福井照 衆議院議員
48期国会発言一覧

福井照[衆]在籍期 : 42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
福井照[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは福井照衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

福井照[衆]本会議発言(全期間)
42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 衆議院本会議 第25号(2018/05/11、48期、自由民主党)【政府役職:内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・消費者及び食品安全・海洋政策)】

○国務大臣(福井照君) ただいま議題となりました消費者契約法の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。  消費者契約におきましては、消費者と事業者との間に交渉力等の格差があることなどから、依然、若年者を含めた幅広い年代において消費者被害が生じております。  また、平成十三年の施行以降、消費者契約についての裁判例や消費生活相談事例が蓄積しており、この傾向等も踏まえ、適切な措置を講ずる必要がございます。  こうした状況を踏まえ、消費者の利益の擁護を図るため、事業者の一定の行為により消費者が困惑した場合について、契約の申込み又はその承諾の意思表示を取り消すことができる類型を追加する等の措置を……

福井照[衆]本会議発言(全期間)
42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

福井照[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2018/04/05、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 おはようございます。  沖縄及び北方対策を担当する内閣府特命担当大臣の福井照でございます。  沖縄及び北方問題に関する特別委員会の開催に当たり、一言御挨拶を申し述べます。  まず、沖縄政策について申し上げます。  沖縄の振興につきましては、昭和四十七年の本土復帰以降講じられてきた社会資本整備を始めとするさまざまな施策によって、入域観光客数や就業者数が増加するなど、着実に成果を上げてきています。しかし、高い若年者失業率等を始めとした課題がなお存在していることも事実でございます。  一方で、沖縄は、東アジアの中心に位置する地理的特性や、日本一高い出生率といった優位性、潜在力を有して……

第196回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2018/07/09、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 災害ごときでは一人の命も失わないという目標を立てまして、二〇一一年の十月から国民運動として国土強靱化を始めましたが、まだこのような状況でございます。もう本当に、国民全体に対しまして、私どもの努力が足らないことを、おわびを申し上げなければならないと存じております。  確かに、広域にわたりまして、かつてない雨が西日本全体に降りまして、想像できなかった、予測をできなかったということもありますけれども、どんなことが起こっても、命を助けるということに邁進をさせていただければというふうに思います。  と申しますのも、津波に対しましては、世界津波の日をつくって、その前の津波防災の日本の法律を……

