国会議員白書トップ衆議院議員赤松勇>23期国会活動まとめ

赤松勇衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  4回発言   7503文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  3回発言   8545文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  2回発言   3178文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  9回発言  19226文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第18号(1947/07/26、23期)

日本社会党は、成瀬喜五郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第23号(1947/08/09、23期)

日本社会等は、菊池重作君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第42号(1947/10/07、23期)

私は、ただいまから各派を代表いたしまして、各派共同提案になりまする食糧増産並びに供出促進に関する決議案の趣旨弁明をいたします。初めに決議案の内容を朗読いたします。我が国の当面する食糧危機は、国民総力を挙げての真摯なる努力が認められ、過般連合軍の特別の好意による輸入食糧の追加放出によつて一應本年の端境………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第49号(1947/10/25、23期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、逓信従業員に関する緊急質問を行いたいと思いまするが、この緊急質問の関連事項であり、かつ前提をなしますと思われますので、この際、わが党の労働組合に対する当面の基本的な態度を明確にしておきたいと思うのであります。まず、現下の客観的情勢から考えまして、今日の日本の労働組………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/02/02、23期)

過日、議院運営委員会におきまして、憲法代五十條による議員逮捕の許諾の討論に際しまして、私の最も尊敬しておる広地でありまする工藤鉄男議員から、特に次のような発言があつたのであります。われわれが憲法第五十條の議員の身分保障に関してこれを強く擁護せんとする理由は、すなわち明治維新以來、われわれの先輩あるい………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第37号(1948/04/01、23期)

財政金融委員の提案に相なります全官公廳爭議解決に関する勧告決議案の趣旨弁明をいたします。まず最初に、本勧告決議案の朗読をいたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第74号(1948/06/30、23期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となつております軍事公債の利子支拂の特例に関する法律案に賛意を表するものであります。実は私は、本議題が上程されました際に、民主自由党の石原君が討論に立たれるということをば聞きまして、はなはだ好敵手を得た、いわゆる野党の第一党でありまする民主自由党の代表………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第17号(1948/11/20、23期)

御承知のごとく、今国会は、国家公務員法及びそれと関連する賃金ベースの問題を審議するために召集された国会であるのでございます。しかるに、当面の責任者でありまする、ただいまここに答弁に出ました泉山国務大臣は、この重要なる人事委員会に法案が付託されまして以來十一日、今日までたつた三回より出席しておりません………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第25号(1948/11/30、23期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりまする国家公務員法一部改正に関する法律案に対しまして、絶対に反対の意を表する次第であります。先般人事委員会におきまして、吉田内閣総理大臣は、私の質問に対しまして次のような発言をされておるのであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 12回発言   8252文字発言
  第2回国会 72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 72) 13回発言  11969文字発言
  第3回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  4)  8回発言  35073文字発言
  第4回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  5回発言  12830文字発言

  23期通算 140回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員119) 38回発言  68124文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

議院運営委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65)  13回発言   4159文字発言

財政及び金融委員会
            51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51)  13回発言  16127文字発言

人事委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  1)  12回発言  47838文字発言

決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

人事委員会理事(第3回国会)
人事委員会理事(第4回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1947/06/27、23期)

私は大体二つの点でお伺いしたいのですが、第一は、議会運営委員会と各派交渉会との関係が、どうなるのであるか。この衆議院規則案立案の際に、これが十分に議論されたかどうか。第二点は、閣僚及び政務官と常任委員…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1947/07/08、23期)

私も大体石田君の意見に賛成であります。あの自由討論の発言の心構えというか、そういうことについて、もう少し考える必要がある。昨日の発言を見ておりますと、まるで行政府に対しての質問に終始しているそうでな…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1947/07/09、23期)

事後の自由討論の問題は改めて協議し、明日に限つてそういうことにする。次に発言の時間についてお諮りいたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1947/07/24、23期)

問題はそうなるとさつきの問題にあと戻りするようになるが、結局原則論でいくか、それとも若干今のような点を加味してなるべく発言時間を與えるようにするかということになると、まあ與えるということになつて、十七…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号(1947/08/07、23期)

