24期-|25期|
第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第204回国会 参議院本会議 第6号(2021/02/03、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党・新緑風会の舟山康江です。  会派を代表し、新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案について、反対の立場から討論いたします。  まずは、法案の内容についての問題を指摘します。  今回の特措法等改正は、これまでの感染拡大防止対策が行き詰まった結果、特措法改正はコロナ収束後という方針を政府は年末に大転換し、苦し紛れに改正にかじを切ったのだと理解しています。しかし、感染拡大防止の実効性を高めるどころか、幾つもの点からむしろ混乱と分断を拡大するものであり、大問題です。  第一の問題は、店舗や事業の休業や時短など、国民や事業者に様々な制限を強いる一方で、それに伴……

舟山康江[参]本会議発言(全期間)
21期-22期-24期-|25期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院25期)

舟山康江[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-24期-|25期|
第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 外交防衛委員会 第8号(2019/12/03、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 おはようございます。立憲・国民.新緑風会・社民の舟山康江でございます。いよいよこの条約の審議も佳境を迎えておりますので、今日は、昨日の通告の際にお願いしたとおり、全て大臣で答弁をお願いしたいと思っております。  早速ですけれども、配付資料を御覧いただきたいと思います。  これは昨年九月の日米首脳会談、そして日米共同声明が出された後の茂木大臣のぶら下がり会見の発言でありますけれども、ここにありますとおり、茂木大臣は、今回のこの協定ですね、FTAではございません、あくまで物品貿易に限定されたものと発言をされております。そういった中で、TAGと当初随分強調をされておられました。  そこ……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 国土交通委員会 第2号(2020/03/05、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 委員派遣について御報告申し上げます。  去る二月十九日、二十日の二日間、国土の整備、交通政策の推進等に関する実情調査のため、沖縄県を訪問いたしました。  派遣委員は、田名部委員長、酒井理事、朝日理事、伊藤理事、武田理事、室井委員及び私、舟山の七名であります。  以下、調査の概略を御報告いたします。  初日は、まず、那覇海上保安部に赴き、停泊中のPLH型巡視船「おきなわ」を視察しました。船内では、第十一管区海上保安部に係る尖閣諸島周辺海域を含む広大な担任水域における領海警備体制や救難活動への対応等の主要業務などについて説明を聴取いたしました。視察当日は、四隻の大型の中国公船が尖閣諸……

第201回国会 国土交通委員会 第4号(2020/03/18、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 舟山康江でございます。  今日は、まず近海中規模漁船の海技士の乗組基準の見直しについてお伺いいたします。  船舶の運航に当たりましては、その大きさによって資格が当然必要となっています。大体大きな区切りが二十トンということで、二十トン以上が大型、二十トン未満が小型ということでそれぞれ資格があると。海技免許、操縦免許というふうになっております。  お配りした資料を御覧いただきたいと思います。二〇一八年六月十五日に、規制改革実施計画の中に、この免許をめぐりまして、近海、百海里以内を操縦する中規模の漁船の機関に関する業務の内容について、まず国交省と水産庁が協力して実態を調査し、その結果及……

第201回国会 国土交通委員会 第7号(2020/03/27、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 私は、ただいま可決されました土地基本法等の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・国民の声、立憲・国民.新緑風会・社民、公明党及び日本維新の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     土地基本法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 新たな土地についての基本理念や、土地所有者等の責務等について周知徹底を図るとともに、あわせて、土地の所有者が、その所有する土地に関する登記手続その他の権利関係の明確化及び当該土地の境界の明確化等の……

第201回国会 国土交通委員会 第9号(2020/04/07、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 舟山康江でございます。  私は、ただいま可決されましたマンションの管理の適正化の推進に関する法律及びマンションの建替え等の円滑化に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・国民の声、立憲・国民.新緑風会・社民、公明党及び日本維新の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     マンションの管理の適正化の推進に関する法律及びマンションの建替え等の円滑化に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講じ、その運用に万全を期すべきである。  一 本法に基づく管理計画認……

