中西績介衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  1回発言   1340文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  0回発言      0文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  1回発言   3519文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  2回発言   4859文字発言

本会議発言一覧

第120回国会 衆議院 本会議 第22号(1991/04/09、39期)

ただいま議題となりました北方領土問題の解決促進に関する決議案につきまして、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、日本共産党、民社党及び進歩民主連合を代表し、提案の趣旨を御説明申し上げます。案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第10号(1993/03/06、39期)

私は、日本社会党・護憲民主連合を代表して、ただいま議題となりました一九九三年度予算案に対して反対の討論を行います。(拍手)まず申し上げなければならないのは、今国会では、昨年に引き続き、東京佐川急便事件に関係する疑惑の徹底的な究明が求められているということであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  0)  4回発言  56581文字発言
第119回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
第120回国会 23回出席(長  6 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 10)  6回発言  53269文字発言
第121回国会  5回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  18938文字発言
第122回国会  4回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第123回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  5)  5回発言  37688文字発言
第124回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
第125回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  1回発言   6443文字発言
第126回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  1)  3回発言  52631文字発言

  39期通算  92回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事 57 委員 23) 20回発言 225550文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 20) 11回発言 140301文字発言

 予算委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  1)  3回発言  52631文字発言

 石炭対策特別委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  2)  5回発言  32613文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            12回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言      5文字発言


委員会委員長経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第120回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第121回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第122回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第118回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第118回国会)
 文教委員会理事(第119回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第119回国会)
 文教委員会理事(第120回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第120回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第123回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第124回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第125回国会)
 予算委員会理事(第126回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第126回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第118回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1990/03/27、39期)

私は、この芸術文化振興基金を設置をいたしまして振興会なるものをつくり、そして国立劇場法改正をいたしましてこのような法律を策定するに当たって内容を検討さしていただきましたけれども、特に問題になる点につい…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1990/04/20、39期)

私は、先般本委員会で大臣所信表明八項目、文部省所管予算概要説明九項目について伺いましたが、短時間でありますけれども、予算委員会でもちょうど討論されておりますので、予算を中心にして質問を申し上げたいと思…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1990/06/15、39期)

私は、今まで同僚委員から相当の時間をかけてそれぞれの条項についてもあるいは問題点についても指摘があったわけでございますが、ただ先ほど沢藤委員からも指摘があっておりましたように、この法案についてはもう少…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1990/06/22、39期)

極めて制限された中の質問でございますので、簡潔にお答えをいただければと思っています。一つは、文部省に当初体育研究施設というものがなかったということもございまして、私たち論議をいたしました国立競技場と…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第8号(1991/04/24、39期)

伊東秀子君。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1991/02/28、39期)

きょうは七名の参考人の皆さん、大変御苦労さまです。そこで、笹生参考人にお聞きをしたいと思いますけれども、審議会でこうした十年間の延長ということをお決めいただいたことについて、大変内容的にも私たちが考…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1991/03/07、39期)

産炭地域振興臨時措置法十年の延長については、この間政府におきましては大変な御努力をいただいたことに対して敬意を表したいと思います。そこで、産炭地域振興審議会の答申を得まして政府が措置法を十年間延長す…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1990/12/18、39期)

本法案の提出について一、二文部省の姿勢についてただしておきたいと思っています。まず第一点は、前回芸術文化振興基金を本院で審議した際にいろいろ取りざたされてまいりましたが、政策は本来ならば補正予算に計…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1991/02/22、39期)

私は、時間の関係から焦点を絞りまして、まず平成三年度文部省所管の予算について質問を申し上げたいと思います。一般会計七十兆三千四百七十四億一千九百万、そして文部省予算は五兆五百五十九億四千四百万となっ…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1991/03/13、39期)

私は、このように大学の改革というのを次々に打ち出してこられておる状況の中で、特に改革が非常におくれておる部分を指摘しながら、その面からまず質問を初めたいと思います。それは、高等教育財政の充実が果たし…会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1991/09/25、39期)

私は、平成四年度文部省所管の概算要求について、まずお聞きをいたしたいと思います。予算編成の問題等につきましては、従来から何回となく討論をいたしてまいりましたので、できれば簡単にお答えいただきたいと存…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1992/02/27、39期)

私は、新石炭政策実施に向けて八本の一括法案を提出され、さらにきょう通産大臣並びに労働大臣の所信表明をお聞きいたしまして、問題点について列挙しながら質問を申し上げたいと思っています。一つは、この新石炭…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1992/03/04、39期)

非常に制限された中で質問をいたすわけでございますけれども、河原崎日本石炭協会会長さんにのみ、二点だけお伺いしたいと思います。一つは鉱害問題であります。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1992/03/12、39期)

私は、八本の法律を束ね法案といたしておりますけれども、このそれぞれの法律につきましては、時間の関係で大変制限されておりますので、討論の過程の中で触れることにいたしまして、きょうは鉱害のみについて質問を…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1992/03/06、39期)

大臣の所信表明、先般お聞きいたしました。まず第一点は、この一ページにございます、「我が国の将来はこ云々から始まりまして、「教育の成果に帰するものであり」、「人づくりなくして国づくりなし」、こういう表現…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1992/06/03、39期)

平成四年度の予算審議が終わりまして、これからいよいよ本格的に五年度に向けての概算要求がどうなるかについて質問をさせていただきたいと思います。まず第一に、概算要求の編成基準を、通常でありますならば七月…会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1992/12/08、39期)

私は、平成五年度文部省所管の概算要求について、二、三の点を質問申し上げたいと思います。まず第一に、来年度予算は大変厳しい状況だと取りざたされておりますけれども、来年度予算要求の柱、俗に目玉などと言い…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1993/02/16、39期)

私は、佐川問題等たくさんの討論がなされておりますので、その間、文教予算等について欠けておる点を一、二補足をしながら討論してみたいと思います。ロッキード疑獄以来、相次ぐ政界トップクラスを巻き込む不祥事…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1993/03/01、39期)

私は、先般、二月十六日の討論の際にODA問題について総理大臣から、四原則適用問題で大変悩んでいる問題だと率直に述べられておりました。そこで私は、こうした悩みがある中で、外務省、いろいろなところでの発言…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1993/05/21、39期)

第百二十六回国会の重要な課題は政治改革、このことを見落とすことはできないと思います。特別委員会などで論議されておりますけれども、国民の最も不信の原因になっておる金権腐敗の体質の徹底した論議がまだまだ十…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22