三日月大造 衆議院議員
46期国会発言一覧

三日月大造[衆]在籍期 : 43期-44期-45期-|46期|
三日月大造[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは三日月大造衆議院議員の46期(2012/12/16〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は46期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院46期)

三日月大造[衆]本会議発言(全期間)
43期-44期-45期-|46期|
第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 衆議院本会議 第24号(2013/05/16、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月大造君 民主党の三日月大造です。  ただいま議題となりました海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法案につきまして、民主党・無所属クラブを代表して質問いたします。(拍手)  我が国日本は、海洋貿易国家です。  例えば、原油の九九・六%、鉄鉱石の一〇〇%を輸入に依存しています。我が国の経済社会及び国民生活にとって、原料、資源の輸入の安定性が極めて重要であることは、論をまたないところであります。  重量ベースで九九・七%を海上輸送が担っています。海上交通の安全確保は我が国の生命線であり、最重要かつ不可欠な存立基盤でもあります。  我が国にとって重要なシーレーンである中東産油国か……


■ページ上部へ

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 衆議院本会議 第14号(2013/11/26、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月大造君 民主党・無所属クラブを代表して、二階俊博君外十一名提出の防災・減災等に資する国土強靱化基本法案及び同法律案に対する修正案に反対する立場から討論を行います。(拍手)  本論に入ります前に、一言抗議いたします。  午前中、国家安全保障に関する特別委員会において、特定秘密保護法案等の審議が打ち切られ、討論も封じられ、強行採決が行われました。  行政の情報は、国民のためのものであります。これまでの審議や昨日の福島での参考人質疑で、各委員や公述人の皆様方から指摘されておりますとおり、そもそも、この法案に多くの問題点があることに加えまして、審議時間も不十分であります。これでは、国民の理解と……

第185回国会 衆議院本会議 第17号(2013/12/06、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月大造君 民主党の三日月大造です。  この異様な、全体主義が反映されたような国会に、私は怖さを感じます。  民主党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました安倍内閣不信任決議案に賛成の立場で討論いたします。(拍手)  まず、冒頭、南アフリカ共和国の反人種隔離政策闘争の指導者であられましたネルソン・マンデラ元大統領が、日本時間の六日、御逝去されました。謹んで哀悼の意を表します。  今、私たちの国日本の民主主義が、そして平和と人権が危機にあります。  国民の皆様方に選挙で選ばれた私たち議員により構成される国会が、行政府に屈服、隷従させられようとしているんです。民主主義の基本である、国民……

三日月大造[衆]本会議発言(全期間)
43期-44期-45期-|46期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院46期)

三日月大造[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-45期-|46期|
第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 環境委員会 第14号(2013/06/04、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  私、琵琶湖を抱えます滋賀県を選挙区といたしておりまして、議題になっております特定外来生物被害防止法改正案につきまして、琵琶湖において近年急速に生息域を拡大しておると推計されております、また、最も注意を要する外来水生植物だと言われておりますオオバナミズキンバイを例に取り上げまして、質問をさせていただきます。  委員長を初め理事会の御理解をいただきまして、先週とりましたオオバナミズキンバイをきょう持参をいたしました。先週とりましたので、何か枯れちゃって、またカビも生えてしまっているんですが、これをごらんいた……

第183回国会 国土交通委員会 第6号(2013/04/19、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。六十分間の質問の機会をいただきました。ありがとうございます。  大臣初め国土交通省の皆様方、政府の皆様方、お仕事お疲れさまでございます。また、委員部、調査室含め国会の職員の皆様方、お疲れさまでございます。大事な局面にあると思うんです。しっかりとお互い緊張感を持ってこの国会の中で仕事をしていきたいと思います。  淡路島初め、三宅島、東北でも、また新たに地震が起こりました。被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。  そして、私いつも思うんですが、この国、日本というのは本当にいい国だな、すばらしい国だなと思います。四季があり、変化に富む自然があり、確かに自然……

