二田孝治 衆議院議員
39期国会発言一覧

二田孝治[衆]在籍期 : 38期-|39期|-40期-41期-42期-43期-44期
二田孝治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは二田孝治衆議院議員の39期(1990/02/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は39期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院39期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
二田孝治[衆]本会議発言(全期間)
38期-|39期|-40期-41期-42期-43期-44期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院39期)

二田孝治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
38期-|39期|-40期-41期-42期-43期-44期
第118回国会(1990/02/27〜1990/06/26)

第118回国会 災害対策特別委員会 第4号(1990/04/26、39期、自由民主党)

○二田委員 自由民主党を代表いたしまして質問をさせていただきます。主に大臣の所信表明に関することを中心にしながらいたしたいと思います。  まず最初に、震災対策につきまして質問をいたしたいと思います。災害のうちでも、起きました場合に一番被害が大きく、また、予知の困難なのは地震ではないか、そう思うわけでございます。例えば、昭和五十八年の秋田県を中心に襲いました地震でございますけれども、日本海中部大地震、国土庁長官であります佐藤大臣もこのときお見えになりまして、つぶさにその状況をごらんになりました。私も当時県会議員でございましたので、先生と一緒に、お供をいたしながら私の町にも来ていただきまして、大変……

第118回国会 災害対策特別委員会 第8号(1990/10/05、39期、自由民主党)【議会役職】

○二田委員長代理 有川清次君。

第118回国会 農林水産委員会 第7号(1990/03/28、39期、自由民主党)

○二田委員 ただいまの穂積議員のお話にもありましたけれども、国営総合開発事業につきましては秋田県でもたくさんの問題を抱えておったわけでございます。幾多の事業変遷があったわけでございますけれども、昭和三十七年から平成二年三月末で事業完了ということに相なったわけでございます。長期にわたります事業の関係上、いろいろな農業の変遷もあった、そしてまたいろいろな事情があったということから大変変更があったわけでございますので、どうかひとつ農水省もこの点につきましては十分に配慮しながら事後措置等についてお願い申し上げたいと思います。この件については答弁は必要ございません。  また、いろいろな国営干拓事業につき……


■ページ上部へ

第120回国会(1990/12/10〜1991/05/08)

第120回国会 災害対策特別委員会 第2号(1991/01/18、39期、自由民主党)【議会役職】

○二田委員長代理 これより会議を開きます。  委員長の指名によりまして、私が委員長の職務を行います。よろしくお願い申し上げます。  お諮りいたします。  委員長三ツ林弥太郎君より、委員長を辞任いたしたい旨の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、辞任を許可することに決しました。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの松前仰君の動議に御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、高村正彦君が委員長に御当選になりました。  委員長に本席を譲ります。

第120回国会 農林水産委員会 第10号(1991/04/16、39期、自由民主党)

○二田委員 大臣が退席いたしましたので、私どもと同期であります杉浦次官から今いろいろと御答弁をいただきたいと思います。  食品は、申すまでもありませんけれども大変大事なものでありまして、一番人間にとって必要な基礎的な物質であります。そしてまた、その供給を支える農林水産業その他の関連産業につきましては、産業全体として見てみましても、総生産額が四十兆円を超え、実に国民総生産の約一割を占めておるということでございます。しかも食品流通業は十四兆円と、そのうちの約三分の一を占めておるのが現状でございます。また、食品流通というのは、その役割を見ましても、国民に対する食品の供給という重大な使命を担うだけでは……

第120回国会 農林水産委員会 第15号(1991/07/04、39期、自由民主党)

○二田委員 大臣におかれましては、諮問案の作成、本当に御苦労さまでございました。ゆうべは恐らく寝ないで頑張ってもらったことだと心から感謝申し上げる次第でございます。  今回は、私どもにとりまして大変残念でございますけれども、〇・六五%、約百八円の米価を値下げする諮問案でございます。これも、今いろいろ米の自由化の問題が論議されておりますときに、内外価格差を埋める一つの手段でもある、こう思って納得させてもらうわけでございます。  ところで、我が国の農業の主幹であり、そしてまた国民の主食たる米については、国内自給方針を堅持し、市場開放は断じて行うべきではない、私はこう思うわけでございます。しかしなが……


■ページ上部へ

第121回国会(1991/08/05〜1991/10/04)

第121回国会 農林水産委員会 第3号(1991/10/16、39期、自由民主党)

