村上弘 衆議院議員
33期国会発言一覧

村上弘[衆]在籍期 : |33期|-35期-36期-38期
村上弘[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは村上弘衆議院議員の33期(1972/12/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は33期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院33期)

村上弘[衆]本会議発言(全期間)
|33期|-35期-36期-38期
第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

第71回国会 衆議院本会議 第5号(1973/01/30、33期、日本共産党・革新共同)

○村上弘君 私は、日本共産党・革新共同を代表し、田中内閣の施政方針に対して幾つかの質問を行ないます。  いま、内外情勢は重大な転機を迎えており、国民は新しい政治への転換を強く求めております。総理も施政方針演説の中で、人間性を回復した平和な新しい日本をつくるために、国民のための政治を決断し、実行いたしますと述べております。だが、重要なことは、国民のための政治、新しい日本の具体的内容であります。  対米従属の日米関係を堅持し、大資本奉仕の経済政策を続け、軍国主義復活強化の道をさらに進めることがそれなのか。それとも、今日までの自民党政治を根本的に改めて、多くの国民が願っている平和、中立の日本、国民生……

村上弘[衆]本会議発言(全期間)
|33期|-35期-36期-38期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院33期)

村上弘[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|33期|-35期-36期-38期
第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

第71回国会 議院運営委員会 第47号(1973/07/03、33期、日本共産党・革新共同)

○村上(弘)委員 ただいま中川理事も言われましたが、院の決議を全会一致でやるということは非常に大事なことだと思います。院がまさに主権者としての国民の意思を代表する最高の機関として国民の意思表示をやろうという場合に、各会派が完全に一致して意思表示をするというところに、その院の決議の最大の権威というものがあるわけであって、それぞれの決議案について、そのときどきいろいろな事情があって、よしあしにかかわらず一致しない場合があるときに、最大の配慮をして、一致しない場合にはそれを院の決議として、院の意思として発表することを差し控えてきたということは、真に主権者である国民のすべての意思を尊重するということか……

第71回国会 建設委員会 第19号(1973/06/12、33期、日本共産党・革新共同)

○村上(弘)委員 都市緑地保全法案と、それに関連して幾つかの質問を行ないたいと思います。  まず第一に、大都市、特に大阪、東京など大きな都市とその周辺の緑や自然はいまどうなりつつあるか。もしこれをほっておいたらどういうことになるか。法案を提出されておる政府当局の現状認識はどんなものか、こういうことについて少しお聞きしておきたいと思うのです。これは五月九日のある新聞の社説ですが、こういうふうにいっています。「大都会や工業地域の自然は、もはや手もつけられないほどみじめであり、人間の生存に必要な最低限の自然をよみがえらせるために、必死で緑化運動などが行なわれている。」自然環境保全法が四月から施行され……


■ページ上部へ

第74回国会(1974/12/09〜1974/12/25)

第74回国会 予算委員会 第2号(1974/12/19、33期、日本共産党・革新共同)

○村上(弘)委員 私は、日本共産党・革新共同を代表して、三木内閣の政治姿勢、それから民主主義、とりわけ暴力一掃の問題、暮らしと経済の問題などについて御質問いたします。  本題に入る前に、けさ方のニュースで御承知のように、昨夜、三菱石油の水島の製油所において、二七〇番タンクからC重油が流出して、これはいままでの最大の流出量で、瀬戸内海全体に広がる量であるようです。これは私の郷里瀬戸内海のことでもあるわけですが、この問題について通産大臣に緊急にお尋ねしたいのですが、政府はどのような措置をとられたか、この点をまずお聞したいと思います。
【次の発言】 流出はとまったかもしれませんが、それが広がると火災……


村上弘[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|33期|-35期-36期-38期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院33期)

村上弘[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|33期|-35期-36期-38期
第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

第71回国会 予算委員会第二分科会 第5号(1973/03/08、33期、日本共産党・革新共同)

○村上(弘)分科員 同和問題についてお尋ねします。  言うまでもなく、部落差別を撤廃することはたいへん重要なことですが、そのためには、まず第一に部落の住民の要求によくこたえること。当面、長期計画を早く策定してこれを実行すること。第二には、この実行にあたって公正であるということ。いやしくも差別を撤廃する行政が、新たな差別を許したり生み出したりするようなことがあってはならない。第一の問題については、きのうも解同の正常化全国連絡会議の代表の方々が各省庁に要求をいたしております。これの実現に、政府各関係当局が大いに努力をされたいことをまず要望いたしまして、きょう私は主として第二の問題、つまり同和対策を……



村上弘[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|33期|-35期-36期-38期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

村上弘[衆]在籍期 : |33期|-35期-36期-38期
村上弘[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院議員(五十音順) 33期衆議院議員(選挙区順) 33期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。