伊東岩男 衆議院議員
27期国会活動統計

伊東岩男[衆]在籍期 : 25期-26期-|27期|
伊東岩男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは伊東岩男衆議院議員の27期(1955/02/27〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は27期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院27期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(特別:1955/03/18-1955/07/30)
2回
2048文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第23回国会
(臨時:1955/11/22-1955/12/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第24回国会
(通常:1955/12/20-1956/06/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第25回国会
(臨時:1956/11/12-1956/12/13)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第26回国会
(通常:1956/12/20-1957/05/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第27回国会
(臨時:1957/11/01-1957/11/14)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第28回国会
(通常:1957/12/20-1958/04/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



27期通算
(1955/02/27-1958/05/21)
2回
2048文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


伊東岩男[衆]本会議発言(全期間)
25期-26期-|27期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院27期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


77回
(34回)
16回
(11回
0回)
14579文字
(6841文字
0文字)

第23回国会
9回
(2回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

68回
(0回)
2回
(0回
0回)
3715文字
(0文字
0文字)

第25回国会
11回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

5回
(2回)
19回
(0回
18回)
33562文字
(0文字
29933文字)

第27回国会
8回
(5回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

24回
(8回)
1回
(0回
0回)
5033文字
(0文字
0文字)


27期通算
202回
(51回)
38回
(11回
18回)
56889文字
(6841文字
29933文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


2回
(0回)
2回
(0回
0回)
9058文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
1回
(0回
0回)
3559文字
(0文字
0文字)

0回
(0回)
2回
(0回
2回)
3170文字
(0文字
3170文字)


27期通算
5回
(0回)
5回
(0回
2回)
15787文字
(0文字
3170文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
88回
(0回)
6回
(0回
0回)
農林水産委員会

2位
81回
(41回)
0回
(0回
0回)
文教委員会

3位
19回
(0回)
18回
(0回
17回)
逓信委員会

4位
11回
(10回)
11回
(11回
0回)
補助金等の整理等に関する特別委員会

5位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
運輸委員会

6位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
外務委員会

7位
0回
(0回)
1回
(0回
1回)
決算委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
文教委員会公聴会

1位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
農林水産委員会農業及び漁業災害補償制度に関する小委員会

3位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
農林水産委員会台風等による農林漁業災害に関する小委員会

4位
0回
(0回)
1回
(0回
1回)
予算委員会第四分科会

4位
0回
(0回)
1回
(0回
1回)
逓信委員会閉会中審査小委員会

4位
0回
(0回)
2回
(0回
0回)
農林水産委員協議会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

補助金等の整理等に関する特別委員会(第22回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

文教委員会(第22回国会)
文教委員会(第23回国会)
文教委員会(第26回国会)
文教委員会(第27回国会)
文教委員会(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

伊東岩男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
25期-26期-|27期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院27期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)0本
第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)0本
第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)2本
第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)0本
第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)0本
第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)1本
第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)0本


27期通算(1955/02/27-1958/05/21)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第24回国会(1955/12/20〜1956/06/03)

宮崎交通株式会社の運賃値上げ申請に関する質問主意書

第24回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1956/05/22提出、27期、会派情報無し)
質問内容
交通事業の公共性にかんがみ、乗車運賃の値上げは国民生活に直結する重要問題であるが、宮崎交通株式会社の市内バス五割値上げ申請が、政府当局によつて認可されるならば、利用者の負担は過重となり、大衆の反対は明らかである。よつて次の事項について伺いたい。
1 宮崎交通株式会社は宮崎県における一県一会社の独占事業であるが、他県においてもこのようなバスの独占事業の例があるかどうか。あるとすればその県名及びその…
答弁内容
一 宮崎県は戦時中政府のしようようにより、現在のごとき形態となつたものであり、他に国鉄自動車の宮林線、都城線等がある。
このような形態の県及びその事業者名は、奈良県の奈良交通株式会社、石川県の北陸鉄道株式会社、三重県の三重交通株式会社等である。
二 運賃変更の認可は、道路運送法第八条第二項の基準によるものであつて、博覧会等の失費は運賃原価の経費としては算入されない。赤字会社に対する助成策の法的…

九州電波監理局油津出張所廃止に関する質問主意書

第24回国会 衆議院 質問主意書 第13号(1956/05/23提出、27期、会派情報無し)
質問内容
一 現在宮崎県日南市油津に設置されている九州電波監理局油津出張所は、当時地元をはじめ宮崎県下の無線免許人のせつなる要望と南九州における油津港の重要性にかんがみ海上移動業務の船舶無線施設の検査官常駐のために開設されたものであつて、じ来満六箇年間地理的交通きわめて不便なる油津としては重要不可欠なものとして業者の受ける利便はじん大なものがあり現在に及んでいる。そく聞するところによれば、この出張所が近く鹿…
答弁内容
鹿児島県串木野市における船舶局の検査事務の増加に対処するため、必要な措置を考究中ではありますが、これがために、宮崎県日南市の九州電波監理局油津出張所を廃止するということは、現在のところ別段考えておりません。
右答弁する。

■ページ上部へ

第27回国会(1957/11/01〜1957/11/14)

宮崎県内海線に関する質問主意書

第27回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1957/11/05提出、27期、会派情報無し)
質問内容
戦時中の昭和十六年北郷駅までで工事が中止された志布志・内海間の鉄道は、昨年工事着工に決定し、現在着々と工事は促進され、予定通り三十五年度に内海まで完成することになつているが、日豊線宮崎駅まで完通しなければ本鉄道の使命目的は達せられないと信ずる。日南パルプ工場のごときこの鉄道の完通を期待するところが多い。従つて、次の点について政府の見解を伺いたい。
(一) 内海より宮崎までの工事計画はどうなつてい…
答弁内容
一 内海線は、北郷内海間の鉄道でありまして、これは目下の計画によりますと、おおむね昭和三十五年度には完成する予定であります。
二及び四 内海以北の問題並びに宮崎鉄道との連絡方法につきましては、研究中であります。
三 宮崎鉄道の買収等の問題は、内海以北をどうするかに関連するものであると思います。
右答弁する。

伊東岩男[衆]質問主意書(全期間)
25期-26期-|27期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院27期 ※参考情報)

日本民主党 (第22回国会、初出日付:1955/05/06、会議録より)
自由民主党 (第24回国会、初出日付:1956/03/08、会議録より)
自由民主党 (第26回国会、初出日付:1957/02/06、会議録より)
自由民主党 (第28回国会、初出日付:1958/03/01、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院27期 ※参考情報)

第22回国会
補助金等の整理等に関する特別委員長議会

第26回国会
郵政政務次官政府

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

伊東岩男[衆]在籍期 : 25期-26期-|27期|
伊東岩男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院議員(五十音順) 27期衆議院議員(選挙区順) 27期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