遠藤三郎 衆議院議員
25期国会発言一覧

遠藤三郎[衆]在籍期 : 24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期
遠藤三郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは遠藤三郎衆議院議員の25期(1952/10/01〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院25期)

遠藤三郎[衆]本会議発言(全期間)
24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 衆議院本会議 第39号(1953/03/12、25期、自由党)

○遠藤三郎君 ただいま議題となりました国土調査法の一部を改正する法律案について委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。  御承知のごどく、国土調査法は、国土の開発、保全等に資するため、国土の実態を科学的かつ総合的に調査することを目的とし、昭和二十六年六月一日から施行されましたが、本事業の進展に伴い、かつまた過去一箇年半の実績にかんがみまして、補助金の交付及び国土調査の実施の手続に関し現行の規定を改める必要が痛感されるに至つたのであります。  すなわち、本案の改正の第一の点は補助金交付に関する規定でありまして現行法では、補助金を交付される者は国土調査を行う者のみでありますが、国土調……

遠藤三郎[衆]本会議発言(全期間)
24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院25期)

遠藤三郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 経済安定委員会 第1号(1952/11/08、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  この際一言ごあいさつを申し上げます。不肖まことに未熟なものでございますが、今回経済安定委員会の委員長を仰せつかりました。御承知のように、日本の経済は終戦後一応独立したとはいわれておりますけれども、まことに不安定の状態にございます。真の自立経済を達成するのでなければ、日本の完全な独立は達成されないと思うのであります。この意味におきまして、経済安定委員会の使命まことに重大だと存じます。及ばずながら私も最善を尽して本委員会の使命の達成に努力をする考えでございますが、委員諸君におかれましても、何分よろしく御支援のほどをお願いする次第でございます……

第15回国会 経済安定委員会 第2号(1952/11/26、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  議事に入る前に、理事辞任の件についてお諮りいたします。理事小川平二君より理事を辞任いたしたい旨の申出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それではさように決しました。  次に、ただいま辞任するに決しました理事の補欠選任を行います。これは先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは前田正男君を理事に指名いたします。
【次の発言】 それでは日本経済の基本的政策に関する説明を聴取するわけでございますが、本日は参議院の本会議等の都合で……

第15回国会 経済安定委員会 第3号(1952/11/29、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  議事に入る前に理事の補欠選任を行います。去る二十七日理事中村高一君が委員を辞任せられましたので、理事が一名欠員となつております。ただいまよりその理事の補欠選任を行います。これは先例によりまして委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは吉川兼光君を理事に指名いたします。  それでは前会に引続き日本経済の基本的政策に関する説明を聴取する次第でありますが、都合により本説明聴取は後日あらためてこれを聴取するごとといたしまして、本日はこの程度にとどめ、次会は公報をもつてお知らせすることとし、本日はこ……

第15回国会 経済安定委員会 第4号(1952/12/03、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  前会に引続き、日本経済の基本的政策に関する説明を聴取いたします。経済審議庁長官小笠原三九郎君。
【次の発言】 これにて説明は終りました。引続き質疑に入るのでありますが、本日は大臣の都合によりましてその質疑は後日にあらためてこれを行うことといたします。  次会は公報をもつてお知らせすることにいたし、本日はこれをもつて散会いたします。     午前十時三十四分散会

第15回国会 経済安定委員会 第5号(1952/12/06、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  前会に引続き、日本経済の基本的政策に関する調査を進めます。なお、本件の説明は前回の委員会におきまして終了いたしておりますので、本日はその説明に対する質疑に入ります。質疑は通告順にこれを許します。前田正男君。
【次の発言】 下川君。
【次の発言】 福井君。
【次の発言】 承知しました。  他に御質疑はありませんか――。三浦君。
【次の発言】 他に御質疑はありませんか――。別に御質疑もないようでありますので、本日はこの程度にとどめまして、次会は公報をもつてお知らせするこことし、本日はこれにて散会いたします。     午後零時四分散会

