長島忠美 衆議院議員
45期国会発言一覧

長島忠美[衆]在籍期 : 44期-|45期|-46期-47期
長島忠美[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは長島忠美衆議院議員の45期(2009/08/30〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は45期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院45期)

長島忠美[衆]本会議発言(全期間)
44期-|45期|-46期-47期
第174回国会(2010/01/18〜2010/06/16)

第174回国会 衆議院本会議 第28号(2010/05/13、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島忠美君 自由民主党の長島忠美です。  私は、自由民主党・無所属の会、日本共産党及びみんなの党を代表して、ただいま議題となりました内閣委員長田中けいしゅう君解任決議案について、提案の理由を説明いたします。(拍手)  まず、案文を朗読いたします。   本院は、内閣委員長田中けいしゅう君を解任する。    右決議する。  以下、その理由を説明いたします。  内閣委員会の所管大臣は九閣僚にもまたがり、非常に幅が広いことから、国会役員である常任委員長の中でも、とりわけ内閣委員長は、その人格識見ともすぐれていることが求められております。その意味では、経験豊富な田中けいしゅう君の内閣委員長就任が最も適……


■ページ上部へ

第176回国会(2010/10/01〜2010/12/03)

第176回国会 衆議院本会議 第8号(2010/11/15、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島忠美君 自由民主党の長島忠美です。  私は、自由民主党・無所属の会を代表して、ただいま議題となりました仙谷内閣官房長官不信任決議案について、賛成の立場で討論いたします。(拍手)  内政、外交において難問が山積する中で、内閣官房長官仙谷由人君は、内閣のかなめとして行政各分野全般にわたり諸案件を調整し統括する能力がないばかりか、国会では不適切な答弁を繰り返すなど、内閣官房長官としての適性と自覚が全く欠如しております。  以下、本決議案に賛成する理由を具体的に申し述べます。  まず第一は、尖閣諸島沖中国漁船衝突事件をめぐっての極めて不適切な一連の対応であります。  九月七日午前の事件発生以来の……

長島忠美[衆]本会議発言(全期間)
44期-|45期|-46期-47期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院45期)

長島忠美[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-|45期|-46期-47期
第174回国会(2010/01/18〜2010/06/16)

第174回国会 災害対策特別委員会 第3号(2010/03/17、45期、自由民主党・改革クラブ)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは、質問の時間を与えていただきまして、大変ありがとうございました。  私は、基本的なことについて、二十分という時間でございますので、大臣の基本的認識とお考えについてお伺いをしたいと思います。  冒頭、御就任以来、国内外を問わず、大規模災害に陣頭に立って御努力をいただいている姿に、まずもって心から敬意を表したいと思います。私も、五年半前の被災者の一人として、犠牲となられた皆さんに心から哀悼の意を表するとともに、被害を受けられた皆さんに心からお見舞いを申し上げたい、そんなふうに思います。  災害は、国民ひとしく、だれもが、あってはほしく……

第174回国会 災害対策特別委員会 第5号(2010/07/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美です。  質問の時間を賜りました。  冒頭、まずもって、今回の豪雨災害で被災を受けられた被災地の皆さんに心からお見舞いを申し上げるとともに、とうとい命を犠牲にされた皆さんに心から御冥福をお祈り申し上げたい。そして、御家族の皆さんに哀悼の誠をささげたい、そんなふうに思います。そしてまた、今なお行方不明でいらっしゃる皆さんの一日も早い発見を心から願うものであります。  私は、この災害特で、災害が、考えられないような状況で、あってほしくないというような状況の中で起きてしまった、そのことに対する一日も早い復旧復興、そして、もし、あってはほしくない災害がこの後も起き……

第174回国会 内閣委員会 第8号(2010/04/21、45期、自由民主党・改革クラブ)

