中西績介衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 25) 14回発言 123892文字発言
第102回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 21)  7回発言  65559文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  9)  5回発言  60220文字発言
第104回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 14)  2回発言  24911文字発言

  37期通算  94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 69) 28回発言 274582文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65) 21回発言 224574文字発言

 石炭対策特別委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  0)  5回発言  35451文字発言

 内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  11702文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2855文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 石炭対策特別委員会理事(第101回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第102回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第103回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1984/04/20、37期)

本日は、参考人の皆さんに大変お忙しい中をおいでいただきまして貴重な御意見を賜りましたことをお礼を申し上げながら、二、三の点について質問を申し上げます。まず冒頭に、私なりに今度の報告書をいろいろ検討い…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1984/05/09、37期)

私は鉱害問題について二、三お聞きをしたいと思っております。そこで、まず残存鉱害量が現状どれだけあるのか。ただ問題は、五十六年ごろに法律の延長をいたしました際に、いろいろ資料等が提出をされましたけれど…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1984/07/11、37期)

私は、鉱害対策について、先般の本委員会における質疑に継続をいたしまして問題点を明らかにしていきたいと思います。まず最初に、会計検査院おいででしょうか。――一つは、先般から鉱害問題について石炭鉱害事業…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1984/11/08、37期)

今回、閉会中の委員派遣について結果が報告されましたけれども、その中でも、異例と思われるような福岡県における鉱害復旧事業をめぐる種々の事件がございまして、その結果、当局側としては種々の改善策なりを実施を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1984/06/28、37期)

私は、時間の制約がございますので、設置法の第一条「目的及び設置」、この問題について二、三の点から質問を申し上げ、さらにまた、それとのかかわりで具体的な問題等について一、二質問を申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1984/03/23、37期)

今佐藤委員の方から、あるいは午前中は木島委員の方から、いろいろ臨時教育審議会設置について質問がございましたけれども、まだまだ不明の点がたくさんございますので、論議するのに非常にしにくいわけなんです。し…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1984/04/04、37期)

私は、国立学校設置法一部改正案について質問をすべきでありますけれども、緊急な課題としてございます国士舘問題についてこの時間を使わしていただいて、確認をしておきたいと思います。国士舘問題につきましては…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1984/04/11、37期)

先般、国士舘問題で質問いたしましたその結果、いろいろございましたけれども、最終的には何らかの方策を模索しなくてはならぬということが明確になってまいりました。その結果かと思いますけれども、昨日、国士舘…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1984/04/18、37期)

私は、私学問題について、先般から問題になっておった部分を確認する意味で質問をさせていただきたいと思っています。そこで、昨日、九産大の稲井理事長、平野理事、堀常任監事あるいは野田次長などを呼びまして、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1984/04/20、37期)

私は、私学共済問題につきましては、今まで多くの人が細部にわたって討論をいたしましたので、きょうは私学助成問題について質問を二、三いたしたいと存じます。そこで、臨調答申があり、それを受けた結果が私学助…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1984/05/09、37期)

私は、四十人学級の問題と改善増の問題などにつきましてまず質問を申し上げたいと思います。四十人学級につきましては、予算委員会以来何回か討論も行われておるのでありますけれども、私はもう少し立ち入って、こ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1984/06/22、37期)

質問を始めます前に、一昨日この文教委員会で問題になりました在学生に対する募集開始を込める問題については、どのような検討がなされ、その結果についてはどうなっていますか。問題は、在学採用に広げようとする…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1984/07/04、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、日本育英会法案の採決に当たり反対討論を行います。日本育英会の奨学事業は、一九四四年に創設され、今日まで四十年間にわたり約三百四十万人の学資に恵まれない学生生徒に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1984/07/20、37期)

先般、「昭和六十年度行財政改革小委員会報告」が出されました。この中身をつぶさに検討いたしますと、まず、「政府から臨時行政改革推進審議会に要請された「増税なき財政再建」の基本方針の下にこということから始…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1985/03/29、37期)

私は、通商産業大臣の所信表明なりをお聞きしておりまして、一般的に鉱害対策なりあるいは産炭地域振興対策費を中心にして質問をと思っておりましたけれども、時間の関係から、昨年来問題になりました鉱害復旧に一応…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/04/17、37期)

私は、先般の補助金一括法を審議する際にも触れましたけれども、その際にまだ不十分な面がございましたので、旅費あるいは教材費の問題について一、二確認をしておきたいと思っています。そこで、教材費が国庫負担…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1985/06/05、37期)

私は、臨時教育審議会で、今佐藤さんの方から指摘ございましたけれども、いろいろ論議されておる中で、画一主義などについても多くの問題提起があるようであります。しかし、先ほども言われておりましたように、教育…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1985/06/12、37期)

私は、昨年この委員会におきましても何回となく討論をいたしました九州産業大学問題について、二、三の点について確かめておきたいと思います。この問題については、もう御存じのとおり昨年事件発生以来論議を重ね…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1985/06/19、37期)

日本体育・学校健康センター法案につきまして、三年前、日本学校健康会が給食会と安全会の統合によって設立をされ、そして今再びこの健康会と国立競技場との統合という、行政改革とはいいながら全く数合わせにしかす…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1985/06/21、37期)

同僚の田中委員に引き続きまして質問を申し上げたいと思います。私は、まず、学校教育法第三条によりますと学校の種類に応じて設置基準を決めなければならないことになっているのに、小中の場合には設置基準がまだ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1985/02/25、37期)

私は、カネミ油症事件にかかわる政府の措置について時間の許す限り質問を申し上げたいと存じます。御存じのように、昨年の三月十日に私は分科会で質問をいたしましたが、一月十七日にカネミ油症第一陣の控訴審に対…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1985/11/15、37期)

国鉄の方はお見えですか。――それでは、まず国鉄にかかわる問題を文部省がどう対応しているかについて簡単にお聞きしておきたいと思います。本格的な論議についてはまだ後日十分時間をいただいてやるつもりでありま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1985/11/22、37期)

私は、年金制度全般的なものとあわせまして、私立学校共済年金制度改革に当たって、二、三の質問を行いたいと思います。そこで、年金に関しては私ずぶの素人でございますので、いろいろお教えをいただきたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1985/11/29、37期)

私は、去る十一月二十二日の本委員会におきまして質問を申し上げたわけでありますけれども、国鉄共済年金の財政問題でそれぞれ大臣の答弁等ございましたが、納得できる状況になかったために留保いたしておりましたの…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/12/04、37期)

前回の委員会におきまして質問をいたしました点でまだ十分な確認のできていない問題等がございますので、一、二確認をする意味で質問を申し上げたいと思います。その一つは、高齢組合員に対する共済年金の在職支給…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1985/12/11、37期)

私は、先般問題になりました国鉄の共済年金問題で、国鉄なりあるいはその所管の運輸関係の皆さんが全く国庫助成などについても検討すらもしておらないということが明らかになり、そうした結果が、これだけではありま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1986/04/11、37期)

私は、去る二月二十一日の文部大臣所信表明の中で高等教育の充実について触れております、その内容を見ますと、今年から始まります十八歳人口急増に対する施策などについてそれぞれ触れておりますけれども、この点に…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1986/04/16、37期)

文部大臣の所信表明の中に、具体的に初中教育の改善充実について申し述べておる内容の中に、「心豊かなたくましい児童生徒の育成を目指して、一人一人に行き届いた教育を行うことが大切であります。」その後に、「児…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22