第15回国会 経済安定委員会 第6号(1952/12/09、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  それではこれより電源開発に関する件を議題として、その調査を進めます  本件について、政府当局よりその説明を求めます。佐々木政府委員。
【次の発言】 この際佐々木政府委員に申し上げます。大臣が時間の都合で長く御出席が得られませんので、この際福井委員より特に大臣に対し質疑いたしたい旨申出がありますので、暫時その説明を中止していただきたいと存じます。この際福井君の発言を許します。
【次の発言】 大臣に質疑がございましたら。―別に質疑もないようでありますから、佐々木政府委員の説明を続けます。佐々木政府委員。

第15回国会 経済安定委員会 第7号(1952/12/11、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  前会に引続き電源開発に関する件の調査を進めます。なお本日は佐藤建設大臣がお見えになつております。それでは質疑を継続いたします。下川君。
【次の発言】 今の問題はあとで協議したいと思います。栗田君。
【次の発言】 栗田君、今の質問は通産省所管でありますから……。
【次の発言】 栗田君、その点は通産の当局を呼んでまた聞くことにいたします。
【次の発言】 福井君。
【次の発言】 他に質疑はございませんか。
【次の発言】 本日の質疑はこの程度にとどめ、次会は公報をもつてお知らせします。  なお先ほど下川委員の御要求として、本電源開発に関する調査の慎重を期するた……

第15回国会 経済安定委員会 第8号(1952/12/12、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  議事に入る前に理事の補欠選任を行います。去る十日理事福井勇君が委員を辞任せられましたので、理事一名が欠員となつております。ただいまよりこの理事の補欠選任を行います。これは先例によりまして委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは福井勇君を理事に指名いたします。
【次の発言】 それでは次に電源開発に関する参考人招致の件についてお諮りいたします。昨日の委員会におきまして下川委員より御要求のありました参考人招致の件は、本件調査の慎重を期しますためにも、きわめて重要であろうと思われますので、この際……

第15回国会 経済安定委員会 第9号(1952/12/16、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  議事に入る前に理事の補欠選任を行います。去る十三日理事福井勇君が委員を辞任せられましたので、理事一名が欠員になつております。ただいまよりその理事の補欠選任を行います。これは先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありますか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは加藤宗平君を理事に指名いたします。  次に前会に引続き電源開発に関する件の調査を進めます。  この際前会の委員会で委員長に御一任を願いました参考人選定の件は、委員諸君のお手元に印刷物で配付いたしてあります通り、東北電力株式会社社長内ヶ崎資五郎君、福島県知事大竹作摩……

第15回国会 経済安定委員会 第10号(1952/12/19、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  この際連合審査会開会の件についてお諮りいたします。ただいま本委員会で調査を行つております電源開発に関する件につきまして、通商産業委員会より連合審査会を開きたいとの申し入れがあります。通商産業委員会と連合審査会を開くに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それではさよう決しました。なお連合審査会は本委員会に引続き開会することといたします。本日はこの程度にとどめ、次会は公報をもつてお知らせることとし、これにて散会いたします。     午前十時二分散会

第15回国会 経済安定委員会 第11号(1953/02/05、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  それでは日本経済の基本的政策に関する件の調査を進めます。まず小笠原国務大臣よりその説明を聴取したいと存じます。小笠原三九郎君。
【次の発言】 前田君にちよつと申し上げます。政府委員から補足説明を聞いてからその問題に入つて下さい。  引続いて政府委員より補足説明を聴取したいと思います。岩武政府委員。
【次の発言】 他に補足説明がありますか。―― これにて政府委員からの補足説明は終りました。この際質疑を許します。前田君。
【次の発言】 他に御質疑もございませんければ、本日はこの程度にとどめ、次会は公報をもつてお知らせすることといたします。  本日はこれにて……

第15回国会 経済安定委員会 第12号(1953/02/17、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の改正に関し調査を進めます。なお、本法律改正につきましては、その法案を近く政府より国会に提出されるものと存じておりますが、本委員会といたしましては、これに先だち行政各機関、学識経験者等の意見を聴取し、その参考に供したいと存じておるのであります。本日は、その主管機関たる公正取引委員会から主管事項の処理状況、独占禁止法改正の要綱及び今日までの経過等について説明を聴取したいと存じます。公正取引委員会委員長、横田正俊君。
【次の発言】 これにて当局からの説明は終りましたが、ただいまの説明に対して、何か御質疑がございま……