○長島(忠)委員 おはようございます。自由民主党の長島忠美でございます。  四十五分という貴重な時間をいただきましたので、私はこの法案について、しかも内閣委員会で初めて質問に立たせていただくものですから、入り口論に終始するかもわかりませんけれども、少し中身についてお聞かせをいただきたいと思います。ただ、余り理解力のいい方じゃないものですから、できるだけ端的に、短くお答えをいただいて、何回かやりとりを、キャッチボールをさせていただければありがたいかなと思います。  政権交代をしてから七カ月余りが過ぎました。私は、野党の国会議員としてこの間ずっと国会に臨ませていただいて、ある意味、国民が皆さんに求……

第174回国会 内閣委員会 第11号(2010/04/28、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは、発言の機会、質問の機会を三十分ちょうだいいたしましたので、仙谷大臣に少し、この前の続きで恐縮ですけれども、お考えをお伺いしたいなと思います。  先日の質問、冒頭、私は、政治家にとって何が必要かという話をさせていただいたときに、知らなかったことに対する責任も政治家にはあるのではないですかという話を実はさせていただきました。きのう、検察審査会が、ある意味一つの結論を出していただいたようであります。  もう一つ、私はあえてここで申し上げさせていただくとしたら、決められないことの責任は政治家がどうとっていくのか、これがまさに今、我々国会……

第174回国会 農林水産委員会 第10号(2010/05/11、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美です。  農水委員会に途中から入れてもらったもので、きょう、実は初めて質問に立たせていただきます。  実は、質問を通告はしてあるんですけれども、今、先輩議員と大臣のやりとりを聞いておりました。私は、口蹄疫が発生したということを、やはり我々は重大災害だという認識を持って対応すべきではないか、そんなふうに受けとめて、先ほど大臣が、私一人ぐらいいなくても対策は十分だということの認識をぜひ改めていただきたい……(赤松国務大臣「一人でやっているんじゃないと言っているんですよ」と呼ぶ)いや、いいですよ、まだ答弁を求めていませんから。  私も、自然災害でふるさとを追われ……


■ページ上部へ

第175回国会(2010/07/30〜2010/08/06)

第175回国会 内閣委員会 第1号(2010/08/03、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美です。  十五分、質問の機会をいただきました。  まず、蓮舫大臣には大臣就任おめでとうございます。今までは行政刷新会議ということで国会でこうやって直接やりとりをすることができませんでしたので、大臣に御就任ということでやりとりをしていただけるということで、きょうは質問させていただくことにいたしました。  今や国民的なヒロインでございますので、決して私は悪者になるつもりでここで質問に立たせていただいているわけではありません。大臣がいつも言っておられる無駄の削減あるいは疲弊した組織の改廃については、私ども決して反対をする立場ではないということだけ冒頭理解をしてい……


■ページ上部へ

第176回国会(2010/10/01〜2010/12/03)

第176回国会 内閣委員会 第4号(2010/11/12、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは、時間をちょうだいいたしましたので、若干質問をさせていただきたいと思います。欲張って大勢の大臣にお越しをいただいたものですから、時間内で全員に質問ができるかどうかわかりませんが、最終的にできなかったらお許しをいただきたいと冒頭お断りを申し上げておきたいと思います。  冒頭、委員長に、前回、委員会が流れて、先ほど平井委員の質問にお答えがありました、古賀さんの参考人招致についてこれから委員会の中で議論をしていくんだという発言がありましたけれども、その結果を踏まえることなくこの委員会を再開するに当たって、委員長から一言の言葉もなかった。……

第176回国会 農林水産委員会 第4号(2010/11/16、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは、質問の時間を与えていただきまして、大変ありがとうございます。  私は百姓でございます。村長であった経験も踏まえながら、農村のあるべき姿について、少しこの法案の中で議論をさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いをいたします。  私は衆法の提案者でもありますので、衆法については質問ができないことになっておりますが、政府側に質問をさせていただきたいと思います。  今ほど筒井副大臣の答弁の中で、農商工連携と六次産業化法案について、根っこは同じだという答弁をされたような気がするんですが、私もそこのところを少しお聞きしたいと実……


