金丸徳重 衆議院議員
31期国会発言一覧

金丸徳重[衆]在籍期 : 28期-30期-|31期|-32期-33期
金丸徳重[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは金丸徳重衆議院議員の31期(1967/01/29〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は31期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院31期)

金丸徳重[衆]本会議発言(全期間)
28期-30期-|31期|-32期-33期
第61回国会(1968/12/27〜1969/08/05)

第61回国会 衆議院本会議 第41号(1969/05/30、31期、日本社会党)

○金丸徳重君 私は、日本社会党を代表して、ただいま行なわれました都市再開発法案の審議経過についての委員長報告に関し、始関建設委員長に二、三のお尋ねをいたしますとともに、この機会に、政府の見解をも明確にしておきたいと思います。  私が委員長報告に対しあえてこの質問を行なわんとするゆえんのものは、本法案の審議過程において委員長があまりにも無謀の独裁専行をいたし、これによって、野党からついに解任決議を突きつけられるような事態を引き起こし、決議案そのものは、なるほど多数の力により通過は免れたとはいいながら、審議不十分、強行採決という事実は厳然として明確にされたのでありまして、これをこのまま見のがすこと……

金丸徳重[衆]本会議発言(全期間)
28期-30期-|31期|-32期-33期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院31期)

金丸徳重[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-30期-|31期|-32期-33期
第55回国会(1967/02/15〜1967/07/21)

第55回国会 逓信委員会 第3号(1967/03/24、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 だいぶ時間も過ぎておりますし、また重要な問題につきましてそれぞれの角度から検討が進んでおりますので、私はきわめて要点のみについて短時間をちょうだいしてお尋ねいたしたいと思います。  お尋ねをいたす前に、実はただいま議題となっております四十二年度の収支予算、事業計画などについて、大急ぎで勉強をさしていただいたのでありますが、そうした中において受けました印象は、たいへんゆとりのある気持ちの中から編成されておるようであります。なぜ私がこんなことを申し上げるかといいますと、私は先年聴視料金の値上げがたいへん世間の問題となりましたころにやはり逓信委員を言いつかっておりまして、そのころた……

第55回国会 逓信委員会 第7号(1967/05/24、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私はただいま提案されております簡保の一部改正法律案、郵便年金契約に関する特別措置法案のうちの、簡保法の一部を改正する法律案に関連いたしまして、二、三の点について当局の御見解をただしておきたいと思います。お尋ねに入る前に、その前提といたしまして一、二点お伺いいたしたいのでありますが、先般お配りをいただきました「グラフでみる郵政事業」、これは各方面に配布されておるところだと思うのでありますが、それによって、私などたいへん不勉強者でありますが、概観いたしますと、最近の簡保事業の位置というものが、この事業創始当時から、あるいはまた戦争前あたりにおけるわが国の保険事業全般において占めて……

第55回国会 逓信委員会 第11号(1967/06/07、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 提案されております三十九年度のNHKの決算につきまして実はこさいに検討し、勉強しまして詳しくお尋ねいたしたいのでありますが、私の勉強も足りませんので、また時間の関係もあるようですから、二点だけかいつまんでお伺いをいたして、なおその他の点についてはあとで勉強さしていただいて、機会がありますればお尋ねの日を持ちたいと思います。  一つの点は放送債券に関連してでありますが、報告書によりますと、放送債券は三十九年度において二百四十六億三百万円、こう報告されておりますし、またこの説明書によりますと、これに対する償却準備金とでもいいますか、償還積み立て金とでもいいますか、それがたしか七十……

第55回国会 逓信委員会 第15号(1967/06/22、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、この問題についてお尋ねを申し上げます前に、少しお断わりをしておかなければならないのでありますが、たいへんむずかしく、勉強すれば勉強するだけ非常に迷い込んでしまうような面がありまして、したがいまして問題の中心点にいきなり触れて簡明直截な御答弁を得て、そして了解するものは了解するということにいけばよろしいのでありますが、私は実は夕ベもいろいろと調べものをしております間に、ますます迷路に入ったような気がしてまいりました。お尋ね申します点はあるいはダブったり、あるいはすでに審議の対象になり、解明された点も多々出てくるのではないかと思うのでありますが、問題が問題でありますだけにそ……