そうしますと大体議題の発議については今言つた五つでまわすことは大変結構だと思います。ただ発言の回数と言いますか、そういつたものも出てくるのではないかと思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第13号(1947/08/14、23期)

これは大した議論ではありませんが、この間今井給與局長に聴いて官公労の千八百円のベースにもとずく新しい給與規定が出るわけであります。全官公労の方では團体交渉をやつているが、国会の特殊性に鑑みてそういう点…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第29号(1947/09/30、23期)

給與のことは財政金融委員會が本筋だろう。必要があれば豫算委員會と合同したらいいでしよう。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1947/10/30、23期)

今度の公務員法に下級官吏が反對しておる理由は、いろいろありますが、結局人事委員によつて官僚的に天降り的の人事をやられることは困る。これはこの法案をゆがめるものであるという観點から、非常に強い希望やら反…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第46号(1947/11/28、23期)

職員の待遇の問題についてちよつとお尋ねしたい。職員組合の方から當局に歎願書が要求書が出ているはずであるが、あれに對してはどういうふうな御囘答をなさつているか、承りたい。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第9号(1947/08/06、23期)

議事進行について――。先ほどから所管大臣の出席のないことにつきまして、相當各委員から不満の點があるのであります。私は前囘の委員會におきまして和田国務大臣に對しまして質問通告をしておいたのでありまするが…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第10号(1947/08/09、23期)

ただいま委員長の御發議まことに結構でございます。しかしながら本日は本會議もありますし、既に十一時にもなつておりまして、結局和田国務大臣の御説明を聴く會合に終つては相ならぬと考えます。從いましてむしろ委…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第36号(1947/11/18、23期)

この請願を紹介いたしました紹介議員といたしまして、ただいまの主税局長の御答辯の中に、はなはだ穏當を缺く御當辯がありましたので、私はちよつとお伺いしておきます。公定價格を上まわる、いわゆるやみ價格で販賣…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1948/01/27、23期)

この際議長の御見解をお伺いしておきたい。それは事件の内容は今詳らかになつておりませんが、ともかくも檢察当局から被疑者として見られている原侑君が、院内外において、あたかも国会議員全体が原君と同じような行…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第35号(1948/05/07、23期)

ただいまの林君の言われた通り、政府においては至急四百二十円に関する法律案を国会に提出するよう督促していただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第41号(1948/06/03、23期)

ちよつと事務的にお尋ねしますが、職員給與の中の顧問というのは何ですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第12号(1948/03/26、23期)

私はただいまの御答弁の中の、樂しくタバコを買わせるということは、言葉じりをつかまえるわけではないが、大体専賣局の考え方というものは、根本的に間違つておるのではないか。たとえば賣れない場合には、何か景品…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第15号(1948/03/31、23期)

ただいま全官公廳の爭議が、すでに相等長期にわたり展開されておるのであります。この爭議の問題は、わが国の経済再建並びに国民生活に及ぼす影響極めて甚大なるものがあるのであります。從つて国会といたしましては…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第18号(1948/04/06、23期)

休憩にはいる前にちよつと私ほかの問題について申し上げたいと思います。さいわい主計局長がお見えになつておりますので、私は主計局長に強い希望を付してみたいと思います。それは何であるかと言えば、先日所得税法…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第24号(1948/05/20、23期)

川合委員の質疑はさらに続行されると思います。なお各党におきましてもさらに質疑が行われると思うのでありますが、この問題は御承知のごとく非常な大きな爭議を経まして妥結点に到達された問題であります。なお私は…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第27号(1948/05/25、23期)

租税完納本部では、租税完納に関する運動を效果的に展開するために、各地をまわつておるのでありますが、各員の一致した見解では、現状のような脆弱な税務機構、竝びにその待遇上の問題を考えまするときに、とうてい…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第32号(1948/06/03、23期)

国民生活安定の途をはたすということは、大体今度の基準賃金との比較からいたしまして、嗜好品であるタバコはどの程度の比率というふうにお考えになりますか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第48号(1948/06/26、23期)

連日にわたつて野党側から、きわめてていねい、かつ懇切なる御質問がありました。われわれも啓発されるところはなはだ大なるものがあつたのであります。大体質疑はこの程度で終了いたしまして、ただちに討論にはいら…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第50号(1948/06/29、23期)