■ページ上部へ

第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 国土交通委員会 第6号(2011/03/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。きょうは、質問の時間をいただきまして、大変ありがとうございます。  かつて我々が経験したことのない、想像のできなかった重大な災害が、想像のできない、広範な、そして甚大な被害を東北地方を中心にもたらしています。私は、被災者の皆さんに心からお見舞いを申し上げたいと思いますし、犠牲となられた皆さんの御冥福を心からお祈りしたいと思います。  また、発災からきょうで二十日になりますが、この間、国土交通省を初め関係者の皆さんの御努力に心から敬意を表し、そして感謝を申し上げたい、そんなふうに思います。  今、我々が何をなすべきか。やはり、かつての経験から、……

第177回国会 災害対策特別委員会 第2号(2011/02/17、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  まずもって、質問に入る前に、今冬の豪雪によってとうとい命を犠牲にされた皆さんの御冥福を心からお祈り申し上げるとともに、豪雪あるいは火山によって被災を受けられて、今失意の中におられる皆さんに心からお見舞いを申し上げたい、そう思います。  私は、時間も限られておることでございますし、災害対策あるいは防災のことについては、常日ごろから、防災大臣のもとで関係省庁間会議等を開催して、防災大臣がその先頭に当たられることが望ましいと考えておりますので、きょうは、防災大臣に少しだけ質問あるいは意見をお伺いさせていただきたいなと思います。  先ほどからの質……

第177回国会 災害対策特別委員会 第6号(2011/04/07、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  本日は、大臣にお出ましをいただいて、三十分時間をいただきましたので、特に我々政治家が何をすべきかということについて、大臣と少し議論をさせていただければありがたいかなと思います。  今回の災害、我々経験したことのない災害、そして広範であるということ、そして複合型であるということが、我々の勇気をくじかせてはいけないと思います。  政治家として何をなすべきか、それはやはり、被災を受け、つらい立場にある人たちに、それでも希望を見せてやることが我々の最大の責務だろう、私はそう思っています。家族の命をなくし、地域を失っても、なお立ち上がろうとする人た……

第177回国会 災害対策特別委員会 第9号(2011/04/21、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは十五分間時間をいただきましたので、そのことについて少しお受けとめいただきたいと思います。  きょう私は、質問通告という面からいったら、ほとんど通告はしてありません。大きなことで大臣と議論をさせていただきたいと思っておりますので、ぜひよろしくお願いをしたいと思います。  最初に、災害の後から、対策本部だとか会議だとか政府の中に随分いっぱいできています。大臣が出席する会議というのは震災関係で幾つあるんですか。
【次の発言】 大変な状況の中で、会議に出られるだけでも大変だと思うんです。  私は、だから、大臣は被災者生活支援特別対策本部の……

第177回国会 災害対策特別委員会 第10号(2011/04/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 おはようございます。自由民主党の長島忠美でございます。  法案に対する質疑をさせていただきたいと思いますが、冒頭、あしたから五月でございます。もう初夏の季節を迎えて、被災をした人たちにどうやって少しずつ少しずつ希望を伝えていくかという時期に来ているんだろう、そんなふうに思いながら質問をさせていただきたいと思います。  きのう予算委員会で我が党の谷議員から質問があったように、できるだけ早く防災大臣専任ということで、この一次補正予算が通ることを受けて、この予算の執行とさらなる対策に取り組んでほしい。私からも心からお願いをさせていただきたいな、そんなふうに思うところでございます。 ……

第177回国会 災害対策特別委員会 第13号(2011/07/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  ただいま提出をされました法案について、質問させていただきたいと思います。  三月十一日の発災から四カ月を過ぎました。被災者にとってこの四カ月がどれほどの重み、重い思いを引きずりながらいたかということを私も胸にしまいながら質問させていただきますので、ぜひ答弁もそのようにお願いをしたいと思います。  発災から、三月三十日に我々自民党は、このことを想定して、被災者再建支援法、支援金の提言をさせていただきました。本来なら一次補正でこのことをやってほしかったと実は思っております。  そのことはおいておいて、こうやって成立をするわけです、我が党は異論……