第183回国会 国土交通委員会 第10号(2013/05/10、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。  時間が二十分と限られております。大所高所の議論は、今、大畠先生と太田大臣初め政府の皆さんと行われました。私の方からは、想定される災害対策も大切なんですけれども、これまで大量につくって、また使ってきた、そして古くなってきた社会資本、とりわけきょうは道路に絞って、経年による劣化の状況、またその対策がどのようになっているのかについて確認をしながら、また、個別具体的な提案もさせていただきながら、大きく三点にわたって質問させていただきます。  まず一点目。先ほど、道路そして橋梁、トンネルの経年の把握の状況について、大畠委員と道路局長との間でやりとりがありました。……

第183回国会 国土交通委員会 第11号(2013/05/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 おはようございます。民主党の三日月大造です。  国土交通委員会、先週に引き続きまして、道路と河川と港湾、老朽化対策、防災対策の法案質疑に臨ませていただきます。  きのうは、海上保安の日で、大臣初め私も式典に出席をさせていただきました。  海でも空でも、また陸、全国各地で、内外問わず、運輸や物流、保安警備のために昼夜分かたず御尽力いただいている現場の皆様方に敬意を表しながら、緊張感を持って、使命感を持って質疑に臨んでまいりたいと思います。  特に、東日本大震災を教訓とした防災対策、経年劣化に伴います老朽化対策をやるという、将来の我が国にとっても極めて大事なテーマでございますので、私……

第183回国会 国土交通委員会 第13号(2013/05/22、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  趣旨の説明は、案文を朗読してかえさせていただきたいと存じます。     不動産特定共同事業法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たっては、次の諸点に留意し、その運用について遺憾なきを期すべきである。  一 まちの低炭素化、建築物の耐震化や高齢化への対応が喫緊の課題であることを踏まえ、本法により創設される特例事業がこれら建築物等の再生事業に有効に活用されるよう、ガイドラインの作成等の情報提供に努めるとともに、民間投資の拡大に向けた支援の実施……

第183回国会 国土交通委員会 第14号(2013/05/24、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 おはようございます。連日、またきょうも早くからお疲れさまでございます。  議題になりました民間の能力を活用した空港経営の改革法案について質疑をさせていただきますが、昨日ですか、東京株式市場、千百四十三円安。十三年ぶりの下げ幅だということで、為替も株価も大変変動が大きく、また、ある意味では、現在の経済政策、いい面もあるんでしょう、期待もあるんでしょう。しかし、大変副作用の大きな、また、出口戦略についても、誤ると大変大きなリスクも伴う、そういう経済政策が行われている面もあろうかと思います。ともに緊張感も持ちながら、また、空港や航空に関しては、現場で仕事をされている方々にもしっかり敬意……

第183回国会 災害対策特別委員会 第8号(2013/05/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 三名の先生方、また知事、市長の皆さん、ありがとうございました。また、野田市長におかれましては、昨年の三月に私が釜石にお伺いしたときに現場からの貴重な御示唆をいただきまして、代行制度の創設等々、御提言いただいたことが今回この特別委員会で審議される法案になっております。改めてお三方に心から感謝を申し上げ、時間がありませんので、私の方からは、最初にお三方に三点問いたいと思いますので申し上げ、順次お答えをいただければと思います。  一つは、発災後七十二時間対応のことなんです。やはり、発災後七十二時間の間にいかに人の命を一人でも多く救うのかという視点の教訓は、今回、東日本大震災でどこにあっ……


■ページ上部へ

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 議院運営委員会 第18号(2014/01/23、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 平成二十六年度の国立国会図書館歳出予算の要求について、図書館運営小委員会における審議の経過及び結果について御報告申し上げます。  平成二十六年度の国立国会図書館の予算要求は、一般会計予算と東日本大震災復興特別会計予算から構成されております。  このうち、まず、一般会計に係る予定経費要求額は百九十五億九百万円余でありまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、七億二千万円余の増額となっております。増加した主なものは、職員給与の特例減額の終了に伴う職員人件費等でございます。  その概要を御説明申し上げます。  第一は、運営に必要な経費でありまして、人件費等として九十三億九千四百万円……