第55回国会 農林水産委員会 第9号(1967/05/17、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、主として生産農家、養蚕家の立場から、ただいま議題となっておりまする日本蚕糸事業団法の一部を改正する法律案に関連いたしまして、二、三当局の御見解をお尋ね申したいと思います。  あらためて申し上げるまでもなく、いままでにも随所において論議の対象になっておったようでありますが、わが国の養蚕業、私は養蚕の立場から言うのでありますが、養蚕業が初めて迎えたような重大な事態、かつては輸出の大宗として愛国的産業とまで表現されましたわが国の養蚕及び製糸業が、輸出の大宗どころか、逆に輸入しなければならないような事態をかもし出してきたということが一つ。またもう一つには、三十二、三年ごろのあの……

第55回国会 農林水産委員会 第19号(1967/06/08、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、この問題の発生地とでも申しますか、この中心地であります山梨県の出の者といたしまして、実は最後にお願いを申したい。といいますのは、現地の生産農家では、このような思いもかけない事件にぶつかってしまいまして、ある者はもうぼう然自失畑の中にすわり込んで泣いている、またある者は、当局の処置の手ぬるさに対してふんまんやる方なく、現地視察の私どもに対してさえかみつくような状態で今後の処置を迫っているというような状況でありますので、農林当局に対しましては、このような問題についてぜひともすみやかに、また生産農民の信頼感を高める中において今後の処置をお願いいたしたい、こういうことで若干の時……


■ページ上部へ

第58回国会(1967/12/27〜1968/06/03)

第58回国会 運輸委員会 第14号(1968/04/09、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、ただいま議題となりました船舶安全法の一部を改正する法律案に関連いたしまして、二、三お尋ねをいたしたいのであります。  お尋ねをいたす前にお断わりを申し上げておきたいのであります。私は実は船舶や海運やそらしたことについては全くのしろうとであります。勉強不足の者であります。こうした重要な問題につきましてお尋ねをいたすにいたしましても非常におそれるのでありますが、たいへん的はずれの関連になるかもわかりません。また非常に素朴、プリミティブなことにわたるかもしれませんが、その点は御了承いただいて、しろうとというものはそのようなことについてまで首をかしげるかというようなことの中で、……

第58回国会 災害対策特別委員会 第2号(1968/02/27、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 午前中から各種災害について詳しい質疑応答が行なわれましたあとで、私がまたダブるような形になってもいかがかと思うのでありますし、その上、私がお尋ねいたそうとする雪に関する今回の災害ではありまするが、先ほどからお話の中にも出てまいりましたように、豪雪ということでもないのでありますが、特殊地帯における雪の災害としては珍しいことでもあります。それから、これからの日本の農業のあり方などもあわせ考えますと、今回のこの例に従って将来の対策を練っておいていただく必要があるのではないか、こう考えましたものですから、その一点にしぼりまして、ごく時間を短くお尋ねを申さしていただきます。  私は山梨……

第58回国会 商工委員会 第28号(1968/05/14、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 砂利採取法のことにつきまして一、二点お伺いいたすのでありますが、私は時間をなるべく節約する意味において、いきなり、私が地元でいろいろ痛感いたしておりますことの二、三をあげてお尋ねいたしたいのであります。  しかしその前に、私が本法案を拝見いたしまして、確かに非常な公害が、目に余るものが起きておりますものですから、この辺において抜本的なる対策を講じなければならないということにつきましては、全く何らの疑いなく御同感であります。しかし、いま日本の建設、開発を取り上げる上において一番ネックになっているものは何かと考えてみますと、一つは確かに土地問題、もう一つは骨材ではないかと思われる……

第58回国会 逓信委員会 第4号(1968/03/06、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、先般大臣から表明のあられました所管事項についての所信につきまして二、三のお尋ねをいたしたいのでありますが、実は、所管事項全般について伺っていけばいいのでありますが、時間の関係もありまするし、また、公衆電気通信その他につきましては関係法案も出ておる、もしくは出る予定のものもあるようでありまするから、その辺で伺い得るところのものはそのときにやらしていただくことといたしまして、きょうは時間のある中で主として私のお尋ねいたしたい二、三の点についてしぼって御意見を承っておきたいと思います。  第一に郵便関係でありますが、実は所信表明を伺いながら私はやや期待に反した感を抱いたのであ……

