大平正芳衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14) 23回発言  96694文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  3回発言  36409文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06) 26回発言 133103文字発言

本会議発言一覧

第87回国会 衆議院 本会議 第2号(1979/01/25、34期)

私は、さきに、国会において内閣の首班に選ばれ、組閣早々、来年度予算の編成を了し、ここに第八十七回国会を迎えました。この機会に、施政全般にわたっての私の所信を申し上げ、国民各位の御批判と御理解を得たいと思います。まず、私の時代認識と政治姿勢について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第3号(1979/01/29、34期)

多賀谷さんは、まず、私の時代認識についてお尋ねがございました。経済を軽視するものではないかという御指摘でございますが、私は、経済至上主義はいかがなものか、文化をあわせて重視しなければならない時代を迎えたのではないかということを指摘したものでございまして、経済成長に伴うもろもろの問題の解決におきまして………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/01/30、34期)

最初に、竹入さんは、五十四年度の予算編成がいかにも中途半端であって、今日の時代要請にこたえるところが乏しいではないかという御指摘でございました。われわれは今日の予算を組むに当たりまして、まず、多くの税の自然増収を期待できない状態にありますことはあなたも御承知のとおりでございます。また、国債をむやみに………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第6号(1979/02/08、34期)

衆議院における全会一致の決議は、きわめて重い意味を持つものと受けとめております。今回のダグラス・グラマン問題につきましては、先月十九日の閣議決定を受けて、すでに日本国法務省と米国司法省の間に資料提供に関する司法取り決めが締結されたところでありますが、政府としては、本決議の意を体し、問題解明のため、今………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第7号(1979/02/13、34期)

沢田さんの御質問の第一は、租税特別措置法は、新しい政策理念に照らして、優先順位を踏まえて厳しく対処しなければならない、既得権の温存は許すべきでないという御意見でございました。私、全く同感でございます。われわれもそういう考え方に立ちまして、年々歳々、わが党内閣は租税特別措置法の見直しを行っておるわけで………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第8号(1979/02/15、34期)

池端さんの最初の御質問は、今日、財政が大量の特例公債に依存する状況になっておる、こういう危機的な状況をどのようにして再建に持っていくか、国民生活を守るためにどうするのかという御質問でございました。仰せのように、今日の財政が危機的な状況になっておりますことは、御指摘のとおりでございます。これは、高度成………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第9号(1979/02/20、34期)

第一の御質問は、地方自治に対する基本的な考え方についてでございます。私は、地方自治は申すまでもなく民主政治の基本的な枠組みの一つであると考えております。地方公共団体は、したがいまして、みずからの持つ自主性と活力を十分に発揮しつつ、国と協力して国民の福祉の向上を図るべきものと考えております。したがいま………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第10号(1979/02/27、34期)

きょう説明がございました地方財政計画には地方財政改革の方向性が定かでないじゃないかという御指摘でございます。自治大臣からの御説明にもありましたように、今度の計画作案に当たりまして、政府といたしましては、投資的な経費につきましてはその充実を図り、経常的な、消費的な経費につきましてはその節減を図るという………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第11号(1979/03/01、34期)

私に対する佐藤さんの御質問は、公社の民営化問題についての政府の基本的な考え方でございました。日本専売公社法の今回の改正でございますが、これは従来からの国会での御論議を踏まえまして、製造たばこの価格形成方式を明確にし、財政収入の安定的確保を図りますとともに、公社の企業性を高めることをねらいといたしてお………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第12号(1979/03/07、34期)

第一の御質問は、予算委員会における予算案否決の責任でございます。予算委員会におきまして先刻予算案が否決されましたことは、大変遺憾でございます。しかし、予算委員会におかれましては、審議を順調に進めていただきましたことを多といたしております。政府といたしましては、この予算案の成立を期し、その誠実な執行を………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第13号(1979/03/13、34期)

私に対する第一の御質問は、安全性にかかわる資料公開に関してのことでございます。仰せのように、原子力開発利用は、安全性の確保を大前提として進められなければならぬことは仰せのとおりでございます。政府といたしましては、原子力安全委員会の意見を十分尊重しながら、安全性に関する国民の理解を得るため、できるだけ………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第14号(1979/03/15、34期)

中西さんの私に対する御質問は、放送大学は、学校教育法体系の正規の大学か、それとも各種学校的なものであるかというお尋ねであったと思います。放送大学は、学校教育法に基づく正規の大学として構想しております。しかしながら、放送という手段を用いるという特色を生かしまして、御指摘の成人教育、生涯教育の面におきま………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第15号(1979/03/16、34期)

上田さんの第一の御質問は、元号法案を提出する真意はどこにあるかという御趣旨のものと伺いました。元号は、国民の日常生活におきまして、長年使用されて広く国民の間に定着しており、かつ、大多数の国民がその存続を望んでおるものであります。また、現在四十六都道府県、千を超える市町村が法制化の決議を行い、その速や………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第16号(1979/03/20、34期)

