松木謙公 衆議院議員
45期国会活動統計

松木謙公[衆]在籍期 : 43期-44期-|45期|-47期-48期-49期
松木謙公[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは松木謙公衆議院議員の45期(2009/08/30〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は45期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院45期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第172回国会
(特別:2009/09/16-2009/09/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第173回国会
(臨時:2009/10/26-2009/12/04)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2010/01/18-2010/06/16)
1回
1091文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第175回国会
(臨時:2010/07/30-2010/08/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第176回国会
(臨時:2010/10/01-2010/12/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第177回国会
(通常:2011/01/24-2011/08/31)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第178回国会
(臨時:2011/09/13-2011/09/30)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第179回国会
(臨時:2011/10/20-2011/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第180回国会
(通常:2012/01/24-2012/09/08)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第181回国会
(臨時:2012/10/29-2012/11/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



45期通算
(2009/08/30-2012/12/15)
1回
1091文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


松木謙公[衆]本会議発言(全期間)
43期-44期-|45期|-47期-48期-49期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院45期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第172回国会
2回
(2回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第173回国会
20回
(16回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

54回
(44回)
1回
(0回
0回)
327文字
(0文字
0文字)

第175回国会
14回
(5回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
3回
(0回
3回)
3368文字
(0文字
3368文字)

19回
(0回)
2回
(0回
2回)
1746文字
(0文字
1746文字)

第178回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第179回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

32回
(0回)
10回
(0回
0回)
26324文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
1回
(0回
0回)
1700文字
(0文字
0文字)


45期通算
152回
(67回)
17回
(0回
5回)
33465文字
(0文字
5114文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第172回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第173回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第175回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第180回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


45期通算
6回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
57回
(57回)
1回
(0回
0回)
議院運営委員会

2位
38回
(0回)
9回
(0回
1回)
予算委員会

3位
30回
(0回)
4回
(0回
3回)
農林水産委員会

4位
11回
(10回)
0回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会

5位
4回
(0回)
1回
(0回
1回)
財務金融委員会

6位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会

6位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
国土交通委員会

8位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
国家基本政策委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
外務委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
総務委員会

13位
0回
(0回)
2回
(0回
0回)
環境委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会庶務小委員会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会第六分科会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会図書館運営小委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

沖縄及び北方問題に関する特別委員会(第172回国会)
議院運営委員会(第172回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会(第173回国会)
議院運営委員会(第173回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会(第174回国会)
議院運営委員会(第174回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会(第175回国会)
議院運営委員会(第175回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

松木謙公[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|45期|-47期-48期-49期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院45期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第172回国会(特別:2009/09/16-2009/09/19)0本
第173回国会(臨時:2009/10/26-2009/12/04)0本
第174回国会(通常:2010/01/18-2010/06/16)0本
第175回国会(臨時:2010/07/30-2010/08/06)0本
第176回国会(臨時:2010/10/01-2010/12/03)0本
第177回国会(通常:2011/01/24-2011/08/31)2本
第178回国会(臨時:2011/09/13-2011/09/30)0本
第179回国会(臨時:2011/10/20-2011/12/09)0本
第180回国会(通常:2012/01/24-2012/09/08)3本
第181回国会(臨時:2012/10/29-2012/11/16)0本


45期通算(2009/08/30-2012/12/15)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

株式会社整理回収機構の債権回収に関する質問主意書

第177回国会 衆議院 質問主意書 第410号(2011/08/22提出、45期、無所属)
質問内容
株式会社整理回収機構は、預金保険機構が全株式を出資している会社であるにもかかわらず、整理回収機構は、給与はおろか、預貯金、生命保険、さらには売掛金の差押えに至るまで、債務者に対して情容赦のない苛酷な債権回収を行うとして、多くの非難が寄せられている。
しかも、最近においては、整理回収機構は、連帯保証人に対しても、預貯金、生命保険の差押え、動産の差押えはいうまでもなく、破産の申立ても行っている状況に…
答弁内容
一について
金融庁においては、平成二十三年七月十四日に「主要行等向けの総合的な監督指針」(以下「監督指針」という。)を改正し、「経営者以外の第三者の個人連帯保証を求めないことを原則とする融資慣行の確立等」について新たに盛り込んだところである。監督指針の規定は、株式会社整理回収機構(以下「機構」という。)の監督に当たっても準用することとしており、金融庁においては、これにより、機構の適切な監督に努め…