第185回国会 国土交通委員会 第3号(2013/11/06、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月議員 大西先生、ありがとうございます。今御指摘いただいたように、この法改正の一つの大きなポイントです。  特定地域において、今話題にしていただきました協議会で、協議、合意を経て作成されます、かつ国土交通大臣の認可を受けて定められます特定地域計画と、その特定地域計画に基づいて個々の事業者が作成をいたします、かつ国土交通大臣の認可を受けた事業者計画に基づいて、必要な場合には法的な強制もできる形で、減車ですとか営業方法の制限による供給削減の取り組みが行われるという枠組みになっております。  ただ、この特定地域において供給過剰の状態を削減するために、それはすなわち、地域公共交通としての役割を発……

第185回国会 国土交通委員会 第4号(2013/11/08、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月議員 ありがとうございます。  旅客の利益を不当に害することにならないと思います。逆に、旅客の利益を著しく損なっているから今回の法案を提出した次第です。  そして、その論拠とおっしゃいましたが、私は、二点、タクシー市場が持つ特性があると思うんですね。  一つは、後ほど議論の対象になるのかもしれません。タクシー事業では、費用の多くの割合を人件費が占めている。そして、給与の多くの割合を歩合給で運営されているということ。そして、需要が減少している局面でも、供給をふやすことによってそのマイナス部分を賄おうとし、それが長期化してしまうという一つ目の特性ですね。  二つ目は、この供給過剰に陥ってい……

第185回国会 国土交通委員会 第6号(2013/11/13、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 お疲れさまです。民主党の三日月です。  私、電車の運転士をしておりました。動力車操縦者の資格を持っている唯一の国会議員であります。今も、全国各地で、また、日本と世界とを結ぶ形で、交通、物流労働者の皆様方がお仕事をなさっております。心から敬意を表しながら、議題になっております交通政策基本法案について質問をさせていただきます。  昨日まで私どもが提出いたしました交通基本法案につきましては、私ども党内で協議をし、理事会の御決定をいただき、昨日、撤回をさせていただきました。  私たち、二〇〇二年以降、交通に関する基本法というものの必要性を認識しながら、検討を重ねて、法案をつくって、二〇〇……

第185回国会 災害対策特別委員会 第1号(2013/10/15、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、坂本剛二君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第185回国会 災害対策特別委員会 第3号(2013/11/01、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。  大臣初め政府の皆様方、お疲れさまです。  亡くなった方々に心からお悔やみを申し上げ、被災された全ての方々にお見舞いを申し上げたいと存じます。と同時に、救出活動、復旧活動、さらには捜索活動、現場で懸命に御尽力いただいている皆様方に、心から敬意とまたエールを送りたいと存じます。  立法府、国会のこの当災害対策特別委員会も、ぜひ政党会派の垣根を越えて機動的かつ効率的な運営が行えるよう、先般も、多くの先生方の御配慮により、現地に御迷惑をかけないということで、衆参委員会一緒に視察に行くなど、いろいろな改善もされてきているところです。  しっかりと、悲しい経験を教……

第185回国会 災害対策特別委員会 第4号(2013/11/07、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造と申します。  きょうは、お忙しいところを本当にありがとうございます。大体、せっかく来ていただいて、お三方に十分で質問せいというむちゃな時間配分でございまして、お答えいただく方にも御負担をおかけしていることをおわび申し上げたいと思います。  お三方に全てお伺いするのが筋なんでしょうけれども、貴重な機会ですし、できればゆっくりとお答えいただいた方がいいだろうと思いまして、大西町長には、また別の機会にお話を伺えればと存じます。大変ありがとうございます。  西川区長、滋賀県御出身で、東京荒川区で御活躍のことを、私も誇りに思います。先ほど、もう少しお話しなさりたいとおっ……