○二田委員 今回の台風十九号は各地に大きな被害をもたらしました。私、秋田でございますので、大抵台風というのは秋田まで参らないのでございますけれども、今回は特例で、大変勢力を保ったまま秋田沖から上陸をしてしまったというような状況でございます。その結果、家屋や施設、人命にまで及んだ大被害を及ぼしました。私の出身町におきましても、私どもの役場の人間が見回りに行っておりますうちに、何か飛んできたものに腹を刺されてとうとい人命を失った。各地にそんな状況が発生した、大きな被害をもたらした台風であったわけでございます。  その中でも、特に、ちょうど収穫期を迎えております農作物に対する農業被害というのが非常に……


■ページ上部へ

第122回国会(1991/11/05〜1991/12/21)

第122回国会 農林水産委員会 第1号(1991/11/14、39期、自由民主党)【政府役職】

○二田政府委員 このたび、農林水産政務次官を拝命いたしました二田孝治でございます。  我が国の農林水産行政は、幾多の重要な課題を抱えておりますが、田名部大臣を補佐いたしまして、全力を傾けて諸課題に当たりたいと存じております。  委員各位の御支援のほどをお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。よろしくお願いします。(拍手)


■ページ上部へ

第123回国会(1992/01/24〜1992/06/21)

第123回国会 農林水産委員会 第1号(1992/02/25、39期、自由民主党)【政府役職】

○二田政府委員 平成四年度農林水産予算の概要を御説明申し上げます。  平成四年度一般会計予算における農林水産予算の総額は、関係省庁所管分を含めて、三兆三千百十八億円となっております。その内訳は、公共事業費が一兆七千五百二十五億円、非公共事業のうちの一般事業費が一兆二千百七十二億円、食糧管理費が三千四百二十一億円であります。  予算の編成に当たっては、財政及び行政の改革の推進方向に即し、予算の重点的かつ効率的な配分により各種施策の充実を図り、農林水産行政を着実かつ的確に展開できるよう努めたところであります。  以下、予算の重点事項について御説明申し上げます。  第一は、二十一世紀に向けて先進的農……

第123回国会 農林水産委員会 第4号(1992/03/24、39期、自由民主党)【政府役職】

○二田政府委員 鳩山先生の御質問にお答えいたしたいと思います。  平成四年度の加工原料乳の保証価格につきましては、先生御案内のとおり、加工原料乳生産者補給金等暫定措置法、いわゆる不足払い法に基づいて、生乳の生産条件や需給事情その他の経済事情を考慮して、加工原料乳地域の生乳の再生産を確保することを旨として決めることにしております。  加工原料乳地帯でありますところの北海道の最近の酪農事情を見ますと、ぬれ子等の販売価格が低落しております。しかし、一方で生乳生産が着実に増加する等の状況にあります。  いずれにいたしましても、このような点に十分留意しながら、畜産振興審議会の意見を聞いて三月末までに適正……

第123回国会 農林水産委員会 第13号(1992/06/25、39期、自由民主党)【政府役職】

○二田説明員 ただいま倉田委員からお話しのとおり、生産者が再生産に意欲を持って取り組む米価ということはやはり今後非常に大事なことじゃないか、こう思うわけでございます。しかし、生産者が意欲を持つということは、単に価格政策のみばかりじゃなく、やはりそれに付随する構造政策や生産対策等いろいろな施策を講じていく必要があるのではないか、そういう連携のもとに初めて将来展望の開ける農政というものが志向されていくものだ、こう思うわけでございます。  それから、米価政策の運営に当たりましては、依然として大きな需給ギャップがあるんだということを認識していただかなければならない。そうなりますと、食糧管理法の規定に基……


■ページ上部へ

第126回国会(1993/01/22〜1993/06/18)

第126回国会 商工委員会 第2号(1993/02/17、39期、自由民主党)【政府役職】

○二田政府委員 昨年、経済企画政務次官に就任いたしました二田孝治でございます。  船田長官を補佐して精いっぱい努めてまいりたいと思いますので、本委員会の皆様の御支援、御協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。(拍手)


二田孝治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
38期-|39期|-40期-41期-42期-43期-44期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院39期)

 期間中、各種会議での発言なし。

二田孝治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
38期-|39期|-40期-41期-42期-43期-44期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

二田孝治[衆]在籍期 : 38期-|39期|-40期-41期-42期-43期-44期
二田孝治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院議員(五十音順) 39期衆議院議員(選挙区順) 39期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。