上場企業の倒産処理に関する質問主意書

第177回国会 衆議院 質問主意書 第411号(2011/08/22提出、45期、無所属)
質問内容
最近における経済情勢の悪化を背景として、昨年(二〇一〇年)は上場企業が九社倒産した。上位二社は、日本航空と武富士であり、負債額の三、四、五位は不動産業であった。
ちなみに、〇八年の上場企業の倒産件数は三十三社、〇九年は二十社となっており、そのうちサブプライム問題の余波を受けた不動産及び建設業は〇八年で二十五社、〇九年で十一社にものぼっている。
負債総額の推移をみると、〇八年は上位十社で九千三百…
答弁内容
一について
お尋ねの「会社財産の流出行為」の意味するところが必ずしも明らかでないので、一概にお答えすることはできないが、一般論として申し上げると、破産手続、民事再生手続及び会社更生手続(以下「倒産手続」という。)においては、否認権を行使することによって、破産管財人は破産財団を、民事再生法(平成十一年法律第二百二十五号)上の管財人は再生債務者財産を、会社更生法(平成十四年法律第百五十四号)上の管財…

■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

整理回収機構・預金保険機構の債権回収業務に関する質問主意書

第180回国会 衆議院 質問主意書 第296号(2012/06/18提出、45期、新党大地・真民主)
質問内容
整理回収機構は預金保険機構が全額出資する会社であるにもかかわらず、役員の選任が不透明であり、債権回収の方法、また、預金保険機構の財産調査および、立入調査、これを受けた整理回収機構は、きわめて恣意的であると批判されたところである。
また、預金保険機構による預金保険法附則等にもとづく財産調査、立入調査が権限を濫用していると批判も多い。
そこで、整理回収機構および預金保険機構について以下のとおり質問…
答弁内容
一の(1)について
平成十一年度及び十二年度に株式会社整理回収機構(以下「RCC」という。)の協定後勘定において整理回収業務から生じた利益である千八百三十八億円については、RCCの住専勘定のいわゆる二次損失の処理のため、平成二十三年度にその全額が同勘定に繰り入れられた。
一の(2)について
RCCによると、法人税の課税所得は、サービサー業務による利益も含めRCC全体の利益から算出されることと…

大飯原発再稼動等に関する質問主意書

第180回国会 衆議院 質問主意書 第322号(2012/06/28提出、45期、新党大地・真民主)
質問内容
一 関西電力管内のピーク電力について
1 関西電力管内の需要者(家庭・大口業務・小口業務・大口産業・小口産業)別割合いかん。
2 関西電力管内の大口需要者を六グループに分け、夏のピーク電力時に、一週間一グループずつ長期休暇を取ってもらうなど、操業修正をすることで何%の節電になるか。
3 操業を必要なかぎり抑えることで、相当な節電が可能ではないか。政府の見解を問う。
4 2に示した節電案で足…
答弁内容
一の1について
お尋ねの「関西電力管内の需要者(家庭・大口業務・小口業務・大口産業・小口産業)別割合」の意味するところが必ずしも明らかではないが、関西電力株式会社(以下「関西電力」という。)によれば、平成二十二年夏の最大電力需要の用途別の割合は、産業用が約三十六パーセント、業務用が約三十八パーセント、家庭用が約二十六パーセントと推計されるとのことであり、需要家別の割合は、大口需要家が約三十七パー…

企業の倒産処理に関する質問主意書

第180回国会 衆議院 質問主意書 第346号(2012/07/19提出、45期、新党大地・真民主)
質問内容
企業の倒産処理において、適正な財産評価がなされるべきことは、昨年八月三十日付の答弁書で次のように明らかにしていただいた。
すなわち、「不動産の任意売却においても、評価額の適正が求められるものと認識している。評価額の適正を担保する方法としては、不動産の鑑定評価による方法のほか、公示価格、路線価、固定資産税評価額等から総合的に評価する方法があるものと承知している。」としている。
しかるに、実際には…
答弁内容
一について
御指摘の「不動産業における棚卸資産」を構成する個別の資産ごとの簿価の変動や、個別の物件の価格の変動等については把握しておらず、お尋ねについてお答えすることは困難である。
二について
平成十五年から平成二十四年までの間の地価公示法(昭和四十四年法律第四十九号)第二条の規定による地価の公示において、公示価格の対前年比の上昇率が最も大きかった地点は、平成二十四年地価公示における宮城県石…

松木謙公[衆]質問主意書(全期間)
43期-44期-|45期|-47期-48期-49期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院45期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第174回国会、初出日付:2010/02/25、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第176回国会、初出日付:2010/10/20、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第177回国会、初出日付:2011/01/31、会議録より)
無所属 (第177回国会、初出日付:2011/08/22、質問主意書より)
新党大地・真民主 (第180回国会、初出日付:2012/02/09、会議録より)
無所属 (第180回国会、初出日付:2012/02/22、会議録より)
新党大地・真民主 (第180回国会、初出日付:2012/02/29、会議録より)
新党大地・真民主 (第181回国会、初出日付:2012/11/13、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院45期 ※参考情報)

第176回国会
農林水産大臣政務官政府

第177回国会
農林水産大臣政務官政府

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

松木謙公[衆]在籍期 : 43期-44期-|45期|-47期-48期-49期
松木謙公[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院議員(五十音順) 45期衆議院議員(選挙区順) 45期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