伊藤達也 衆議院議員
40期国会発言一覧

伊藤達也[衆]在籍期 : |40期|-41期-42期-43期-44期-46期-47期-48期-49期
伊藤達也[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは伊藤達也衆議院議員の40期(1993/07/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は40期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院40期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
伊藤達也[衆]本会議発言(全期間)
|40期|-41期-42期-43期-44期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院40期)

伊藤達也[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|40期|-41期-42期-43期-44期-46期-47期-48期-49期
第129回国会(1994/01/31〜1994/06/29)

第129回国会 商工委員会 第4号(1994/06/01、40期、日本新党)【議会役職】

○伊藤(達)委員長代理 早川勝君

第129回国会 商工委員会 第5号(1994/06/03、40期、日本新党)【議会役職】

○伊藤(達)委員長代理 坂上富男君。
【次の発言】 西川太一郎君。

第129回国会 商工委員会 第7号(1994/06/10、40期、日本新党)【議会役職】

○伊藤(達)委員長代理 続きまして、大畠章宏君。


■ページ上部へ

第131回国会(1994/09/30〜1994/12/09)

第131回国会 商工委員会 第2号(1994/10/21、40期、改革)

○伊藤(達)委員 東京の第十一区、いわゆる多摩地域から選出をしていただいて、今回初めて質問させていただきます伊藤達也でございます。私は当選してまだ一年三カ月の新米の議員でありますので、一生懸命質問させていただきますから、どうかよろしくお願いを申し上げます。  いただいた貴重な時間の中で、私は、これからの日本が経済の空洞化というものを防いでどうやって活力というものを維持していくのか、そのためにこれからどういう産業政策を日本は持っていかなければいけないのか、あるいは産業の体質、経済の体質、これをどういうふうに改善していったらいいのか、そういう問題を中心にお伺いをさせていただきたいと思います。そして……

第131回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第3号(1994/10/26、40期、改革)

○伊藤(達)委員 改革の伊藤達也でございます。どうかよろしくお願い申し上げます。  今までの質問の中で、私たちは、政治と金のおぞましい関係を断ち切って国民の信頼を取り戻す、そして政治が本来果たくなければいけないそういう機能を十分発揮できるような政治風土をつくっていかなければいけない、しかしまだまだいろいろな大きな課題があるのだ、そういう議論が与野党ともにあったと思います。そして、それに向かってみんなで一生懸命頑張っていきたい、そういう情熱も確認できたのではないかなというふうに思います。  私は、与えられた貴重な時間の中で、より具体的な問題、特に政治腐敗について少しお伺いをさせていただきたいとい……


■ページ上部へ

第132回国会(1995/01/20〜1995/06/18)

第132回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第7号(1995/05/30、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 新進党の伊藤達也でございます。本委員会では初めて質問させていただきますので、要領を得ない質問もあろうかと思いますが、 どうかよろしくお願い申し上げます。  まず初めに、高村長官の方にお尋ねをしたいわけでありますが、本委員会でも参考人の方に来ていただきまして、円高の問題についていろいろ御意見を伺ったわけであります。議事録をお読みだと思うのですが、各参考人からは、今のこの内外価格差の問題について一体どういう基本的な背景があるのか、そして、この問題についてどういう対応策を立てていったらいいのか、かなり具体的な御意見をいただけたのではないかというふうに思っております。  多くの参考人……

第132回国会 予算委員会 第5号(1995/01/31、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 伊藤達也でございます。本日は、本当に長時間にわたって御苦労さまでございます。最後の質問者でありますので、どうかよろしくお願いを申し上げます。  私からも、今回の阪神大震災の対応についてまず初めにお伺いをさせていただきたいと思います。  その中でも危機管理の問題、この点について総理に直接お伺いをさせていただきたいわけでありますが、きょうのある新聞の世論調査を見ても、日本の今の危機管理、この体制について早急に強化をしてもらいたい、そういうふうに思う国民の方々が九割もおられる、こういう結果が出ておりました。  今多くの国民の方々が、早く危機管理の体制というものを充実をして、そして総……

第132回国会 予算委員会 第26号(1995/04/20、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 新進党の伊藤達也でございます。  関連の質問をさせていただく前に、私からも、今回の一連の有毒ガスの事件において命を落とされた皆様方に対して心から御冥福をお祈り申し上げますとともに、被害に遭われた方、負傷された方々に対しお見舞いを申し上げる次第であります。  まず最初に質問させていただきたいわけでありますが、昨日起きました横浜での事件についてお伺いをさせていただきたいと思います。  この事件について、地下鉄サリン事件との関係、あるいはこの事件との類似性というものがあるのかどうか、そういうことを踏まえて、今までの捜査状況について御報告願いたいと思います。よろしくお願いします。


■ページ上部へ

第134回国会(1995/09/29〜1995/12/15)