第196回国会 経済産業委員会 第1号(2018/03/23、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 公正取引委員会に関する事務を担当する大臣として、一言御挨拶を申し上げます。  公正かつ自由な競争のもとでの経済活動は、社会の活力を生み出し、経済の成長力を高め、ひいては国民生活を豊かなものにいたします。我が国経済の健全な発展を実現し、国民全体の福利を確保するためには、経済実態に即応した競争政策を展開することが必要です。  そのために、公正取引委員会による厳正かつ実効性のある独占禁止法の運用が確保されるよう、全力で職務に当たります。カルテルや入札談合を厳しく取り締まることはもとより、特に、多くの中小企業にとって依然厳しい事業環境が続いている状況に鑑み、優越的地位の濫用行為や下請法……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第2号(2018/03/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 消費者及び食品安全担当大臣として、所信の一端を申し述べさせていただきます。  国民の命と平和な暮らしを守り抜くことは、現内閣の最も重要な方針の一つです。消費者が安心して安全で豊かな消費生活を営むことができる社会を実現することは、そのために不可欠なものと考えております。  先月、担当大臣を拝命いたしましたけれども、消費者の暮らしの安全、安心にかかわる現場の取組を私自身の目で把握し、実際の政策に反映していくように努めます。委員各位の御指導、御協力もいただきながら、これから申し上げる施策に取り組んでまいります。  第一に、消費者政策の現場である地方の消費者行政の充実強化を図ります。 ……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2018/04/03、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 ありがとうございます。  今先生御指摘のように、我が国で発生している食品ロス、年間六百二十一万トン、これは世界のWFPによる食糧援助量三百二十万トンの約二倍に相当するという御指摘、そのとおりだと思います。したがって、その削減、六百二十一万トンの削減は極めて重要な課題であるというふうに認識をしております。  このため、消費者基本法に基づく消費者基本計画におきまして、食品ロス削減の国民運動、国民運動の推進を位置づけておりまして、三つございます。まず、食品ロス発生量の推計、発生要因等の分析、そして、先生お取り組みの食品関連事業者による商慣習の見直しの促進、そして三番目に、家庭でできる……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第4号(2018/05/11、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 ただいま議題となりました消費者契約法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び概要を御説明申し上げます。  消費者契約においては消費者と事業者との間に交渉力等の格差があることなどから、依然、若年者を含めた幅広い年代において消費者被害が生じております。また、平成十三年の施行以降、消費者契約についての裁判例や消費生活相談事例が蓄積しており、その傾向等も踏まえ、適切な措置を講ずる必要があります。  こうした状況を踏まえ、消費者の利益の擁護を図るため、事業者の一定の行為により消費者が困惑した場合について契約の申込み又はその承諾の意思表示を取り消すことができる類型を追加するなど……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第6号(2018/05/17、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 おはようございます。  本法律案の趣旨及びポイントというお問合せでございます。  消費者契約におきましては、消費者と事業者との間に交渉力等の格差がありますことから、依然、若年者を始めとした消費者被害が生じているのが実態でございます。また、平成十三年の施行以降、消費者契約についての裁判例や消費生活相談事例が蓄積をしておりまして、その傾向等も踏まえ、適切な措置を講ずる必要がございます。  こうした状況を踏まえまして、消費者の利益の擁護を図るため、事業者の一定の行為により消費者が困惑した場合について契約の申込み又はその承諾の意思表示を取り消すことができる類型を追加する等の措置を講ずる……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第7号(2018/05/21、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 ありがとうございます。  篠原先生にはいつもお世話になりまして、ありがとうございます。  いきなりの、この肝中の肝の、前回もそうでしたけれども、社会生活上の経験が乏しいという要件が入った経緯、理由でございます。  消費者契約法専門調査会では、明示的に、今先生おっしゃいましたように、この表現についての言及はございませんでした。しかしながら、知識、経験の不足など、合理的な判断をすることができないような事情につけ込む被害事例について検討が行われまして、その上で、「できる限り客観的な要件をもって明確に定める必要がある。」とされまして、昨年八月に報告書が取りまとめられたものでございます。……

第196回国会 消費者問題に関する特別委員会 第8号(2018/05/23、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 五月二十一日の本委員会では、衆議院本会議における答弁を訂正するかのような私の誤った答弁及び消費者庁の不適切な対応により審議の混乱をもたらせたことにつきまして、まず、櫻田委員長始め与野党の理事、委員の皆様方に心からおわびを申し上げたいと存じます。  二十一日の本委員会における黒岩委員の御質問に対する私の答弁におきまして、消費者契約法の一部を改正する法律案第四条第三項第三号及び第四号に言う社会生活上の経験が乏しいことの要件に関しまして、今月十一日の衆議院本会議における答弁を訂正するとの趣旨の答弁をいたしました。しかしながら、当該答弁は誤ったものであり、不適切でありました。  そこで……

第196回国会 内閣委員会 第1号(2018/03/02、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 食品安全及び海洋政策を担当する内閣府特命担当大臣、領土問題担当大臣として、所信の一端を申し述べます。  食品の安全性の確保のため、科学的知見に基づき、客観的かつ中立公正に食品健康影響評価を行うとともに、その評価結果についてリスクコミュニケーションを実施します。  海洋政策については、海洋の安全保障、海洋の産業利用の促進、環境保全、人材育成などの取組を強化していくことが重要です。昨今の海洋をめぐる情勢の変化等を踏まえながら、今春にも新たな海洋基本計画を策定し、総合的な海洋政策を推進します。  また、海洋の開発利用の促進に向け、海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に関し、関係者との……