第177回国会 災害対策特別委員会 第14号(2011/08/23、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 おはようございます。自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは質問の時間をいただきましたので、私は、新潟・福島豪雨災害の全般について、特に大臣に御質問させていただこうと思っておりました。冒頭、災害発災から三週間弱で激甚指定をしていただきましたことにまずもって感謝を申し上げながら、それでも問題の残る災害対策等についてお聞かせをいただきたいなと思います。  本来、七月の二十九日、三十日の豪雨災害でしたから、もっと早く議論をしたいとは思っておりましたけれども、国会の諸般の情勢により今日になってしまいました。災害対策というのは、どんな状況であれ、ほかの審議とは切り離してやろうとい……

第177回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2011/05/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  各参考人の皆さんには、被災地から、大変お忙しい中をお出かけいただきましたこと、まずもって心から感謝を申し上げたいと思います。先ほどお話がありましたように、御家族を亡くされながら現地の先頭に立っておられることに心から敬意を表したいと思います。  私も実は六年半前に山古志村で地震の被災をいたしました。皆さんのところとは事情も広さも随分違いますが、災害を受けて六年半を経過したということで、少し皆さんに意見を聞かせていただければありがたいな、そんなふうに思うところでございます。  皆さんの意見をそれぞれ聞かせていただいて、全員に質問したいのであり……

第177回国会 東日本大震災復興特別委員会 第5号(2011/05/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 おはようございます。自由民主党の長島忠美でございます。  質問の機会をいただきまして、大変ありがとうございます。  東日本大震災の初動のことについて、少しきょうはお聞かせをいただきたいなと思います。  つい先日、黄川田委員長のふるさとである広田半島、広田小学校に寄せていただくことができました。黄川田委員長は、御家族を亡くされながら、なお震災復興のために身を粉にしてこの重責をお務めいただいておりますことに、心から改めて敬意を表させていただきたいと思います。  特に、黄川田委員長の大事な秘書さんでいらした菊池さん、六年半前、中越大震災の折に我が山古志村が被災をしたときに、長岡高等……

第177回国会 内閣委員会 第2号(2011/03/09、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 おはようございます。自由民主党の長島忠美でございます。  質疑の時間をいただきましたので、質問をさせていただきたいと思います。  先立って、今委員長から謝罪の言葉がございましたけれども、昨年十一月十九日、十二月三日の会期末を控えながら、強硬に政治主導法についておろされたことについて、私も、委員会のあり方として非常に疑念を抱いておりました。今の謝罪の言葉をそのまま受けとめさせていただくとして、この通常国会の委員会運営にさらに慎重、公平を期していただくように、私からも冒頭お願いをさせていただきたいと思います。  まず最初に、官房長官に、官邸の危機管理の体制について少しお聞かせをい……

第177回国会 内閣委員会 第5号(2011/04/13、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  質問の機会、時間をいただきましたので、特に災害対応について質問をさせていただきたいと思います。  官房長官を初め、それぞれの大臣には、日ごろ災害対応に大変お疲れさまでございます。そのことを踏まえて、私は基本的なことを少し再確認させていただいて、もし今修正がきくんだったら修正をしておいた方がいいんじゃないかなと思うこと数点について少しお聞かせをいただきたいなと思うんです。  この災害から一カ月が過ぎて、見えてきたところと、実は見えそうで見えてこないところがあるんだと思うんです。ふだんから官邸が機能として有していたところの中で、内閣の危機管理……

第177回国会 予算委員会 第22号(2011/04/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 おはようございます。自由民主党の長島忠美でございます。  震災から七週間が過ぎました。きょうは予算委員会の締めくくり総括で、特に総理に御見解をお伺いさせていただきたいと思います。  三月十一日、我々は未曾有の災害を経験することになりました。私も中越地震で被災をした体験から、自然災害の猛威の前に人間の力の無力さを一回は実感するものだと思います。だからこそ、人の自然に対する力、そのことに謙虚であるべきで、そのことは私は総理にぜひお伝えをしたいと思います。そして、犠牲者にどういうメッセージを伝えていくのか、リーダーとしての覚悟を問われる七週間でもあったろう、私はそんなふうに思います……