野口さんの第一の御質問は、わが国の宇宙開発の先進国依存の状況を改めるために、国産化を積極的に行うべきでないかという御趣旨でございました。御承知のように、わが国の宇宙開発は、国際間の調和を十分に配慮しながら、自主技術の確立を目的として、国力に応じた開発を進めてまいっておるところでございます。御指摘のよ………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第17号(1979/03/22、34期)

水田さんの私に対する御質問は、各地に見られるスモン判決について、国はこれをどう受けとめておるか、また、今後どう対処していくつもりかというお尋ねでございました。スモン訴訟について、政府は、国の法的な責任は認められないという従来からの立場に変わりはございませんけれども、患者の早期救済につきましては、これ………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第19号(1979/04/10、34期)

ただいま議長から御報告がありましたように、本院議員成田知巳君は、去る三月九日未明、国立東京第二病院において逝去されました。まことに痛惜の念にたえません。ここに私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、謹んで哀悼の言葉を申し述べたいと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第21号(1979/04/26、34期)

梅野さんにお答えします。私の防衛問題に対する基本姿勢でございますが、従来と今日、全然変わっておりません。私は、防衛、安全保障の問題は、ひとり防衛力ばかりでなく、政治が秩序正しく行われること、経済が、活力ある運営が保障されておること、さらには精力的な外交努力があること、いろいろの力が総合的に働きまして………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第22号(1979/04/27、34期)

政府といたしましては、今回の健康保険法等の一部改正案について、できるだけ早く国会で御審議をいただくようお願いしてきたところでございます。政管健保と組合健保の財政調整は、保険者間の財政力の格差の是正、負担の公平という見地から必要であると考えております。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第23号(1979/05/08、34期)

山田さんの最初の御質問は、共済組合相互間の財源調整、それから共済組合の一本化の準備を行う必要があるのではないか、それに要する財源措置はどうするのかという趣旨の御質問でございました。共済組合も一、御案内のように公的年金制度の一つでございまして、その財源は、使用者、被用者の支払う保険料を原則として財源に………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第27号(1979/05/22、34期)

私は、四月三十日から五月七日まで園田外務大臣とともに米国を訪問し、カーター大統領と前後二回の会談を行ったほかバンス国務長官ほか関係閣僚、米国議会両院の指導者、米国財界人及び日本関係者等と懇談いたしました。さらに、ナショナルプレスクラブにおいて、わが国の内外経済政策、外交姿勢並びに日米関係の現状及び将………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第28号(1979/05/25、34期)

吉原さんの私に対する御質問は二点ございました。一つは、地方の時代を実現するための総合的な地域振興対策いかんという趣旨のものでございました。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第29号(1979/05/29、34期)

ダグラス・グラマン事件についてのお尋ねでございますが、刑事責任の追及は捜査当局の手によって一段落いたしました。ただいま国会におきまして政治的責任が問われておるわけでございますが、政府といたしましては、国会の国政調査権の発動にはできる限り協力してまいるつもりでございます。また、再発防止につきましても、………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第30号(1979/05/31、34期)

最初の御質問は、食糧の確保、自給力向上を図る必要を認めるかという御質問でございました。国民に食糧を安定的に供給いたしますことは、国政の基本的課題であると考えております。したがいまして、食糧の生産に当たられる方々の生産意欲とその生活を守ってまいりますことも、政治的に見て基本的な課題であると政府は心得て………会議録へ(外部リンク)

第88回国会 衆議院 本会議 第2号(1979/09/03、34期)

第八十八回国会に臨み、八〇年代を展望する曲がり角に立って、七〇年代におけるもろもろの試練を回顧しながら、当面する内外の課題とこれに対処する政府の方針を明らかにいたしたいと存じます。今日、経済運営における中核的な課題は、石油を中心とするエネルギー問題への対応であり、その制約を克服することにあります。本………会議録へ(外部リンク)

第88回国会 衆議院 本会議 第3号(1979/09/05、34期)

下平さんの第一の御質問は、航空機輸入に絡まる疑惑解明についてのことでございます。わが党並びに政府がこの問題に積極的でないという御批判でございます。下平さんも御承知のように、この問題につきましての刑事当局の刑事責任の解明は終わったわけでございますが、刑事当局の発表によりますると、あなたの言われる岸氏は………会議録へ(外部リンク)

第88回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/09/06、34期)

竹入さんの第一の御質問は、いわゆる解散の名分に関連したことでございました。わが国の経済もようやく回復の軌道に乗りまして、第一次の石油危機の後遺症の治療もようやく終わることができたように思いますけれども、エネルギーの制約、財政事情等は依然として厳しい状況にございます。一方におきまして、前の総選挙から三………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第80回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  34期通算   1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第80回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22