第15回国会 経済安定委員会 第13号(1953/02/25、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  それでは私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の改正に関する件の調査を進めます。  この際お諮りいたします。ただいま本委員会が調査を行つております本件につきましては、最近に至り業界はもとより、一般にも非常にその関心が持たれ、法律改正等につきまして、いろいろとその意見が出ていることは委員諸君もすでに御承知の通りであります。つきましては、本日ここに日本経済新聞社論説委員友光正昭君、東京新聞社論説委員福良俊之君、及び朝日新聞社論説委員藤田武雄君、以上三名の方々の御出席を願つておりますが、当委員会といたしましては、本件調査の慎重を期します……

第15回国会 経済安定委員会 第14号(1953/03/03、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  議事に入る前に議案が付託になりましたので御報告いたします。去る二月二十五日内閣提出による、国土調査法の一部を改正する法律案が、また同月二十六日に同じく内閣提出による私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案が、それぞれ本委員会に付託と相なりました。以上御報告いたします。  それでは国土調査法の一部を改正する法律案を議題とし、その審査に入ります。  まず本案の趣旨について政府の説明を求めます。経済審議庁政務次官小川平二君
【次の発言】 次に政府当局よりその補足説明を求めます。小船説明員。

第15回国会 経済安定委員会 第15号(1953/03/05、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会します。  議事に入る前に、理事の補欠選任を行います。去る二月二十八日、理事下川儀太郎君が委員を辞任せられましたので、理事が一名欠員となつております。ただいまよりその理事の補欠選任を行います。これは先例によりまして委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは下川儀太郎君を理事に指名いたします。
【次の発言】 それでは私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案を議題とし、その審議に入ります。まず本案の趣旨について政府の説明を求めます。内閣官房長官緒方竹虎君。

第15回国会 経済安定委員会 第16号(1953/03/06、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  前会に引続き、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を継続いたします。秋田大助君。
【次の発言】 午前中の会議はこの程度にとどめまして、午後一時半より再開することにいたします。  暫時休憩いたします。     午後零時二十四分休憩
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  質疑を継続いたします。成田知巳君。
【次の発言】 他に御質疑はありませんか。――なければ、本日の質疑はこの程度にとどめまして、次会は明七日午前十時より開会することとし、本日はこれにて散会いたします。     午後三時二十三分散会

第15回国会 経済安定委員会 第17号(1953/03/07、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  それでは国土調査法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑に入ります。秋田大助君。
【次の発言】 他に質疑はありませんか。――別に質疑もないようでありますので、これにて本案に対する質疑は終局いたしました。  引続き討論に入ります。討論の通告がありませんので、この際討論を省略し、ただちに本案に対する採決を行います。  本案の原案に賛成の諸君の起立を求めます。   (総員起立〕
【次の発言】 起立総員。よつて本案は原案の通り全会一致をもつて可決いたしました。  この際委員会報告書の件についてお諮りいたします。これは先例によりまして、委員長に御一任願いたいと存……

第15回国会 経済安定委員会 第18号(1953/03/09、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  前会に引続き、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。綱島正興君。
【次の発言】 午前の会議はこの程度にとどめ、午後一時より再開することにし、暫時休憩いたします。     午前十一時五十七分休憩
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  質疑を継続いたします。中村高一君。
【次の発言】 それでは本日はこの程度にとどめまして、明日は午前十時より開くことにいたします。  本日はこれをもつて散会いたします。     午後三時二十七分散会

第15回国会 経済安定委員会 第19号(1953/03/10、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会を開会いたします。  議事に入る前に、理事の辞任及び理事の補欠選任を行います。理事前田正男君より理事を辞任いたしたい旨の申出があります。これを許可するに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それではさよう決しました。  次に、理事の補欠選任を行います。ただいま理事辞任を許可いたしました前田正男君とともに、去る六日委員を辞任せられました吉川兼光君は理事でありましたので、理事二名が欠員となつております。ただいまよりその理事の補欠選任を行います。これは先例によりまして委員長において指名するに御異議はありませんか。