第177回国会 予算委員会 第26号(2011/07/19、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  午前中は十分間でございますので、それぞれの皆さんには端的にお答えをいただきたいと思います。  今までの質疑を聞かせていただいた率直な感想です。私は、菅内閣に一番欠けているのは、いつまでに、だれが責任を持ってやるかということがはっきりしていないんだと思うんです。だから、国民の皆さんにも被災者にも伝わらないんだと私は思うんです。だから、そこのところをきっちり、はっきりさせていただきたい、そういう思いで質問をさせていただきたいと思います。  私は、かつて被災をした経験者として、やはり被災地に日々希望が広がるような形で施策を講じていくのが政治だと……


■ページ上部へ

第178回国会(2011/09/13〜2011/09/30)

第178回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号(2011/10/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは貴重な時間をいただきまして、大変ありがとうございます。  早速質疑に入りたいのでありますが、冒頭、総理、御就任から初めてこうやって重要な復興特別委員会を開催いただきました。このことについては感謝を申し上げますが、総理のお考えを若干お聞かせいただきたいと思います。  先ほど、我が党の額賀筆頭の質問の中で総理は、政治空白をつくりたくないという御発言がありました。私は、国民に対して政治空白をつくりたくないという総理の意向は承りました。同時に、総理として国会の中に政治空白をつくってもいけないんだろう、私はそう思うんです。  ですから、これ……


■ページ上部へ

第179回国会(2011/10/20〜2011/12/09)

第179回国会 災害対策特別委員会 第3号(2011/10/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは、災害対策特別委員会で質問の時間をいただきました。私に与えられた時間は四十五分でございますので、特に災害全般についてお聞かせをいただきたいなと思います。  あってほしくないと願いながら、ことしもまた災害が多発をいたしました。新燃岳、そして三月十一日の大災害、原発災害、最近では、新潟・福島豪雨、そして台風十二号、十五号、多くの人命が失われ、また、海外では最近、タイで大洪水、そしてトルコで大地震。私は、失われた命に対して心から哀悼の誠をささげ、被災地の一日も早い復旧復興をお祈り申し上げたい、そんなふうに思います。  去る二十三日、私ど……


■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

第180回国会 災害対策特別委員会 第5号(2012/03/16、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 おはようございます。大臣初め皆さんには、朝早くから答弁においでをいただきまして、大変ありがとうございます。  ただいま、大臣から大雪に対する報告をいただきました。特に、この大雪のことについて質問をさせていただきたいと思います。  それにつけても昨年は、新燃岳の噴火に始まって大雪ということで、一年じゅうが災害に明け暮れて、けさもまたぐらっと地震があるということで、日本じゅうがやはり災害に対する意識、備えに対する思いを高くしている時期ではないかな、そんなふうに思うところであります。  感じることは、私も雪国に住んでおります。実は、去年、新燃の被災地に行ったときに、火山灰を宿命とし……

第180回国会 災害対策特別委員会 第7号(2012/06/14、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは、質問の機会を与えていただきまして、大変ありがとうございます。  私の時間は極めて短いので、大臣初め政務官には端的にお答えをいただきたいと思います。  昨年の東日本大震災、そして豪雨水害、そして豪雪、そしてことしは竜巻と、相も変わらず日本列島を災害が襲い続けております。亡くなられた皆さんにまずもって哀悼の誠をささげて、質問をさせていただきたいなと思います。  きょうは、大臣との議論を一番最後にさせていただいて、森本政務官がおいでですから、先ほども少し議論になっていましたけれども、竜巻被害の被災地における農地の災害復旧、農業用施設の……

第180回国会 災害対策特別委員会 第8号(2012/06/19、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     災害対策基本法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、東日本大震災の教訓を生かした災害対策基本法の第一段の改正となる本法の施行に当たり、左記事項の実現に万全を期するべきである。  一 過去の災害からの教訓の伝承及び防災に関する教育の実施については、多様な主体による取組を推進するため、国による財政上の措置を含め、可能な限りの支援を行うこと。特に学校教育においては、災害発生時に児童・生徒が自ら適切な行動……


