飛鳥田一雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   5168文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4790文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   9958文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第28号(1953/07/25、26期)

私は、ただいま議題になつております、いわゆる独占禁止法の改正案及びその修正案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして反対の意を表明するものであります一(拍手)申し上げるまでもなく、日本経済における自由なる競争を推進せんといたしました独禁法の今までの態度に対しまして、本改正法案は、一に、株式の保有と………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第31号(1954/03/31、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました行政機関職員定員法の一部を改正する法律案に対し反対の意を表さんとするものであります。(拍手)まず第一の理由は、本法案が日本の急速なる軍事体制を確立しようとする吉田政府の行う行政整理だということであります。すなわち、吉田政府は、昨年まで再軍備は………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  6回発言  35183文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言   6432文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    545文字発言
 第19回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 13回発言  59539文字発言
 第20回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   5126文字発言

  26期通算  83回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 83) 25回発言 106825文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40)  9回発言  46188文字発言

 経済安定委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  8回発言  37107文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  5回発言  18037文字発言

 法務委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言   5493文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第11号(1953/07/06、26期)

今の栗田委員の御質問に関連して一つだけ伺います。再販売価格維持契約の問題ですが、この再販売価格の維持契約を結べるか結べないかということは、栗田委員が指摘せられておつたように、生産業者とこれを仕入れるた…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第14号(1953/07/13、26期)

カルテルが、先ほど来仰せられておるような、大きな企業の間に結ばれやすいし、またそこだけ効力を発揮する、こういうものであることをお認めになりましようか。さらに引続いて、最近日本の産業界で、銀行を頂点と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第15号(1953/07/14、26期)

関連して……。再販売価格の維持契約について先日東京高等裁判所の新聞販売に関する事件の判決を拝見したのですが、あれを拝見いたしますと、あらためてこういう條文をつくらなくてもいいのじやないか。現行の法律の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第16号(1953/07/15、26期)

法制局の方に、この独禁法の改正案に関して、この委員会で問題になりました法律上の疑義について一、二伺わせていただきます。まず第一に問題になりましたことは、この不況カルテルなり、合理化カルテルなりを許し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 経済安定委員会 第19号(1953/07/24、26期)

前回大臣にお伺いをいたしましたときに、大臣は昨年行われました通産省の綿紡績に関する操短勧告についてお答えをなさらずに、この操短勧告をしたことの功罪というものは一応検討してみなければならぬと思いますから…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1953/07/31、26期)

RTOに引渡したときに、それを阻止する方法がなかつた、こういうふうに中尾局長は言つておられるのでありますが、これを阻止する方法は絶対になかつたのでしようか。午後四時二十七分休憩会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 経済安定委員会 第2号(1953/11/03、26期)

この経済の自立についてという資料はあとで詳しく伺いたいと思うのですが、ちよつと拝見しますと、この前岡野さんの議会で演説されたのとそうかわりがないのですが、あれから今までの間に、相当変化がありました。な…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 経済安定委員会 第3号(1953/11/06、26期)

この間実は小売商組合の人々の話をちよつと聞いたのですが、今になつてみると、小売商組合の人はこの再販売価格維持契約の制度について非常に懐疑的だし、製造家との間になかなか協定ができないのだというような話を…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1953/11/02、26期)

この法律について国連軍が日本に存在をしておる根拠とか、行政協定の取扱い方とか、こういう問題はあとで古屋さんの方から御質問申し上げることにいたしまして、私は実務的なこの法律の解釈の問題について二、三お伺…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1953/12/04、26期)

鉄道公安官の問題に関連して、現にそういう事実がたくさん行われております。一つだけ具体的な事実を申し上げておきますが、横浜の高島町においては、鉄道公安官がトラツクに乗つて、しかもマイクロフオンをつけて、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 経済安定委員会 第10号(1954/03/19、26期)

今度値上げをすることになりますと、あなたの工場のいろいろな諸製品のコスト、そういうものにどんな影響がありますか、もう少し詳しく伺いたいということが一つ。もう一つは割当制度を廃止して特約制度にすることは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1954/03/09、26期)

今の百九十九条の「請負その他特別の利益を伴う契約の当事若である者」というのは、そういう契約をする当事者は会社ないしは団体である場合が多くて、今島上さんの質問せられたのは、そういう当事者である会社の主要…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第8号(1954/03/17、26期)

それでは教育公務員特例法の一部を改正する法律案について二、三お伺いいたします。この法律案を見ますと、教員について地公法の三十六条の適用をはずしまして国家公務員法の百二条を適用するということになつており…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第13号(1954/05/21、26期)

まず提案者の鍛冶さんに一つ二つ伺わせていただきます。今までの御提案の趣旨を伺つておりますと、民法上の住所というものと、この選挙法上の選挙権を行使する拠点となるべき住所というものはどうしても一致したけ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1954/03/23、26期)

まず最初にこまかいことから伺い始めます。民事局、刑事局、訟務局、こういうような各局に定員減が割当てられておりますが、それは最近に至つての各局の仕事の増減に比例しておりましようか。続いて矯正局、保護局…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1954/03/24、26期)

今辻委員からお話の承りました学校の教員の問題にやはり関連をいたしますが、今のお話によりますと、この定員減は実質的には人も人間を減らさないで行く、こういうお話ですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1954/03/30、26期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されております行政機関職員定員法の一部を改正する法律案に対し反対の意を表さんとするものであります。まずその第一の理由といたしましては、本法案が日本の急速…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1954/04/12、26期)

今のことに関連しますけれども、制限をはずしてしまうというお話ですが、そういたしますと、内部部局の人と自衛官とは取扱い上全部平等になる、こういうことですか。逐条審議ではありませんが、防衛庁設置法案の第…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第37号(1954/05/21、26期)

調達庁の方にお伺いしたいと思いますが、東京の駒沢の練兵場跡に十六万坪の国有地がありますけれども、この問題について伺いたいと思います。この土地は今まで帰農者五十名が農林省の営農資金による開拓農場として使…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第38号(1954/05/25、26期)

あまりダブらないように伺います。これはどうしても解せない点ですが、内閣委員会でこの自衛隊法をやつておりますときにも、各委員からほとんど異口同音に国防会議の構成については御質問申し上げたと思います。とこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第42号(1954/09/29、26期)

今副総理の方から無理な人減らしはやらなかつた、こういうふうに言つているのですが、幸い気象台の方の労働組合の方が見えておられるので、この際そうであるかどうか事実についてお話をいただきたいと思います。そ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第43号(1954/09/30、26期)

今高瀬さんから伺つたことと重複する部分が非常に多いと思いますが、私たちの立場からもう一度伺つておきたい、こう思うのです。この協議会の設立について、今副総理は、反共的なことを強調されましたが、しかし今ま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第47号(1954/10/27、26期)

今度の増強計画はMSA協定に基いた日米の約束によつて行つておられるのですかどうか。この点から伺いたいと思います。なるほどジユネーヴ会議以来一時平和の曙光を見得るような様相を来しておるようでありますが…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/04、26期)

ごくこまかいことで、ついでと言つては失礼ですが、明確にしておく意味で伺つておきます。文書、図画、こういうものの中に色彩が入るか、あるいは模様が入るか、こういうこともひとつ伺つておきたいのですが、たとえ…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1954/12/05、26期)

提案者にお伺いしますが、このプリントの一枚目の裏の第百六十四条の九「公職の候補者以外の者が二人以上の公職の候補者の合同演説会を開催することは、前項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。」とあるので…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22