第201回国会 災害対策特別委員会 第閉会後2号(2020/08/26、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 立憲・国民.新緑風会・社民の舟山康江でございます。  令和二年七月豪雨は、梅雨前線の停滞によりまして、九州地方と、その後、岐阜、長野を中心に甚大な被害をもたらした後、東北地方に移動いたしまして、ちょうど前回の本特別委員会が開催された日の夜から山形県を中心に豪雨をもたらし、大きな傷痕を残したと、こんな状況であります。  六月十七日に国会が閉会をいたしまして、今年は新型コロナ感染症の問題で本当に議論をしなければいけない問題がたくさんあり、さらに、こうした長雨による、まさに昨日、激甚災害に指定されたわけでありますけれども、これだけの災害があったわけですから、随時、連日しっかりと議論をし……

第201回国会 総務委員会 第16号(2020/06/02、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 舟山康江でございます。引き続き、会派を代表して質問をさせていただきます。  まず、今年の春の叙勲等についてお聞きしたいと思います。  毎年春と秋の二回、国や公共のために功労のあった方、社会の各分野において優れた行いのあった方などに対し、国としてその功績や業績を表彰するために栄典制度が設けられております。そして、その栄誉のしるしとして勲章や褒章が授与されます。勲章はおおむね四千人、褒章は八百人に授与されておりますが、通常、大綬章は宮中において陛下から、重光章は宮中において総理から、その他の勲章や褒章は各府省大臣等から受章者に直接伝達、その後、受章者は勲章、褒章を着用し、配偶者同伴で……

第201回国会 予算委員会 第11号(2020/03/16、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○舟山康江君 国民民主党・新緑風会の舟山康江でございます。  まず、新型コロナウイルス感染症の広がりに伴う金融市場の混乱についてですね。  実は、国際金融市場が不安定な様相を呈していると、我が国の為替相場も非常に不安定だということで、実は今日、黒田総裁、黒田日銀総裁にお越しいただくようお願いをしていたわけでありますけれども、理事会のさなか、八時五十分に、急に行けなくなったという、こんな連絡がございました。  実は今日、黒田総裁には、今のこの状況、もうずっと、特に日本の株式市場が二月の中下旬からずっと続落ということです。そしてまた、ニューヨーク市場でも二月下旬に値を下げて、アメリカでは少し利下げ……


■ページ上部へ

第203回国会(2020/10/26〜2020/12/05)

第203回国会 農林水産委員会 第閉会後1号(2020/12/08、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  今日は、畜産物等の価格安定等に関する件という議題でございますので、畜産絡みで私からも、アキタフーズグループから吉川元農林水産大臣への現金提供疑惑などについてまずお聞きしたいと思います。  いろんな方が大臣室に要望に行くというのは、これは普通な話だと思います。先ほど高橋委員も大臣に要望に行かれたと、そんな話をされていましたし、いろんな団体、業界の方がやはりこういった要望をしに行くというのは普通のことだと思うんですね。  そういう中で、これ、行った行かないというのは隠すことでもないと思うんですけれども、先ほどもやり取りありましたこの秋田代表が大臣……

第203回国会 農林水産委員会 第2号(2020/11/17、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  まずは、大臣、副大臣、政務官、御就任おめでとうございます。  まずは、先週の所信表明についてお聞きしたいと思います。  大臣、所信におきまして、強い農林水産業と美しく活力ある農山漁村を実現してまいりたいとされましたけれども、強いとは何を指すのでしょうか。
【次の発言】 今大臣御答弁いただきました。やはり、競争力だけではなくて持続可能性だというお答えがありました。  今、これ、先ほど森委員からもありましたけれども、いわゆる官邸農政と言われていた方向性の中では、とかく規模拡大とか競争力強化だけが強調されるような、そのような農政にちょっと偏っていた……