第58回国会 逓信委員会 第10号(1968/03/26、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、私の質問を始める前に、委員長に要望をかねて所信をまずお伺いいたしておきたいのであります。  ただいま議題となっておりますNHKの来年度予算につきましては、提案が三月十二日であります。今日まで二週間であります。いままで私が調べたところによりますと、二週間で議了したという例は、昨年の五十五回国会においてだけであります。ところが、昨年は総選挙のあとの特別国会でありました。ああいう事情の中で行なわれたわけでありまするから、審議時間が多少窮屈でございましたのでそういうことになった。三月十四日に提案されまして、三月二十五日にこれを議了して参議院のほうに回したのであります。これが唯一……

第58回国会 逓信委員会 第18号(1968/04/22、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 問題になっておりまする設備料の値上げ案につきましては、すでに三週間にわたってこさいにわたる質疑が行なわれまして、十分検討が尽くされましたので、私のお尋ねいたす余地もないほどに論議が尽くされておるようであります。したがいまして、あとの時間の関係もあるようでありますから、ダブるような点は省略させていただきますが、ただ私は、実はこの問題について、当初からたいへん誤解をいたしておりました。  公共料金の値上げなどにつきましては、十分時間をかけて、関係方面、特に申し込みなどをしておる者に対しては納得のいくだけの説明をし、手段を尽くして取りかからなければいけないと思っておったのであります……

第58回国会 逓信委員会 第21号(1968/05/10、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 本件につきましては、前回及び本日午前中の質疑によりまして相当詳しく疑点がただされておりまするから、あらためて私のお伺いする分はないのでありますが、しかし、若干大臣のお答えの中で気になることも一、二ありますので、その点明確にしておきたいと思います。  前回の御答弁及びけさの小沢委員の質問に対する御答弁の中で、これは私の聞き方が悪かったのかもしれませんけれども、お年玉ではなくて、年賀郵便制度そのものについても検討しなければならない時期がきた、こういうふうなお考えのように聞こえたのでありますが、この点はいかがでございますか。


■ページ上部へ

第59回国会(1968/08/01〜1968/08/10)

第59回国会 逓信委員会 第1号(1968/08/09、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、ただいままでの三先生の質疑に関連いたしまして、この機会に政府のほうに要請申し上げておきたいと思います。  先ほどの加藤委員のお尋ねに対しまして、大臣は、公社案をできれば四十五年実施を目途として準備したいというお答えでありました。時代が進みまして、郵政事業に対しましても新しい構想の中で進められるときが参ったと思いまするので、そういう意味におきましては郵政公社案というような機構の根本問題に取り組まれて、今後において善処する道を求められる、私はこれはたいへん大事なことだと思います。と同時に、中間管理機構におきましても、それとは別個に、それをも考えながらというお答えのようであり……


■ページ上部へ

第60回国会(1968/12/10〜1968/12/21)

第60回国会 逓信委員会 第1号(1968/12/20、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 河本大臣、御就任になられまして、党内の輿望をになって、時局重大なときに、たいへん問題をかかえた郵政省の事務を主管なさることにつきましては、心から敬意と祝意を表するものであります。  私はこの際大臣から、実は新任早々ではありましょうが、今後の御方針などについて詳しいお考えが承れるのではないか、かように思いまして、つきましては、私も久しぶりに質問の機会を得たものですから、時間をちょうだいして、これからのお考えなどについてお尋ねをいたしたい、こう思っておったのであります。きょうのごあいさつは、きわめて簡単でありました。まだ御就任早々でありますことも、また、予算編成期をかかえておって……


■ページ上部へ

第61回国会(1968/12/27〜1969/08/05)

第61回国会 建設委員会 第4号(1969/02/21、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 過日の本委員会において、坪川建設大臣は、第六十一国会における建設行政の基本施策に関する所信を表明なさいました。私は、それを承っておりまして、たいへん感銘いたすと同時に、大きな期待を持って今後における大臣の施策の実行をお待ちいたしておるような次第でございます。したがいまして、私は、これから大臣にそのような大きな期待を持つという立場からいたしまして、さらに具体的にお伺いをいたしてまいりたいと思います。  お尋ねをいたす基本になりました大臣の所信表明の中で特に私の心をとらえたことを、ここで念のために、繰り返すようでありますが、読み上げてみます。御自分のおことばを人から聞くということ……

