永末英一衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   2579文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言   2899文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  1回発言   5366文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  3回発言  10844文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第30号(1964/05/15、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、大気圏内、宇宙空間及び水中における核兵器実験を禁止する条約の締結について承認を求めるの件に関し、賛成の討論を行ないます。(拍手)われわれは、この条約が地下核実験を禁止するに至らなかった点、また、核兵器の製造、保有、運搬、譲渡及び使用を禁止し得なかった点を深く遺憾と………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/12/24、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっております政府提出の昭和四十年度補正予算案三案に対しまして、反対の意思を表明いたします。今回の補正予算案の特徴は、当初予算歳入見積もり額の八%に及ぶ収入減を生じたということであります。これは戦後初めて政府予算にあらわれた現象でありまして、きわめて………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第6号(1966/07/26、30期)

私は、民主社会党を代表し、沖縄における裁判権移送命令事件について質問をいたしたいと存じます。この事件は、施政権返還を目ざして、自治権拡大へ一歩一歩前進しつつあるかに見えた沖縄のベールをもぎ取り、アメリカの利益のためには、琉球政府の裁判権を容易に剥奪し、民主主義の原則をじゅうりんするという、アメリカの………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  13632文字発言
 第46回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 13回発言  80470文字発言
 第47回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言   8105文字発言
 第48回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33)  6回発言  32814文字発言
 第49回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言  15529文字発言
 第50回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 10回発言  43963文字発言
 第52回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言  19896文字発言

  30期通算 156回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員145) 37回発言 214409文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 53)  10回発言  99530文字発言

外務委員会
            50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 50)  15回発言  59569文字発言

大蔵委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  11回発言  45620文字発言

日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言   9690文字発言

国際労働条約第87号等特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会理事(第50回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第45回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1963/12/12、30期)

最初に総理にお伺いしたいのでありますが、総選挙は国民が主権者としてその主権に基づく行為をする重要な機会であります。したがって、この総選挙によって国の歩みを決定する非常に重要な機会であります。したがって…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1964/02/12、30期)

きのうの参議院の外務委員会で、大平外務大臣から、一つの中国、一つの台湾という考えはしぼんでしまったというような御発言があったと聞いておるのですが、それはどういう内容のものであったか、お聞かせを願いたい…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1964/02/21、30期)

民社党といたしましては、今回のOECD条約にわが国が加盟をすることを非常に重大に考えております。それは、一つには、わが国が戦後、いわゆる籠城経済、たてこもって保護を加えてきた経済から、開放経済、開いた…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1964/04/08、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっております経済協力開発機構条約の締結については、これを承認すべきものと考えます。私どもは、国際経済を包括的たらしめ、また、わが国の経済がこれ以上…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1964/05/08、30期)

資料を要求したいと思います。その内容は、核爆発、核実験の各国別、地上、地中、水中のそれぞれの区域別の回数を、現在までわかっているところを資料として御提出願いたい。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1964/05/13、30期)

防衛庁長官の出席を要求しておりましたが、非常に時間が短いので、もし十分に御回答がなければ、もう一度ひとつ出席要請をしたいと思います。私どもは、この部分的核実験停止条約について、いままで政府の説明はこ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1964/06/26、30期)

私ども民社党は、ただいま松本委員から出ました要望の点について全面的に賛成であります。池田内閣は、中国に対する姿勢については、まず初めは前向きのようでございました。たとえば政経分離ということばを使うにあ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第34号(1964/08/10、30期)

民社党といたしましても、今回のこの事件について非常に重大な関心を持っておりますが、ただいままでの大臣の御答弁を聞いておりまして。少し事態を正確にしたいと思うのです。第一点は、ライシャワー大使が池田首…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1964/10/07、30期)

私は、ラオスの安定基金の問題と平和部隊の問題二点についてお尋ねしたいと思います。先ほどの新聞紙上の発表によりますと、ラオスの安定基金の問題について、大蔵省が反対するからやめたんだ、こういう記事が載っ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第49号(1964/06/25、30期)

防衛庁長官は、六月九日の閣議が終わったあとで記者会見を行なって、F104Jの継続生産を防衛庁としては決定をして、その措置について大蔵大臣と協議をしてほぼ合意を得た、このように伝えられておりますが、この…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1964/02/11、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、政府提出の昭和三十八年度予算第三次補正の三案について反対の意を明らかにいたします。前回の補正は、主として、公務員給与の引き上げ、食管会計と農業共済会計への繰り入れ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1964/02/14、30期)

昨年の総選挙後の特別国会で私は、世界の戦略情勢の変化に伴う日本の防衛方針について内閣が国民に明らかにする必要があろうという質問をいたしましたところ、総理大臣は、大体その私の言っていることを了とされ、近…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1964/03/02、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、昭和三十九年度一般会計予算、昭和三十九年度特別会計予算及び昭和三十九年度政府関係機関予算については、政府はこれを撤回し、すみやかに組み替えをいたしまして再提出するこ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1964/10/06、30期)

昨日の当予算一委員会で官房長官から、当面首相は入院しておるけれども、政務には差しつかえない。しかし国会法第九条はあるけれども、臨時首相代理を置く考えはないということを承りました。私どもも、池田首相が一…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1964/12/15、30期)

私は、過般の国連総会で外務大臣が演説をされて、日本の国連を中心とした外交方針を全世界の人々に明確にされたという点について、非常に不分明な点、重要な点が、私の見るところでは四点ほどあると思いますので、こ…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1964/12/16、30期)