第203回国会 農林水産委員会 第3号(2020/11/24、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  私からは、まず、先ほど郡司委員からも言及がありましたけれども、今年三月に取りまとめました食料・農業・農村基本計画の内容について質問をさせていただきます。  先ほども指摘がありましたけれども、この基本計画は食料・農業・農村基本法に基づいて五年ごとに十年先を見据えた計画ということで、まさにいろんな外部から、何ちゃら会議とかってありますけれども、やはりこの基本計画が中心だということはこれ否定ができないんだと思っております。  そういう中で、今回の基本計画には、中小・家族経営の重要性が明記されたと考えております。これまではどちらかというと規模拡大とか……

第203回国会 農林水産委員会 第4号(2020/11/26、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江です。  今回の種苗法改正案ですけれども、もう既に何人かの委員の方からも御指摘がありましたけれども、今回の法改正で何がどうなるのか、目的とか影響がよく分からないというところがやはり大きいのかなと私も思っています。  元々、今回の改正で自家増殖が全て禁止になると、そういった報道が広がりました。その後、いや、一切禁止ではなくて許諾制なんだというところは大体広がっているような気がするんですけれども、それによって種代が上がる、農業経営に負担が大きくのしかかると、こんな声もありました。更に言えば、育成者権者の保護というところで、多国籍企業に種子を牛耳られるんではないか、……

第203回国会 農林水産委員会 第5号(2020/12/01、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  今回のこの種苗法改正案につきましては、衆議院、参議院とこれまで多くの議論を重ねてきたと思っています。ただ、いまだに多くの懸念が聞かれるというのも事実だと思っています。  改めて、この懸念について確認したいと思います。前回の当委員会での参考人質疑でも、村上参考人から、なぜ農民が種を取ってはいけないのかとの根本的な疑問が呈されました。また、地域に伝わる伝統種や在来種といった固有種を育て、その種子を自家採種して使い続けることが生物多様性を農地に取り戻すために最も効果的な方法と主張されております。  まずこの点ですね、農民が種を取ってはいけないのかと……

第203回国会 農林水産委員会 第6号(2020/12/03、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  今日は、法案に関する質疑の前に、昨日から新聞紙上、報道をにぎわしておりますアキタフーズグループから吉川元農林水産大臣が現金を受け取ったと、この疑惑についてお聞きしたいと思います。  まず、野上大臣にお聞きします。  野上大臣は、アキタフーズの関係者と面識はあるでしょうか。そしてまた、過去にパーティー券の購入や何らかの金品の提供を受けたことがあるでしょうか。
【次の発言】 ありがとうございます。  ということは、当然、大臣就任後も特にないということだと思います。ありがとうございます。  報道によりますと、吉川元大臣は刑法における賄賂罪の中の受託……

第203回国会 予算委員会 第2号(2020/11/06、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党・新緑風会の舟山康江でございます。  早速質問に入らせていただきます。  菅総理は、所信表明演説におきまして、「バブル崩壊後、最高の経済状態を実現したところで、新型コロナウイルスが発生しました。」と発言されました。最高の経済状態とは何を指すんでしょうか。
【次の発言】 パネル一を御覧いただきたいと思います。(資料提示)  確かに、雇用が増えた、総雇用者所得は増えたということだと思いますけれども、この実質賃金ですね、一人当たり、一人一人ですけれども、一人一人、この実質賃金が大きく減少しています。これは何ででしょうか。


■ページ上部へ

第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第204回国会 議院運営委員会 第閉会後2号(2021/07/08、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  東京都に四回目の緊急事態宣言発令を決めましたが、まず、前回四月二十五日の緊急事態宣言の効果について、東京と大阪を比較してお聞きしたいと思います。  大阪では、四月下旬の感染爆発後、緊急事態宣言下で急激に減少に転じた一方で、東京では、緊急事態宣言発令後も増え続けて、減少に転じたのは発令から二十日後ですね。さらに、最後、底を打つ前に解除したということで、僅か一か月で再拡大しております。  ここから読み取れることは何でしょう。何が大阪の状況と東京の状況を変えたのか、見解をお聞きします。
【次の発言】 いや、それは、緊急事態宣言出せば動きが止まります……