第185回国会 災害対策特別委員会 第7号(2013/11/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月と申します。  平田先生、濱田先生、佐々先生、藤井先生、きょうはありがとうございます。  藤井先生が言われたように、懈怠なく、あらゆる災害を想定し対処しておくこと、本当に、緊張感のある御示唆、ありがとうございます。  また、佐々先生、憲法との関係で、消防法、破壊消防を見直す、また、自衛隊法を見直して、災害派遣のあり方、要請の仕方、これも法制度の改善をぜひしっかり我々も検討させていただきたいと思います。きょうはありがとうございます。  全ての先生にたくさん聞きたいことがあるんですけれども、済みません、十五分と非常に短い時間でございますので、それぞれの先生方がおっしゃっ……

第185回国会 災害対策特別委員会 第8号(2013/11/19、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月議員 樋口先生、ありがとうございます。  国の脆弱性がどこにあるのかという評価をしながら、厳しい財政制約の中で、先ほど大島先生の御質疑の中にもありましたように、被害を教訓として捉え、対策を講じていく、政策をつくっていく、この必要性に与党、野党の別はないと思うんです。  今御質問の、私たちが政権担当時に行った事業仕分けの結果というのは、当然、この脆弱性評価でありますとか評価に基づく対策に反映されるべきものだというふうに考えております。  これは、政権再交代後も事業仕分けというものを新政権でも行われておりますし、仕分けだけではなくて事業評価、レビュー、さらには決算の審議、また会計検査院から……

第185回国会 災害対策特別委員会 第9号(2013/11/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月議員 先生、ありがとうございます。  今与党提出者からも答弁がありましたように、基本的なたてつけは同じです。国土強靱化基本計画、私どもで言う国民生活基本計画を指針として他の国の計画を定めていただくということでありますとか、また、調整を行うため関係行政機関の長に必要な勧告を行うことができるというたてつけも同じです。  ただ、一つ明確に違いますのは、私たちは、そういう国の他の計画に波及させる、これは、ある意味では脆弱性を評価し、そしてその対策をとるための計画を定めるものですから、先ほど先生からも御指摘がありましたように、限りある財政に影響を及ぼさないように、国民生活強靱化対策に関する予算編……

第185回国会 災害対策特別委員会 第10号(2013/11/22、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党・無所属クラブを代表して、二階俊博君外十一名提出の防災・減災等に資する国土強靱化基本法案及び同法律案に対する修正案に反対する立場から討論を行います。  我が国は、これまであまたの災害に見舞われてきました。今後も南海トラフ地震や首都直下地震等の発生が指摘される中、大規模自然災害から国民の命や暮らしを守ることは、政治の果たすべき究極の使命の一つであります。一方で、財源に限りがあることも事実であり、迅速に、かつ有効な対策を進めるためには、災害に対する脆弱性をできる限り科学的かつ客観的に評価し、優先順位を定めて防災、減災対策を行い、大規模自然災害に対して強くしなやかな国民生活の実現……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 議院運営委員会 第1号(2014/01/24、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 二点申し上げます。  今御提起のありました十特別委員会の設置につきまして、私どもは、国会改革及び特別委員会のスクラップ・アンド・ビルドが必要だという前提のもと、NSC特別委員会については存続をすべきだということが一点目。  現在、NSC特別委員会には、継続となっております法案があります。また、我が党会派は、特定秘密保護法廃止法案を提出する予定であります。昨年の法案審議が拙速であったとの反省もあると伺っておりますし、せんだっての海外調査、視察を生かすためにも、審議をするためにも、必要というふうに考えます。  二点目は、TPP特別委員会の新設であります。  TPP特別委員会の設置につ……

第186回国会 議院運営委員会 第6号(2014/02/18、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 ただいま議題となりましたその承認要求の案につきまして、私たちは、承認すべきではないという立場で意見を申し上げさせていただきたいと存じます。  十日に予算審議が始まって以降、予算委員会では精力的に審議が行われているものと承知をしております。中央公聴会の意義も認めますし、その中央公聴会を開催するに当たり、一定期間を経てこの議院運営委員会での承認議決要求が要るということについても理解いたしますが、その開催に当たりましては、なお現場で与野党間の合意形成に向けた努力が行われるべきものであり、あといま一歩集中審議等々の開催をめぐる相違点を克服すれば与野党円満合意の上でこの中央公聴会の開催が議……