第196回国会 内閣委員会 第2号(2018/03/09、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 ありがとうございます。  泉田先生には、新潟県時代から食品の安全に関しまして熱心にお取組をいただいておりますこと、敬意を表させていただきます。  食品安全の情報発信について、取組の基本方針いかんということでございますが、食品の安全確保については、言うまでもなく、国の最も重要な責務の一つでございます。国民の健康の保護が極めて重要であるという基本的認識のもとで、最新の科学的知見に基づき、適切な措置を講じる必要がございます。  食品安全委員会では、科学的知見に基づき、客観的かつ中立公正に食品のリスク評価を実施するとともに、ホームページ、意見交換会等のさまざまな手段を通じて、その評価結……

第196回国会 内閣委員会 第5号(2018/03/28、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 ありがとうございます。  もちろん存じております。
【次の発言】 はい。見させていただきました。
【次の発言】 報道は存じておりますけれども、全く真実ではございません。記憶にございませんし、大変、私自身としてはエンバラストな感じでございます。
【次の発言】 もう一度整理させていただきますと、先ほど先生から御指摘のような報道は承知をしております。今回の報道につきましての記憶がございませんし、私自身、エンバラストな感じというのも申し上げましたけれども、しかし、過去に私の言動で不快な思いをされた方や御迷惑をおかけした方がいるとすれば、衷心よりおわびを申し上げたいというふうに思っており……

第196回国会 内閣委員会 第6号(2018/03/30、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 国会における質疑というものが、先生先ほどからおっしゃっていただいていますように、民主主義そのものであるという点に鑑みますと、国会からの求めに対して書き換えた決裁文書を提出したということは大変重大な問題であるというふうに考えている次第でございます。

第196回国会 内閣委員会 第9号(2018/04/11、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 ありがとうございます。  平成二十五年四月に策定をされました現行の海洋基本計画の御紹介をちょっとさせていただきたいと思います。その評価という御質問でございますので、まず基本を御紹介させていただきたいと思います。  四本柱がございまして、まず一本目が、国際協調と国際社会への貢献、二本目が、海洋の開発利用による富と繁栄、三本目が、海に守られた国から海を守る国へという柱、そして最後に、未踏のフロンティアへの挑戦。これら四本柱を基本的な取組姿勢として、海洋に関する諸施策を、関係府省が連携の上で、政府一体となって、一丸となって推進してきたところでございます。  具体には、メタンハイドレー……

第196回国会 予算委員会 第2号(2018/01/29、48期、自由民主党)

○福井委員 おはようございます。自由民主党の福井照でございます。  まず冒頭、先週の同僚議員、同僚議員であるからこそ、この発言について申し上げなければなりません。  二階幹事長からの自由民主党の代表質問でも、沖縄の問題は日本全体の問題であり、つまり最重要課題であり、我々は沖縄の皆様の心に寄り添っていかなければならないと申し上げたばかりでございましたので、同僚の発言は決して相入れられるものではございません。国民の受けとめ方、なかんずく沖縄の皆様の受けとめ方は真逆と言ってよいのだと思います。  二階幹事長にお仕えする者として、一昨年からの事実関係を申し述べさせていただきたいと思います。  一昨年八……

第196回国会 予算委員会 第13号(2018/02/19、48期、自由民主党)

○福井委員 岡山県に派遣されました委員を代表いたしまして、団長にかわり私からその概要を御報告申し上げます。  派遣委員は、河村建夫委員長を団長といたしまして、理事津村啓介君、委員古賀篤君、原田義昭君、平井卓也君、平沢勝栄君、藤井比早之君、山口壯君、岡本あき子君、落合貴之君、稲富修二君、伊佐進一君、原口一博君、串田誠一君、そして私、福井照の十五名でございます。  このほか、現地の会議におきまして元参議院議長江田五月君が出席をされました。  去る十六日、現地におきまして、岡山駅周辺におけるコンパクトでネットワーク化された都市づくりの現状を視察し、関係者から説明を聴取いたしました。  次いで、岡山市……

第196回国会 予算委員会 第17号(2018/02/26、48期、自由民主党)