第15回国会 経済安定委員会 第20号(1953/03/12、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  この際御報告をいたします。先般委員長に御一任を願いました公聴会の公述人は次の通り決定いたしましたから御了承願います。日本貿易会専務理事猪谷善一君、経団連副会長植村甲午郎君、日本紡績協会常務理事田川信一君、日本商工会議所理事原安三郎君、羊日本鉄鋼連盟会長渡辺義介君、東大助教授金沢義雄君、全日本中小工業協議会中央常任委員国井秀作君、全国購買農業協同組合連合会副会長黒田新一郎君、日本労働組合総同盟中央執行委員重枝琢己君、日本中小企業団体連盟中央委員徳永佐一君、日本生活協同組合連合会専務理事中林貞男君、日本労働組合総評議会事務局長高野実君、以上であります。  ……

第15回国会 経済安定委員会 第21号(1953/03/14、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより会議を開きます。  前会に引続き私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案及び同法施行法案を一括議題とし、質疑を継続いたします。加藤宗平君。
【次の発言】 下川儀太郎君。
【次の発言】 内田常雄毅。
【次の発言】 これにて私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案及び同法施行法案に対する質疑通告者全部の質疑は終りました。よつて右両案に対する質疑はそれぞれ終局いたしました。  次会は明後十六日、午前は右両案に対する各党の態度を御決定願い、午後一時より委員会を開き、両案の討論採決を行いたいと存じます。  本日はこれにて散会いたし……

第15回国会 水産委員会 第18号(1953/02/07、25期、自由党)

○遠藤三郎君 ただいま同僚松田委員から、きわめて適切な御意見がいろいろありましたが、価格調整の問題について、どうなつておるかというお尋ねですが、結論を申し上げますと、価格調整の問題は、現在有効な調整手段というものは一つも講ぜられておらないのであります。そこで私、このビタミン問題を考えてみますに、先ほど来、松田委員がいろいろ述べておりましたが、ビタミンくらい輸出における重要な地位を占めておるものは、水産関係ではないのであります。終戦後、急速に伸びて来たとはいうものの、これほど重要な意味を持つておるものはないが、政府はこれに対してほとんどかまつておらないのであります。政府がビタミン問題について、ど……


遠藤三郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院25期)

遠藤三郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 経済安定委員会公聴会 第1号(1953/03/13、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会公聴会を開会いたします。  本日の問題は、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法案についてであります。  この際本日御出席の公述人各位にごあいさつ申し上げます。御承知の通り、目下本委員会において審査中の、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案は、今国会における五大重要法案の一つでありましていわゆる経済憲法とも言われるものであります。よつて委員会といたしましては、広く各界の利害関係者及び学識経験者各位の御意見を聴取いたしまして、本案の審査を一層慎重に取扱わんとするものであります。各位の豊富なる御意見を承ること……

第15回国会 経済安定委員会通商産業委員会連合審査会 第1号(1952/12/19、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会、通商産業委員会連合審査会を開会いたします。  先例によりまして、私が本連合審査会の委員長の職務を行います。  それでは電源開発に関する件についてその調査を進めます。  この際参考人各位に一言ごあいさつ申し上げます。本日は御多忙中にもかかわらず御出席をいただき、厚く御礼申し上げます。ただいま経済安定委員会におきましては、電源開発に関する件、特に只見川の水利権問題につきまして、国政に関する調査を行つておるのでありますが、その調査の慎重を期するため、本問題の当事者各位より、それぞれの立場から、忌憚なき御意見を拝聴いたし、本調査の参考にいたしたいと存じておりますの……

第15回国会 経済安定委員会農林委員会通商産業委員会連合審査会 第1号(1953/03/11、25期、自由党)【議会役職】

○遠藤委員長 これより経済安定委員会、通商産業委員会連合審査会を開会いたします。  私が経済安定委員長でありますので、委員長の職務を行います。  本日は私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。これより質疑に入りますが、質疑は通告によつてこれを許したいと存じますからあらかじめ御通告願います。それでは質疑の通告がありますからこれを許します。生悦住貞太郎君。
【次の発言】 栗田英男君。
【次の発言】 栗田君にちよつと申し上げますが、きようは連合審査会ですから、なるべく通産委員の方に発言する時間を与えていただきたいと思います。



遠藤三郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

遠藤三郎[衆]在籍期 : 24期-|25期|-26期-27期-28期-29期-30期-31期-32期
遠藤三郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院議員(五十音順) 25期衆議院議員(選挙区順) 25期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