第61回国会 建設委員会 第5号(1969/02/26、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 だいぶ時間が過ぎてしまいまして恐縮でございますが、実は私のところにたいへんめんどうな事態が起こりまして、騒ぎが大きくなりそうな様子もありまするので、大臣にもお聞き取りいただいて何とか善処の道を発見していただくという意味において、ごく短時間お尋ねをさせていただきます。  その前に、実は私は前回の委員会におきまして大臣にお尋ねいたす点が若干残っておりました。したがって、それからさしていただくのが順序でありますが、私のあとの委員会での時間もありまするので、それは後日に譲らしていただきます。  きょう緊急にお尋ねいたしたいと思いますることは、あるいはもう大臣のお耳に入っているかもしれ……

第61回国会 建設委員会 第10号(1969/04/04、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 私は、ただいま提案されております公営住宅関係の議案につきましてお尋ねをいたします前に、実は先々月の末の委員会におきまして、大臣が中途席をはずされたものですから、大臣にお尋ねをいたしたい分だけ残してあったものですから、それから入らせていただきます。その問題は決して公営住宅法案に全然無関係のものとも思いませんし、私の狭い考え、見方からいたしますと、なかなか重大なる関係を持つものと思いますので、それにつきまして一、二十分だけ時間をちょうだいいたしまして、本案のほうに入らせていただきます。委員長、さよう御了承いただきたいと思います。  先般の委員会におきまして、私は、大臣の所信表明に……

第61回国会 建設委員会 第11号(1969/04/11、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 時間の関係がありますから、端的にお伺いいたします。  本改正案の審議にあたりましては、入居中の高額所得者の処遇が重大問題になっておりますが、この際、明確にお答えおきをいただきたいのでありますが、高額所得者としての収入の算定にあたって、同居親族の収入の合算方法についてはどういうふうにお考えになっておられますか、明確にお答えをいただきたい。  また、入居資格としての収入の算定についてもこの際はっきりしておきたいと思いますので、御答弁を願います。

第61回国会 建設委員会 第15号(1969/04/25、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 たいへん大事な時期の大事な法案でありまして、慎重にお伺いいたしたいところもたくさんあるようでありますが、時間がだいぶおくれておるようでありますから、要点だけをお尋ね申し上げまして私の責任を果たさせていただくことにいたします。  まずお伺いいたしたいのでありますが、本法提案の根本の動機であり、また理由でありますところの、わが国の国土が最近の台風、集中豪雨などのためにとかく災害をこうむりやすくなっておるということのようでありますが、全体的にお調べになりまして、わが国の国土はどの程度安定度を保っておるのか、増しつつあるのか、それとも減りつつあるのか、不安の度が増しつつあるのか、この……

第61回国会 建設委員会 第27号(1969/06/18、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 議題となっておりまする建築基準法につきましては、今日までかなりこさいにわたって審議が進んでまいりました。特に本法の非常に重要な改正点と思われます建蔽率その他用途区分などにつきましては、核心に触れた質疑が行なわれまして、これにつきましては相当具体的に検討を進めなければならないやに思われます。しかし、私はきょうはその点につきまして重複した質問は避けることといたしまして、角度を変えまして、この基準法を改正しなければならなかったところの原因などにつきまして特にお尋ねを申し上げて、さらに進んでは、法律の細部につきまして一、二私の疑問といたすところをお尋ねいたしたいと思います。  まず最……

第61回国会 建設委員会 第33号(1969/07/23、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 議題となっておりまする道路整備特別措置法の一部を改正する法律案に関連いたしまして、二、三の点についてお尋ねをいたします。  提案になりました法律案自体は、事務を簡素化し、仕事を合理化するという意味におきまして、表向き自体といたしましてはそれほど問題にすべきこともないやに思われるのでありますが、表はそうでありましても、何か裏に大きく意図するところがあるのではないか、その一端としてこういうものがあらわれたのではないかのように思われる節もあるのです。それにつきまして、実は当初内閣のほうから予定法律案として本国会に提案されるものとしてその趣旨などを要約いたしました諸法案の中に、いま問……