第204回国会 議院運営委員会 第閉会後7号(2021/09/09、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  まず、今回、また緊急事態宣言の延長ということですけれども、かなり長引く中で皆さん疲れているというふうに思います。  そして、菅総理は、総裁選不出馬会見の際に、感染拡大を防止するために専念したいとおっしゃったわけで、本来やっぱりこの場にきちんと出てきて説明していただきたい、答えていただきたいと思っているんですけれども、そこが大変残念だなというふうに思っております。  その上で、今回の延長に当たりましては、医療逼迫の状況を今まで以上に重視したということですけれども、やはり病床確保をしっかりしていくことの必要性が今まで以上に大きくなっているんだと思……

第204回国会 決算委員会 第5号(2021/04/26、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  私からは、新型コロナの感染拡大に伴って行われました学校の休校、オンライン授業等について、大臣の見解を中心としてお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  昨年の二月二十七日に突如として発表された学校の一斉休校要請、これは教職員や保護者も含めて教育現場に大混乱を引き起こしただけではなくて、三か月間もの学習の遅れという重大な結果を招きました。教科学習のほか、部活動などの課外活動や、文化祭、修学旅行といった学校行事などの体験の機会の喪失は、学習面にとどまらない、子供たちの発達に大きな影を落としたと考えております。  それでも、感染抑止……

第204回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2021/04/09、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  震災から十年が経過をいたしました。これまで震災からの復興ということで様々な取組が行われてまいりましたが、やはり復興の主役は被災者だと考えております。  そういう中におきまして、いまだに避難を余儀なくされている方々がまだたくさんおられるという現状があります。避難者の数は、発災直後は約四十七万人でありましたけれども、復興庁が毎月公表している調査によりますと、今年三月現在で約四万一千人。減少はしているものの、まだまだたくさんおられると、こんな状況であります。そのうち約八割強は福島からの避難者という状況です。  まず、復興庁にお聞きしますけれども、避……

第204回国会 農林水産委員会 第2号(2021/03/16、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  まず、今朝のニュースでしたので通告してありませんけれども、私からも米国産牛肉のセーフガード発動について質問をさせていただきたいと思います。  これ、日米貿易協定によって関税率が下がっていくということも含めて、米国産の牛肉輸入量に対する懸念は以前からありました。協定前からも我々懸念を申し上げてまいりましたし、直後からかなり牛肉の輸入量が増えているという、そんな状況でもありましたので、今回のセーフガード発動は懸念が現実となったという思いで受け止めております。  それを受けまして、野上大臣、今日の閣議後記者会見で、発動しても国民生活に大きな影響があ……

第204回国会 農林水産委員会 第3号(2021/03/22、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  私からはまず、先ほどの大臣からの予算説明の第四番目に位置付けられていました農業農村整備事業に関し、その施工業者の選定基準についてお伺いしたいと思います。  実は、これ地元から相談を受けた案件なんですけれども、こういった農業農村整備事業、当然生産条件の改善を目的として事業が行われるわけですけれども、例えば、事業後、ぬかるみがひどくて機械が入れなくなってしまったとか、それから客土用の土が石ころだらけで農作業に支障があったとか、納品が遅れたとか、いろんな問題を耳にいたします。残念ながら、特定の業者でそういった問題を起こしているという事例を耳にしてお……

第204回国会 農林水産委員会 第5号(2021/03/25、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  ちょっと質問の順番を変えまして、まず森林環境譲与税の算定基準の見直しについてからお聞きいたします。  元々、森林環境税及び森林環境譲与税の目的は、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保するということでありました。木材の利用もさることながら、やっぱり元々は森林整備なんですね。  そういう中におきまして、森林環境譲与税の配分をめぐっては、いろんな議論がありました。私も予算委員会とか農林水産委員会とかいろんなところで取り上げさせていただきましたけれども、人口割りの比率が高過ぎる余りに本当に森林整備に必要なところに回らずに、人口の多いところの方に多……

