坂田道太衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  0回発言      0文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  1回発言   2000文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  1回発言   4604文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  8回発言  17599文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26) 10回発言  24203文字発言

本会議発言一覧

第56回国会 衆議院 本会議 第9号(1967/08/07、31期)

私は、ただいま社会党より提出されました内閣不信任案に対し、自由民主党を代表して反対討論を行なわんとするものでございます。(拍手)佐藤内閣は、本年一月の総選挙の結果、国民の、圧倒的多数の支持を得て成立を見たばかりでございます。(拍手)しかも、その後、世論に著しい変更をもたらすような重大な政治的与件は、………会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 本会議 第3号(1968/12/12、31期)

同じ教育問題で長い間取り組んでまいりまして、立場は違いますけれども、非常に尊敬しております小林君の質問に対してお答えをいたしたいと思います。第一には、大学紛争の背景となるものは何か、どう考えるかということだと思います。これにはいろいろあると思うのです。またいろいろのお考えもあると思います。私は三つ四………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第4号(1969/01/30、31期)

三木さんにお答えをいたしたいと思います。いろいろ多岐にわたっておりまして、非常にお答えにくいかと思いますが、まじめにお答えを申し上げたいと思います。東大紛争の原因についていろいろお話がございました。筑波学園の問題あるいは医学部の研修医の問題まさに、やはりこういうところに医学部の問題があると思いまして………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第14号(1969/03/14、31期)

お答えをいたしたいと思います。まず第一に、科学技術基本法でございますが、この点につきましては、科学技術庁長官と御相談をし、検討いたしまして、提出いたすことにつきまして、いま相談をいたしておるところでございます。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第15号(1969/03/18、31期)

渡辺さんにお答えを申し上げたいと思います。炭鉱の閉山の結果、児童生徒が激減をして、あるいは教員の定員や人事異動などによって四十四年度の教育計画がくずれてしまうのじゃないだろうかというお尋ねでございます。本年度の公立小中学校の教職員定数の改善をはかるために、実は、公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第27号(1969/04/17、31期)

まず、岡山大学におきまして、学生の暴力によりとうとい人命を失うという、まことに不幸な事態を惹起いたしましたことに対し、文部大臣として責任を痛感するとともに、故有本警部補並びに御遺族に対して、心からおわびとお悔やみを申し上げる次第でございます。このような事態に至りました背景には種々複雑な問題があると思………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第41号(1969/05/30、31期)

戦前の日本委任統治下時代の教育は、日本とほぼ同様の邦人のための教育と、就業年限三カ年の島民教育、つまり、公学校とがございました。現在は、アメリカの制度を取り入れまして、小学校八年、中学校四年でございます。これが成功しておるかどうかということは、他国の施政権下の問題でございますから、批評を差し控えたい………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第47号(1969/06/13、31期)

お答えをいたします。文部省は何ら協力をしておらぬのじゃないかというお話でございますが、学校給食は、やはり米の需給関係のみで論ずべきものではないと考えます。学校給食は、発育期にある児童生徒の健康と体位の向上をはかるため、栄養を旨として、従来、パン、ミルク、おかずの食形態をその基本としてまいりました。し………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第51号(1969/06/24、31期)

大学の運営に関する臨時措置法案について、その趣旨を御説明申し上げます。社会の発展と文化の向上は、教育の普及と学問研究の進歩にまつところがきわめて大きいことは申すまでもないところであります。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第69号(1969/07/29、31期)

川崎君にお答えを申し上げたいと思います。先ほど、公聴会につきまして総理からもお答えがございましたが、私も、公聴会は朝から夕方までずっと聞いておりました。大体、いろいろ参考になるところは多うございました。しかし、二、三の大学人のお話は、学問の自由の目的を達成するために大学の自治というものが必要であると………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第56回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第58回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第59回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言

  31期通算  40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員  0)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第55回国会)
 文教委員会理事(第56回国会)
 文教委員会理事(第58回国会)
 文教委員会理事(第59回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22