第61回国会 災害対策特別委員会 第5号(1969/04/16、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 ただいま議題となりました中の、去る三月十二日に主として関東及び関西地方に襲いましたところの豪雪被害につきましてお尋ねをいたし、政府のこれが対策などにつきまして所信を伺いたいと思います。  まず最初に、この災害につきましては去る三月十九日の委員会におきまして御報告がございました。これは被害後一週間足らずの間の調査の中での報告と承知いたしておりますので、その後におけるさらに詳しい調査によりまして、何かこの御報告に訂正するところがありますれば、まずもって御訂正おきを願いたいと思います。
【次の発言】 だいぶ詳しい調査に基づく御報告でありました。それらの御報告を承ってさらに痛感いたし……

第61回国会 災害対策特別委員会 第10号(1969/07/31、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 先般の梅雨前線によります思いがけない大災害に関連いたしまして、会期末の本委員会でもありますので、そうしたことを踏まえまして、ひとつ総括的に私は二、三政府の御方針を承りながら、御要望も申し上げておきたいと思います。  その前に、災害国日本とはいいながらまたしてもこのような、梅雨という年々来る気象でありながらこのような多数の人命を失い、多額の財産を失わなければならないような災害にあいました被害地の皆さんに深く御同情を申し上げますとともに、それなればこそ一そう災害対策につきまして、あらためて政府のいままでにもなく力強い対策を推し進めていただくように、まずもってお願いしておかなければ……

第61回国会 災害対策特別委員会 第13号(1969/09/03、31期、日本社会党)【議会役職】

○金丸委員長代理 次に唐橋東君。

第61回国会 災害対策特別委員会 第14号(1969/10/31、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 だいぶ時間も経過いたしておりますし、本日の主題は北海道における異常気象に伴う農業災害につきましてということでありますが、本年度の特にこの冷害に基づく農業災害は、北海道が一番不安であるように承っておるのでありますが、実は、関東地区におきましてもかなりの被害があるようであります。  私は山梨県でありますが、山梨県のような小さい農業地帯といたしましては、きわめて零細ではありますけれども、この零細な地帯におきましても、たいへん激甚な災害が起きておるのであります。これに関連しまして、実は県のほうから政府に対して要請申し上げておるのでありますが、これはごらんになっておりますかどうか。ある……

第61回国会 逓信委員会 第18号(1969/05/07、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 今回の改正案は、簡保事業の五十年余りの歴史の中でおよそ画期的なものと思われるのであります。申し上げるまでもありませんが、五十余年間、生命保険一筋に終始して、その間いろいろ社会情勢の変革に伴っての苦難はありましても、わが国生命保険事業界の先駆的役割りを果たしながら、また、現在におきましては補完的使命を果たしつつあったのであります。それが、あらためて生命保険以外の傷害保険、身体を対象とする保険事業に手を出すことになった。事業の範囲を拡張したとでも申しましょうか、そういうことに相なるのが今回の改正案だと思うのであります。  そこで私は、簡易生命保険事業がこうした新しい路線を切り開い……

第61回国会 逓信委員会 第35号(1969/07/07、31期、日本社会党)

○金丸(徳)委員 議題となっておりまする簡易郵便局法の一部を改正する法律案につきましては、今日までこさいにわたって検討が加えられております。もう私がお伺いいたすべき余地がないほどにも思えるのでありますが、ただ私は、実は本法を制定いたす時分に当時の逓信省の役人を言いつかっておりまして、現場で働いておりました。また、本法が公布されました直後に逓信省が二つに分かれまして、郵政省、電気通信省となりましたおりに私は郵政事業の一部を受け持つこととなり、簡易保険局長というのを言いつかったのであります。したがいまして、制定当時の事情及び制定直後におけるこの新しい制度の設置及び運営などにつきましては、きわめて深……


金丸徳重[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-30期-|31期|-32期-33期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院31期)

金丸徳重[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-30期-|31期|-32期-33期
第55回国会(1967/02/15〜1967/07/21)

第55回国会 予算委員会第三分科会 第2号(1967/04/20、31期、日本社会党)

○金丸(徳)分科員 私は、だいぶ制約された時間でありまするので、問題をきわめてしぼって大臣にお尋ね申し上げます。  ただいまも問題になっておりましたが、農山村におきまする人口減、それからまた、それに伴いまする労働力の減というようなものが、各地に各種の問題を引き起こしておるようであります。特に山村の人口減、山つきの農村、それから山合いの農業地帯、林業地帯などにおける人口の減がここに数年来きわめて顕著に進行しておるのであります。そして、その原因を見てみますると、もちろん環境が悪いとか所得格差がひどくなるということもあるようでありますが、最近の傾向としましては、打ち続く局地激甚災害などのために、出合……