第134回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第2号(1995/11/07、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 新進党の伊藤達也でございます。  経済構造の改革、そして経済運営について質疑をさせていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願い申し上げます。  そこで、まず宮崎長官にお尋ねを申し上げたいのですが、さきの予算委員会の集中審議で長官にお尋ねさせていただいたことを、もう一度、恐縮でございますがお伺いをさせていただきたいと思います。  それは、長官は、今まで相当規模の経済対策、景気対策を打ってきた、実施をしてきた、にもかかわらず景気の回復のスピードが上がらないのは、公共投資から消費、そして設備投資とつながる民間の需要へのバトンタッチがうまくいかないところに大きな問題があるんだ、……

第134回国会 予算委員会 第5号(1995/10/26、40期、新進党・民主会議)

○伊藤(達)委員 新進党・民主会議の伊藤達也でございます。  私は、金融の問題も含む村山政権の経済運営、そして景気対策について、総理を初め関係の閣僚の皆様方に質問をさせていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願い申し上げます。  まず、総理にお尋ねを申し上げたいのですが、一連の経済対策、この効果の問題についてでありますが、与党の議員からも、総合的な経済対策の視点から何かワサビが抜けたような感じがするんだ、あるいは政治生命をかけて本当に本気になってこの経済対策をやっていかなければいけない、厳しい認識が示されているわけであります。  私たち新進党についても、まだまだ経済対策としてやらなきゃい……


■ページ上部へ

第136回国会(1996/01/22〜1996/06/19)

第136回国会 規制緩和に関する特別委員会 第8号(1996/05/22、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 新進党の伊藤達也でございます。私は、東京の三多摩選出の一年生議員でありますが、引き続き質問をさせていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願いを申し上げます。  先生方の今までの議論をお伺いしまして、大変本質的な、今までの規制緩和の具体的な問題点、そして課題についてお話がありました。私自身、いろいろ今までの先生方の議論をお伺いして、本当に何のための規制緩和をしなければいけないのか、そのための国づくりをどうやって進めていかなければいけないのか。正村先生からも御指摘がありましたように、政治家個人だけではなくて、政党もこの点について明確に自分たちの方向性を明らかにして、そして先……

第136回国会 予算委員会 第8号(1996/02/07、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 新進党の伊藤達也でございます。私も住専の問題を中心に質疑をさせていただきたいというふうに思っております。  予算委員会を通じて、橋本総理も、やはり今回の住専の処理に当たってどれだけ国民の方々がその審議の中の答弁を通じて理解をしていただいているのか、今の世論を大変気になされているのではないかというふうに思います。  きょうの新聞を幾つか拾ってみますと、例えば日本経済新聞「「住専」答弁矛盾だらけ」「一次損失負担どう算出 場当たり浮き彫り」「一次損失一兆円余圧縮 「回収体制強化で」」「農林系の負担根拠は 理由はあとから?」、毎日新聞は「最初にありき?「五三〇〇億円」」「農林系優遇 ……

第136回国会 予算委員会 第20号(1996/02/28、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 おはようございます。新進党の伊藤達也でございます。  当委員会では三回目の質問になりますが、住宅金融専門会社の問題を中心に質問をさせていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願いを申します。  まず、住専の不良債権への暴力団の関与の問題についてお伺いをさせていただきたいと思います。  この問題は、国民の関心も極めて高く、当委員会においても与野党ともに熱心にその実態の解明に努めてきたところでありますが、債権回収の過程に暴力団等が関与、介入した事件にどのようなものがあるのか、また、暴力団等が絡んだ事件の概要に関する資料を当委員会に提出をお願いしたいと思いますが、警察庁、法務省……


伊藤達也[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|40期|-41期-42期-43期-44期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院40期)

伊藤達也[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|40期|-41期-42期-43期-44期-46期-47期-48期-49期
第136回国会(1996/01/22〜1996/06/19)

第136回国会 予算委員会公聴会 第1号(1996/02/22、40期、新進党)

○伊藤(達)委員 新進党の伊藤達也でございます。  公述人の先生方には、本日は大変貴重な御意見を賜りまして、本当にありがとうございます。  政治改革の大きな目的の一つは、今の政治の世界に競争原理を導入をして、政党や政治家というものがお互いに政策というものを相競い合いながら二十一世紀に向けての具体的な日本のあり方というものをつくり出していく、そういうことだろうというふうに思います。そういう意味で、先生方の貴重な意見というものを生かしてこれからの国会での論議というものを充実をさせてまいりたいと思いますので、どうかよろしくお願い申し上げます。  まず初めに、島田先生に続けてお話をお伺いしたいわけであ……



伊藤達也[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|40期|-41期-42期-43期-44期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

伊藤達也[衆]在籍期 : |40期|-41期-42期-43期-44期-46期-47期-48期-49期
伊藤達也[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院議員(五十音順) 40期衆議院議員(選挙区順) 40期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。