柿沢未途 衆議院議員
46期国会活動統計

柿沢未途[衆]在籍期 : 45期-|46期|-47期-48期
柿沢未途[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは柿沢未途衆議院議員の46期(2012/12/16〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は46期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院46期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第182回国会
(特別:2012/12/26-2012/12/28)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第183回国会
(通常:2013/01/28-2013/06/26)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第184回国会
(臨時:2013/08/02-2013/08/07)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第185回国会
(臨時:2013/10/15-2013/12/08)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第186回国会
(通常:2014/01/24-2014/06/22)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:2014/09/29-2014/11/21)
1回
5128文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



46期通算
(2012/12/16-2014/12/13)
1回
5128文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

第183回国会
内閣府特命担当大臣(規制改革)政府

第185回国会
内閣府特命担当大臣(規制改革)政府

第186回国会
内閣府特命担当大臣(規制改革)政府


柿沢未途[衆]本会議発言(全期間)
45期-|46期|-47期-48期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院46期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第182回国会
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

51回
(0回)
15回
(0回
0回)
85106文字
(0文字
0文字)

第184回国会
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第185回国会
9回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

19回
(0回)
5回
(0回
0回)
26222文字
(0文字
0文字)

9回
(0回)
1回
(0回
0回)
5044文字
(0文字
0文字)


46期通算
96回
(0回)
21回
(0回
0回)
116372文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


3回
(0回)
1回
(0回
0回)
1962文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
9361文字
(0文字
0文字)

第187回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


46期通算
8回
(0回)
3回
(0回
0回)
11323文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
42回
(0回)
11回
(0回
0回)
予算委員会

2位
23回
(0回)
6回
(0回
0回)
国土交通委員会

3位
11回
(0回)
3回
(0回
0回)
東日本大震災復興特別委員会

4位
8回
(0回)
0回
(0回
0回)
原子力問題調査特別委員会

5位
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
災害対策特別委員会

5位
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
財務金融委員会

7位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
懲罰委員会

9位
0回
(0回)
1回
(0回
0回)
内閣委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
3回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第八分科会

1位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
憲法審査会

3位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

柿沢未途[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-|46期|-47期-48期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院46期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第182回国会(特別:2012/12/26-2012/12/28)0本
第183回国会(通常:2013/01/28-2013/06/26)0本
第184回国会(臨時:2013/08/02-2013/08/07)0本
第185回国会(臨時:2013/10/15-2013/12/08)1本
第186回国会(通常:2014/01/24-2014/06/22)4本
第187回国会(臨時:2014/09/29-2014/11/21)1本


46期通算(2012/12/16-2014/12/13)6本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

東京オリンピック・パラリンピック競技大会の競技会場等に木材を使用する事に関する質問主意書

第185回国会 衆議院 質問主意書 第40号(2013/10/30提出、46期、無所属)
質問内容
本年九月七日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会において、二〇二〇(平成三十二)年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催都市が東京に決定した。今後、開催を目指し、開閉会式場となるメインスタジアムの国立競技場の建て替えをはじめ、競技会場、選手村等の施設等の整備が進められていく事になるが、これに関連して、以下、質問する。
一 「公共建築物等における木材…
答弁内容
一について
平成三十二年に東京都で開催される予定の第三十二回オリンピック競技大会及び第十六回パラリンピック競技大会(以下「東京大会」という。)の開催のために国又は地方公共団体が整備する競技会場等の施設のうち建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)第二条第一号に規定する建築物に当たるものは、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律(平成二十二年法律第三十六号。以下「法」という。)第二条第一…

■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

「戦後七十年」の談話等に関する質問主意書

第186回国会 衆議院 質問主意書 第77号(2014/03/17提出、46期、結いの党)
質問内容
いわゆる「村山談話」の見直しが時に取り沙汰されているが、「村山談話」は戦後五十年を期して閣議決定の上、当時の村山内閣総理大臣の談話として八月十五日の終戦記念日に発表されたものである。戦後六十年にあたっては同様に「小泉談話」が閣議決定の上、当時の小泉内閣総理大臣の談話として八月十五日の終戦記念日に発表されている。 来年、二〇一五年は終戦七十年にあたる。そこで以下、質問する。
一 来年の終戦記念日に…
答弁内容
衆議院議員柿沢未途君提出「戦後七十年」の談話等に関する質問に対する答弁書一から四までについて
安倍内閣としては、平成七年八月十五日及び平成十七年八月十五日の内閣総理大臣談話を含め、歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる。 これを前提として、来年が戦後七十周年であることも念頭に置いて、しかるべき時期に、二十一世紀にふさわしい未来志向の談話を発表したいと考えている。
五について …