■ページ上部へ

第58回国会(1967/12/27〜1968/06/03)

第58回国会 予算委員会第五分科会 第2号(1968/03/13、31期、日本社会党)

○金丸(徳)分科員 非常に制約されておる時間の中に、ことに私はきょう割り込ましていただいたわけでございまして、申しわけないことでございますが、当面たいへん大事なことと思いますることが一、二ありまするので、それだけに制約してお尋ねをさせていただきます。  今度、大臣は新治水五カ年計画をお立てになられました。それから、従来からの道路計画の強い施策の実現と相まちまして産業経済の上に新時代といいますか、国土保全、開発の上に新時代を画されることになったのでありますが、こうした大事業を遂行する上において、やはり一番ガンになりますのは用地の取得であろう。ことにこうして地価がどんどん上がってきますと、地方にお……

第58回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1968/03/13、31期、日本社会党)

○金丸(徳)分科員 私は、富士岳麓に横たわっております東富士演習場、北富士演習場に関連いたしまして、従来米軍が使っておったのを、もう御用済みとでもいいますか、返還するという意向が伝えられ、そして国のほうでは、これを自衛隊に引き継いで自衛隊で使うという意向が漏らされておるのに対しまして、現地におきましては、これをこの際平和利用といいますか、文化利用といいますか、演習場というようなものでなく使いたいという意向が日に日に熾烈になってまいりました。その要望が盛んになってまいりました。そらした両者の意向の食い違いからいたしまして、今日までたびたび思わざる事故などを起こしておるのでありますが、防衛庁におき……


■ページ上部へ

第61回国会(1968/12/27〜1969/08/05)

第61回国会 予算委員会第五分科会 第3号(1969/02/26、31期、日本社会党)

○金丸(徳)分科員 私は、こうした機会において、郵政大臣が主管なさっておられます郵政事業また電信電話事業、電波関係などの諸般の問題のうちの二、三を取り出して大臣の所懐をお伺いしたかったのでありますが、いかんせんたいへん制約されておる時間でありますので、中途はんぱになってはいけません。本日は、ただ一つの点についてだけ大臣の考えをお伺いいたし、また事務当局からの説明もいただきたいと思います。  実は、その前に、大臣御就任直後に郵政事業全般として非常に人的要素の大事な仕事であるから、人間関係について大臣の特段なる御配慮をいただきたいという要望をかねて申し上げておきました。それに対しまして大臣からたい……

第61回国会 予算委員会第四分科会 第1号(1969/02/24、31期、日本社会党)

○金丸(徳)分科員 たいへん制約された時間の中でありますから、きわめて端的にお伺いをいたすのでありますが、政府はさきに総合農政ということをいわれておりますが、総合農政というねらいは、あるいはその実態は、どんなことでありましょうか。ごくわかりやすく、お百姓さんにもなるほどといわれるような形で御説明をまず願いたいと思うのであります。
【次の発言】 そうしますと、総合農政ということはいままでとちっとも変わらない、何にも新味がない、何も薪事態に処すべき政策でもないように受け取れるのでありますが、実は生産農家のほうはそうは受け取っておりませんので、たまたま米が余り出した、そこで何か他にかわるべきものをさ……

第61回国会 予算委員会第二分科会 第5号(1969/02/28、31期、日本社会党)

○金丸(徳)分科員 たいへん時間がおそくなりまして、主査にも御当局の関係の皆さん方にもたいへんお疲れのところを御迷惑になると思いますが、さしむきこの段階においてぜひ伺っておかなければという問題がありますので、それだけをお尋ねさしていただきまして、きょうはなるべく早く切り上げようと思います。  実は、もうあらためて申し上げるまでもございませんけれども、富士岳麓の北富士演習場に関連いたしまして、先般米軍との折衝の結果もあってのことと思いますが、県当局に対して米軍から返還されるので今後の処置についての何らかの申し入れがあったように私は新聞で見ておるのでありますが、その間のいきさつ、それから、これから……



金丸徳重[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-30期-|31期|-32期-33期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

金丸徳重[衆]在籍期 : 28期-30期-|31期|-32期-33期
金丸徳重[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院議員(五十音順) 31期衆議院議員(選挙区順) 31期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