山花郁夫 衆議院議員
42期国会活動統計

山花郁夫[衆]在籍期 : |42期|-43期-45期-48期
山花郁夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは山花郁夫衆議院議員の42期(2000/06/25〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は42期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院42期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第148回国会
(特別:2000/07/04-2000/07/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第149回国会
(臨時:2000/07/28-2000/08/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第150回国会
(臨時:2000/09/21-2000/12/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2001/01/31-2001/06/29)
2回
4145文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第152回国会
(臨時:2001/08/07-2001/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第153回国会
(臨時:2001/09/27-2001/12/07)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第154回国会
(通常:2002/01/21-2002/07/31)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第155回国会
(臨時:2002/10/18-2002/12/13)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2003/01/20-2003/07/28)
3回
11484文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第157回国会
(臨時:2003/09/26-2003/10/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



42期通算
(2000/06/25-2003/11/08)
5回
15629文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


山花郁夫[衆]本会議発言(全期間)
|42期|-43期-45期-48期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院42期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第148回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

8回
(0回)
1回
(0回
0回)
4936文字
(0文字
0文字)

45回
(0回)
6回
(0回
0回)
28084文字
(0文字
0文字)

37回
(0回)
8回
(0回
0回)
51805文字
(0文字
0文字)

第152回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

18回
(0回)
6回
(0回
0回)
39900文字
(0文字
0文字)

47回
(0回)
5回
(0回
0回)
53734文字
(0文字
0文字)

30回
(15回)
7回
(0回
0回)
43333文字
(0文字
0文字)

42回
(33回)
26回
(0回
0回)
209253文字
(0文字
0文字)

3回
(2回)
1回
(0回
0回)
4968文字
(0文字
0文字)


42期通算
233回
(50回)
60回
(0回
0回)
436013文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第148回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
1550文字
(0文字
0文字)

8回
(0回)
1回
(0回
0回)
3406文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
2回
(0回
0回)
13256文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
6710文字
(0文字
0文字)


42期通算
14回
(0回)
5回
(0回
0回)
24922文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
105回
(50回)
39回
(0回
0回)
法務委員会

2位
60回
(0回)
11回
(0回
0回)
内閣委員会

3位
36回
(0回)
4回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

4位
15回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会

5位
8回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会

6位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
経済産業委員会

6位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
厚生労働委員会

8位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
総務委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
建設委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
9回
(0回)
2回
(0回
0回)
憲法調査会

2位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会図書館運営小委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第四分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第七分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

法務委員会(第155回国会)
法務委員会(第156回国会)
法務委員会(第157回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

山花郁夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|42期|-43期-45期-48期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院42期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)0本
第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)0本
第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)2本
第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)1本
第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)0本
第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)0本
第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)0本
第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)0本
第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)1本
第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)0本


42期通算(2000/06/25-2003/11/08)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第150回国会(2000/09/21〜2000/12/01)

公職選挙法の一部を改正する法律案(参議院提出、参法第七号)に関する質問主意書

第150回国会 衆議院 質問主意書 第18号(2000/10/24提出、42期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
公職選挙法の一部を改正する法律案(参議院提出、参法第七号)によると、参議院議員の選挙につき、いわゆる拘束名簿式投票方法に代えて非拘束名簿式の投票方法を採用することとしているが、その投票に際して、公職の候補者たる参議院名簿登載者の氏名を自書することを原則とし、参議院名簿届出政党等の届出に係る名称又は略称を自書することができるとしたうえで、公職の候補者たる参議院名簿登載者の氏名を記載した得票は参議院名…
答弁内容
一から四までについて
お尋ねにある法律案は、参議院議員により発議され、国会の両院での審議を経て法律として成立したものであり、この法律を誠実に執行するのが政府に課せられた責務であることから、政府としてはお尋ねの憲法適合性についてお答えする立場にない。
五及び七について
参議院名簿届出政党等が除籍処分を行うなどによって当選人となった参議院名簿登載者の党籍を失わせること又は当選人となった参議院名簿…