第204回国会 農林水産委員会 第7号(2021/03/30、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 おはようございます。国民民主党の舟山康江でございます。  早速質問に入らせていただきます。  本特措法案は、平成十四年に制定され、約二十年近くが経過をしております。そういう中で、今回、有明海及び八代海等の再生は道半ばということで延長を行うというものと聞いておりますけれども、対象となる地域におきまして、まず、何が改善され、何がまだ足りないのか、出口はどこか、これについて、まずは提出者から説明をいただきたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございました。  この事業を所掌する農林水産省としては、今の現状、今後の見通し等をどのようにお考えでしょうか。

第204回国会 農林水産委員会 第8号(2021/04/13、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江です。  今日は、先ほど高橋委員からも問題として取り上げておられましたけれども、みどりの食料システム戦略についてまずお聞きしたいと思います。  ただ、問題意識共有というついでで言いますと、米問題についても、私も全く今同じ思いで今年の米の今後の行方を心配していると、こんな状況です。以前の質問でも取り上げました。やはり米が過剰になるんではないか、こういった心配が現場各地で声が聞こえてまいります。そういう中で、これまた前回、私も指摘をさせていただきましたし、山田委員、またそして今日の高橋委員からもありました。もはやもう現場任せでは限界じゃないかということだと思ってい……

第204回国会 農林水産委員会 第9号(2021/04/20、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。よろしくお願いします。  今回の改正法案は、農業法人投資育成事業の対象法人につき、現行法から大幅に拡充して、林業、漁業を営む法人や輸出事業者等が追加されることとなったというものだと理解しております。  先ほど漁業の話、また林業の話がありましたけれども、私からは、まずは輸出が加わったということで、輸出全般について、今の現状をお聞きしたいと思います。  政府は、農林水産物・食品の輸出拡大に向けまして、政権交代直後、二〇一三年に農林水産業・地域の活力創造プランにおきまして、二〇二〇年に輸出額を一兆円に倍増するという計画を決定をしております。翌年には、こ……

第204回国会 農林水産委員会 第10号(2021/04/27、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  私からは、外国資本による水源林などの森林買収の実態についてお聞きしたいと思います。  政府は今国会におきまして、重要施設周辺等及び国境離島など重要土地の利用調査及び利用制限に関する法案を、先月、国会提出すべく閣議決定をしております。この中には水源林というものは入っておりませんけれども、ただ、やはりこの外国資本による森林買収に関する問題はもうかれこれ十数年前からかなり課題となっておりまして、今農水省でも調査を進めているということであります。そういった問題意識から、平成二十三年には森林法も改正をして、一定程度、土地の売買についての届出義務を課すと……

第204回国会 農林水産委員会 第11号(2021/05/11、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  法案の質疑に入る前に、果樹の凍霜害についてお聞きしたいと思います。  関東北部から東北地方にかけまして、四月十日から十五日までと四月の二十五日頃、低温と降霜がありました。それによって花の雌しべが枯れるなど果樹の生育障害が多数報告されております。例えば、福島県では桃を中心に、また私の住む山形県ではサクランボを中心に、庄内地方では柿、あとはリンゴ等も一部報告されておりますけれども、広い範囲で被害が報告されています。  今年は豪雪で、その被害もありましたけれども、その後、三月ぐらいから非常に気温が高く、雨も少なく、かなり開花が早かったということがあ……

第204回国会 農林水産委員会 第12号(2021/05/18、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  まず、農山漁村における発電事業の可能性と課題についてお聞きしたいと思います。  二〇五〇年カーボンニュートラルという目標の中で、その手法の一つとしてやはり再エネの推進というのは必要ではないかと思っておりますし、元々、再生可能エネルギーは、地方の様々な資源を利用してその利益が地方にも還元すると、そしてまた、分散型エネルギーということで非常にリスク分散にもつながっていくと。非常に、やはり私は、一般論として再エネの推進というのは大変大事だと考えております。  ただ一方で、再エネ事業を行う際に、残念ながら事業者と地域とのあつれき、対立が生まれている、……