この条約を批准することによってわが国が持つべき権利と義務とをこの際明らかにしていただきたい。それから、義務というほうは、一番大きな義務と申しますのは、非締約国の開催する博覧会に参加するときには事務局…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1964/12/17、30期)

中国の代表権問題で伺いたいと思いますが、先日のこの委員会で外務大臣は、重要事項指定自体は何ら目的を持つものではない。こういうことを申された。われわれもそのように聞いております。総理大臣は自主外交という…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1965/03/19、30期)

私は日韓問題について御質問申し上げますが、時間がきわめて限られてありますので、大臣はひとつ簡単に御答弁を願いたいと思います。第一は、政府はいま韓国政府との間にはなはだ事務的、法律的に交渉を進められて…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1965/04/02、30期)

議事進行。ただいま外務大臣は合意議事録について、農村大臣が過般この外務委員会で李ラインの撤廃は合意議事録において明記をするとわれわれに答弁をいたしましたが、その点について、努力する目標だ、こういう話で…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1965/04/07、30期)

私は、外務大臣に、現在行なわれておりますアメリカの北ベトナムの爆撃に対する見解をこの際明らかにしていただきたいと存じます。このごろ連日のようにアメリカが北ベトナムの爆撃をやっておりますが、その中で第…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1965/04/21、30期)

今月の十四日に釜山、二十日にソウルにおいて日本の国の国旗である日の丸が焼かれた、こういう記事がございましたが、この状況について外務省はどう把握しておられるか、お答えを願いたい。当時、韓国代表部を通じ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1965/02/12、30期)

私は、民社党を代表いたしまして、過般の日米共同宣言、予算にあらわれました税制改正、さらにまた医療費の問題等を通じて、佐藤内閣の政治に対するかまえを国民の前に明らかにしていただきたいと存じます。第一は…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1965/03/03、30期)

私は、民社党を代表いたしまして、今澄勇君等提出にかかる昭和四十年度予算三案の編成替えを求めるの動議に賛成をいたし、政府提案の予算三案に対して反対、社会党提案のこれら予算案の編成替えを求めるの動議に対し…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1965/08/06、30期)

佐藤内閣は自主外交というのでありますが、その自主外交の自主の意味は、アメリカのやり方に対して日本が自由な手を持っておる、こういうことを実証するところにあると考えます。そこで、その一つの手がかりとして、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1966/02/25、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっております通行税法の一部を改正する法律案に対し、賛成の討論を行なわんとするものであります。もともとわが党は、通行税は廃止をすべしという意見を持っ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1966/03/09、30期)

開発銀行の目的は、産業の開発を促進することが一番大きな問題でありますが、産業の中には生産部門と流通部門とありまして、その流通部門ないし流通施設に対する開銀の融資の方針、基準について伺いたい。次会は、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1966/03/16、30期)

私は、協同組合法が施行せられてもう十七年になるのでありますが、この間、企業組合に対する課税の取り扱いについては、いろいろな変遷等がございましたが、しかし、この機会に、一体どういうような基本的な観念でこ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1966/04/19、30期)

私は、民社党を代表いたしまして、ただいま上程されております交付税及び譲与税配付金特別会計法の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行ないたいと思います。もともと、憲法に地方自治がうたわれております…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1966/04/22、30期)

公認会計士の数を先ほど承ったのですが、これが監査をしております相手方の会社の数は幾らぐらいですか。二十六年九月三十日、これは監査実施の当初でございますが、四百四十六社でございます。それが二十九年十二…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第41号(1966/05/13、30期)

今回の法案に関連いたしまして、いま、平林委員から廃止される税務署の話が出ましたが、廃止される税務署は当然統合される、そのそれぞれの距離はどれくらいありますか。東京国税局管内の韮崎税務署につきましては…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第51号(1966/06/21、30期)

私は、民社党の立場に立ちまして、今回のアジア開銀の問題を考えました場合に、日本政府がアジアのいわゆる新興諸国の援助に対し、あるいは経済協力に対しどういう基本的立場に立っておるかということについて、きわ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 大蔵委員会 第52号(1966/06/22、30期)

私は、民社党を代表いたしまして、ただいま上程されております二法案に対して、賛成の討論を行なおうとするものであります。現在、核戦略下の世界におきまして、核兵器を使用する全面戦争の脅威は一応遠のいている…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1965/12/24、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、政府提案による昭和四十年度補正予算案三案に対して反対をいたします。今回の補正予算案の特徴は、追加財政需要に対しては税外収入や経費節減をもって充てようとするものであ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1966/02/19、30期)

私は、最初に、この十二日に京都で起こりました精神異常少年の殺人傷害事件についてお伺いいたしたいと存じます。この事件は、十三日の午後六時半、精神異常の少年が警官を刺傷いたしましてピストルを奪い、奪った…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1966/07/11、30期)

本日は、時間が非常におそくなりましたので、酒の生産についてとみりんの税金について、二点だけ御質問申し上げます。私は、酒のように大衆消費の最前線に出ていく商品、これらにつきましては、大衆の消費嗜好とい…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1966/07/15、30期)

三点ばかり伺いたいと思います。申告課税制度がとられてだいぶ月日がたっております。ところが、この申告課税は、納税者である国民が自分で申告できるかといいますと、自分で申告納付書にちゃんと記入をして税務署…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1966/07/25、30期)

経済企画庁長官に対してお伺いをいたしますが、中期経済計画はいま御破算になってない、こういうことですが、中期経済計画には、海外経済協力に対する規模が一応組み入れられて計画を立てられておったと拝聴しており…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12