萩生田光一 衆議院議員
46期国会発言一覧

萩生田光一[衆]在籍期 : 43期-44期-|46期|-47期-48期-49期
萩生田光一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは萩生田光一衆議院議員の46期(2012/12/16〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は46期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院46期)

萩生田光一[衆]本会議発言(全期間)
43期-44期-|46期|-47期-48期-49期
第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 衆議院本会議 第18号(2014/04/15、46期、自由民主党)

○萩生田光一君 自由民主党の萩生田光一です。  ただいま上程されました地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律案について、自由民主党を代表して質問いたします。(拍手)  教育は国家百年の計、人づくりは国づくりと言われています。  グローバル化の進展などにより世界全体が急速に変化するとともに、著しい少子高齢化社会を迎える我が国にとって、一人一人の子供たちの質を高めていくこと、その人材こそが、国の切り札となる貴重な資源です。教育が我が国の今後を大きく左右することについて、疑いを差し挟む余地はありません。  安倍総理は、就任以来、教育への並々ならぬ思いから、教育再生を経済再生と並ぶ……

萩生田光一[衆]本会議発言(全期間)
43期-44期-|46期|-47期-48期-49期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院46期)

萩生田光一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|46期|-47期-48期-49期
第182回国会(2012/12/26〜2012/12/28)

第182回国会 消費者問題に関する特別委員会 第1号(2012/12/27、46期、自由民主党)

○萩生田委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、吉川貴盛君を委員長に推薦したいと存じます。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。


■ページ上部へ

第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 予算委員会 第9号(2013/03/07、46期、自由民主党)

○萩生田委員 自由民主党の萩生田光一です。  三年三カ月の浪人生活を経て、この場に戻ってまいりました。みずからの力不足を反省しながらも、政治を志したその原点に戻って、もう一度ふるさとの皆さんの声を聞き、そして現場感覚を磨き直してきた、そんな自負がございます。この間、総理にも、何度となく激励をいただきましたこと、この場をかりて御礼を申し上げたいと思います。  さて、その間、外から見た日本の政治は、進まない被災地の復興、長引くデフレ、そして我が国固有の領土、領海が他国から挑発を受ける、まさに、主権が脅かされ、日一日と国益が失われていく、そんな危機を感じておりました。一日も早く戦列に戻って、この国を……

第183回国会 予算委員会 第23号(2013/04/16、46期、自由民主党)

○萩生田委員 第四分科会について御報告申し上げます。  第四分科会は、文部科学省所管について審査を行いました。  詳細については会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、少人数学級の拡充の必要性、教科書検定における近隣諸国条項の見直し、学校施設の防災機能強化、待機児童対策、風俗営業法によるダンスカルチャー規制のあり方、沖縄県八重山地区における教科書採択問題等々であります。  以上、御報告申し上げます。


■ページ上部へ

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 文部科学委員会 第8号(2013/12/04、46期、自由民主党)

○萩生田委員 おはようございます。自民党の萩生田光一です。きょうは、党を代表して質疑をさせていただきたいと存じます。  鈴木会長、お忙しい中、本当にありがとうございます。後ほど、現役時代からのことをちょっとお伺いしたいなと思っております。  冒頭、大臣にお尋ねしたいんですが、二〇二〇年のオリンピック・パラリンピック招致が決まりました。これを成功させることはもちろん、それまでの七年間、国内のスポーツ環境、ハードとソフトの両面であらゆる充実を図っていかなくてはならないと思いますし、大会後のレガシー、両面のハード、ソフトを成長させて、まさしくオリンピックムーブメントとして発展させていかなくてはならな……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 内閣委員会 第24号(2014/06/18、46期、自由民主党)

○萩生田議員 我々提出者、超党派議連、十一年間にわたってIRの有効性についてさまざまな検証を重ねてまいりました。その途中で、たまたま二〇二〇年のオリンピック・パラリンピックの招致というものが見えてきたわけでございますので、別段、この二〇二〇年に合わせて準備をしてきたわけではないんですが、今、御質問者もおっしゃったように、ことし初めて外国人観光客は一千万人を超えました。  政府は明確に、二〇二〇年までのインバウンドを二千万人、倍にふやそうという計画を立てているわけですから、私は、国際観光の、競争力の高い、高規格のこういった複合施設ができることは、二千万人の外国人観光客誘致の大きなツールになるとい……

第186回国会 文部科学委員会 第12号(2014/04/16、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田委員長代理 次に、宮本岳志君。

第186回国会 文部科学委員会 第14号(2014/04/25、46期、自由民主党)

○萩生田委員 宮城県に派遣された委員を代表いたしまして、その概要を御報告申し上げます。  派遣委員は、私、萩生田光一を団長として、理事丹羽秀樹君、中根一幸君、鈴木望君、委員池田佳隆君、小林茂樹君、吉田泉君、遠藤敬君、中野洋昌君、井出庸生君、宮本岳志君、青木愛君の十二名であります。  去る二十三日、現地において、名取市立閖上中学校を視察した後、仙台市の江陽グランドホテルにおいて会議を開催いたしました。  まず、現地視察におきましては、学校関係者と意見交換を行った後、授業を参観し、学校現場の生の声に触れることができました。  次に、会議におきましては、私から派遣委員及び意見陳述者の紹介並びに挨拶な……

第186回国会 文部科学委員会 第22号(2014/06/06、46期、自由民主党)