第186回国会 経済産業委員会 第6号(2014/04/02、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。また、一昨日は、我が滋賀県長浜市に御視察をいただきまして、ありがとうございました。  吉井コーディネーターのすばらしい御案内のもと、平成二十一年から中活の基本計画に取り組まれているということなんですけれども、実はその前の、先ほど委員長から御報告がございましたが、昭和五十四年の郊外への出店を機に危機感を持たれて、市、そして商工会議所、さらには商店街の皆様方が中心になられて、青年会議所OBの方々が長浜21市民会議を立ち上げられて、昭和六十二年からの黒壁の事業も八人で創設され、出資され、スタートされ……

第186回国会 国土交通委員会 第2号(2014/02/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 おはようございます。民主党の三日月大造です。  質問の機会をいただきました。ありがとうございます。  今回の豪雪を含め、災害で大変な困難な状況にいらっしゃる方々に心からお見舞いを申し上げ、お亡くなりになった方にお悔やみを申し上げたいというふうに存じます。  さて、またこの国会も始まりました。唯一の立法機関である、国権の最高機関である国会での審議、この国土交通委員会でも緊張感と使命感を持って頑張ってまいりたいと思いますし、私たちは、私たちの理念そして視点、そういうもので質問に臨んでまいりたいというふうに思います。  太田大臣初め副大臣、政務官、そして、きょうはたくさん省庁の皆さん、……

第186回国会 国土交通委員会 第9号(2014/04/09、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  きょうはまた六十分もいただきましたので、多岐にわたる法案ですので、ゆっくり審議に臨んでまいりたいというふうに思います。  まず初めに、法案の審議に入ります前に、沖ノ鳥島の港湾事業中の事故について、先般の委員会でも質疑をされておりましたが、まず、政府参考人の方からで結構です、行方不明の方もいらっしゃる、今捜索中だ、運輸安全委員会も入って原因調査究明中だ、また、捜査の観点から、海上保安庁も一部捜査をされているということでありますが、直近、状況がどういうことになっているのかということについて、まずお願いを……


三日月大造[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-45期-|46期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院46期)

三日月大造[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-45期-|46期|
第182回国会(2012/12/26〜2012/12/28)

第182回国会 憲法審査会 第1号(2012/12/27、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 動議を提出いたします。  会長の互選は、投票によらないで、保利耕輔君を会長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  幹事の員数は九名とし、会長において指名されることを望みます。


■ページ上部へ

第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 憲法審査会 第2号(2013/03/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党衆議院議員の三日月大造と申します。  大切な日本国憲法の審議を慎重かつ丁寧に進めてこられました、きょうも御陪席いただいておりますが、中山太郎先生初め、同僚各党各会派の議員の皆様方に心から敬意を表します。  私たち民主党の立場は、先ほど来、大島先生、武正先生、山口委員の方からも述べられております、第九十九条の憲法尊重、擁護の義務はもちろんのこと、私たちは新しい綱領で、「国民とともに未来志向の憲法を構想していく。」ということを明記させていただきました。そういった立場、観点に立って、私は二点申し上げます。  謹んで申し上げますが、天皇というものが、主権の存する日本国民の総意に基づ……

第183回国会 憲法審査会 第5号(2013/04/11、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。  民主党を代表し、日本国憲法第六章司法について意見を表明させていただきます。  本論に入ります前に、二〇〇五年二月十七日の衆議院憲法調査会で我が党の山花郁夫議員も指摘されておりますとおり、第六章司法という表題について一言申し上げます。  日本国憲法第四章は国会、第五章は内閣となっております。この司法という表現は、作用に着目をした概念でありまして、本来であれば、立法と行政と司法という並びが正しいのではないでしょうか。仮に、第四章が国会、第五章が内閣という機関というものに着目するのであれば、第六章の表題は裁判所とするべきではないかと考えております。  さて、……