東京鉄道立体整備株式会社および小田急小田原線連続立体交差事業に関する質問主意書

第150回国会 衆議院 質問主意書 第20号(2000/10/25提出、42期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
第一 東京鉄道立体整備株式会社について
一 国がNTT−A資金を交付していた東京鉄道立体整備株式会社(以下第三セクターという)は、本年三月解散したが、その理由は何か。
二 平成十一年第三セクターは設立当初、連続立体交差事業の施行とともに、駅ビル(経堂、成城学園前)の建設およびその賃貸等の不動産事業を中心に、色々な営利事業を目的として事業計画を立てていたが、その事業内容を具体的に明らかにされたい…
答弁内容
第一の一について
お尋ねの東京鉄道立体整備株式会社(以下「第三セクター」という。)については、東京都が平成十年十二月に策定した「東京都行政改革プラン」において行政改革の一環として統廃合を検討することとされたことから、東京都の所管部局において検討した結果、解散の方針が決定され、平成十二年三月二十八日に開かれた第三セクターの臨時株主総会の議決を経て、同年四月一日をもって解散されたものであるが、解散に…

■ページ上部へ

第151回国会(2001/01/31〜2001/06/29)

小田急小田原線連続立体交差事業に関する質問主意書

第151回国会 衆議院 質問主意書 第64号(2001/05/10提出、42期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
小田急小田原線(梅ヶ丘駅−代々木上原駅)の線増連続立体交差事業(以下本件事業という)について、最近東京都議会および地元の世田谷等の区議会において、右区間についてはごく一部掘割にする他は全線(急行、緩行等)二線二層の地下方式で東京都が施工する都市計画素案をまとめたと公表され、東京都等は、本年四月十日より十二日まで、下北沢等地元三ヶ所において、右についての説明会を実施した。
しかし、この事業について…
答弁内容
一について
東京都に聞いたところ、小田急小田原線の代々木上原駅から梅ヶ丘駅までの区間(以下「本件区間」という。)における既設線の連続立体交差化及び複々線化に係る事業(以下「本件事業」という。)の事業費は総額約千四百億円と試算しているとのことである。また、本件事業については、地下方式と高架方式のいずれを採用してもその事業費はほとんど変わらないが、地形上の制約、既設の鉄道施設等への影響等を総合的に判…

■ページ上部へ

第156回国会(2003/01/20〜2003/07/28)

JR中央線等においてなされている線増連続立体交差事業に関する質問主意書

第156回国会 衆議院 質問主意書 第27号(2003/02/24提出、42期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
JR中央線(三鷹〜立川間)、西武池袋線(桜台〜石神井公園間)、小田急小田原線(梅ヶ丘〜喜多見間)においてなされている線増連続立体交差事業(以下「連立事業」という)にかかわる以下の点について質問する。
一 連立事業調査の主体(委託されて現実に調査したものを含む)および時期を明らかにされたい。
二 1 一の調査に対し、道路特定財源より国の補助金が交付されているが、その交付決定主体と時期、および金額…
答弁内容
一について
東日本旅客鉄道株式会社中央線の三鷹駅付近から立川駅付近までの区間(以下「JR中央線区間」という。)、西武鉄道株式会社池袋線の桜台駅付近から石神井公園駅付近までの区間(以下「西武池袋線区間」という。)及び小田急電鉄株式会社小田原線の梅ヶ丘駅付近から喜多見駅付近までの区間(以下「小田急小田原線区間」という。)における既設線の連続立体交差化及び複々線化に係る調査(以下「事業調査」という。)…

山花郁夫[衆]質問主意書(全期間)
|42期|-43期-45期-48期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院42期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第149回国会、初出日付:2000/08/03、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第150回国会、初出日付:2000/10/24、質問主意書より)
民主党・無所属クラブ (第151回国会、初出日付:2001/03/01、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第153回国会、初出日付:2001/10/19、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第154回国会、初出日付:2002/04/03、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第155回国会、初出日付:2002/10/30、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第156回国会、初出日付:2003/02/14、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第157回国会、初出日付:2003/10/03、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院42期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

山花郁夫[衆]在籍期 : |42期|-43期-45期-48期
山花郁夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院議員(五十音順) 42期衆議院議員(選挙区順) 42期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