○萩生田委員 御答弁します。  今、井出委員が御発言をされたとおり、当初の政府案では、とりようによっては、学長が必要と認めないものについては一切教授会の声を聞かないのではないかという危惧が各委員の質疑の中でも指摘をされてまいりました。もちろん、良識ある学校経営の現場でありますからそんなことは想定はしないんですけれども、しかしながら、大事をとって、やはり、重要な事項については、現場感覚のある教授会の皆さんの御意向も踏まえてきちんと学校経営をしていただくことが大事だろうということで、今回この修正を提出した次第であります。  このことによって、学長と教授会の信頼関係はさらに深まり、お互いの意思疎通が……

第186回国会 予算委員会 第4号(2014/02/04、46期、自由民主党)

○萩生田委員 おはようございます。自由民主党の萩生田光一でございます。  十五分という限られた時間でございますので、オリンピックに関連して、何点か総理の思いをお尋ねしていきたいと思います。  二〇一六年の招致に失敗をした後は東京都も国もかなり意気消沈をして、一度は諦めかけたオリンピック・パラリンピック招致でありましたけれども、足らざるところをもう一度再点検し、そして、本当にみんなで力を合わせて二〇二〇年招致をかち取った、私はそんな思いがいたします。  ラスト九カ月は、安倍総理が強烈なリーダーシップを発揮され、各国を訪問していただいたりする中で、また関係者も大変な御努力をいただいて、総理もいつも……

第186回国会 予算委員会 第7号(2014/02/13、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田委員長代理 これにて塩川君の質疑は終了いたしました。  次に、小宮山泰子君。

第186回国会 予算委員会 第9号(2014/02/17、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田委員長代理 この際、山井和則君から関連質疑の申し出があります。笠君の持ち時間の範囲内でこれを許します。山井和則君。
【次の発言】 この際、前原誠司君から関連質疑の申し出があります。笠君の持ち時間の範囲内でこれを許します。前原誠司君。
【次の発言】 麻生財務大臣、時間が来ておりますので、簡潔にお願いします。
【次の発言】 これにて笠君、中根君、山井君、前原君の質疑は終了いたしました。  午後一時から委員会を再開することとし、この際、休憩いたします。     午後零時一分休憩

第186回国会 予算委員会 第11号(2014/02/19、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田委員長代理 これにて山内君の質疑は終了いたしました。  次に、小池政就君。

第186回国会 予算委員会 第13号(2014/02/24、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田委員長代理 この際、谷畑孝君から関連質疑の申し出があります。小熊君の持ち時間の範囲内でこれを許します。谷畑孝君。
【次の発言】 この際、西野弘一君から関連質疑の申し出があります。小熊君の持ち時間の範囲内でこれを許します。西野弘一君。
【次の発言】 この際、小沢鋭仁君から関連質疑の申し出があります。小熊君の持ち時間の範囲内でこれを許します。小沢鋭仁君。

第186回国会 予算委員会 第14号(2014/02/27、46期、自由民主党)

○萩生田委員 第四分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、文部科学省所管について審査を行いました。  詳細につきましては会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、大学教育における問題点、教育委員会制度改革のあり方、道徳の教科化の必要性、二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けた支援策、私学助成関係予算のあり方、そして奈良市若草山のモノレール設置計画の見直し等々であります。  以上、御報告申し上げます。

第186回国会 予算委員会 第15号(2014/02/28、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田委員長代理 谷垣法務大臣、時間が来ております。
【次の発言】 これにて山田君の質疑は終了いたしました。  次に、大熊利昭君。
【次の発言】 時間が過ぎておりますので、簡潔に。
【次の発言】 これにて大熊君の質疑は終了いたしました。  次に、畠中光成君。


萩生田光一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|46期|-47期-48期-49期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院46期)

萩生田光一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|46期|-47期-48期-49期
第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2013/04/12、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました。よろしくお願いいたします。  本分科会は、文部科学省所管について審査を行うことになっております。  平成二十五年度一般会計予算、平成二十五年度特別会計予算及び平成二十五年度政府関係機関予算中文部科学省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。下村文部科学大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま文部科学大臣から申し出がありましたとおり、文部科学省所管関係予算の概要につきましては、その詳細は説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議……

第183回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  平成二十五年度一般会計予算、平成二十五年度特別会計予算及び平成二十五年度政府関係機関予算中文部科学省所管について、前回に引き続き質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。浮島智子君。
【次の発言】 これにて浮島智子君の質疑は終了いたしました。  次に、石原宏高君。
【次の発言】 これにて石原宏高君の質疑は終了いたしました。  次に、赤枝恒雄君。
【次の発言】 これにて八木哲也君の質疑は終了いたしました。  次に、藤井比早之君。
【次の発言】 藤井君、いいお話なんですが、時間が終了していますので、簡潔にまと……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)【議会役職】

○萩生田主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました萩生田光一です。よろしくお願いをいたします。  本分科会は、文部科学省所管について審査を行うことになっております。  平成二十六年度一般会計予算、平成二十六年度特別会計予算及び平成二十六年度政府関係機関予算中文部科学省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。下村文部科学大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま文部科学大臣から申し出がありましたとおり、文部科学省所管関係予算の概要につきましては、その詳細は説明を省略し、本日の会議録に掲載したいと存じま……



萩生田光一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-|46期|-47期-48期-49期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

萩生田光一[衆]在籍期 : 43期-44期-|46期|-47期-48期-49期
萩生田光一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院議員(五十音順) 46期衆議院議員(選挙区順) 46期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。