第183回国会 憲法審査会 第8号(2013/05/09、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。  こうした議論が行われていることに、私も一員として深い意義を感ずるものでございます。  そうはいいましても、侵すことができない権利として、現在の、また将来の国民に与えられております永久の権利もしくは自由、これらを権力者に侵されない、権力者から守るという立場である近代立憲主義、そして、国民主権、基本的人権の尊重及び平和主義、こうした三大原則を初めとする日本国憲法の精神を強く尊重する立場から、さらに、戦時中のとうとい多くの犠牲、また、その後の多くの方々の御努力さらにはお知恵の上にある日本国憲法というものを抱いている日本国民であることを私は誇りに思いながら、そ……

第183回国会 憲法審査会 第9号(2013/05/16、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月委員 民主党の三日月大造です。  第十章最高法規、前文につきまして、民主党を代表し意見表明いたします。  まず、九十七条、基本的人権の由来特質の論点について申し上げます。  九十七条は、この憲法が保障する基本的人権が、「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。」と規定しています。  基本的人権の確立こそ憲法の核心をなすものです。人間の権利、自由を国家権力から不可侵のものとして保障する規範を中心に憲法は構成されています。だからこそ憲法は最高法規なのであります。 ……

第183回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2013/04/12、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月分科員 民主党の三日月大造です。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  大臣初め、役所の皆様方、きょうは財務省から小渕副大臣にもお越しいただきましたけれども、お疲れさまでございます。また、国会で働く職員の皆様方、お疲れさまでございます。  大変だと思います、いろいろな課題もあって。どの党に所属しようと、大変な多くの課題がある中、御奮闘いただいていることに敬意を表したいと思います。  私たちは、国民の御負託をいただいた立法府の一員として、矜持を持って、緊張感を持って、国会質疑に臨んでまいりたいと思いますし、残念なことですけれども、他の分科会では、大臣が遅刻をされたり、頻……

第183回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2013/04/12、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月分科員 民主党の三日月大造です。  質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  また、茂木大臣初め政務三役の皆様方、省庁、官僚の皆様方、いろいろと御説明また御準備、ありがとうございます。日々お疲れさまでございます。  茂木大臣、ちょっとお疲れの御様子ですけれども、大丈夫ですか。本当に、いろいろな課題があり、また国会対応あり、大変だと思いますけれども、お互い協力し合うところは協力し合って、将来のために、今を生きる国民の皆様方のために、私たちも含めてしっかり頑張ってまいりたいと思います。  それで、きょうは燃油、原油高騰対策及び中小企業対策について質問をさせていただくんですが、ち……


■ページ上部へ

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 議院運営委員会図書館運営小委員会 第1号(2014/01/23、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○三日月小委員長 これより図書館運営小委員会を開会いたします。  本日は、平成二十六年度国立国会図書館歳出予算要求の件について審査をいたしたいと存じます。  まず、大滝図書館長の説明を求めます。
【次の発言】 これより懇談に入ります。
【次の発言】 これにて懇談を閉じます。  それでは、平成二十六年度国立国会図書館歳出予算要求の件につきましては、お手元の印刷物のとおり決定し、議院運営委員会においては、勧告を付さないで議長に送付すべきものとするに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、本日の議院運営委員会において、以上の審査の経過及……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2014/02/26、46期、民主党・無所属クラブ)

○三日月分科員 民主党の三日月大造です。同僚の岩永議員に続いて、私も滋賀県選出です。  また、委員長初め、大臣、副大臣、政務官、省庁の皆様方もそうですけれども、連日の予算審議、また本日の長時間の分科会での審議、お疲れさまでございます。  質問の機会をいただきましたので、きょうは戦没者慰霊事業、とりわけ戦没された方の御遺骨の収容、帰還事業について質問をさせていただきます。  ことし、二〇一四年で、八月十五日を迎えますと、戦争終結から六十九年、間もなく七十年になります。さきの大戦で命を落とされました多くの方々に、改めて哀悼の誠をささげますと同時に、亡くならなくてもいい、亡くさなくてもいい命もたくさ……



三日月大造[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-44期-45期-|46期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

三日月大造[衆]在籍期 : 43期-44期-45期-|46期|
三日月大造[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院議員(五十音順) 46期衆議院議員(選挙区順) 46期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。