寺田学 衆議院議員
44期国会活動統計

寺田学[衆]在籍期 : 43期-|44期|-45期-47期-48期
寺田学[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは寺田学衆議院議員の44期(2005/09/11〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は44期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院44期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第163回国会
(特別:2005/09/21-2005/11/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第164回国会
(通常:2006/01/20-2006/06/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第165回国会
(臨時:2006/09/26-2006/12/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2007/01/25-2007/07/05)
1回
2045文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第167回国会
(臨時:2007/08/07-2007/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第168回国会
(臨時:2007/09/10-2008/01/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第169回国会
(通常:2008/01/18-2008/06/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第170回国会
(臨時:2008/09/24-2008/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第171回国会
(通常:2009/01/05-2009/07/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



44期通算
(2005/09/11-2009/08/29)
1回
2045文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


寺田学[衆]本会議発言(全期間)
43期-|44期|-45期-47期-48期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院44期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


30回
(0回)
2回
(0回
0回)
6182文字
(0文字
0文字)

77回
(6回)
8回
(0回
0回)
47950文字
(0文字
0文字)

39回
(11回)
9回
(0回
0回)
72818文字
(0文字
0文字)

38回
(26回)
8回
(0回
0回)
52455文字
(0文字
0文字)

第167回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

14回
(0回)
4回
(0回
0回)
25440文字
(0文字
0文字)

39回
(0回)
7回
(0回
0回)
55861文字
(0文字
0文字)

14回
(0回)
1回
(0回
0回)
10599文字
(0文字
0文字)

32回
(0回)
8回
(0回
0回)
51876文字
(0文字
0文字)


44期通算
284回
(44回)
47回
(0回
0回)
323181文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


10回
(0回)
1回
(0回
0回)
7041文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
2回
(0回
0回)
11073文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
13196文字
(0文字
0文字)

第171回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


44期通算
16回
(0回)
5回
(0回
0回)
31310文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
136回
(38回)
35回
(0回
0回)
総務委員会

2位
55回
(0回)
1回
(0回
0回)
議院運営委員会

3位
25回
(0回)
2回
(0回
0回)
決算行政監視委員会

4位
15回
(6回)
2回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

5位
12回
(0回)
3回
(0回
0回)
財務金融委員会

6位
10回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会

7位
7回
(0回)
0回
(0回
0回)
厚生労働委員会

8位
5回
(0回)
2回
(0回
0回)
内閣委員会

9位
4回
(0回)
1回
(0回
0回)
文部科学委員会

9位
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
教育基本法に関する特別委員会

11位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
災害対策特別委員会

11位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
安全保障委員会

11位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
環境委員会

11位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会

15位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会

15位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会

15位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
国土交通委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
9回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会衆議院事務局等の改革に関する小委員会

2位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第二分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第六分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第一分科会

3位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会(第164回国会)
総務委員会(第165回国会)
総務委員会(第166回国会)
総務委員会(第167回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

寺田学[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-45期-47期-48期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院44期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)2本
第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)0本
第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)0本
第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)0本
第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)0本
第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)0本
第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)1本
第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)0本
第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)0本


44期通算(2005/09/11-2009/08/29)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第163回国会(2005/09/21〜2005/11/01)

コンタクトレンズ購入時等における眼科検診に関する質問主意書

第163回国会 衆議院 質問主意書 第12号(2005/10/07提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
我が国のコンタクトレンズ装用者数は一五〇〇万人にも上るといわれている。現在では、通信販売や量販店の増加により、眼科に行かなくとも簡単かつ安価でコンタクトレンズを購入できるようになっており、コンタクトレンズ使用者にとって非常に便利になってきている。しかし、その一方でコンタクトレンズの販売のあり方については様々な問題点がある。よって以下の事項について質問する。
一 現行の薬事法上、コンタクトレンズを…
答弁内容
一の1について
薬事法(昭和三十五年法律第百四十五号)第二条第五項において、高度管理医療機器とは、医療機器であって、副作用又は機能の障害が生じた場合(適正な使用目的に従い適正に使用された場合に限る。)において人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものと規定されている。コンタクトレンズは、適…

ペットボトルのリサイクル等に関する質問主意書

第163回国会 衆議院 質問主意書 第13号(2005/10/07提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(以下、「法」という)は、Reduce(廃棄物の発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再資源化)の3Rを掲げている。以来、ペットボトルの軽量化はすすんでいるものの、総生産量は法施行以降も年々増加傾向にあり「Reduce(廃棄物の発生抑制)」への取組は不十分である。そこで、
1 ペットボトルの生産量が毎年増加していることについて…
答弁内容
一について
PETボトルリサイクル推進協議会の調べによれば、ペットボトル(飲料又はしょうゆを充てんするためのポリエチレンテレフタレート製の容器をいう。以下同じ。)に用いる樹脂の生産量は、容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(平成七年法律第百十二号。以下「法」という。)の規定のうちペットボトルに係る再商品化の実施に係る部分が施行された平成九年においては二十一万八千八百六トンであり…

■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

政府所管公益法人に対する地方自治体からの拠出金に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第165号(2008/03/12提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
現在、地方自治体は危機的な財政状況にある。その中で政府は、平成二十年度予算案及び租税特別措置法改正案の提出に際し、地方自治体の財政に穴を開けないことを理由として示している。
一方、政府が所管する財団法人や社団法人等の公益法人の財務会計を検討すると、会費や負担金、分担金等の名目による地方自治体からの支出が多くの公益法人の歳入に含まれており、地方財政への負担となっていることが懸念される。
従って、…
答弁内容
一及び二について
都道府県又は市区町村(以下「都道府県等」という。)から、直接、補助金等(地方自治法施行規則(昭和二十二年内務省令第二十九号)第十五条第二項の別記で定められた都道府県等の歳出予算に係る負担金、補助及び交付金の節に計上されたものをいう。以下同じ。)の交付を受けた国の機関が所管する公益法人(以下「国所管法人」という。)の数及びその金額については、総務省の行っている公益法人概況調査によ…

寺田学[衆]質問主意書(全期間)
43期-|44期|-45期-47期-48期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院44期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第163回国会、初出日付:2005/10/07、質問主意書より)
民主党・無所属クラブ (第164回国会、初出日付:2006/02/24、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第165回国会、初出日付:2006/10/26、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第166回国会、初出日付:2007/02/22、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第168回国会、初出日付:2007/11/01、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第169回国会、初出日付:2008/02/22、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第170回国会、初出日付:2008/11/13、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第171回国会、初出日付:2009/01/13、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院44期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

寺田学[衆]在籍期 : 43期-|44期|-45期-47期-48期
寺田学[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