坂田道太衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  1回発言   1834文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  1回発言   2975文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  5回発言  14430文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  7回発言  19239文字発言

本会議発言一覧

第29回国会 衆議院 本会議 第8号(1958/06/27、28期)

ただいま議題となりました内閣提出の市町村立学校職員給与負担法の一部を改正する法律案につきまして、その要旨及び文教委員会における審議の経過と結果について申し上げます。本案の要旨は、市町村立の小学校、中学校、盲学校、ろう学校及び養護学校の教職員の通勤手当並びにこれらの学校の校長に対する管理職手当を都道府………会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 本会議 第16号(1958/11/01、28期)

ただいま議題となりました学校教育法等の一部を改正する法律案及び同法律の施行に伴う関係法律の整理等に関する法律案につきまして、その要点と、審査の経過及び結果について御報告申し上げます。まず初めに、学校教育法等の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第11号(1959/01/29、28期)

お答えいたします。国民年金制度につきまして、社会保障審議会より後退したではないかという御質問でございますが、国民年金制度の成案は、社会保障制度審議会の答申と比べまして、一般にいって必ずしも後退したとは考えておらないのでございます。たとえて申し上げますと、障害年金や母子年金の支給条件などを大幅に広げて………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第14号(1959/02/13、28期)

国民年金法朱につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。御承知のように、わが国の公的年金制度には、厚生年金保険制度を初め、恩給、各種共済組合による年金制度など、すでに幾つかの制度がありますが、これらは、いずれも一定の条件を備えた被用者を対象とするものでありまして、国民の大半を占める農民、商上業者、零………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第20号(1959/02/27、28期)

ただいま御決議のありました、比国ルバング島の元日本兵の生還を期する件につきましては、政府におきましても、従来から極力努力して参ったところでございますが、成果をおさめ得なかったことはまことに残念であります。本日の御決議の趣旨にのっとり、さらに関係国の協力を求め、その生還を期するよう、極力努力を重ねて参………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第25号(1959/03/12、28期)

お答え申し上げます。御質問の通り、農村におきます生活困窮者の生活保障も社会保障の一環として考える必要があるのでございまして、現に、厚生省といたしましては、旧地主と農民とを問わず、すべての生活困窮者を対象とする生活保障政策の推進に努力をいたしておるような次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第6号(1958/12/19、28期)

ただいま議題となりました、内閣提出にかかる、昭和三十三年九月の水害による公立の小学校及び中学校の施設の災害復旧に要する経費についての国の負担に関する特別措置法案につきまして、その要旨及び文教委員会における審議の経過と結果について申し上げます。御承知の通り、公立学校施設の災害復旧につきましては、従来、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会  9回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第30回国会  8回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第31回国会  2回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言     86文字発言
 第32回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第33回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第34回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第35回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  28期通算  37回出席(長 19 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  1回発言     86文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            36回出席(長 19 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言     86文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 文教委員会委員長(第29回国会)
 文教委員会委員長(第30回国会)
 文教委員会委員長(第31回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第31回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1958/12/19、28期)

長起立総員。よって、本案は原案の通り可決するに決しました。なお本案議決に伴う委員会報告書の作成につきましては、先例により委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22