第204回国会 農林水産委員会 第14号(2021/05/27、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  法案審議の前に一問、五月二十五日に取りまとめられました「人・農地など関連施策の見直しについて」の中に位置付けられている農地所有適格法人についてお聞きしたいと思います。  この中では、農地所有適格法人について、出資による資金調達を柔軟に行えるようにすると結論付けておりますけれども、この意味するところ、具体的にどういうことを言っているのか、教えていただきたいと思います。
【次の発言】 確認ですけれども、その議決権要件の緩和云々ということは特に念頭に、今のところ念頭に置いていないという理解でよろしいんでしょうか。

第204回国会 農林水産委員会 第15号(2021/06/03、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。今日はありがとうございました。  多分、お二人とも共通しているのは、この農地問題と農業の担い手をどう確保していくかというところは、担い手、農業に従事する方ですね、どう確保していくかというところが密接不可分であって、単に農地だけではない、要は、やる人がいないから農地が荒れたり転用されたりということになるわけですから、やっぱりやる人をまず増やす、そのやる人を増やすためには、やはり何をおいても私も所得の確保をどうしていくのかということなのかなと思います。  光多参考人からも御紹介いただきましたけれども、フランスは様々な多面的役割も含めて、そこで農地を使……

第204回国会 農林水産委員会 第16号(2021/06/08、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  私からも、今回の検証委員会の報告書及び追加の倫理調査についてお聞きしたいと思います。  様々課題が指摘されているものの、結論は、政策がゆがめられた事実は認められなかったということですけれども、今までるる質問がありました。今の石井委員からもそうですけれども、やはり何となく中途半端感が否めないなという印象であります。  その一つは、やはり起訴されている当事者が調査の対象外となったということが一つあるのかなと思います。公判等への影響を考慮してとありますけれども、どう影響するのか、法的に調査は不可能なのか、チャレンジもしないのか、まずここについてお聞……

第204回国会 農林水産委員会 第17号(2021/06/10、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  公共建築物等木材利用促進法は、先ほど田名部委員からもありましたけれども、二〇〇九年の民主党政権発足後、直ちに取り組みました森林・林業再生プラン、これはコンクリート社会から木の社会へを掲げて、森林・林業を基軸とした雇用の拡大を図るとともに、我が国の森林・林業を早急に再生していくための指針と位置付けたものですけれども、この指針の実現に向けて翌年の通常国会に提出した法律です。この頃から既に低炭素社会の実現という目標を掲げ、大きく踏み出したものだと自負しております。  私も当時、農林水産大臣政務官として郡司当時の副大臣とともにプランの作成、そして法案……

第204回国会 予算委員会 第5号(2021/03/05、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  本日、一都三県における緊急事態宣言が二週間延長になる見込みであります。正直、またかという印象ですね。当初のときも、二月の延長のときも一か月で解除したいと、こういった方針を述べられただけに、えっ、またかよという感じがしますけれども、一方で、もう限界だという、そんな事業者からの声も各地から聞こえてまいります。  総理にはこういった声は届いているでしょうか、そして、どう受け止めていらっしゃるでしょうか。
【次の発言】 この長引く様々な自粛の中で、やっぱり精神的にも大変大きな影響が出ていますし、もう一つは経済的にも大きな影響があります。やはり事業者に……

第204回国会 予算委員会 第18号(2021/05/10、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  私からも、まずは新型コロナによって経済的影響を受けた方々への支援についてお聞きいたします。  今、企業も個人も経済的に大打撃を受けている方がたくさんおられるという状況です。今回も人流を止めるためということで休業や時短要請を行っていますけれども、当然、事業者、そしてそこで働く方々への経済的な影響は甚大となっています。  今回の緊急事態宣言の中で、大規模な百貨店への支援が一日二十万円ということですけれども、全く不十分であります。要請に従いたくても従えないと、こんな状況で、まあ少し見直しをということですけれども、やはり私は、緊急事態宣言のその対象地……