■ページ上部へ

第181回国会(2012/10/29〜2012/11/16)

第181回国会 内閣委員会 第2号(2012/11/07、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)委員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは四十分間時間を頂戴いたしましたので、ぜひよろしくお願いをしたいと思います。特に官房長官、そして岡田副総理には、所管と違うところという意識があるかもわかりませんが、私は、やはり官房長官、官房を代表する者として、あるいは岡田大臣におかれましては副総理として、これからのあり方について率直にお答えをいただければありがたいな、そんなふうに思うところでありますので、ぜひよろしくお願いをします。  鼻風邪を引いていて、ちょっと声が聞き取りにくい点は御容赦を願いたいと思います。  間もなく東日本の大震災から一年八カ月が過ぎます。政府だけの責任だと……


長島忠美[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-|45期|-46期-47期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院45期)

長島忠美[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-|45期|-46期-47期
第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2011/02/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)分科員 自由民主党の長島忠美でございます。  大臣は、けさ早くから分科会、大変御苦労さまでございます。  私はある意味大臣と、大臣も在職時代に地震を経験され、私も村長のときに地震を経験し、このところのニュージーランドの地震には実は大変心を痛めております。一刻も早い救出を祈りたい気持ちでいっぱいであります。ぜひ大臣には、消防庁を所管する立場として、一日も早い救出に御尽力をいただきたいというふうに冒頭申し上げさせていただきたいなと思います。  私は、新潟県でございまして、ある意味中山間地に今も住まいをしておりますから、合併、あるいはいわゆる中山間地についてのことを少し大臣にお聞きかせい……

第177回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2011/02/25、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)分科員 自由民主党の長島忠美でございます。  大臣には、朝早くから分科会、大変御苦労さまでございます。  私は、災害に強い町づくり、あるいは地域づくりという観点から、少し質問をさせていただきたいなと思います。  先立って、私も地震を経験して、今回のニュージーランドの地震で大変大きな被害、それも人的被害が起きていることについて、心からお見舞いを申し上げたいし、一刻も早い救助を望むものであります。日本の技術を国交省としても防災担当としてもぜひお伝えをいただいて、御尽力いただけるように、心からお願いをさせていただきたいな、そんなふうに思うところでありますので、どうぞよろしくお願いいたしま……


■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

第180回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2012/03/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)分科員 自由民主党の長島忠美でございます。  きょうは分科会で質問の機会を与えていただきましたので、私の方は、内閣委員会ということでございますけれども、大災害から一年を迎えるに当たって、これからの防災のことについて、大臣初め皆さんと少し議論をさせていただきたいかなというふうに思います。  二十四年度予算が提案をされて、今審議が尽くされているところでありますけれども、災害は誰もあってほしくないというのが願いであります。でも、残念なことに、日本は災害がどうしても気象条件あるいはいろいろな面で起こり得る。だとしたら、去年のような大災害のときに、一つでも多くの命を救うこと、そして一つでも多……

第180回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2012/03/05、45期、自由民主党・無所属の会)

○長島(忠)分科員 自由民主党の長島でございます。  きょうは、分科会で質問の機会をいただきまして、大変ありがとうございます。大臣には、一日お疲れさまでございます。  私は、去年、新燃の噴火に始まって、三月十一日の東日本大震災、そして台風十二号、十五号、そして我が県を襲った七月の新潟・福島豪雨、この災害復旧の方向性について少し皆さんにお聞かせをいただきたいなと思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。  こんなにいっぱい答弁者に来てもらって、大変ありがとうございます。それぞれお答えをいただきたいと思いますが、質問が行かなかったらお許しをいただきたいな、そんなふうに思います。  私は、地元……



長島忠美[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-|45期|-46期-47期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

長島忠美[衆]在籍期 : 44期-|45期|-46期-47期
長島忠美[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院議員(五十音順) 45期衆議院議員(選挙区順) 45期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。