○福井委員 第四分科会について御報告を申し上げます。  本分科会は、文部科学省所管について審査を行いました。  詳細につきましては会議録に譲ることといたしますけれども、その主な質疑事項は、英語教育の充実、教員の長時間勤務の改善、SNSを活用したいじめ等の相談体制の拡充、奨学金の充実、教育無償化の対象範囲のあり方、文化財保護を担う若手人材の育成、道徳教育の成績評価のあり方等であります。  以上、御報告申し上げます。

第196回国会 予算委員会 第18号(2018/02/28、48期、自由民主党)【政府役職】

○福井国務大臣 ありがとうございます。  事実関係を申し上げますと、昨日、就任の記者会見におきまして、以前、数年前ですけれども、ビザなし交流で色丹島に参りましたということを記者の皆さんに御紹介したくだりで、シャコタンというふうに言ってしまいました。  役所の名誉にかけて申し上げますけれども、メモなしで、私自身の言葉で記者の方を見て申し上げておりました。その間にシャコタンというふうに申し上げてしまいまして、大変、元島民の皆様そして北海道の皆様に御迷惑をかけたことにつきましては、おわびを申し上げたいと思います。
【次の発言】 お答えをさせていただきます。  まず、このような、私の後援団体の関係者に……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 災害対策特別委員会 第4号(2019/05/24、48期、自由民主党)【議会役職】

○福井委員長代理 これより会議を開きます。  委員長が所用のため、その指名により、私が委員長の職務を行います。  災害対策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣府政策統括官海堀安喜君、総務省大臣官房審議官多田健一郎君、総務省自治行政局公務員部長大村慎一君、文部科学省大臣官房審議官岡村直子君、厚生労働省大臣官房審議官八神敦雄君、厚生労働省大臣官房審議官諏訪園健司君、厚生労働省大臣官房審議官山本麻里君、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長橋本泰宏君、経済産業省大臣官房審議官島田勘資君、資源エネルギー庁電力・ガス事業部長村瀬佳……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 予算委員会 第2号(2020/01/27、48期、自由民主党・無所属の会)

○福井委員 おはようございます。自由民主党の福井照でございます。  本日は、心と体と人生と国土と地球のレジリエンス、強さとしなやかさ、その手段としてのリスクマネジメント、リスクコミュニケーションについて御質問をしたいと思っております。  通底する質問趣旨は、強さとしなやかさ、強くしなやかな心と体と人生と国土と地球のレジリエンスでございます。  まず、総理に伺いたいと思います。  中国を始めとする世界各国で急激に拡大しております新型コロナウイルスに関連する感染症についてお伺いをさせていただきたいと思います。  日本においても四名の患者が確認をされております。一月二十二日から二十三日に開催されまし……


福井照[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

福井照[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)【議会役職】

○福井主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました福井照です。よろしくお願いいたします。  本分科会は、文部科学省所管について審査を行うことになっております。  平成三十年度一般会計予算、平成三十年度特別会計予算及び平成三十年度政府関係機関予算中文部科学省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。林文部科学大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま文部科学大臣から申出がありましたとおり、文部科学省所管関係予算の概要につきましては、その詳細は説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議あ……

第196回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2018/02/26、48期、自由民主党)【議会役職】

○福井主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  平成三十年度一般会計予算、平成三十年度特別会計予算及び平成三十年度政府関係機関予算中文部科学省所管について、前回に引き続き質疑を行います。  質疑の申出がありますので、順次これを許します。後藤祐一君。
【次の発言】 これにて後藤祐一君の質疑は終了いたしました。  次に、杉田水脈君。
【次の発言】 これにて杉田水脈君の質疑は終了いたしました。  次に、杉本和巳君。
【次の発言】 これにて工藤彰三君の質疑は終了いたしました。  次に、平野博文君。
【次の発言】 これにて平野博文君の質疑は終了いたしました。  次に、古本伸一郎君。



福井照[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

福井照[衆]在籍期 : 42期-43期-44期-45期-46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
福井照[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