年金制度の財政検証と所得代替率に関する質問主意書

第186回国会 衆議院 質問主意書 第78号(2014/03/17提出、46期、結いの党)
質問内容
今年は五年に一度の年金制度の財政検証及びそれに伴う年金制度改革が行われる予定の年である。二〇〇四年における年金制度改革では、@保険料の上限を二〇一七年度以降、国民年金一六,九〇〇円、厚生年金保険料率一八.三%で固定する、A給付水準は所得代替率を少なくとも五〇%を維持する、等の基本原則を定め、平成二十一年における財政検証と年金制度改革においてもこの基本原則は引き継がれている。 これについて以下、質問…
答弁内容
衆議院議員柿沢未途君提出年金制度の財政検証と所得代替率に関する質問に対する答弁書一について
御指摘の財政検証については、現在、所要の作業を行っているところであり、当該作業が終わり次第、遅滞なくこれを公表する予定である。
二について
国民年金法等の一部を改正する法律(平成十六年法律第百四号。以下「平成十六年改正法」という。)により、国民年金及び厚生年金保険については、将来の保険料水準を固定する…

年金制度の財政検証と所得代替率に関する再質問主意書

第186回国会 衆議院 質問主意書 第102号(2014/04/01提出、46期、結いの党)
質問内容
年金制度の財政検証と所得代替率に関する再質問主意書 平成二十六年三月十七日提出の(質問第七八号)「年金制度の財政検証と所得代替率に関する質問主意書」において、「二〇二〇年、二〇三〇年、二〇四〇年、二〇五〇年時点での、各年齢階層(六十五−六十九歳、七十−七十四歳、七十五−七十九歳、八十−八十四歳、八十五歳以上)における年金の平均受給額(男女別)を示されたい」旨の質問を行ったところ、「お尋ねの額につい…
答弁内容
衆議院議員柿沢未途君提出年金制度の財政検証と所得代替率に関する再質問に対する答弁書 お尋ねの「平均額」については、先の答弁書(平成二十六年三月二十五日内閣衆質一八六第七八号)三についてでお答えしたとおり、平成二十一年財政検証において試算していないため、お示しすることは困難である。 また、平成二十一年財政検証において、将来の各年度における年金給付費の総額の推計に当たっては、年金の加入履歴のある者につ…

年金制度の財政検証と所得代替率に関する第三回質問主意書

第186回国会 衆議院 質問主意書 第138号(2014/04/24提出、46期、結いの党)
質問内容
先に提出した「年金制度の財政検証と所得代替率に関する再質問」に対する答弁書(平成二十六年四月十一日内閣衆質一八六第一〇二号)において、「当該計算を行うコンピュータシステムにおいては、お尋ねの「平均額」を算出するために必要となる性別及び年齢別の年金額は出力されていないが、財政検証に用いられる性別及び年齢別の年金額を合算した年金給付費の総額は出力される仕組みとなっている」旨の回答があった。 これに関連…
答弁内容
衆議院議員柿沢未途君提出年金制度の財政検証と所得代替率に関する第三回質問に対する答弁書一から三までについて
御指摘のコンピュータシステムにおいては、性別及び年齢別の年金額を計算し、それらを合算して年金給付費の総額を計算しているが、当該性別及び年齢別の年金額については、当該総額を計算した後、消失していくものであるため、データとして保有されておらず、出力されていない。この意味においては、一の御質問に…

■ページ上部へ

第187回国会(2014/09/29〜2014/11/21)

消費税率十パーセントへの引上げの判断の法律上の根拠に関する質問主意書

第187回国会 衆議院 質問主意書 第36号(2014/10/23提出、46期、維新の党)
質問内容
「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」(以下、法律と呼ぶ)において、消費税法の附則第十八条として、以下のように規定されている。
第十八条 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経…
答弁内容
一について
第二次安倍内閣においては、長引くデフレからの早期脱却と日本経済の再生のため、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を「三本の矢」として、「アベノミクス」に一体的に取り組むことにより、平成二十五年度から平成三十四年度までの平均で名目の経済成長率三パーセント程度、実質の経済成長率二パーセント程度の成長を目指した経済運営を行ってきたところである。当該経済運営の効果もあ…

柿沢未途[衆]質問主意書(全期間)
45期-|46期|-47期-48期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院46期 ※参考情報)

みんなの党 (第183回国会、初出日付:2013/02/08、会議録より)
無所属 (第185回国会、初出日付:2013/10/30、質問主意書より)
結いの党 (第186回国会、初出日付:2014/02/03、会議録より)
日本維新の会・結いの党 (第186回国会、初出日付:2014/07/14、会議録より)
維新の党 (第187回国会、初出日付:2014/10/06、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院46期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

柿沢未途[衆]在籍期 : 45期-|46期|-47期-48期
柿沢未途[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院議員(五十音順) 46期衆議院議員(選挙区順) 46期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