舟山康江[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-24期-|25期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院25期)

舟山康江[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-24期-|25期|
第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第204回国会 憲法審査会 第5号(2021/06/09、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  私も、政策を選ぶ憲法改正国民投票も、人を選ぶ普通の選挙も、共に投票環境の整備や投票の質の向上を図っていく必要があると考えています。この点に関して異論のある方はおられないと考えています。その意味で、大きな方向性としては、投票環境の向上を図ろうとする今回の改正は必要と考えています。  その上で、公選法改正の確認、要は公選法並びで今回改正を図るわけですから、その基となる公選法改正内容の確認も含めて、疑問点、懸念点について質問をさせていただきます。  まず、投票所に子供を同伴させる年齢の引上げに伴う問題について質問いたします。  投票所に入ることがで……

第204回国会 資源エネルギーに関する調査会 第1号(2021/02/10、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  今日は、三人の参考人の皆様、本当にありがとうございました。  私からは、三人順番に質問させていただきたいと思いますけれども、まず縄田参考人にお聞きしたいのは、都市鉱山というような言葉もあるように、日本は資源はないんですけれども、いろんな、携帯電話も含めてかなりの製品があって、それがきちっと分離、再利用されないような状況だという課題も聞いておりますけれども、そういう意味で、先ほど冒頭のお話の中でも触れておられましたけれども、リサイクルをする必要性、そのためには製錬所をしっかり造って、多分、技術、人の問題がいろいろあるのかなと思っています。  そ……

第204回国会 資源エネルギーに関する調査会 第3号(2021/02/24、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  今日は、三人の先生方、それぞれ本当にありがとうございました。  私も常々、所参考人の資料の七ページ、プラネタリーバウンダリーのこの概念図を基に、いかに小さなサークルの中にいろんな負荷とかこれからの生き方を求めていくのかということはずっと考えてきたんですけれども、そういう中で、やはり政府がカーボンニュートラルを打ち出したのはいいんですけれども、ただ一方で、そこだけが突出することによって、実は電力需要も増えるし資源の需要も高まって、ひいては途上国の環境へのマイナスとか、その環境負荷低減のために動いていたものが逆に増大させることがあるということは、……

第204回国会 資源エネルギーに関する調査会 第5号(2021/04/21、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江と申します。今日はありがとうございました。  まず、松下参考人にお聞きしたいんですけれども、事前に配付いただきました参考人が執筆された資料を拝見いたしますと、生態系崩壊の危機が人間生存の危機にもつながっていると。これは、多分、環境問題もそうだし、パンデミック、このコロナもそうだという文脈で書かれております。そしてもう一つは、自然資源の利用を持続可能な範囲にとどめるべきだと、こんな御主張もされておりまして、私もそのとおりだと思うんですね。そう考えると、今私たちが取り組まなければいけない問題は、単にCO2の排出削減、カーボンニュートラルだけではなくて、トータルとし……

第204回国会 資源エネルギーに関する調査会 第6号(2021/05/12、25期、国民民主党・新緑風会)

○舟山康江君 国民民主党の舟山康江でございます。  この調査会の二年目のテーマは「資源の安定供給等」ということでありました。何回かにわたりまして参考人の方々から様々な意見をいただきまして、私にとりましては本当に有意義な議論だったなと感じております。  今、世界全体で取り組むべき大きな課題は、SDGs、持続可能な開発目標の実現であり、つまりは、地球環境への負荷をできるだけ低減することだと考えています。  CO2削減は課題の一つであり、鉱物資源などの有限資源をいかに持続的に利用していくのか、生物多様性を失わせずに節度ある開発に取り組んでいくのか、カーボンニュートラルに取り組む際に是非この観点を組み……



舟山康江[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-24期-|25期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/05/16

舟山康江[参]在籍期 : 21期-22期-24期-|25期| 今期は集計中です。
舟山康江[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期参議院議員(五十音順) 25期参議院議員(選挙区順) 25期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。