実はこの軍事公債利拂いの問題につきまして、與党側といたしましては連日にわたつて、きわめて誠実な態度で、隠忍自重してまいつたのであります。いわゆる耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んでやつてまいりました。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第53号(1948/07/02、23期)

今の川合君の趣旨弁明中に、第一議員倶樂部を除く各派を代表してという言葉がありましたが、この点は私は各派交渉委員をやつている関係で絶えず問題になりますので、この際明白にしておきたいことは、第一議員倶樂部…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第54号(1948/07/03、23期)

当時財政金融委員会に提案をいたしまして、全官公の爭議の真最中でありましたが、爭議解決促進の決議案の草案を提案いたしまして、皆さんの御賛同を得まして本会議に上程されたのでありまするが、その中に政府は全官…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1948/10/14、23期)

民自党の希望もありますので、この問題は重要でありますから、一應党へ帰つて相談して、その上でこの委員会を開いていただきたいと思います。暫時休憩します。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1948/11/20、23期)

数点お伺いいたします。まず今の生悦住委員の質問に対しまして総理は、所管大臣に聞いてもらいたい、こういうお話でございましたが、先般民主党の川崎君の質問に対しまして、労働大臣からいわゆる官廳内における実際…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1948/11/22、23期)

官房長官にお尋ねいたしまするが、御承知のごとく国家公務員法は、賃金ベースが裏づけになつて表裏一体であつて、從つて同時審議をなすべきであるということが院議によつて決定されております。この院議を尊重される…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1948/11/25、23期)

委員長御承知のように、本委員会におきましては、本法案の重要性にかんがみまして、政府委員の出席も要求し、なかんずく本法律案に重大な関係のありまする内閣総理大臣並びに大蔵大臣の出席を要求いたしまして、委員…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1948/11/26、23期)

ちよつと総理に御質問申し上げます。この問題は総理大臣も御承知のごとく、全国二百五十万の官公吏の、年末を控えての重大な問題でありますから、ひとつ国會を通じて、総理の意のあるところを二百五十万の官公吏にお…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1948/11/27、23期)

第六十條の現行法の臨時的任用の項でございますが、この規定から言いますならば、六箇月とさらに六箇月、更新いたしまして都合一年間臨時に任用することができるという規定になつている。これはいわゆる職業安定法と…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第14号(1948/11/29、23期)

この際委員長に要求いたします。本委員会運営に関しまして理事会を開きたいと思います。よつて暫時休憩を要求いたします。午後十一時二十二分休憩会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第15号(1948/11/30、23期)

議事進行について。御承知のごとく第三国会はいわゆる国家公務員法の問題と賃金ベースの問題を審議し、かつ国家公務員法の附属法案を審議いたしまする重大な国会であるのでございます。しかも本日一日の会期を控えま…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1948/12/08、23期)

この際大蔵大臣にお伺いしておきますが、私ども日本社会党といたしましては、いわゆる今度の給與ベースにつきましては、七月の物價体系を起点といたしまして、七、八、九は六千二百円、十、十一、十二は七千二百円、…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1948/12/09、23期)

ちよつとついでに蓮見さんにお尋ねしておきますが、地域給に関する何か法律案が近く出ますか。地域給をこの法律案で示されておるのだが、さらに向う一箇年間くらい、一應これをくぎづけにしておいて、そうして全国の…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1948/12/10、23期)

先般国会を通過しました国家公務員法は、強大な権限を人事院に與えている。だからわれわれはこれに反対したが、いわば四権分立の制度である。そこで前にわれわれは浅井さんにベースの問題を質問した。少くとも人事院…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1948/12/11、23期)

本給與法案に関する修正案をただいま用意しておりまするので、関係方面との折衝もありまするから、暫時休憩せられんことを要求いたします。午後二時三十八分休憩会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1948/12/21、23期)

この際動議を提出いたします。ただいま野党側から提出いたしましたいわゆる修正案は、大体先般の政府の提出法律案に対する質疑等と関連いたしまして、大体そういう点で明確になつておると思うのでございますから、こ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12